複合機・コピー機の相見積もりはとるべき?40社へのアンケート調査結果を大公開!

複合機・コピー機の相見積もりはとるべき?40社へのアンケート調査結果を大公開!

複合機・コピー機の相見積もりはとるべき?

「相見積もり」とは、モノやサービスを購入する際に「複数の業者から見積もりを取って価格などを比較すること」です。 複数の見積もりを比較することで、より良い条件の契約ができるようになるのが相見積もりのメリットです。

では、複合機を導入する際も相見積もりをとるべきなのでしょうか?

答えは「YES」です。

相見積もりをとらずに複合機を導入すれば、相場よりもはるかに高い価格で契約してしまったり悪条件で契約してしまったりするリスクが高くなります。にもかかわらず、複合機を導入する際に1社のみの見積もりで決めている企業は意外と多いものです。そのような企業に限って、相場よりも高い価格で契約しまっているケースが多いです。

 

コピー機Gメンに問い合わせされた北海道の企業様で、地元の販売店と「カラー1枚40円」のカウンター料金で契約している例もありました。カラー1枚40円というのは、相場の約4倍です。この企業様は、1社だけの見積もりで決めてしまったそうです。相見積もりを取っていれば、高すぎることに気付けたかもしれないんですけどね…。

ベテランGメン園川

 

複合機の価格は、「販売店の実績(販売台数)」や「販売店とメーカーの関係」などで変わります。同じ機種であっても販売店Aの仕入れ価格は15万円、販売店Bでは30万円ということが普通にあるのです。この場合、販売店Aの方が低い価格で提供できるわけですが、もし販売店Bからの見積もりだけで決めてしまえば高い価格で契約するはめになります。

また、各販売店には「得意とするメーカー(安く提供できるメーカー)」というものがあります。たとえば、「販売店Aは富士フィルムが得意」「販売店Bは京セラが得意」としましょう。

富士フィルムの複合機を導入したい場合、販売店Aに見積もり依頼をすれば安い価格が提示されるでしょう。反対に販売店Bに依頼すれば、富士フィルム機に関しては高い価格が提示されます。もし販売店Bからの見積もりだけで決めてしまったら、富士フィルム機をもっと安く導入するチャンスを逃してしまうことになります。

このような事態を避けるためにも、相見積もりをとって比較することが大切なのです。

 

↓【完全無料!】相見積もり依頼 ↓

複合機を【格安】でリースする

 

オペレーター 杏奈

今回、複合機の相見積もりの実態を調査すべく、コピー機Gメンで「複合機を導入する際に相見積もりをとった」という企業40社に独自アンケート調査を実施しました。その調査結果を見ていきましょう!

 

【複合機・コピー機の相見積もり】アンケート調査結果

今回行ったアンケートの質問は、以下の項目です!

ベテランGメン園川

  • 何社から見積もりをとりましたか?
  • 相見積もりをとった複合機のメーカーは?
  • どのような方法で相見積もりをとりましたか?
  • 本体価格の最安値と最高値の価格差は?
  • カウンター料金の最安値と最高値の価格差は?
  • 相見積もりをとった中から契約しましたか?
  • 相見積もりをとったことでより良い条件の契約ができましたか?

 

何社から見積もりをとりましたか?

相見積もりアンケート調査結果(何社から?)

 

相見積もりは2社からという企業が50%か。なんやみんな、えらい控えめやな。ワシやったら10社くらいから見積もり取ったるけどな!

新人Gメン及川

オペレーター 杏奈

みなさんお忙しいですからね。効率よく比較したいなら、相見積もりは2〜3社がベスト、どれだけ多くても5社までだと思いますよ!実際に4〜5社から相見積もりを取った方々からは、選定に時間がかかりすぎたという声が届いています。

 

同性能のプリンターでも、比較検討することで本体価格とカウンター料金最安値の業者と契約できた点が良かったです。悪かった点は、見積もりに付随する資料が膨大になってしまい、上層部を納得させるための「各社の性能比較資料」「金額比較資料」などを作るのが大変でした。

相見積もりを取って良かった点は 価格や条件を比較できたのでより最適な方を選ぶことができたこと。
悪かった点は、4社から見積もりを取ったため、比較項目が増えてしまって決めるまでに時間が多くかかってしまったこと。

 

なるほど、多すぎても逆に迷うんやな!ところで、みんなが相見積もり取ってるのは、どこのメーカーが多いんやろ?

