【中古複合機が安いは、嘘?!】中古コピー機おすすめランキングと価格体系の実態

【中古複合機が安いは、嘘?!】中古コピー機おすすめランキングと価格体系の実態

コピー機Gメンは全国にある販売店と提携しており、ゼロックス・キヤノンなど全社メーカーのコピー機のお見積りが可能です。また、複合機のリース購入だけでなくレンタルや中古でのご提案も致します。

*  *  *

中古複合機を利用するメリットは以下の3つです。

  1. 初期費用が安い
  2. リース審査が不要
  3. ランニングコストが高い

 

中古コピー機は新規開業にやさしい

中古複合機は初期費用を抑えられることが最大のメリットです。新品の複合機を一括で購入する場合、通常50万円~100万円程度の初期費用がかかります。それを避けるためにリース契約をするのが通常ですが、新規開業から3期が経過していなかったり、3期が経過していても直近の決算で赤字にしているなどの場合はース審査に通らない可能性が高いと言われています。

 

 

中古ならリース審査が不要

一括購入できる金額が用意できず、リース審査にも通らない会社の多くが中古複合機を購入しています。中古複合機であれば初期費用として本体10万円+設置費用の4万円で合計14万円~20万円程度の初期費用で複合機を自社に設置することが出来、もちろん審査も必要ありません。>>新設法人の複合機の選び方

 

 

自社の所有物に出来る

新品をリース購入したりレンタルするのとは異なり、中古複合機なら自社の所有物にできる。リースやレンタルは自社の所有物ではないため住所移動するときに届け出が必要になるが、中古の購入であればその必要がない。また、さらに中古品として販売したり知り合いに譲渡したりするのも自由。

 

▼オフィスになじむシャープの中古機シャープの中古複合機

 

 

中古複合機はランニングコストがかなり高い

コピー機のコストを考える上で最も重要なのは初期費用ではなくランキングコストです。従って、コピー機を値切る場合には枚数を多めに申告してランキングコストにあたるカウンター料金を値切る会社もあります。

カウンター料金とは
カラー10円、モノクロ1円など印刷1枚ごとに費用が発生する契約で、その料金にトナー代やメンテナンス料金を含みます。修理するごとに費用が発生しない代わりに印刷枚数に比例して費用がかさんでいくモデルです。

 

中古のコピー機は新品コピー機と比較して初期費用が安くなる(半額以下)一方、最も重要なカウンター料金が高く設定されてしまいます。理由は新品の機械と比較して故障する頻度が多いことから、メンテナンス料金に当たるカウンター料金を高く設定されることになるからです。

例えば新品コピー機のカウンター料金は通常カラー10円/モノクロ1円を基本ですが、中古ではカラー20~25円/モノクロ3~4円程度が相場です。

【関連記事】今はこんなに安い!カウンター料金の相場はこちら

【お見積り】中古も新品も提供可!Gメンへのお問合せはこちら

 

 

新品と中古コピー機をモデルで比較

白黒1,000枚/月、カラー300枚/月を毎月印刷する会社では、5年合計で同じくらいのコストがかかる計算になります。5年以下で複合機を使わなくなる、会社が倒産する可能性が高いと考えれば中古が有利でしょうし、そうでない場合は故障が少ない新品にメリットがあると言えます。

 

  5年合計費用 初期費用 白黒単価 白黒枚数 カラー単価 カラー枚数
新品 840,000円 60万円 1円/枚 1,000枚 10円/枚 300枚
中古 840,000円 15万円 4円/枚 1,000枚 25円/枚 300枚

 

 

利用期間が短ければ中古がお得

上記と同じ枚数で3年しか利用しなかった場合は中古の方が20万円ほど安くなります。従って、途中で業態が変わるなどして印刷枚数が大幅に減ったりする可能性がある会社は中古が有利です。

