リアルな複合機の価格はいくら?

  • 公開日:2019年12月18日
リアルな複合機の価格はいくら?

コピー機Gメン見積りバナー

「コピー機営業マンの売り込みにうんざりした」という方のための問合せ窓口です。コピー機Gメンは全国にある「売り込まない」販売店と提携しており、お客様からのご依頼が無い限り訪問の打診はいたしません

*  *  *

 

複合機の価格がネットに書かれていない理由

複合機の価格に関する明確な情報がネット上にも一切出ていないことに、疑問を感じた方も多いと思います。

複合機メーカーや販売店のサイトに記載されている価格情報は、実際の販売価格とは大きく異なる「定価」あるいは「月額9,800円~」「最大80%オフ」など、曖昧な価格しか表示されていません。

複合機の価格をネットやカタログに記載していない理由は、売り手が利益を確保するために業界をあげて「ひた隠しにしているから」です。

価格が記載されているのは、中古コピー機や家庭用プリンターだけで、新品の複合機の価格を知ることができるサイトは、2018年11月時点では当サイトだけのようです。【追記】その後、複合機の価格を公開するサイトが増えてきました。

利用者には嬉しい流れやな♪

新人GメンKEICHI

>>コピー機のリース料金相場
>>カウンター料金相場

 

業務用の複合機は本体とサポートをセットで販売している性質上、Amazonや価格.comでも取り扱っていないことも販売価格が分かりにくい大きな原因の一つだと思います。

実際にアマゾンで検索をすると、家庭用の複合機しか出てきません。

 

アマゾンでの「複合機」検索結果

アマゾン複合機価格

 

このように、他サイトでは業務用複合機の価格が当時は調べることができなかったため、当サイト「コピー機Gメン」を立ち上げました。

 

 

複合機のコストは本体+消耗品+修理

複合機は本体・トナー(インク)・修理の3つが揃って使用することが可能になります。携帯電話で言えば、電話機と通信が必要になることと同様です。

 

複合機価格=本体・トナー・修理

 

複合機の販売店やメーカーに支払う金額はこの3つが全てで、これ以外に費用が発生することはありません(初期設置費用などは除く)。印刷用紙だけは別途用意する必要がありますが、文具店やネットでも購入することが可能です。

 

 
3つの要素のうち、トナー(インク)代と修理代(部品、修理人件費)を合わせて「カウンター料金」として契約するケースが大半です。
 
この「カウンター料金」とは、トナーや修理代をその都度支払うのではなく、印刷枚数に応じて支払う料金形態(カウンター料金とは?)で、現在は、90%以上の企業がカウンター料金の保守形態を選択しています。
 
 
 
複合機価格=本体料金+カウンター料金
 
 
 
つまり、支払い内容は①本体価格+②カウンター料金の2つだけで、こちらのページでは、本体価格とカウンター料金の、それぞれの相場を紹介しようと思います!
 
下記の金額を参考にして、複合機の見積もりを取り寄せるようにしましょう。
 
 
 

【見積依頼】お問合せは全国対応のコピー機Gメンまで

 

 

複合機の本体価格の相場は?

まず、①に該当する本体価格の相場ですが、複合機のスペックにより、30万円~120万円程度と幅があります。

 

▼複合機の本体(リース)料金相場

 

印刷速度/分 15枚機 20枚機 30枚機 40枚機 50枚機
月の印刷枚数 ~1,000枚 1,000
~3,000枚
3,000
~6,000枚
6,000
~10,000枚
10,000枚
~20,000枚
リース料相場 6,000円/月 11,000円/月 17,000円/月 20,000円/月 22,000円/月
一括買取の相場 30万円 60万円 90万円 110万円 120万円
※「リース料の相場」は5年リースの計算です。
 
 

 

自動車のスペックが排気量で分類されるように、業務用コピー機のスペックは毎分の印刷速度で分類されます。

例えば月間2,000枚の印刷を行う会社なら、毎分20枚の(1分間に20枚印刷ができる)コピー機が適正なスペックで、その場合の本体価格は60万円、5年リースで契約すると月額11,000円程度が相場となります。

上記の金額はメーカーを選ばずに複合機を購入する場合の相場であり、ゼロックスキャノンなど、大手メーカーの複合機を選ぶと、これより2~3割程度は高額になります。

 

価格は妥当?現役営業マンに見てもらいました!~複合機本体~

 

営業マン

 

上記の相場は妥当な水準か?を当サイトとは全く関係のない営業マン2名にチェックをしてもらいました。

 

まぁ、こんなもんかな?うちはメーカー系だから、本体はもう少し安く売ることも多いけど。利益より販売台数を優先するので、最初から定価の60%オフで持って行くこともあるしね。
(複合機メーカーの営業マン:40代)

 