新人Gメン及川

 

相見積もりをとった複合機のメーカーは?

相見積もりアンケート調査結果(見積もりメーカー)

 

新人Gメン及川

やっぱり、国内シェア率が高いリコー、キヤノン、富士フィルム(旧ゼロックス)が多いみたいやな。
特にメーカーにこだわりがない場合は、「松竹梅」方式で3つのメーカーの見積もりを取り寄せるといいですよ。

ベテランGメン園川

 

  • 松=富士フィルム
  • 竹=キヤノン、リコー、コニカミノルタ
  • 梅=京セラ、シャープ、東芝、ムラテック など

 

ベテランGメン園川

同じメーカーで相見積もりをとる場合は、ちょっと注意が必要です。もし1社目に「カウンター料金が高い販売店」から見積もりを取り寄せてしまうと、2社目以降の見積もりは1社目のカウンター料金と同等かそれ以上の価格しか出てきません。
どういうことやねん、それは?

新人Gメン及川

 

複合機の見積もりを出す場合、販売店はメーカーに「カウンター料金の申請」を行います。「ウチは今回このお客さんに、モノクロ◯円/枚、カラー◯円/枚でいきますね」という申請です。それに対してメーカーが認可して初めて、見積もりが出せます。

たとえば、B社がメーカーに「モノクロ1円/枚、カラー10円/枚で見積もりを出します」と申請したとします。しかし、同じお客さんから見積もりを依頼を受けたA社が、B社よりも先に「モノクロ2円/枚、カラー20円/枚」で申請していて、メーカーも認可していたとしましょう。

その場合、メーカーは後から申請してきたB社に対して、A社の「モノクロ2円/枚、カラー20円/枚」より安いカウンター料金は認可できないのです。

 

 

新人Gメン及川

つまり、1番最初に申請した販売店のカウンター料金に、各社が揃えさせられるっちゅうわけやな。でも、それって販売店の自由競争をジャマしてへんか?
そうですね。販売店の営業さんに聞いたところ、富士フィルムやキヤノンはこの傾向が強いそうです。反対に、シャープや京セラなどはわりと自由競争を認めていて、1社目が申請したカウンター料金に関係なく認可をおろす場合が多いみたいですよ。

ベテランGメン園川

オペレーター 杏奈

あと、本体価格に関してはカウンター料金と違って販売店が自由に決められますから、同じメーカーの相見積もりでも価格差は出てきますよ!

 

どのような方法で相見積もりをとりましたか?

オペレーター 杏奈

続いて、みなさんがどのような方法で相見積もりを取られたのか、見てみましょう。

 

相見積もりアンケート調査結果(見積もり取得方法)

 

新人Gメン及川

おいおい、みんな自分で販売店やメーカーに直接依頼してるやんか!今の時代、ネットの一括見積もりサイトに依頼するっちゅう便利な方法があるのを知らんのか?
一括見積もりサイトの存在を知らない人もいると思いますが、複合機は地元の販売店や事務機屋さんから買うものだと思っている方も、まだまだ多いのでしょうね。我々コピー機Gメンがもっと頑張らないといけませんね!

ベテランGメン園川

新人Gメン及川

それでボッタクリされとったら世話ないわ。地元にある地域密着型の販売店の方が、全国対応の販売店より価格が高い傾向にあるっちゅうのを知らんのかいな!

オペレーター 杏奈

全国対応の販売店の方が地域密着型の販売店よりも販売台数が多いので、複合機を安く仕入れられます。その分、お客様にも安く提案できるんですね。コピー機Gメンは全国対応の優良販売店をご紹介します。複合機の一括見積もりなら、ぜひコピー機Gメンにご依頼くださいませ!

 

【一括見積もりサイトを利用するメリット】

  1. 自分で販売店を探す手間が省ける
  2. 自分で複数の販売店に連絡する手間が省ける
  3. 全国対応の優良販売店(=仕入れが安いため低価格)を紹介してもらえる
  4. サイト運営者が各販売店の強みを把握しているため、ニーズに合った販売店を紹介してもらえる

 

【完全無料!】相見積もり依頼

複合機を【格安】でリースする

 

本体価格の最安値と最高値の価格差は?