  3年合計費用 初期費用 白黒単価 白黒枚数 カラー単価 カラー枚数
新品 774,000円 60万円 1円/枚 1,000枚 10円/枚 300枚
中古 564,000円 15万円 4円/枚 1,000枚 25円/枚 300枚

 

 

印刷枚数が多ければ新品がお得

白黒3,000枚/月、カラー1,000枚/月を印刷する場合は、3年間の利用でも新品の方が42万円お得になります。

  3年合計費用 初期費用 白黒単価 白黒枚数 カラー単価 カラー枚数
新品 1,068,000円 60万円 1円/枚 3,000枚 10円/枚 1,000枚
中古 1,482,000円 15万円 4円/枚 3,000枚 25円/枚 1,000枚

 

 

【結論】”短”利用か”少”枚数なら中古複合機!

上記の比較から、下記の3つのいずれかに当てはまる場合は中古のコピー機が有利でそうでない場合は新品コピー機の購入が有利と言えます。

  1. コピー機の利用が3年以下になる可能性がある
  2. 印刷枚数が1,500枚以下である
  3. 設立3年未満、赤字決算などで審査に通らない

 

 

中古はカウンター契約を避けるのがベストだが・・・

中古コピー機ではカウンター契約をせずに故障する度にその都度修理代を支払い、完全に故障するまで使い倒す。そしてトナーは別途自分で購入する(互換トナーで良いです)。これが、最も合理的な使い方と言えます。

ただし、運悪く故障頻度が高い中古コピー機を買ってしまった時に、修理代がかさんでしまってカウンター契約をするよりも損をする可能性もあります。きちんとリスクを取れる方にのみおすすめです。

さらに、中古のコピー機で都度修理の契約をしてくれるメンテナンス会社は少ないため、通常はカウンター契約となってしまうため、合理的に考えて中古ではなく安い新品コピー機を選ぶ会社が会社さんがほとんどです。

【人気機種】新品複合機の人気ランキングはこちら

 

 

人気の中古コピー機ランキング

1位.SHARP/MX-2310F 必要機能が揃った中古の定番

最も現在市場で多く使われているのがシャープのこの複合機です。コピー、プリント、FAX、スキャンなど一般オフィスで必要な全ての機能を備えています。また、立上りが早く待ち時間を減らして業務効率を上げることが出来ます。但しMacには対応していないため、デザイン事務所などには向いていません。

A3印刷 カラー印刷
プリント コピー
FAX スキャン
ネットワークプリント ネットワークスキャン
自動両面原稿送り インターネットFAX
USB印刷 スキャン後PCに取込み
ポスター印刷 × 自動ホチキス
Mac対応 × 価格 128,000円

中古コピー機のお見積り・在庫確認はこちら

 

2位.SHARP/MX-2640FN A3の26枚機(毎分)は操作簡単

中古と言えばシャープの複合機ですが、その中でも安定の人気を誇る機械です。デザイン性に優れ、どんなオフィスにも相性◎。スマホやタブレットとの連携も好相性で、省エネにも配慮したモデルです。但し最高級の複合機と比較するとやや印刷の色味が薄く、印刷速度も遅いと言われることが多いですが、そのぶんコストの安さが高評価です。

A3印刷 カラー印刷
プリント コピー
FAX スキャン
ネットワークプリント ネットワークスキャン
自動両面原稿送り インターネットFAX
USB印刷 スキャン後PCに取込み
ポスター印刷 × 自動ホチキス
Mac対応 価格 188,000円

 

3位.Canon/iR-ADV C5030F 高画質トナーの30枚機(毎分)

印刷枚数が多めのオフィスで重宝されている高画質モデルです。印刷時の匂いや音を抑えた機械で、日々の印刷を楽しく仕事場を彩ります。高機能でありながら15万円前後でご提供可能なところも魅力です。

A3印刷 カラー印刷
プリント コピー
FAX スキャン
ネットワークプリント ネットワークスキャン
自動両面原稿送り インターネットFAX
USB印刷 スキャン後PCに取込み
ポスター印刷 × 自動ホチキス
Mac対応 価格 200,000円

