純正インクのウソ : インクカートリッジ・複合機リースのコスト削減サイト

ホーム  >  純正インクのウソ

純正インクのウソ

互換インクの印刷品質は日々向上

最近ではメーカーの純正インクの特許権を侵害しない形で安く生産した、オリジナルの互換インクなるものが大量に、安く出回っています。一方で、我々は互換インクに対して以下のような印象を持っているのではないでしょうか。
悩む社員

では、こういったイメージは果たして正しいのでしょうか。
まずは印刷品質について見てみましょう。

印刷品質比較 印刷品質については、純正の方が良いとも互換インクの方が良いとも一概には言えません。この画像のように純正インクより印刷品質の高いサービスもありますし、当然その逆もあります。純正インクには長年の技術の蓄積がありますし、一方で互換インクは各社で競争が働いていますので、純正のインクより鮮やかに表現出来るケースもあります。

故障しやすかったのは昔の話

また純正で無いものを使うと故障が多くなるというイメージがあります。また、メーカーの保証も受けられません。しかし、互換インクの方が故障しやすいというのは昔の話で、現在は改良が進んでほとんど差がなくなっています。また、このサイトでご紹介しているレンタルコピー機各社については、故障の頻度を低くするために、インクのかすれなどが出ないようにインクや容器を日々改良しています。

また保証については、このサイトでご紹介しているレンタルコピー機については、提供している会社が全て無料で保守サポートをしてくれますので、問題ありません。

また、互換インクの使用は違法コピーのように、法を犯しているわけでもありません。そこで、こういった独自インクを活用したオトクなサービスがレンタルコピー機なのです。