インク使い放題でカートリッジ・複合機リースのコスト削減

日本のふざけた印刷コストに喝! これからの時代は印刷し放題の定額コピー機サービス!
定額で印刷し放題サービスなんて、初めてきいたので印刷し放題サービスとはへ コピー機Gメンとは 運営会社のページへ

レンタルコピー機 ぴったりランキング

業界最安で 全国訪問対応可能!

1位 ウルトラプリント

ウルトラプリントの詳細ページへ

サポート 星アイコン星アイコン星アイコン
安さ 星アイコン星アイコン星アイコン星アイコン
印刷枚数 月間10,000枚
まで推奨
無料お試し

業界最安で縛り期間も1ヶ月のみ。さらに全国訪問対応はウルトラだけ。でも、レーザー機種への対応は弱い。

ウルトラプリントの運営者にインタビュー

「Gメンを見た」で特典!!

ウルトラプリントへの電話番号

ウルトラプリントの営業時間

お問合せ・無料お問合せ

唯一のレーザー対応で故障対応も◎

2位 スリホ

スリホの詳細ページへ

サポート 星アイコン星アイコン星アイコン星アイコン
安さ 星アイコン星アイコン星アイコン
印刷枚数 月間8,000枚
まで推奨
無料お試し

レーザー機種に強く、特にユーザサポートに対する執念はすごい。でも、究極的な安さを求めるなら、他社をオススメ。

スリホの運営者にインタビュー

「Gメンを見た」で特典!!

スリホへの電話番号

スリホの営業時間

お問合せ・無料お問合せ

業界最安でA3機に強いのが特徴!

3位 インク使い放題(旧コピホーダイ)

インク使い放題(旧コピホーダイ)の詳細ページへ

サポート 星アイコン星アイコン星アイコン
安さ 星アイコン星アイコン星アイコン星アイコン
印刷枚数 印刷制限なし
月間20,000枚
まで推奨
無料お試し ×

業界最安でA3機種に強い。印刷全般に詳しいので印刷コストカットの技術を教えてもらえるかも。でも、徹底サポートを求めるなら他社をオススメ。

インク使い放題の運営者にインタビュー

「Gメンを見た」で特典!!

インク使い放題(旧コピホーダイ)への電話番号

インク使い放題(旧コピホーダイ)の営業時間

お問合せ

良質な顔料インクで長期保存に強い

4位 プリント放題

プリント放題の詳細ページへ

サポート 星アイコン星アイコン
安さ 星アイコン星アイコン
印刷枚数 年間50,000枚
までの制限あり
無料お試し

濡れてもにじまない顔料インクを使っているので、印刷物の長期保存に最適。でも、安さを最重要視するなら他社をオススメ。

プリント放題の運営者にインタビュー

お問合せ・無料お問合せ


   

   


インクって、何でこんなに高いの?と、思ったことありませんか?

事実!日本のインクは、東南アジアで流通しているインクの10倍以上も高い!

なぜそんなに高いのか?

我々が無意識に、値段の高い純正インクを購入してしまっているから!

互換インクは粗悪」という偏ったイメージが浸透しているため、独自インクより10倍高くても、純正インクが買われます。しかし当たり前のことですが、純正インクの方が独自インクと比べて品質もサービスも10倍良い、というわけではありません。最近では及第点の質と圧倒的な安さを誇る独自インク・トナーを利用したサービスが出てきており、それがコピー機Gメンがご紹介する各社の印刷し放題サービスなのです。