オペレーター 杏奈

続いて、本体価格の最安値と最高値にはどれくらいの差があったのか、見てみましょう!

 

相見積もりアンケート調査結果【本体価格の価格差】

 

新人Gメン及川

本体価格に5万円以上の価格差があったのが、合計60%ほどやんか!なかには30万円以上の差があった企業もあるやん。1社だけ見積もりとって最安値の方に当たればええけど、最高値に当たってそのまま契約したらシャレにならへんで!
まぁ、当然どのメーカーで相見積もりを取ったかで価格差は変わりますよね。京セラと富士フィルムで相見積もりをとれば、30万円くらいの価格差が出ることも考えられます。複合機は価格だけで決めるものではないと思いますが、価格を重視する場合は特に相見積もりをとることが大事ですね。

ベテランGメン園川

 

【完全無料!】相見積もり依頼

複合機を【格安】でリースする

 

カウンター料金の最安値と最高値の価格差は?

オペレーター 杏奈

カウンター料金の最安値と最高値の価格差は、どんな感じだったのでしょう??

 

相見積もりアンケート調査結果(カウンター料金モノクロの価格差)

相見積もりアンケート調査結果(カウンター料金カラーの価格差)

 

新人Gメン及川

相見積もり取ったら、カウンター料金にもまぁまぁ価格差があるねんな。カラーで1枚20円以上の差があったとか、ゾッとするわ…。
カウンター料金はメーカーや販売店によってかなり差が出ますから、相見積もりを取ってしっかり比較することが大切ですね!特に、歴史の長い会社で同じメーカー・販売店から複合機を入れ続けている場合などは要注意です。感覚がマヒして高い料金が当たり前になっていることもあるので、1度見直した方がいいかもしれません。

ベテランGメン園川

 

【完全無料!】相見積もり依頼

複合機を【格安】でリースする

 

新人Gメン及川

ほんま、Gメンに相談してくるお客さんも、結構ぼったくられとるからな!ワシはハッキリ言うとるで。「アンタ、付き合い長いからってカモにされてまっせ。ボーッとネギ背負っとる場合やないで!」ってな。
言い過ぎです。

ベテランGメン園川

 

相見積もりをとった中から契約しましたか?

新人Gメン及川

ところで、相見積もり取った人たちはその中から契約しとるんか?

 

相見積もりアンケート調査結果【相見積もりの中で契約した?】

 

オペレーター 杏奈

90%が相見積もりを取った中から契約しているようですね!

新人Gメン及川

でも、一部そうじゃないのもおるで!どうせ、ほかの販売店に値下げ交渉するための材料として、相見積もりを取ったりしたんやろ。ワシは、コピー機Gメンが当て馬探しに使われるのはゴメンやで!
私はコピー機Gメンが紹介した販売店が選ばれなくても、相見積もりが役に立ってお客さんが良い条件で契約できれば嬉しいですよ。

ベテランGメン園川

新人Gメン及川

園川くん、何回生まれ変わったら、そんな菩薩みたいな考え方ができるんや…。

オペレーター 杏奈

ドンマイです。前世ミジンコ、人間1回目の及川さん!

 

相見積もりをとったことでより良い条件の契約ができましたか?

 

相見積もりアンケート調査結果(相見積もり取ってよかった?)

 

オペレーター 杏奈

相見積もりを取ったことで、より良い条件で契約できたという企業が80%以上でした。

 

【完全無料!】相見積もり依頼

複合機を【格安】でリースする

 

【複合機・コピー機の相見積もり】感想・口コミ

オペレーター 杏奈

最後に、複合機の相見積もりをとった企業の方々の感想を、一部ご紹介します!

