複合機カウンター料金の相場は?モノクロ1円は当たり前?コピー機価格のマジな底値はこんなに安かった!

複合機カウンター料金の相場は?モノクロ1円は当たり前?コピー機価格のマジな底値はこんなに安かった!

コピー機Gメンは全国にある販売店と提携しており、ゼロックス・リコーなど全社メーカーのコピー機のお見積りが可能です。また、複合機のリース購入だけでなくレンタルや中古でのご提案も致します。

 

 

【相場感】カウンター料金の相場は?

カウンター料金・複合機本体費用(月額リース料)の相場を発表します。

▼複合機のカウンター料金相場

印刷速度 15枚機 20枚機 30枚機 40枚機 50枚機
月の印刷枚数 ~1,000枚 1,000~3,000枚 3,000~6,000枚 6,000~10,000枚 10,000枚~20,000枚
カウンター料/枚 カラー20円/白黒3円 カラー18円/白黒2円 カラー16円/白黒1.5円 カラー14円/白黒1.3円 カラー12円/白黒1.2円
月額リース料相場 6,000円 11,000円 17,000円 20,000円 22,000円
本体の相場 30万円 60万円 90万円 110万円 120万円

数年前まではカラー1枚25円などという会社も多くありましたが、コピー機屋による叩き合いの結果、今ではカラー1枚20円などという料金設定をされている会社も少なくなってきました。市場原理って素晴らしいですね。

 

【大公開】建前の相場論はここまで!最低価格を暴露

遂に、各社が出せる本音のカウンター料金をぶっ書いてしまいます。下記はあくまでも合格ラインであり、交渉次第ではもっと下げられる可能性もあります。

 

カウンター料金相場

 

 

▼複合機のカウンター料金相場

印刷速度 15枚機 20枚機 30枚機 40枚機 50枚機
月の印刷枚数 ~1,000枚 1,000~3,000枚 3,000~6,000枚 6,000~10,000枚 10,000枚~20,000枚
カウンター料相場/枚 カラー10円/白黒1円 カラー10円/白黒1円 カラー10円/白黒1円 カラー10円/白黒1円 カラー10円/白黒1円
月額リース料相場 6,000円 11,000円 17,000円 20,000円 22,000円
本体の相場 30万円 60万円 90万円 110万円 120万円

 

足元を見ることだけに長けている全ての業界人がひた隠しにしてきた事実ですが、毎月1,000枚以上印刷する会社であれば、多くのメーカーのコピー機がカラー1枚10円、モノクロ1枚1円で契約することが可能です(離島など僻地は除く)。御社ももちろん、例外ではありませんので一度現在契約しているコピー機会社を上記を目安につついてみると長年蓄積したホコリが出て来るでしょう。

 

嘘つき営業マン

モノクロ1円なんて、都内の大企業の話っすよ

 

なんてことを販売会社の営業マンは口にするかもしれませんが、事実ではありません。

会社が集中していて印刷枚数が多い会社ほどカウンター料金は安くなるというのは事実ですが、今では地方の印刷枚数がそれほど多くない会社でも白黒1.2円/枚・カラー12円/枚より安いカウンター料金で契約できます。さらに、カウンター料金が安い京セラであれば、政令指定都市の中心地から車で30分~60分圏内であれば月間枚数1,000枚でも白黒0.7円/枚・カラー7円/枚程度の単価で契約が可能です。

【見積依頼】激安カウンター料金をご希望ならGメンまで

 

 

 

Gメン

ところで、カウンター料金ってなんだっけ?

 

【何それ】複合機のカウンター料金とは?

カウンター料金とは

 

カウンター料金とは、複合機の本体代とは別に発生するランニング費用で印刷枚数ごとに課金される料金体系です。カウンター料金は消耗品(トナー、部品)代と修理費用を含んでおり、1枚印刷するごとに料金が発生(白黒1枚1円、カラー1枚10円など)します。カウンター契約では1枚印刷する度に料金が発生する代わりに、トナー注文や修理の度に別途費用が発生することはありません

 

保守契約の形態はカウンター料金を含めて以下の3パターンです。

  1. カウンター契約(印刷1枚○○円)
  2. キット契約(トナー代に修理費用を含む)
  3. スポット契約(トナーも修理も使った分だけ払う)

キット契約やスポット契約という保守契約の形式もありますが、現在販売されているほとんどの業務用複合機はカウンター契約を必須にしていることが多く、高いカウンター料金で契約してしまうと大きな費用負担になってしまいます。

実際カウンター料金を気にしながらFAXや印刷をしている人も多い様子です。

 

家庭用プリンターならインクは使用量に、修理も内容に応じて請求されますが、業務用コピー機のカウンター料金は「印刷枚数に応じた課金」になっています。この点が直感的に理解しにくい点ですよね。

【見積依頼】激安カウンター料金をご希望ならGメンまで

 

 

【闇常識】取れる客からたくさん取る!

