コピー機の営業

1/2ページ

【営業電話の対処法】コピー機のテレアポを受けたらどうする?

        営業電話の目的は? 最大の目的は決済者を引きずり出すこと 営業マンが営業電話をかける最終的な狙いは、決裁権のある人と直接話してアポを取ることです。営業電話をかける会社の多くは、独自のリストを持っています。そのリストには、 社長の名前 会社の規模 業種 などが記載されており、その多くは中小企業が対象です。決裁者と直接話すことができそうな中小企業 […]

【売れないと悩むコピー機の営業マネージャーへ】テレアポ?飛び込み?ノルマで悩む営業組織の戦略は

コピー機業界に吹き荒れる3つの逆風 売れない商材の代表選手のように語られるようになった複写機は現代ではどうして売りにくいのでしょうか?3つのポイントで整理してみます。   ①競合過多による受注率のダウン コピー機は、機械とリースのことさえわかれば誰にでも売れる商材なので、OA販売会社だけでなく、システム屋、オフィス家具屋なども参入しています。かつてより買い手が減っているのに売り手だけ増え […]

複合機営業のマネージャーの役割

  複合機営業のマネージャーの役割     複合機の営業会社でマネージャーは、チームにとって欠かせない存在です。 特に営業部であれば、年齢や職歴に関わらず営業成績によって一気にマネージャーのポジションへとアップすることも多々あります。そんなマネージャーの役割、注意点を紹介します。 複合機営業のマネージャーの役割は、大きく以下の2点ではないでしょうか。 1つずつ項目をチ […]

【売りやすいお客さん?売りにくいお客さん?】見極め方を大公開!

    売りやすいお客さんと売りにくいお客さんの見極め方     複合機の営業は多くの場合、営業電話からアポに繋げ、訪問して受注の契約に至ります。また、競争率が高いため、なるべく当日に即決してもらうように営業します。しかし、当日中に契約を取ることは決して簡単なことではありません。少しでも効率を上げるためには、売りやすいターゲットを見極めて営業することが大切です。 今回 […]

【こんな会社には要注意!】コピー機販売の悪徳業者の特徴と対応方法

    その会社、本当に大丈夫?複合機営業の悪徳業者を見極める!     競争率が高い複合機の営業会社には少なからず「悪徳業者」が存在します。今回は契約後に後悔しないために、悪徳業者の特徴と対応方法を紹介します。 悪徳業者の特徴と対応方法 コピー機販売の悪徳業者を見極めるには、幾つかのポイントがあります。それぞれのポイントと対応策をチェックしてみましょう。 【悪徳業者 […]

【営業クロージング編】アポから受注につなげるポイントは?家族の話が効果的!

    アポから受注につなげるポイントは?     複合機の営業は基本的に電話でアポを取ってから、現地に訪問して営業する流れが大半です。しかし、せっかくアポを取ることができても、訪問営業で受注を取らなければ意味がありません。 アポから受注に繋げるために、大切なポイントは何でしょうか? 結論としては、以下の2つが重要です。     複合機は多くの企業 […]

飛び込み営業が来た時の効果的な対応とは?

    飛び込み営業が来た時の効果的な対応方法     企業に勤めている方や自営業の方など、どのような業種の方でも一度は営業電話や飛び込み営業の対応をしたことがあると思います。 なかでも飛び込み営業はアポを取らずに訪問されるので、忙しい時間に来られたり、興味のない商品を紹介されたり…と、顧客からあまり良いイメージを持たれていません。 複合機の飛び込み営業も同様で、一度 […]

【こんな時どうする?】しつこく値切られた時の対応法

    しつこく値切られた時の対処法     複合機の営業は中小企業をターゲットにするケースが多く、なかでも決裁権のある社長に対して営業を行うため、様々な業種のバックグラウンドを持った人に出会う機会があります。 すんなりと複合機の購入を決めてくれる社長もいれば、相見積もりを取って慎重に決める社長、値切ってくる社長もいます。 では、営業マンが顧客からしつこく値切られた場 […]

【マジか…】困った同僚営業マンの特徴

    【実録!】困った同僚営業マン     私が働いていた複合機営業の会社は、通年採用&大量採用を行っていました。一度に沢山のメンバーが入社するものの、すぐに辞めてしまう人も多く、常に人の出入りが激しい会社でした。 今回は、その会社で私が出逢った『困った同僚営業マン』の特徴を紹介します。   目標に対して執着心を持たない営業マン     […]

【複合機営業の体験談】私が出会ったありがたいお客さん

    私が出会った「ありがたい」お客さん     複合機の営業は、テレアポが主流です。 電話をかける側は1日に何100もの会社に営業電話を行い、電話を受ける側は1日に何件もの営業電話を受けます。しかし、複合機は簡単に壊れたり買い換えたりするものではありません。 そのため、複合機の営業と分かった瞬間に電話を切られてしまうケースがほとんどです。 すぐに電話を切られてしま […]