コピー機Gメン運営者情報

  • 公開日:2020年09月17日

サイト運営者情報

運営者 屋号:コピー機Gメン
代表者 河合 央
編集者 及川 亨佐藤 和子
大阪オフィス 大阪府高槻市大畑町15-15-403
東京拠点 東京都江東区豊洲1-2-33-219

電話番号:050-7300-2529

事業内容 コピー機に関する情報発信と販売店の紹介
運営開始 2013年10月
運営人数 9人
メディア 2019年11月放送:TBC東北放送ドラマ「小さな神たちの祭り」取材協力
アクセス 年間110万人(2021年5月時点)
お問合せ 複合機利用者様からのお問い合わせはこちら
提携・広告掲載 販売店様からのお問い合わせはこちら

 

【販売店さま用】提携に関するお知らせはこちら

 

共同運営

会社名 株式会社ブラウズフリー
本社

〒104-0053 東京都中央区晴海3-13-1

沖縄支店

〒903-0815 沖縄県那覇市首里金城町4-13-12

設立 2009年12月
代表 嘉数 啓太
事業 福祉用具販売店の紹介事業
広告代理店事業
WEBサイト運営事業
ホームページ http://browsefree.jp/
銀行 三井住友銀行 恵比寿支店

 

 

コピー機を売り込まなれたくない方のためのサイト

 

コピー機Gメン会社概要

 

コピー機Gメンは、コピー機を売り込まれることに恐怖心がある方が、自分で情報収集できるサイトです。見積もり依頼して頂いた場合には、コピー機Gメンが厳選した安さと対応品質の高い、2社程度の販売店から見積もり取得が可能です。

 

【売り込まない】コピー機Gメンへのお問合せはこちら

 

売り込み営業が消えない理由は「売れるから」

今もコピー機の飛び込み営業やテレアポが存在し続ける理由は、売れるからです。例えばピーク時より25%も発行部数が減っている新聞は、新規での契約が見込めないので訪問営業をする人が極端に減りました

 

 

コピー機の営業スタイルは大きく分けて2つです。

  1. 攻めの営業(飛び込み、テレアポなど)
  2. 待ちの営業(WEB集客、イベント集客など)

「攻めの営業」に屈して契約してしまうユーザが案外多いため、現在は「待ちの営業」より「攻めの営業」の方が儲かるという意見が業界では一般的です。これからは「待ちの営業」の方が儲かると言われるように、サイト運営を継続したいと思います。

 

オペレーター 杏奈

インターネットを使って集客してる会社からみんなが買えば、飛び込み営業も居なくなるってことですね。
コピー機Gメンでなくても良いし、そういう会社から買ってくれると良いんやけどな!

新人Gメン及川

オペレーター 杏奈

でも、せっかくなのでコピー機Gメンにもお問合せください
ちゃっかりしてんな!

新人Gメン及川

 

*  *  *

    複合機販売店30社を独自調査したコピー機Gメンが、安さと対応品質が高い販売店を2~3社ご紹介します。相見積もりを取って頂くために複数の販売店をご紹介していますが、1社だけをご希望の場合はその旨をご記載ください。
    電話問合せはこちら 050-7300-2529

    複合機のお見積り依頼はこちら