【ユーザ体験談】印刷し放題サービスを1年間使ってみて思うこと

【ユーザ体験談】印刷し放題サービスを1年間使ってみて思うこと

印刷ミスで追い詰められるGメン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Gメン編集部で定額制のレンタルプリンターを導入し、印刷し放題を体験してみました。

 

使ってみて気付いたその1 → 印刷ミストラウマから開放

▼源泉徴収票が2色でも、巨大でも、気にしない

ミスプリント使ってみるまで全く気付かなかったのですが、我々日本のビジネスパーソンは「ミスプリント」を無意識に恐れているということがわかりました。強い恐怖ほど潜在意識に潜んでいくということを誰かが言ったような気がしますが、これは驚きでした。僕のようなPC音痴ではよくあることなんですが、excelとかを印刷しようとして、印刷したい部分が枠に収まりきらなくて余計な紙がたくさん出てくることってないですか?

1枚ペラで作った会議資料を印刷しただけなのに、紙が出てくる「ウイーンガシャーン」音が4回くらい聞こえてくる。。大きくなった鼓動を誰にも悟られないように、いつもより遠く感じるコピー機まで歩いて行く。紙をのぞき込んでみると、2~4枚目には端っこにちょろっと枠線だけ印刷されている。「・・・き、気まずい。。」誰かに見られる前に握りつぶしたい。しかもこういうときに限って測ったように紙詰まりを起こすアホコピー機にイライラ。経理のおばちゃんが何となくこちらを見ている気がする・・・。などということが印刷し放題のレンタルプリンターではありません。

ただし、紙代と電気代はかかりますのでミスプリントはなくしたいですね。

 

使ってみて気付いたその2 → 故障しやすいわけではない

スリホプリンターとタンクやっぱ改造プリンターだし、怪しいタンクが外側についてるし、インクもはっきり言えばニセモノだし、どうせ故障するんだろうなと小馬鹿にしてたんですが、半年間使ってみて全く故障というかそのそぶりすらありません。まあ印刷の量が少ないからというのも理由の一つだとは思いますが。ただ、スリホさんに確認したところ半年使って故障する確率はたった5%くらいとのことでした。また、故障してもすぐに新品と交換(届くまで1~2日くらいタイムラグがありますが)してもらえます。ただし、連続で大量に印刷するような会社さんや月に1万枚程度印刷するような会社では故障率はぐんと上がるようなので、連続印刷のときはプリンターを休ませつつ使うと良いです。

ただし、各社まだまだサポート体制を整えている段階ですので、大手の複合機メーカーの対応と比べればサポートで不満が出てくるのかもしれません。

 

使ってみて気付いたその3 → 綺麗さはレーザーと比べると劣る

▼左からCanonのレーザー / 印刷し放題スリホ / 印刷し放題ink1009
印刷品質比較

印刷し放題では多くが複合機に多いレーザーではなくインクジェットのプリンターを使っています。従って、写真などインクの量が多い物を刷ると紙がしわしわになったり、染料インクなので濡れるとにじんでしまったりします。また、上の画像の通り発色の鮮やかさについてもレーザーには劣ります。

一方で互換インクを使っている影響については小さいと思われました。

 

■関連記事

【聞いてみた】「印刷し放題」利用者インタビュー
「印刷し放題」解約率を独自に調べてみました
プリンターのレンタルとリースの価格比較はこちら

■「印刷し放題」サービスとは

比較したら悲しくなった。日本と海外のインク価格
コピー機のリース契約をおすすめ出来ない理由
話題のエプソンスマートチャージってどうなの?

■「印刷し放題」ユーザの口コミ

【聞いてみた】「印刷し放題」利用者インタビュー
「印刷し放題」解約率を独自に調べてみました

■「印刷し放題」メーカーインタビュー企画

実績No.1「スリホ」突撃インタビュー
「スリホ」の密着サポートぶりに迫る
最安値!インクマニア「インク使い放題」代表インタビュー
「印刷し放題」元祖!「ink1009」インタビュー

■コピー機・印刷関係の小話

コピー機が紙詰まりを起こす意外な理由
台湾では互換インク使うのが当たり前だった
日本のコピー機は世界でものすごいシェアだった
 高価な保守契約をする価値は?


印刷し放題のレンタルプリンターを知るカテゴリの最新記事