全国対応可能な印刷し放題は?定額制レンタルプリンターの対応エリアを調査

全国対応可能な印刷し放題は?定額制レンタルプリンターの対応エリアを調査

定額のレンタル料金を毎月支払うだけで、カラーもモノクロも心おきなく印刷できるレンタルプリンター。カウンター料金や保守代、インク代も掛からない(プランによる)ため、印刷コストの大幅な削減に繋がる!と中小企業や個人事業主を中心に問い合わせが急増しています。

そんな人気沸騰のレンタルプリンター、日本国内なら何処からでも申し込みができるのでしょうか?今回は、レンタルプリンターの対応エリアについてチェックしてみましょう。

 

レンタルプリンターの対応エリア

 

エリア

 

プリンターの本体は、ほとんどの家電量販店や町の電器屋さんでも取り扱っており、さらにネットでも販売しているため、購入すること自体は簡単です。同じく使用するインクも純正インクであれば簡単に入手できます。

しかし、純正インクは2~3回購入すれば、プリンター本体を新調できるほど、高額すぎることがネックで、使えば使うほど印刷コストが大きく膨らんでしまいます。これは企業に限らず、個人(家庭)にも言えること。自宅のプリンターで年賀状を作成する際など、インク代が思っていたより高く、当初の予算を大幅に超えてしまいがちです。

昨今は、非純正の互換インクも激安で発売されていますが、インクの品質にバラつきがあったり、プリンターとの相性があったり…、使ってみなければ分からないことが多く、場合によっては故障の原因にもなりかねず容易に選べるものではありません。

レンタルプリンターでは基本的に互換インクを利用していますが、プリンターを専門に扱っている会社なので、貸出機種と相性の良いインクを厳選しており「互換インクを使うことによるリスク」を回避することができます。

レンタルプリンター会社によって、インクや印刷の質、故障率の低さ、月額のレンタル料金、取り扱い機種の多さなど、こだわるポイントが違うので、しっかりと比較を行ったうえで申し込みをしましょう。

ベテランGメン

ちょーっと待ったぁ~!!レンタル会社の特徴を比較する前に大切なことを忘れていませんか?今回のテーマは対応エリアですよ!レンタルサービスの対応エリア外だと、せっかく特徴を比較しても無駄になってしまいます。

 

ちっ。せやから今、書こう思てんねんやんけ!やかましいわ、ベテラン小姑が!!

新入りGメンKeichi

 

 

各レンタルプリンター会社の対応エリア

結論からお伝えすると、レンタルプリンターの対応エリアはレンタル会社によって異なります。基本的には多くのレンタル会社で全国対応を可能としていますが、一部の地域をサービス対象外としていることがあります。

それでは早速、各レンタルプリンター会社の対応エリアをチェックしてみましょう。

 

ウルトラプリントのレンタル対応エリア

 

ウルトラプリント

 

最短契約期間が1ヶ月なので繁忙期だけでも借りやすい『ウルトラプリント』のサービス対応エリアは離島を含む日本全国。さらに、ウルトラプリントでは、紙詰まりやインク漏れなどの不具合やトラブルが起きた場合に、スタッフが電話で対応し、故障と判断されると出張訪問サポートを行ってくれます。

基本的には営業時間内の受付で、翌日の訪問サポートが可能ですが、エリアや故障内容によっては訪問までに時間が掛かることもあります。

ベテランGメン

ウルトラプリントは都心部に限らず日本全国に拠点を設けているので、地方でも訪問サポートを受けることができます!

 

【定額制で印刷し放題】最高の使い勝手!ウルトラプリント

 

プリント放題のレンタル対応エリア

 

プリント放題

 

インクの質に定評のある『プリント放題』のサービス対応エリアは沖縄・離島を除く日本全国。

水で滲みにくく、保存性にも優れた顔料インクを使用している数少ないレンタルプリンター会社なので、安くても印刷の品質は重視したい企業にオススメですが、残念ながら沖縄と離島はサービス対象外となっています。また、トラブルが発生した際も基本的には電話での対応になります。

とは言え、不具合のほとんどは紙詰まりやインク漏れなど簡単な内容。電話で操作方法を教えてもろたら、自力で解決できんでぇー。

新入りGメンKeichi

 

【定額制で印刷し放題】初期費用0円が嬉しいプリント放題

 

スリホのレンタル対応エリア

 

スリホ

 

コンパクトなプリンターから大型業務用コピー機まで、幅広い機種を取り扱う『スリホ』のサービス対応エリアは日本全国。しかし、沖縄・離島に関しては別途相談のため、プランや保守対応などが異なる可能性もあり、検討されている場合は事前に問い合わせる必要があります。

また、メンテナンスや修理などの出張サービスも行っていますが、こちらも沖縄・離島に関しては別途相談となっています。

ベテランGメン

機種が豊富なので、企業だけではなく個人がプリンターをレンタルしたい場合にもオススメの会社です!

 

【定額制で印刷し放題】起業直後でも安心!審査不要のスリホ

インク使い放題のレンタル対応エリア

 

インク使い放題

 

圧倒的な安さが最大の特徴である『インク使い放題』のサービス対応エリアは離島を含む日本全国。

リーズナブルな価格で印刷し放題&インク使い放題を実現するために、保守メンテナンスの際に出張サービスを行わず、軽度の故障(紙詰まりやインク漏れ等)であれば電話とメールで対応し、修理や交換が必要と判断した場合は、無料で交換してくれます。ただし、むやみな交換を避けるために、故障機の送料は片道分のみ負担をすることになります。

電話とメールでの対応なら全国どこでも大丈夫やもんね!

新入りGメンKeichi

 

電話対応

エコプリのレンタル対応エリア

純正インクの品質基準に達する高クオリティのインクを提供している『エコプリ』のサービス対応エリアは日本全国。ただし、沖縄・離島に関しては別途相談のため、検討する場合は時間に余裕を持って問い合わせを行いましょう。

コピホーダイのレンタル対応エリア

プリンターの扱いもありますが、コピー機・複合機の種類が多い『コピホーダイ』のサービス対応エリアは離島を除く日本全国。ただし、コピー機・複合機の場合は各メーカーの規定によって異なります。また、訪問メンテナンスの対応エリアは、東京・神奈川・愛知・大阪・兵庫・福岡・宮崎・鹿児島で、その他の地域はコールセンターに電話をして、状況に応じた適切なフォローを受けられます。

 

【まとめ】レンタルプリンターで全国対応を行う会社は?

 

離島

 

レンタルプリンターの対応エリアで、差が出る地域は離島と沖縄。

それ以外の地域であれば、どこのレンタルプリンター会社でも契約をすることができるので、定額制の料金プラン格安料金プラン、またはレンタル契約期間など、様々な項目を比較して、条件に合う最適なレンタル会社を選びましょう。

沖縄や離島の企業(または個人)の場合は、『ウルトラプリント』と『インク使い放題』であれば、要相談ではなく、他のエリアの企業・個人と変わらずに、申し込むことができます。配送に時間が掛かることが多いので、問い合わせや返却など、余裕のあるスケジュールを組みましょう。

以上「レンタルプリンターの対応エリア」について、お伝えしました!


印刷し放題のレンタルプリンターを知るカテゴリの最新記事