【複合機レンタルZEROコピの評判は?】リース審査不要の定額制で設立直後に◯

  • 公開日:2018年12月27日
  • 複合機情報
【複合機レンタルZEROコピの評判は?】リース審査不要の定額制で設立直後に◯

本記事では、複合機レンタル『ZEROコピ』の評判をお届けします。

ZEROコピは、大型複合機をリースや購入ではなく、「レンタル」で提供する業者です。ZEROコピなら、リース審査&カウンター料金不要!しかも、月額2,980円~利用可能(※トナーは都度購入)と、業界の常識を覆す低価格を実現しています。

まあ、でも「安すぎる」ところが怪しいやん?大型複合機をリースしたら、リース代だけでも16,000円/月はかかるで?それに、カウンター料金を払うと…まあ…2.5万円/月いうところか。2,980円/月のレンタル料金で大型複合機貸し出しよったら、赤字やで?評判が気になるで~!

新人Gメン及川

ベテランGメン園川

ですよね!まあ、もちろん赤字にならない運営スタイルをとっていますよ。そのへんの仕組みもお伝えしつつ、ZEROコピの評判を業界関係者にインタビューしましたので、ぜひご覧ください。

ZEROコピで【格安】複合機レンタル

ZEROコピの評判

ZEROコピの評判

ベテランGメン園川

今回、ZEROコピユーザーの口コミ・評判を集めることができませんでした…ので、ZEROコピと利害の無い3名のコピー機販売店の営業マンに感想を聞いてみました。
メーカー系営業(神奈川県)
安いね。レンタカーとカーシェアの違いと同じで、最低利用時間が短いカーシェアを長時間利用すると普通は料金が高くなるよね。でもこのサービスは縛りがないのに月額料金が安いからリスクが小さいし、長期で使っても割高にならないね。

正直、普通にリースするよりメリットが多いんじゃないかな。だって5年以下で倒産したり、印刷環境が変わる会社って珍しくないもんね。

キャノン販売店
確かに安いけど、モノクロメインの会社とか印刷枚数が月500枚以下の会社だとあんまりメリットが無いかもね。そういう場合は中古のコピー機を購入した方が安上がりだな。
東芝販売店
そうですね、モノクロをメインに印刷する会社だと割高になりますね。あと、中古の複合機を使ってるはずなので、画質と故障頻度については気になりますね。あとは保守。故障しても全然来ない可能性があるから、そこも注意ですね。

 

ZEROコピのレンタルは、メリットもありそうやけど、デメリットもありそうやな。

新人Gメン及川

オペレーター 杏奈

そうですね。今回お話を伺ったのは、全て「コピー機リースの営業マン」です。正直なところをお話しいただいていると思いますよ。

ベテランGメン園川

では、コピー機リースの営業マンの方々がおっしゃっている内容がどういうことなのか、ZEROコピの仕組みを詳しくご説明していきますね。

ZEROコピで【格安】複合機レンタル

 

 

ZEROコピの評判を検証!仕組みを解説

複合機販売の営業マンによるZEROコピの評判は、「メリットはあるが、デメリットもある」というものでした。ZEROコピの仕組みから、ZEROコピの評判の真意を検証します。

審査不要

大型複合機のリースを考える際、個人事業主やスタートアップ企業、赤字を出している企業にとってネックになるのが「リース審査」です。コピー機をリースしたくても、審査に通らないと、契約することはできません。(レンタルとリースの違いについてはこちら)

「審査に通らない」と悩んでいる事業主さまにとって救世主となるのが、ZEROコピの大型複合機レンタルです。ZEROコピなら、面倒なリース審査無しで、即、大型複合機をレンタルできます。

ベテランGメン園川

「審査無し」というのは、ZEROコピ大型複合機レンタルの最大の推しポイントです!

ZEROコピで【格安】複合機レンタル

 

契約期間の縛りなし

リースの場合、「5年」など、リース契約期間の縛りがありますが、ZEROコピには契約期間の縛りはありません。解約したい時には、解約予定日の1ヵ月前までにZEROコピへ連絡してください。

ベテランGメン園川

スタートアップ企業には、長期契約になるリースよりも、ZEROコピのようなレンタルのほうがおすすめです!

ただし、例えば「1ヵ月だけレンタルしたい」などの短期レンタルには、ZEROコピは向きません。もちろん、1ヵ月での解約も可能ですが、1ヵ月で解約する場合、設置費用や2ヵ月分のレンタル費用などを払い込んでしまっていますので、お得とは言えません。

▼ZEROコピ大型複合機レンタルにかかる初期費用

  • 設置費用:45,000円(税抜)
  • 日割りの初月月額料金
  • トナーが実費タイプの場合は、トナー代
  • 翌月の月額料金

ZEROコピで【格安】複合機レンタル

 

月額2,980円~は本当か?