>> コピー機リース×印刷し放題で比較



独自インクと大容量タンクで、圧倒的な安さを実現

どれだけ印刷しても月額1〜3万の定額

パケ放題も印刷し放題も同じ定額サービスの図


「印刷し放題」サービスとは

「印刷し放題」ってなに?
月額1~2万円のコピー機レンタルのサービスで、月額の定額費用以外に料金はかかりません。印刷枚数の上限がなく、インクが無くなれば無料で配達してもらうことができます。例えば月額15,000円の機種で月に5,000枚印刷すれば、カラー・モノクロともに1枚3円で印刷することができ、既存の複合機やプリンターよりも安く印刷できます。また、修理・交換費用も月額料金に含まれているので、用紙代以外には一切別料金はかかりません。
どうしてこんなに安いの?
家庭用のプリンターに特殊な大容量タンクを取り付け、海外から輸入した安価なインクを使う仕組みだからです。
インクの補充はどうするの?
FAXやインターネットでインクを注文すると、送料無料でインクが入ったボトルが手元に届きます。届いたインクをプリンターに設置されたタンクに注ぐだけなので簡単に補充できます。また、大容量のタンクを使っているので補充の頻度はカートリッジ交換に比べて非常に少なく、手間を省くことが出来ます。
いつでも解約出来るの?
各メーカーで設定している最低契約期間(3ヶ月~2年程度)を過ぎればいつでも解約出来るので、複合機などと異なり小さいリスクで契約可能です。
「安かろう、悪かろう」なんじゃない?

複合機や写真印刷用のプリンターと比較して安い分、いくつか注意点があります。

  • 1. 複合機と比べ、印刷スピードが遅い
    毎分10~20枚の低速機が多いので、普段高速の複合機を使っている方は慣れるまでは速度が気になると思います。
  • 2. 発色の美しさは写真用プリンターに劣る
    レンタルされるプリンターはインクジェット機種がメインで、さらに海外の安価なインクを使用しているため、印刷物の「美しさ」という点では大型複合機やキヤノン・エプソンの写真用のプリンターに劣ります。従って、デザイン印刷などで色の発色を重視する方には不向きなサービスです。しかし「色が全く出ない」「かすれている」などはありませんので、視認性に問題はなく、一般的な印刷物であれば問題ありません。
  • 3. 訪問対応を実施していない場合が多い
    複合機の販売店と異なり、訪問での修理サービスはほとんどありません。しかし、軽い故障であれば電話やFAXで無料対応でき、大きな故障の場合は無料で新しい機械と郵送で交換できるので、故障があった場合にも数日以内のタイムラグで印刷を再開できます。

以上のデメリットもふまえて、「印刷し放題」のコピー機レンタルをご検討ください。


>> 個人でも使える?複合機は解約すべき?など、その他のQ&Aはこちら


利用中の複合機とレンタルの併用でコスト50%カットも可能!

Gメンで紹介のレンタルコピー機で、年間印刷コストが60万円浮きました。


賢い人だけ使ってる!大手から個人事業までコスト削減中!

東京都内・通信系上場企業

従業員 6,500名
導入台数 48台
コスト削減額 月額500万円ダウン
効果 カラー印刷枚数の管理が不要になり、経理の手間が削減された。また、劇的なコスト削減で担当者が社内表彰を受け、飛び級での課長昇進を果たした。

日本防犯診断師協会 中山様

中山様の写真
従業員 1名
導入台数 1台
コスト削減額 月額4万円ダウン
効果 セミナーのチラシをカラーで印刷出来るので、集客力が倍増。

>> 中山様インタビューページ


定額で印刷し放題サービスの、人気ランキングを見る


Gメンコラム 最新記事

2016年12月29日
複合機・コピー機業界
オレ目線!複写機メーカー徹底比較!富士ゼロックス、キヤノン編【現役複合機営業マンが語る事実⑦】

現役複合機メーカー営業マンのMachiです。 今回は日々営業をしている中で感じた点を踏まえて複数ある複写機メーカーの中から2社について比較・評価します。 完全なるオレ(Machi)目線な評価なのであしからず。 今回、評価するメーカーは富士ゼロックス社とキヤノン社です。 さっそくいきます。 富士ゼロックス社 言わずも知れ >>続きを読む