うちは販売店でカウンター料金は抜いてない(メーカーとお客さんが直接契約)から、本体価格はもう少し高いですね。本体で利益を出さないと仕方がないので…。
(複合機販売店の営業マン:30代)

 

このように同じ複合機を購入しても、代理店・販売店によって本体価格は異なります。カウンター料金も同様でメーカーと販売店でも異なるケースもあれば、同じ販売店で同じ複合機を購入しても、月の印刷枚数など様々な理由で大きく差が出ることもあります。

 

本体価格が安いメーカー3社

次に本体価格が安いメーカーをランキング形式で紹介します。なお、本体価格の安さについては、メーカーの公式サイトに記載されている定価ではなく、販売価格などを参考にしています。

 

 

【第1位】京セラ

 

京セラ複合機

 

総合満足度
★★★★☆ 3.8点(25件)>>京セラ複合機の評判
強み① 本体価格・カウンター料金が安い
強み② 立ち上がりが速くパネルの使い勝手◎
弱み① 保守メンテナンスのレベルが高くない
弱み② 黒ボディは設置するオフィスを選ぶ
参考リース価格 10,000円 ※25枚機・5年リース

京セラ複合機に関するお見積りこちら

 

 

【2019年・京セラ複合機の価格と評判】

 

【第2位】シャープ

 

シャープ複合機

 

総合満足度 ★★★★☆ 3.9点(109件)>>シャープ複合機の評判
強み① 本体価格・カウンター料金が安い
強み② 立ち上がりが速く、コンパクト
弱み① 画質が良いとは言えない
参考リース価格 11,000円 ※25枚機・5年リース

シャープ複合機に関するお見積りこちら

 

 

2019年・シャープ複合機の価格と評判

 

 

【第3位】東芝

 

東芝複合機

 

強み① シールなどの印刷が得意
弱み① 故障頻度とメンテナンスレベルに不安
参考リース価格 12,000円 ※25枚機・5年リース

 

 

東芝複合機に関するお見積りこちら

 

 

【2019年・東芝複合機の価格と評判】

 

 

 

コピー機Gメン見積りバナー

 

 

カウンター料金の相場は?

続いて、②に該当する「カウンター料金」の相場です。繰り返しの説明になりますが、カウンター料金には修理メンテナンス代とトナー代が含まれています。

 

印刷速度 15枚機 20枚機 30枚機 40枚機 50枚機
月の印刷枚数 ~1,000枚 1,000~3,000枚 3,000~6,000枚 6,000~10,000枚 10,000枚~20,000枚
カウンター料金の相場/枚 カラー10円・白黒1円 カラー10円・白黒1円 カラー10円・白黒1円 カラー10円・白黒1円 カラー10円・白黒1円
月額リース料相場 6,000円 11,000円 17,000円 20,000円 22,000円
本体の相場 30万円 60万円 90万円 110万円 120万円

※「リース料の相場」は5年リースの計算です。

 

印刷枚数や複合機のスペックに関わらず、モノクロなら印刷1枚あたり1円、カラーなら印刷1枚あたり10円が相場です。ただし、メーカーによってはモノクロで1.2円、カラーで12円が相場になります。

また、印刷枚数が月間3,000枚以上の会社や設置場所(オフィスの住所)が都市部や保守拠点から近い場所だと、さらに安い金額を提示してもらえることもあります。

 

カウンター料金相場

 

カウンター料金が最も安い京セラであれば、政令指定都市の中心地から、車で30分~60分圏内であれば月間枚数1,000枚でも白黒1枚0.7円・カラー1枚7円程度の単価で契約している事例があります。

 

【見積依頼】激安カウンター料金をご希望ならGメンまで

 

 

価格は妥当?現役営業マンに見てもらいました!~カウンター料金~

 

これらのカウンター料金の相場は妥当なのでしょうか?再び複合機の現役営業マンにチェックをしてもらいました。

 

うちは本体を安くしてカウンター料金で儲ける狙いだから、こんなに安くはしてないなぁ…。1円10円で契約できているお客さんなんて、そんなに多くはないはずだよ。
(複合機メーカーの営業マン:40代)

 

うちのカウンター料金はこんなもんです。ゼロックスやキャノンなら、もう少し高いですが、それ以外のメーカーなら1円10円くらいで契約してますよ。
(複合機販売店の営業マン:30代)

 

カウンター料金も本体価格と同様に一律ではありません。また、同じ販売店で契約を行っても、カウンター料金に大きな違いが出ることもあります。

複数の代理店・販売店などへ見積もりを依頼し、必ず比較を行うようにしましょう。

 

 

カウンター料金が安いメーカー3社

カウンター料金が安いメーカーをランキング形式で紹介します。なお、カウンター料金は月間の印刷枚数や設置場所(会社の所在地)などによっても異なるため、紹介する相場料金では契約できないこともあります。

 

【第1位】京セラ

 

京セラ複合機

 