Gメン

こんなマジの話、書いて良いのだろうか。

 

コピー機屋の営業マンのキモチカウンター料金で稼ぐコピー機屋

 

某コピー機メーカーで複合機を売っていたとき、お客様から

「machiくん、ウチの会社のカウンター料金が高いのか安いのか全然分かんないだよ。ぶっちゃけどうなの?」

と質問されて大変困りました。本音を言うと、ほぼ全てのコピー機屋はたくさん取れるお客さんからはがっぽり取り、他社との相見積もりなどで値切られた場合には安くするというスタンスで営業しています。そのため、底値は存在しているけれど相場が存在していない状態で、場所も印刷枚数も同じなのにお客さんによって料金が倍以上違うということも珍しくありません。

相場が無いなら、交渉して「底値」を引き出すしかないですね。

Gメン

 

高額なカウンター料金

 

例えばカウンター料金がカラー1枚20円、白黒3円の会社の隣に、同じ複合機を使って同じ枚数しか印刷しないのに、カラー1枚10円、白黒1枚1円の会社があることもよくあります。これはゼロックス・リコー・キヤノンのような大手メーカーでも中小の販売店でも同様です。

【見積依頼】激安カウンター料金をご希望ならGメンまで

 

 

【お勧め】カウンター料金が安い機種ベスト3 

 

Gメン

安いカウンター料金で契約できる機種を、どどんと紹介しちゃいます!

 

【第1位】京セラTASKalfaシリーズ 

デザイン業おすすめ複合機京セラ

京セラは業界内でも「ありえない金額」と言われているほどの安いカウンター料金を設定しています。他社と比較して圧倒的に耐久性の高いドラムを利用していることでカウンター料金を低く抑えており、東京、大阪、愛知、広島、福岡などの主要都市だけでなく、山形市、松本市、宇都宮市、奈良市、岡山市、延岡市など中規模都市でもカウンター料金はモノクロ0.7円、カラー7円で契約している事例があります(印刷枚数は月1,000枚以上)。

京セラ複合機のお見積りこちら

 

大都市でなくてもモノクロ0.7円で契約できるなんて!

Gメン

 

【第2位】シャープMXシリーズ 

シャープ複合機

シャープ製複合機も、京セラについで本体価格・カウンター料金を安く契約できるメーカーです。コンビニシェアで6割を有するシャープは画質の良さや耐久性でも一定の評価を受けています。カウンター料金は大規模・中規模都市ならモノクロ1円、カラー10円程度で契約可能です。

シャープ複合機のお見積りこちら

 

【第3位】コニカミノルタbizhubシリーズ 

コニカミノルタ複合機の外観デザイン

京セラ・シャープほどの安さはありませんが、安さと品質のバランスが良いのがコニカミノルタです。ボディのデザインが評価されがちですが、画質、サポート、扱い安さでも高く評価されており、カウンター料金も中規模とし以上であればモノクロ1.2円、カラー12円が目安になるでしょう。

コニカミノルタ複合機のお見積りこちら

 

【最低料】最低利用料金は2,000円程度

最低利用料金とは?
カウンター料金は印刷枚数に応じて費用を支払う仕組みですが、印刷枚数が少なかった場合に適用される金額が最低利用料金です。最低利用料金は月に1,000円~3,000円程度で設定されています。例えば最低利用料金が2,000円で当月のカウンター料金が1,000円だったとすると、最低利用料金の2,000円が請求されます。

なぜ最低料金が設定されているかと言うと、複合機メーカー・販売店はカウンター料金が最大の収益源なので、1枚も印刷しなくても一定の売上が入ってくるように設計しているのです。さらに高額の再低料金が見積で出てくることもありますが、交渉すれば最低基本料金は1,000~2,000円程度まで下げられることが多いです。

▼使って無くても最低利用料金が請求されます

 

【平均値】御社のカウンター料金、おいくら?

2018年7月に全国の180社を対象にインタビューしたところ、カウンター料金の平均値は以下の金額でした。

 

カウンター料金 モノクロ モノクロカウンター料金 3.3円
カウンター料金 カラー  17.8円

 

高い・・・。

 

予想よりも高かったことに驚きましたが、全体の相場で言えばこの程度と言えるかもしれません。但し、上記は印刷枚数が多い会社も少ない会社も含んでいるため印刷枚数ごとに区切って平均値を出してみたいと思います。

 

 

▼モノクロの月間印刷枚数とカウンター料金平均

月間モノクロ印刷枚数 カウンター料金(モノクロ)
~200枚 4.6円
200~500枚 2.9円
500~1,000枚 3.6円
1,000~3,000枚 3.6円
3,000~5,000枚 3.0円
5,000枚~ 2.7円

 

▼カラーの月間印刷枚数とカウンター料金平均

月間カラー印刷枚数 カウンター料金(カラー)
~50枚 22.3円
50~200枚 16.1円
200~500枚 17.1円
500~1,000枚 18.7円
1,000~3,000枚 12.4円
3,000枚~ 16.8円

