【定額制で印刷し放題比較】格安のレンタルコピー機の会社はどれ?

【定額制で印刷し放題比較】格安のレンタルコピー機の会社はどれ?
レンタル機種ランキング

 

*  *  *

 

 

話題のレンタルプリンター!「定額制で印刷し放題」を比較してみよう

オフィスや店舗、学校など至る職場で導入されているコピー機や複合機。その多くがモノクロやカラーの印刷枚数に応じてカウンター料金が課金される仕組みになっており、印刷コストを抑えるためにカラー印刷やコピーに制限を設けている企業は少なくありません。

しかし、コスト削減を声高に訴えながら、年間を通じて無駄なインク代や保守代を支払っていては元も子もなく、また、カラー印刷やコピーを減らす意識が強すぎて、ビジネスチャンスを逃している企業や店舗も見受けられます。カラーで見やすい会議資料やプレゼン資料、販促チラシを作成することは作業の効率化や売上の反響に繋がり、ビジネスシーンを彩ります。

カラーをバンバン印刷しているのに、毎月の印刷代コストが大幅に下がったら…。それを実現するのが【定額制の印刷し放題】レンタルプリンター・複合機です。

前回まで「ウルトラプリント」「プリント放題」「スリホ」を順に紹介しましたが、レンタル会社は他にも沢山あるので、今回はドーンと一気に紹介しようと思います!

おさらい:前回までに紹介したレンタル会社
ウルトラプリントの紹介>>「最高の使い勝手!ウルトラプリント」
プリント放題の紹介>>「初期費用0円が嬉しいプリント放題」
スリホの紹介>>「起業直後でも安心!審査不要のスリホ」

定額制で印刷し放題のレンタル会社を比較 

まずは上記3社の他に、どのようなレンタル会社があるのか?を一緒にチェックしていきましょう。業績のある会社を幾つかピックアップしてみます。

「インク使い放題」

インク使い放題」は福岡を拠点に、インク・コピー機の輸入販売や法人へのコスト削減コンサルティングを行うALL PLAN DO,INC.が手掛けるレンタルコピー機(複合機)サービスです。A4はもちろん、A3対応の機種も取り揃えており、独自技術による高い品質と故障率の低さに自信を持っています。初期費用は無料で、月額1万円(しかも印刷し放題!)は業界最安。商社を通さずに工場と直に取引をしているため、圧倒的な安さを実現できています。

その名の通りでインクは使い放題!ただし、かなりの低価格で提供しているため、カラー印刷の品質の面は可もなく不可もない一般レベル。色にこだわりの強いデザイン系事務所やファッション、インテリア業界では満足できない可能性があります。一方、会議資料などの社内資料、塾や学校のプリントなど、カラーの質をそこまで優先しないのであれば申し分ないでしょう。

「インク使い放題」のメリット・デメリット

 Good

☑印刷し放題なのに月々の料金が安い!(初期費用も0円)
☑A4だけではなくA3対応機種もある
☑全機種ADF、Wi-Fiスマホ印刷対応
☑最低契約期間が3ヵ月と短く、それ以降はいつでも解約可能

 Not good

☑無料お試し期間ナシ
☑対応エリアは日本全国だが故障時の訪問メンテナンスはナシ
☑印刷の品質に関しては普通

なお、「インク使い放題」は少人数で運営を行っているため、繁忙期や一度に大量の導入を希望される場合は対応までに少し時間が掛かることもあります。早めにお問い合わせを行いましょう。

「イープリント」

イープリント」は東京本社だけではなく、全国に数多くの支店やオフィスを構えている株式会社e-システムが運営するレーザー複合機・プリンターレンタルサービス。最大75%の印刷コスト削減を実現させた実績があり、印刷し放題の定額のプランの他、カウントパックの料金プラン(契約印刷枚数に応じて料金が異なる)や開業パックなど様々なプランを用意しています。