本体価格も安い京セラですが、カウンター料金の安さは業界イチです。

その理由は京セラが採用している独自の部品(ドラム)にあり、非常に優れた耐久性を誇るため、交換頻度が低く、その結果、カウンター料金を安く抑えることができています。

 

京セラのカウンター料金事例
山形市、松本市、宇都宮市、奈良市、岡山市、延岡市など中規模の都市でも、月の印刷枚数が1,000枚以上あれば、モノクロ1枚0.7円、カラー1枚7円のカウンター料金で契約している例が多々あります。

 

京セラ複合機に関するお見積りこちら

 

 

【第2位】シャープ

 

シャープ複合機

 
 
 
シャープのカウンター料金事例
シャープのカウンター料金は京セラよりも0.2円ほど高く、東京・大阪近辺の大規模都市で月間印刷1,000枚以上ならモノクロ1枚0.9円、カラー1枚9円で契約することができています。また、中規模都市ならモノクロ1枚1.1円、カラー1枚11円程度が相場です。

 

シャープ複合機に関するお見積りこちら

 

 

【第3位】ムラテック

 

ムラテック複合機

 

 
ムラテックのカウンター料金事例
ムラテックはシャープよりもカウンター料金がやや高い印象で、月間印刷1,000枚なら東京・大阪近辺の大規模都市でも、モノクロ1枚1円、カラー1枚10円程度です。また中規模都市ならモノクロ1枚1.3円、カラー1枚13円程度が相場です。

 

ムラテック複合機に関するお見積りこちら

 

複合機メーカーとしては、やや印象の薄いムラテックですが、少人数ならではの手厚いサポートがユーザから高く評価されています。

 

2019年・ムラテック複合機のリース価格と評判

 

 

 

実例で複合機の相場をチェックしてみよう!

 

①【東京都】従業員10名の不動産業

こちらの会社は、画質にこだわらないため、安さ重視で京セラの複合機を選択されたそうです。

使用機種 京セラ TASKalfa 2553ci
月間印刷枚数 モノクロ2,000枚 カラー200枚
本体価格

60万円

カウンター料金 モノクロ0.6円 カラー6円
トータルコスト 13,400円/月

 

 

②【京都府】従業員2名のデザイン会社

画質や線の再現性を重視して、ゼロックスの複合機を購入されたそうです。また、ゼロックスの保守体制についても非常に満足されているとのことです。

使用機種 ゼロックス DocuCentre-VI C2273
月間印刷枚数 モノクロ1,000枚 カラー50枚
本体価格

80万円

カウンター料金 モノクロ1.2円 カラー12円
トータルコスト 20,500円/月

 

 

③【岐阜県】従業員1名の学習塾

安さと耐久性を重視して、コスパに優れたシャープの複合機を購入されました。

使用機種 シャープ MX-2650FN
月間印刷枚数 モノクロ2,000枚 カラー100枚
本体価格

60万円

カウンター料金 モノクロ1.1円 カラー11円
トータルコスト 14,300円/月

 

 

④【山形県】従業員5名の材木業

カラー印刷が中心ですが、やはり価格を重視して京セラの複合機を購入されています。

使用機種 京セラ TASKalfa 2553ci
月間印刷枚数 モノクロ100枚、カラー2,000枚
本体価格

65万円

カウンター料金 モノクロ0.7円 カラー7円
トータルコスト 17,000円/月

 

 

⑤【愛知県】従業員200名の卸売の会社

メーカーや販売店と良好な関係を構築できているため、リコーの複合機を継続して購入されています。全社で8台の複合機を購入されており、かなり安い価格で導入しています。

使用機種 リコー MP C3500
月間印刷枚数 モノクロ4,000枚 カラー500枚
本体価格

65万円

カウンター料金 モノクロ1円 カラー10円
トータルコスト 21,000円/月

 

 

コピー機Gメン見積りバナー

 

【まとめ】格安の複合機を見つけるには?

最後に、このページの内容をまとめてみます。

 

  • 複合機の価格相場はインターネット上でも秘匿されている
  • 月の印刷枚数が予測できれば、価格の目安は計算可能
  • 月2,000枚印刷なら、コストは月額15,000円程度

 

複合機を適正な価格で購入するために最も大事なことは「相見積りを取得すること」です。飛び込みで訪問して来た営業マンから、その場で購入してしまうなど安易な選択はせず、2~3社に競合してもらうことで安い価格で契約することができます。

ただし、あまりにも強引な値引き交渉を試みると、相手にしてもらえなくなる可能性もあります…。このページに記載されている相場を参考に、上手に交渉を行いましょう。

もちろん、当サイトでも優良な販売店様をご紹介しておりますので、お見積りをお待ちしております

 

*  *  *

売り込まれたくないという方のための窓口です。
電話問合せはこちら 050-7300-2529

複合機のお見積り依頼はこちら