矢印
矢印
2016年12月28日
コピー機のレンタルサービスについて
【Gメン調査発動】印刷し放題レンタルプリンターの解約率を調査しました

「解約しない」その言葉がいまひとつ信用できない 「印刷し放題のレンタルコピー機は安くて質も良いので解約数が少ない」と各レンタル会社さんは口を揃えます。確かに数字で計算すればコストメリットは大きいですし顧客満足度は高そうですし、見ているとお客さんへの対応も早くて丁寧な感じがするので解約率も低い・・・ような気がしてしまいま >>続きを読む

矢印
矢印
2016年12月26日
複合機・コピー機業界
【互換インク裁判】純正×互換メーカーによる華麗なるいたちごっこ

クリックすると見出し部分までスクロールします。 ・なぜ純正×互換メーカーで訴訟が起きるのか ・両社見事な闘いの結果、裁判は互角 ・代表的な2つの裁判の結果とおおまかな争点 ・訴訟のポイントは”特許と独占禁止法のバランス” ・今後の純正メーカーが取る戦略は ・本体価格は上げざるを得ない、ではインク価格は下げるか? &nb >>続きを読む

矢印
矢印
2016年12月4日
インクジェット
インクジェットプリンターの1枚○円の謎「調べてみたらイソだらけ」【現役複合機営業マンの挑戦①】

現役複合機メーカー営業マンのMachiです。 突然ですが皆さん、市販のプリンターを購入する場合どこに注目して選んでいますか? ブランド名、写真印刷、無線、用紙サイズ、スピード、製品サイズなど色々と判断基準あると思いますが、一番気になるところといえばやはり費用面ではないでしょうか。 費用についても本体価格とそれ以外によく >>続きを読む

矢印
矢印
2016年9月22日
複合機・コピー機業界
大事なのはカウンター料金の単価!コピー機の値引きのコツ【現役複合機営業マンが語る事実⑥】

現役複合機メーカー営業マンのMachiです。 9月はどの業界もそうでしょうがコピー機業界も上期決算企業が多く、営業マンは数字に追われます。 私もこの時期は上司に「お前 今月あと何台だ?あの案件どうなった?」と毎日詰められています。泣 コピー機購入は決算月がオススメ!【現役複合機営業マンが語る事実④】 さて今回はコピー機 >>続きを読む

矢印
矢印


定額でインク使い放題の時代が来た!

複合機業界は消耗品で大きく儲ける収益モデル

カラー印刷し放題の時代複合機・プリンターの純正メーカーが本体を安く販売し、インクやトナーなどの消耗品で大きく稼ぐというモデルはご存知の通りです。純正メーカーはその潤沢な儲けを武器にして、余剰とも思える販売・サービス体制を構築し、立派な広告を打ち続けることでその地位を確固としたものにしました。一方ユーザは、カラー1枚10~30円というおよそ普通とは思えない高いランニングコストに悩んでいました。

業界が仕組んだ”印刷ガラパゴス”の崩壊

しかし、現在では海外製の安い互換インクの流通、「印刷し放題」サービスの台頭、さらにインクジェット大手エプソンが提唱する「ビジネスインクジェット」がある程度普及したことなどから、日本の”印刷ガラパゴス”に変化が訪れています。さらに台湾企業の鴻海が複合機メーカーのシャープを買収したことで、国内メーカーがひた隠しにしてきたコピー機に関する主要な技術のアジア流出は時間の問題でしょう。大手複合機メーカーが自分たちが築いた寡占状態にいつまであぐらをかき続けられるのか、見ものです。

これまでは手軽な印刷でさえ「高価で上等な」印刷に選択肢が限られていましたが、今では安価なプリントを含めて幅広い選択肢が生まれ、印刷代を大幅に抑えることが出来るようになりました。今後はさらに平均印刷コストが下がり続けることは間違いないでしょう。

月間1,000枚以上印刷なら「インク使い放題」を要検討

当サイトでご紹介している「印刷し放題」のレンタルコピー機は、月額の定額費用だけでインクジェットでもレーザープリンターでもカラーで刷り放題のサービスです。美しさや質を問わない印刷を月に1,000枚以上するという企業様では、検討の価値があるのではないでしょうか。