ZEROコピ評判(月額2,980円プラン)

出典:ZEROコピ

ZEROコピの大型複合機レンタルのプランの中に、「月額2,980円(税抜)~」という超激安プランがあります。このプランは、スタートアップ企業を応援するためのプランだそうです。

これから開業される方、

新しくビジネスを開始される方などを

応援・支援するために生まれた低価格パック

出典:ZEROコピ

ただ、このプランには仕組みがあります。実は、このプランはコピー機レンタルの単体プランではないのです。

この2,980円プランは、コピー機を2,980円(税抜)という激安価格でレンタルできる代わりに、スタートアップ時に必要なインターネットも抱き合わせで申し込む必要があります。当然ながら、インターネット回線費用は別途必要です。

また、2,980円プランではカウンター料金は不要ですが、トナー代は実費を支払う必要があります。

なるほど~。これは、どの複合機販売店でも、よくやる手法やな。抱き合わせでオフィス周りの商材を販売することで、一つひとつの費用を安くおさえられるんよな~。

新人Gメン及川

ベテランGメン園川

はい、そうですね。スタートアップ企業にとっては、かなりお得なプランと言えますので、おすすめですね。

オペレーター 杏奈

トナー代が実費というところも、スタートアップでどのぐらいの印刷枚数になるか分からない企業にとっては、ありがたいですよ。印刷枚数が少ない場合、カウンター料金よりはるかに安いと思います!

ZEROコピで【格安】複合機レンタル

 

4つの料金プラン

ZEROコピの評判(4つの料金プラン)

出典:ZEROコピ

ZEROコピの場合、2,980円の激安プランが目立っていますが、スタートアップ企業以外は使えません。ZEROコピには計4つのプランが用意されています。

印刷枚数が少なめという事業者に最もおすすめなのは、月額5,980円の「zerocopy neo」プラン。トナーは都度購入になりますが、「使った分だけ払う」ため、無駄がありません。なお、トナー代は1本8,000円です。

印刷枚数が多いという事業者には、月額9,800円の「zerocopy standard」プランがおすすめです。こちらは、モノクロ2,500枚、カラー500枚までなら、トナー代は無料!純粋に月額料金の9,800円だけで使い放題です。月間印刷枚数が指定枚数を超えた場合は、モノクロ1.5円/枚、カラー15円/枚のカウンター料金がかかります。

さらにカラー500枚、モノクロ2,500枚という印刷枚数におさまらないという事業者には、「zerocopy custum」というユーザーの印刷枚数に合わせたオリジナルプランも用意されています。

ZEROコピで【格安】複合機レンタル

 

保守は大丈夫?

「ZEROコピの評判」で、複合機販売業者営業マンからも懸念の声が上がっていたのが、保守です。

そもそも、コピー機のリースでなぜ多くの業者がカウンター料金制を採用しているかというと…「販売業者の利益確保のため」…もとい…!!…(それもありますが…!)…「コピー機の保守レベル維持のため」です。

ZEROコピの場合、カウンター料金制を採用しているコピー機リースよりも圧倒的に安い価格での提供を目指しています。つまり、保守にお金をかけていない、ということです。

では、どのように保守対応してくれるのかというと…

ZEROコピの保守は、基本、電話対応!直らない場合は、訪問対応も可

ただし、電話で解決しない場合は、訪問対応も可能。そのため、ZEROコピでは、レンタル可能な地域を限定しています。そうです…実は、ZEROコピは全国展開されていません。

2022年現在、対応可能な地域は以下です。

・一都三県全域
・大阪府全域
・兵庫県(神戸市、尼崎市、西宮市、芦屋市、宝塚市、川西市、明石市、加古川市、三田市)
・京都府(京都市、宇治市、長岡京市、京田辺市、木津川市、八幡市、久御山町)
・奈良県(奈良市、生駒市、大和郡山市、天理市、桜井市、大和高田市、御所市、橿原市、香芝市、田原本町、王寺町、三郷町、斑鳩町、平群町)

ただし、ZEROコピの代理店は続々誕生しています。全国展開に向けて、拡大中ですので、「うちの地域はどう?」と気になった方はぜひお問合せください。

ZEROコピで【格安】複合機レンタル

 

 

ZEROコピ(レンタル)とコピー機リース、どっちが得?