また、不具合の際はカスタマーサポートセンターが対応し、それでも解消しない場合は状況に応じて無料でエンジニアの派遣あるいは新しい機器との交換を行ってくれます。

「イ―プリント」のメリット・デメリット

 Good

☑料金プランが豊富
☑初期費用0円
☑無料でのエンジニア派遣サービスあり
☑保存性にも優れた極小粒子インク、高品質トナーを使用

 Not good

☑最低契約期間が1年とやや長い
☑レーザー複合機は保守対応が1都3県のみ
☑離島はレンタル対応エリア外

なお、初期費用は原則として掛かりませんが、納品時に2階以上のオフィスでエレベーターがない場合など、引き上げ料金(搬入費用)が発生する場合があります。

「フリーインク」

フリーインク」は大阪に本社を構え、東京や滋賀などの国内のみならずアメリカやベトナムにもオフィスを展開しているジーワン株式会社が運営するカラーインクカートリッジを含めたプリンター定額レンタルサービスです。 設定量までのカラーインク代とプリンター本体のレンタル料が月々の料金に含まれており、プリンターや複合機を全3プランでレンタルしています。また、解約の際の違約金などもありません。

「フリーインク」のメリット・デメリット

 Good

☑初期費用0円
☑メンテナンスや故障時(規定範囲内での使用に限る)の交換は無料

 Not good

☑サイト上の説明が少なく問い合わせなければ分からないことが多い

3プランが用意されているものの、それぞれの月間耐用印刷枚数などサイト上に記載がなく、サポートやメンテナンスに関しても「無料」としか記載がないため、サポート方法や対象エリアなど不明点が残ります。問い合わせをしないと詳細が把握できないことは、検討の第一段階としてはややデメリットに感じるでしょう。

「エコプリ」

エコプリ」は東京に本社を構える株式会社デジタルマーケティングが運営するレンタルプリンター・複合機のサービス。レンタル機種によって2~3プランが用意されており、最安プランはEPSONの複合機:EW-660FTのスーパーライトプランで月額6,000円(最大用紙サイズ=A4)。最低契約期間は1年間とやや長めですが、保守担当者による無料の遠隔サポートや故障の際の同等機種との無料交換などアフターサポートに定評があり、91.3%と高い顧客満足度を獲得しています。なお、「エコプリ」は業界初の日本製インクを使用しており、純正インクの品質基準に達するクオリティを保証しているため、インクやカートリッジが原因と考えられる目詰まりなどの故障はほとんど起きず、安心して利用することができます。

「エコプリ」のメリット・デメリット

 Good

☑最短で翌営業日の迅速納期
☑アフターサポートや故障時の交換は無料
☑高品質な日本製のジェネリックインクを使用
☑1週間の無料レンタルあり

 Not good

☑印刷し放題プラン以外の上限枚数についてサイト上の記載なし
☑機種が3種類のみでA3対応の複合機がない
☑最低契約期間が1ヶ月とやや長い

エコプリ」のレンタル料金の支払開始日は少し変わった特徴があり、利用開始日が含まれる月は無料で、翌月1日より料金が発生します。よって、6月25日に利用を開始すれば7月1日から料金が発生する一方で、6月5日に利用を開始しても、7月1日からしか料金は発生しません。問い合わせや見積もりは月初がオススメです!

「アスクルのカウンター式プリントサービス」

定額制で印刷し放題のサービスとは毛色が異なりますが、リースではなく格安で複合機を『購入』したいなら、アスクルのカウンター式プリントサービスも良いでしょう。アスクルとは、あのアスクル。事務用品を中心とする法人向け・個人事業主向けの通信販売会社で、指定の複合機を購入し、カウンター料金を支払うことで無料でインクが使えるサービスを行っています。

月々のリース代を支払うより断然安い59,800円で、A3サイズにも対応しているbrother製のカラージェット複合機を購入。そうすることで、月々のレンタル料金は発生せず、追加インクにもお金が掛かりません。しかもインクはbrotherの純正インクなので、掲示物やポスターなども綺麗に仕上がります。さらにインク残量は自動的に検知され、切れる前に無料で届けてくれるため、インク切れの心配や発注の手間を省くことができます。

しかし、インク代が掛からない代わりに、印刷するたびにカウンター料金が必要で、モノクロは10枚で15円、カラーは10枚で90円になっています(毎月1日から末日までの印刷枚数を1の位で四捨五入)。また、印刷料金が税抜で1,000円に満たない場合でも、最低料金として1,000円が掛かります。