 

4位.Canon/S1706-5390-YB-TW  A4コンパクト卓上機の決定版

スタートアップの会社やコンパクトなオフィスにピッタリのA4カラー35枚機(毎分)の複合機です。

中古コピー機ランキング

A3印刷 × カラー印刷
プリント コピー
FAX スキャン
自動両面原稿送り × USB印刷
ポスター印刷 × 自動ホチキス ×
Mac対応 × 価格 80,000円

中古コピー機のお見積り・在庫確認はこちら

 

この他に京セラのTASKalfa 2550は中古でよく販売されている機械ですが、故障が多いのが難点でそれほどお勧めはしていません。但し部品が多く、修理は簡単で速いと言われる機種です。

以上が売れ筋の中古コピー機です。中古・新品含めたコピー機の安い買い方やメーカーの選び方についてはこちらをご覧ください。

新品複合機の上手な買い方についてはこちら

 

*  *  *

全国対応のコピー機Gメンへのお見積依頼は下記よりお願いします。
電話問合せはこちら 050-7300-2529

複合機のお見積り依頼はこちら

 

コピー機買う時、”コピー機販売店”に問合せていませんか?

コピー機買う時にコピー機販売店に問い合わせる、当たり前やがな。

新人GメンKEICHI

ベテランGメン園川

販売店さんに問い合せることには実はリスクがあるんです。

 

コピー機販売店は特定の1~2社のメーカーと強くつながる傾向がある(大塚商会さんならリコーとキヤノン)ため、コピー機販売店に問合せをすると特定のメーカーに絞った提案を受けることになります。(販売店は特定メーカー以外のコピー機を売っても利益が出ないので、提案しません。)

 

複合機販売店とメーカー

 

オーバーやな!

新人GメンKEICHI

ベテランGメン園川

確かに、これは強調しすぎですが・・・。

 

当サイト・コピー機Gメンは自社で販売することをあえてせず、お客さんの要望に沿った販売店を1社~3社程度ご紹介する形式を取っています。そのため、ゼロックス・キヤノン・リコーなどの大手メーカーからシャープ・京セラなどの安価に導入できる複合機まで、メーカーに偏りなくご紹介することが出来ます。  

ベテランGメン園川

逆に、欲しいメーカーが決まっている場合には、そのメーカーを扱っている販売店に問い合せるのも良いかもしれませんね。

 

 

「営業マンは、いちいち来なくて良いから」

コピー機Gメンと提携している販売店さんは、「お客さんからのご希望が無い限り、訪問営業は実施しない」ことを方針として頂いています。理由は「営業マンの人件費と交通費分、安くしてよ」とお客さんに言われたことがきっかけです。

せやけど、訪問してほしいお客さんもいてるんちゃう?顔見とかんと、なんか不安やし。

新人GメンKEICHI

ベテランGメン園川

必要に応じて訪問してもらいますよ。ただ、基本的には営業さんは最後の確認やリース契約のときにだけ訪問して頂くようにしてます。

ベテランGメン園川

顔を見るとか言ってますが、我々はサングラスしてますが・・・。
ほんまや!

新人GメンKEICHI

 

 

全国どこでも対応可能

ネットからコピー機を買うと、故障したときにサポートしてくれへんってイメージがあるんやけど。

新人GメンKEICHI

まさか、AIとロボットで遠隔保守とか言わんやろな!

新人GメンKEICHI

ベテランGメン園川

トラブルが発生した場合は、全国にある複合機メーカーや販売店の保守担当者が修理してくれます。
人間が来てくれるんなら、とりあえずオッケーや。

新人GメンKEICHI

ベテランGメン園川

 

全国対応のコピー機Gメンへのお見積依頼は下記よりお願いします。
電話問合せはこちら 050-7300-2529

複合機のお見積り依頼はこちら