 

印刷枚数の多さとカウンター料金に「ある程度」の相関が見られます。但し、必ずしも綺麗な相関を描いていない理由は、「印刷枚数が少なくても安く買っている会社」と「印刷枚数が多いのに高く買わされている会社」が存在するからです。

 

「カウンター料金が安くても修理してもらえるの?」

料金が安くなるということは、サービス面が悪化することが懸念されるのではないでしょうか。パソコンでも野菜でも、料金を抑えればスペックや品質もそれなりに落ちるというのが一般的です。

しかし、複合機のカウンター料金について言えばカウンター料金を値切ることのリスクは一切ないようです。複数の関係者に確認しましたが、カウンター料金が安いからと言って修理を後回しにするとか、トナーが届かないなどということはありません。

 

 

ただし、粗悪なメンテナンス会社と契約してしまったために粗悪なメンテナンスを受けることになってしまうということはあり得るので、販売店ではなくメーカーメンテナンスを選択することでリスクを減らすことができます。

続いて、カウンター価格の事例を見てみます。

【見積依頼】激安カウンター料金をご希望ならGメンまで

 

 

【事例集】価格差にびっくり

実ユーザの料金の事例を記載します。印刷枚数や会社がある地域が都心か地方かも影響していますが、「取れるところから取る」という戦略が見え隠れする契約料金になっています。

いくらやねん

 

事例①:埼玉県 従業員100人の大学

月間平均利用枚数:約6,000枚/月
本体:A3カラー複合機、毎分50枚 / メーカー:コニカミノルタ
カウンター料金:カラー 12.0円、モノクロ 2.0円

 

事例②:兵庫県 従業員50人のメーカー

月間平均利用枚数:約1,000枚/月
本体:A3カラー複合機、毎分20枚 / メーカー:リコー
カウンター料金:カラー 15.0円、モノクロ 4.2円

この2社については妥当な価格と言えるでしょう。

 

 

事例③:奈良県 従業員15人の工務店

月間平均利用枚数:約1,000枚/月
A3カラー複合機、毎分20枚 / メーカー:キヤノン
カウンター料金:カラー 9.0円、モノクロ 1.0円

事例②の会社より印刷枚数が少なく都心部からも離れているにも関わらず、②よりはるかに安い料金で契約しています!この工務店さんはお買い物上手ですね。

 

事例④:宮城県 従業員5人の会計事務所

月間平均利用枚数:約7,000枚/月
A3カラー複合機、毎分20枚 / メーカー:コニカミノルタ
カウンター料金:カラー 35.0円 モノクロ 7.5円

 

事例⑤:兵庫県 従業員10人の企業

月間平均利用枚数:約3,000枚/月
A3カラー複合機、毎分70枚 / メーカー:富士ゼロックス
カウンター料金:カラー 50.円 モノクロ 10円

 

凄まじいカウンター料金の高さ!まるで2,000年頃を思わせる単価です。このユーザは月に10万円以上のカウンター料金を支払っている「有り難い」お客さんで、ゼロックスとその販売店はこの先いつまでも相場に気づかないよう祈っていることでしょう。

⑤については必要以上のハイスペックな機種を導入されており、社長が営業マンに騙されたか情にほだされたパターンでしょう。

 

会社によって大きくカウンター単価にバラつきがでるのは、以下の理由が考えられます。

  1. 長年同じ販売店から購入し続けている
  2. 他社から見積もりを取ったことがない
  3. 営業の言われるままにしている

その場合は是非、別の販売店と相見積もりをオススメします。コピー機Gメンでもお見積り可能です。

【見積依頼】激安カウンター料金をご希望ならGメンまで

 

私が住む地方都市での相場は本体価格は定価の60%~70%引き、カウンター単価はカラー10円、白黒1円が一般的ですが、これからまだこの料金も下がって行く可能性があります。

 

 

 

訪問営業を控えるから、安い

お客様からのご希望が無い限り、コピー機Gメンは訪問営業を実施していません。理由は「営業マンの人件費と交通費が無駄だから、来なくて良いから安くしてよ」とお客さんに言われたことがきっかけです。また、営業担当との商談時間を無くすことで無駄な時間を省いて複合機を購入できます。

全国どこでも対応できます

複数の複合機販売店と提携していますので、全国での対応が可能です。また、修理サポートはメーカーの地域拠点が実施しますので、故障時も安心してお使いいただけます。

全メーカーをご紹介可能

ゼロックス・キヤノン・リコーなど実績のある大手メーカーから、シャープ・京セラ・コニカミノルタなどの安価に導入できる複合機まで、メーカーに偏りなくコピー機をご紹介することが出来ます。
 
 

全国対応のコピー機Gメンへのお見積依頼は下記よりお願いします。
電話問合せはこちら 050-7300-2529

複合機のお見積り依頼はこちら