ここからは、コピー機のリースにするか、それともZEROコピのレンタルにするか迷っているという方のために、どちらがお得なのかを月間印刷枚数ごとに検証します。

月間印刷枚数が少ない場合は、ZEROコピが得

月間印刷枚数が少ない場合は、圧倒的にZEROコピがお得です。2,980円プランが使えない場合は、月額5,980円の「zerocopy neo」プランになります。このプランの場合、トナーは実費ですが、トナー代は純正価格の半額程度。

1本のトナーで何枚印刷できるかは、メーカーや機種によって異なりますが、通常は1本で12,000枚程度印刷できます。最初にトナーを4本まとめて購入するため、8,000円×4本=32,000円必要ですが、月に2,000枚印刷したとしても半年はもつ計算です。

例えば、月に500枚/月もしくは1,000枚程度しか印刷しないと仮定すると、ZEROコピで必要な費用は以下になります。

▼「zerocopy neo」プラン

  500枚/月 1,000枚/月
月額料金 5,980円 5,980円
初期費用 45,000円 45,000円
トナー代 32,000円(4本) 32,000円(4本)
1年合計 148,760円 180,760円
2年合計 220,520円 252,520円
3年合計 292,280円 356,280円
4年合計 396,040円 460,040円
5年合計 467,800円 563,800円

 

ベテランGメン園川

20枚機を5年リースした場合、相場として100万円は超えてきます。印刷枚数が少ない場合は、ZEROコピの大型複合機レンタル「zerocopy neo」プランが圧倒的にお得ですね。

オペレーター 杏奈

月間印刷枚数がもっと少ない…という場合は、レンタルプリンターという手もありますよ。

ZEROコピで【格安】複合機レンタル

 

モノクロ2,500枚、カラー500枚の場合も、ZEROコピがお得

では、モノクロ2,500枚、カラー500枚程度の月間印刷枚数の場合は、どうでしょうか?

ZEROコピの月額9,800円の「zerocopy standard」プランを5年利用する場合、以下のように63万円程度の費用におさまります。

 

  ZEROコピ「zerocopy standard」プラン 20枚機の相場
月額料金 9,800円 11,000円
初期費用 45,000円
カウンター料金 0円 7,000円
1年利用合計金額 162,600円 216,000円
5年利用合計金額 633,000円 1080,000円

 

20枚機を5年リースする場合と比較すると、ZEROコピの月額9,800円の「zerocopy standard」プランは安いと言えます。ただし、印刷枚数がカラー500枚/月、モノクロ2,500枚/月を超えてしまった場合、カラー15円/枚、モノクロ1.5円/枚と、相場よりも若干高めのカウンター料金が必要になります。

例えば、モノクロ3,000枚/月、カラー1,000枚/月程度の印刷枚数である場合は、9,800円の月額利用料金以外に別途8,250円のカウンター料金が必要です。そうなると、5年利用の合計金額は約113万円となり、リースのほうがお得になります。

つまり、ZEROコピがお得なんは、「月間印刷枚数カラー500枚、モノクロ2,500枚」がラインやな。

新人Gメン及川

ベテランGメン園川

はい、ただ、ZEROコピには「zerocopy custum」というユーザーの印刷枚数に合わせたオリジナルプランもあります。「リースが難しい」という方は、ぜひお問合せください。

ZEROコピで【格安】複合機レンタル

 

まとめ

今回は、ZEROコピの評判をご紹介しました。コピー機業界の常識を覆す圧倒的な安さで、コピー機業界に殴り込みをかけたZEROコピ。リース審査が通らない場合や、リース費用が負担になっている場合におすすめです。

▼ZEROコピ(レンタル)は、こんな事業者におすすめ

  • コピー機のリース審査が通らない
  • 月間印刷枚数は少な目
  • スタートアップ企業⇒月額2,980プランあり
  • コピー機のリース費用を負担に感じている

 

▼ZEROコピ(レンタル)をおすすめしないのは?

  • 印刷枚数が多い⇒リースorZEROコピのカスタムへ
  • 保守レベルにこだわる
  • コピー機がないと仕事にならない
  • 対応エリア以外(※エリアは順次拡大中)

 

ZEROコピで【格安】複合機レンタル

 

ベテランGメン園川

当サイトでは、ZEROコピ以外にも、卓上型のレンタルプリンターや、コピー機のリースもご紹介できます。「リースがいいか、プリンターレンタルがいいか、それともZEROコピがいいか」と迷った際には、ぜひご相談ください。

複合機情報カテゴリの最新記事