 

●相見積もり:2社(キヤノン、リコー)

●本体価格の価格差:5万円〜10万円

●カウンター料金(モノクロ)の価格差:0.5円/枚 未満

●カウンター料金(カラー)の価格差:5円/枚 未満

●相見積もりをとって良かったですか?:はい

以前からimageRUNNERシリーズを5年契約でリースしていましたが、当社の監査役から出来れば他のメーカーから相見積の取得をするようにとの指示が有りましたので、キヤノンとリコージャパンから相見積を取得しました。価格はキャノンとの差はほぼ無く(コンプライアンス上、キャノン側にリコーの価格は伝えていません。)使い慣れているキャノンを継続利用することにしました。

相見積を取得したことで、他社とほぼ差は無い事が分かりました。

●相見積もり:3社(富士フィルム、キヤノン、リコー)

●本体価格の価格差:30万円以上

●カウンター料金(モノクロ)の価格差1円〜1.9円/枚

●カウンター料金(カラー)の価格差:20円〜29円/枚

●相見積もりをとって良かったですか?:どちらとも言えない

カウンター料金、本体価格に関しては富士フィルムは話になりませんでした。リコーは、価格に関しては申し分なかったのですが、機械の性能、耐久性、保守メンテナンスで泣いている知り合いもいたので、一応見積もりは取りましたが除外しました。

最終的にはコストも本体価格も高い富士フィルムに決めました。担当営業の差もあったのかもしれませんが、よい選択だったとは思います。最初は価格重視で相見積もりをとりましたが、結局は画質、耐久枚数などの機械性能と、いざという時のメンテナンス部門の対応などが決め手になりました。

あくまでもうちの会社の業務内容には富士フィルムが合っただけなので、富士フィルム推しではありません。

●相見積もり:2社(富士フィルム、リコー)

●本体価格の価格差:10万円〜20万円

●カウンター料金(モノクロ)の価格差:0.5円/枚 未満

●カウンター料金(カラー)の価格差:5円/枚 未満

●相見積もりをとって良かったですか?:はい

本体価格は10万以上の差、ランニングコスト(カラー料金)が1.6円程の差がありました。当時はカラー印刷をすることが多く、本体価格の差は半年ほどで回収できたかもしれませんが、それ以降はカウンター料金が重要になるので、ランニングコストが低い方を選べたのはよかったと思います。

ただ、当て馬のように相見積もりを取った販売店には申し訳なく悪かったなぁと思いました。

●相見積もり:2社(京セラ、リコー)

●本体価格の価格差:10万円〜20万円

●カウンター料金(モノクロ)の価格差:0.5円〜0.9円/枚 

●カウンター料金(カラー)の価格差:5円/枚 未満

●相見積もりをとって良かったですか?:はい

地元の2社の事務器屋から相見積もりを取りました。両社は地元ではライバル関係にありますが、扱っている複合機メーカーが違うので性能的に近いモデルで相見積りをとりました。

相見積もりを取っていることは両方の営業マンに公表し、結果的に1社に大きな値引きをしてもらってお得に導入できました。

●相見積もり:3社(富士フィルム、キヤノン、リコー)

●本体価格の価格差:10万円〜20万円

●カウンター料金(モノクロ)の価格差:0.5円〜0.9円/枚 

●カウンター料金(カラー)の価格差:5円〜9円/枚 

●相見積もりをとって良かったですか?:はい

リース満了時、使用中メーカーとの継続契約を希望していたが、念のために使用中メーカーを含む3社から相見積りを取った。その結果、使用中メーカーの本体価格もカウンター料金も、最安値ではなかった。

会社としても、他に安い見積もりのメーカーがあるのに使用中メーカーと継続契約することはできないため、そのことを担当営業に内々に話した。使用中メーカーに再度見積もりを出してもらった結果、最安値となり希望通りの継続契約に至った。会社としても、良い結果となった。

 

オペレーター 杏奈

コピー機Gメンに寄せられた相談でも、1社のみの見積もりで契約した方ほど相場よりも高い価格で契約している傾向があります。適正価格で契約するためにも、相見積もりを取って比較検討してくださいね!

*  *  *

    複合機販売店30社を独自調査したコピー機Gメンが、安さと対応品質が高い販売店2~3社の見積もりを取りまとめ、お客様にメールで送付いたします。相見積もりを取っていただくことを推奨しておりますが、「1社の見積もりだけでよい」という場合はその旨をご記載ください。
    電話問合せはこちら 050-7300-2529

    複合機のお見積り依頼はこちら

    複合機の選び方カテゴリの最新記事