「アスクルのカウンター式プリントサービス」のメリット・デメリット

 Good

☑審査なし!新設法人でも購入可能
☑Brother Onlineに登録で3年間は全国出張修理サービス無料
☑インク自動発注
☑純正インクでカラーの発色も綺麗

 Not good

☑購入商品なのにカウンター料金が発生(インク代は無料)
☑購入なので初期費用が必要
☑専用ツールをPCにインストールしなければならない
☑MacOSには非対応

リースでもレンタルでもなく、複合機を購入するシステム。購入後は無料でインクが使える代わりに、カウンター料金を支払う仕組みで、リースよりは安く済みますが、料金を気にせず印刷したい場合には不向きかもしれません。

レンタル会社の比較表

取り扱い機種のタイプを比較

サービス名 A4 A3
プリンターのみ 複合機 プリンターのみ 複合機
ウルトラプリント
プリント放題
スリホ
インク使い放題
イープリント
フリーインク
エコプリ
アスクルカウンター

複合機が○であればプリントもでき、A3が○であればA4にも対応しているので、「プリント放題」のA3サイズがないことを除けば取り扱い機種に関しては不便を感じることは少ないでしょう。しかし、レンタル会社によって取り扱い機種のラインナップは大きく異なり、10機種以上を用意している会社もあれば、1機種に限定している会社もあります。

料金とサービスを比較

サービス名 料金プラン数 最安プラン料金 印刷し放題の最安 訪問サポート 契約エリア
ウルトラプリント 2 5,000円  10,000円  日本全国
プリント放題 3 7,000円 14,800円 沖縄・離島除く
スリホ 2 7,000円 12,800円 日本全国(沖縄・離島は要相談)
インク使い放題 1 10,000円 10,000円  日本全国
イープリント 3 印刷枚数による 13,500円 離島除く
フリーインク 3 9,800円 17,800円 不明 不明
エコプリ 3 6,000円 16,800円 日本全国(沖縄・離島は要相談)
アスクル 1 カウンター制 カウンター制 日本全国

料金プラン数が多ければ多いほど、印刷枚数に応じた最適なプランが揃っているので、印刷予定枚数の推測がポイントとなります。最安プランは印刷枚数が限定されており、それを超えてしまうと別途追加インク代が発生したり、別のプランに変更しなければならないこともあります。しかし、そのせいで印刷の度に細かいことが気になってしまうようでは、せっかくレンタルプリンターを導入した意味がなくなってしまいます。多少の差額を支払うことで追加インク代も掛からない「印刷し放題プラン」にすることができ、そうすることで印刷コストや印刷ミスに対するストレスは間違いなく軽減されます。

ウルトラプリント」「プリント放題」「スリホ」「エコプリ」は無料お試しレンタルを実施しています。初めてプリンター・複合機のレンタルを検討している場合は、実際に使用して印刷速度やカラーの品質などを確認してみると良いでしょう。

 

*  *  *

定額制レンタルプリンターのおすすめランキング

 

ベテランGメン園川

定額制のレンタルプリンターを提供する会社の中からおすすめを3社ご紹介しましょう。

 

1位 ウルトラプリント
初期費用 無料
月額料金(A4複合機使い放題) 15,000円(税別)
縛り期間 1ヶ月
A3対応
レーザープリンター対応
業界最安値の上に縛り期間が1ヶ月しかないのが特徴で、現在も1,500台が全国で稼働してるらしいで。全国訪問メンテナンスを実施しているところもポイント高いな!

新人GメンKEICHI

ウルトラプリントのお問合せはこちら

 

2位 プリント放題
初期費用 無料
月額料金(A4複合機使い放題) 14,800円(税別)
契約期間 6ヶ月 or 1年間
A3対応 ×
レーザープリンター対応 ×
定額制レンタルプリンター業界でも1,2を争う歴史がある会社やで!業界で唯一の顔料インクを使用してるさかい、保存したい文書を印刷する会社さんにおすすめや!

新人GメンKEICHI

プリント放題のお問合せはこちら

 

3位 スリホ
初期費用 無料
月額料金(A4複合機使い放題) 14,800円(税別)
契約期間 2年間
A3対応
レーザープリンター対応
レーザーの使い放題を最初にスタートしたスリホやけど、今は枚数ごとの課金になってるさかい、要注意!

新人GメンKEICHI

スリホのお問合せはこちら

 


印刷し放題のレンタルプリンターを知るカテゴリの最新記事