国内コピー市場は大縮小→地方の代理店さんは早く次の仕事を探しましょう

国内コピー市場は大縮小→地方の代理店さんは早く次の仕事を探しましょう
【全国対応】コピー機のスピード見積はGメンまで

新品中古を問わず、キヤノン・リコーなど各社メーカーのコピー機を最安でご提供いたします。2~3社を選定してスピード見積をご提示します。

メールでのお問合せはこちらから

電話問合せは050-7300-2529

国内は複合機売上・利益ともに悲しい様相

ペーパーレス、企業のコスト削減意識の向上、売り手同士の叩き合いで国内の複合機・コピー機の売上が徐々に落ちていることはあまりに当たり前すぎていまさら感がありますが、念押しのためにデータを見てみます。リコー、キヤノン、ゼロックス(富士フィルム)の決算データから複合機が含まれているカテゴリの直近7年分を切り取ってみると、売上、利益ともに抜群の安定感で右肩下がりしています。この数字は海外での収益や周辺機器の収益を含んでいる一概には言えませんが、国内での下がりっぷりはさらに綺麗な放物線を描いているのではないでしょうか。

大手複合機メーカーの利益額推移
最近中国・韓国への技術者の引き抜きとノウハウの流出が問題になっていますが、複合機もテレビなどと同様、徐々に製造技術が一般化した「コモディティ」と呼ばれる製品の仲間入りをしつつあります。貿易が自由化されている世界では「生産要素価格均等化法則」に従って労働力の安い国の製品の方が高い競争力を持つことは明らかなので、国内メーカーが圧倒している現状は長くは続かないでしょう。

「この業界はダンピングの嵐だよ」

大手複合機メーカーの営業マンの言葉です。複合機販売会社の大きな収益源となっているカウンター料金は日に日に落ちており、都内の印刷枚数が多い企業に限らず、カラーのカウンター料金が10円を切ることもザラ。保守費用を回収するカウンター料金で利幅を確保することがどんどん難しくなっています。>>カラー10円白黒1円は当たり前。カウンター料金の相場はこちら

国内鈍化でも、体力に有り余るメーカーはなんのその

ダンピングの嵐で利益率は下がっているというものの、上記のグラフの通り各社1,000億をくだらない利益を確保しており、高収益体質が簡単に揺らぐことはなさそうです。国内の売上比率を落として海外の比率を高めることと、複合機以外のカメラ、企業向けソリューション、化粧品、医薬品など他の柱が堅調に推移していることがうかがえます。

ダンピングによる利益率悪化で損をするのは誰か

国内の複合機マーケットの叩き合いで最も損をするのは、価格競争に全面的にさらされている末端の代理店でしょう。メーカー側としても自社の高い利益額を積極的に代理店に吐き出すとは考えられず、せいぜい「生かさず殺さず」の路線を取るのではないでしょうか。さらに特定のメーカーと専売契約を結んでいて、実質他のメーカーの複合機を売れない代理店や、企業の数・労働人口がどんどん減っている地方ではさらに厳しいでしょう。みんなで手をつないで沈んでいく荒波に飲まれていく笹舟を眺める他ないのでしょうか。

厳しい一方の地方の代理店の戦略は

複合機が売れない、利益率が下がることにいち早く気付いた地方の代理店では、早くから「複合機依存」からの脱却を目指して、事務器の周辺機器である文具、オフィス家具、ITソリューションなど商品の幅を拡げる戦略を取っているようです。しかし、IT知識に乏しい事務器屋さんからシステムを買うようなお人好しな会社はどんどん減っていますし、商品点数を広げるのは利益率の低下を招くことになるので多くの地方の事務器屋さんがジリ貧になっていると聞きます。一方で並外れた営業力であったり、めちゃくちゃ幅広い商品知識をつけて勝負しているような優秀な会社や特定の営業マンは逆風を切り裂いて業績を伸ばすことももちろん可能で、そんな中、国内の事務器販売で業績を伸ばしまくっている大塚商会のモデルはヒントになるかもしれません。

 【記事の続き】大塚商会は「国内×事務器」でガッチリ

複合機のお見積ならコピー機Gメンまで

リコー、キヤノン、ゼロックス、シャープ、コニカミノルタ、京セラミタなど主要各社の複合機のご紹介が可能です。お見積をご希望の方はお問合わせください。

■関連記事 コピー機・印刷関係の小話

台湾では互換インク使うのが当たり前だった
日本のコピー機は世界でものすごいシェアだった
 高価な保守契約をする価値は?

■「印刷し放題」サービスとは

比較したら悲しくなった。日本と海外のインク価格
コピー機のリース契約をおすすめ出来ない理由
話題のエプソンスマートチャージってどうなの?

■「印刷し放題」ユーザの口コミ

【聞いてみた】「印刷し放題」利用者インタビュー
【使ってみた】印刷し放題を半年使ってみて思うこと
「印刷し放題」解約率を独自に調べてみました

■「印刷し放題」メーカーインタビュー企画

実績No.1「スリホ」突撃インタビュー
「スリホ」の密着サポートぶりに迫る
最安値!インクマニア「インク使い放題」代表インタビュー
「印刷し放題」元祖!「ink1009」インタビュー


複合機業界のウラ側カテゴリの最新記事