【短期でプリンターレンタルなら?】1ヶ月以上ならウルトラプリントが◯

【短期でプリンターレンタルなら?】1ヶ月以上ならウルトラプリントが◯
レンタル機種ランキング

 

*  *  *

 

 

定額のレンタル料金を毎月支払うだけで、カラーのインクも思いっきり使えるレンタルプリンター。カウンター料金が掛からないため印刷コストを節約でき、さらに印刷枚数に応じて支払う料金が変動することもないので、コスト管理のしやすさからも人気があります。

前回はレンタルプリンターの月額レンタル料金について「印刷し放題プラン」と「格安ライトプラン」に分けて紹介しました。

しかし、ここで疑問が…。レンタルプリンターは好きな時に借りられて、好きな時に返せるのでしょうか?今回は「レンタルプリンターの契約期間」についてお届けします。レンタルプリンターを短期で借りるなら、どこの会社が良いのでしょうか!?

 

レンタルプリンターのレンタル期間~短期で借りるなら?~

 

期間

 

新入社員が入社する時期や繁忙期、または会社・地域のイベントの準備など、大量の印刷を行いたい時に、会社やコンビニのコピー機を長時間も独占するなんて気が引けますよね…。とは言え、わざわざプリンターを購入するほど長期的に使うわけでもなく…。そんな時こそ検討して欲しいレンタルプリンター。一時的に大量の印刷を必要とする際に「その時だけ」借りられるのは、レンタルゆえのメリットです。

しかし、車やDVDと同じように、プリンターも短期間だけ借りることができるのでしょうか?

 

プリンターのレンタルは短期間でも可能?

結論からお伝えすると、レンタルプリンターの契約期間はレンタル会社によって異なります。車やDVDのように1日単位では難しいですが、最短で1ヶ月だけの契約でも可能なレンタル会社もあります。

各レンタルプリンター会社の契約期間をチェックしてみましょう。

 

ウルトラプリントのレンタル期間

 

ウルトラプリント

 

取り扱い機種が豊富な『ウルトラプリント』の契約期間は1ヶ月。もちろん1年以上の長期利用も可能ですが、どのプランでも1ヶ月単位で契約できるので、1ヶ月のみ、2ヶ月間だけ、など細かくレンタルの予定を立てられます。

賃貸物件を扱う不動産会社や引っ越し業者であれば3月~4月、学校なら3月~4月やオープンキャンパスを行う7月~8月、学習塾なら夏期講習や冬期講習の時期、ウェディング関連なら4月~6月、旅行代理店や宿泊施設なら3月~5月、7月~9月、12月など、職種によっては、ある程度の繁忙期が決まっているので、年間を通してコピー機やプリンターを増設する必要がなくレンタルの方がオススメです。

カウンター料金が掛からないので印刷コストを気にせず何枚でもプリントでき、さらにリースと違ってレンタルは申し込みから導入まで時間が掛からず、最短で当日の発送も可能です。

ウルトラプリントでは無料での「お試しレンタル」ができるので、繁忙期を迎える少し前に「お試しレンタル」で印刷の品質や操作方法を確認しておくと良いでしょう。

 

【ウルトラプリントの料金プラン】A3やレーザープリンターもレンタル可能

プリント放題のレンタル期間

 

プリント放題

 

インクの質にこだわっている『プリント放題』の契約期間はプランによって異なります。

印刷し放題プランである「フリープラン」と印刷枚数が月1,500枚以下に最適な格安プラン「スーパーリミテッドプラン」は契約期間が1年。印刷枚数が月1,500枚~7,000枚程度に最適な「バリュープラン」は契約期間が6ヶ月です。

6ヶ月もしくは1年が最低契約期間になるので、繁忙期のみレンタルをしたい短期利用には向いていないかもしれませんが『プリント放題』では質の良い顔料インクを提供しているため原価が割高で、一定期間以上の利用を継続して頂かないと、事業として成立し難く、やむを得ず契約期間の縛りが設定されています。

しかし、利用者の86%が契約を更新しているので、レンタルをしているユーザーの満足度は高いと言えます。また、『プリント放題』でも1週間の「お試しレンタル」が可能です。

 

【定額制で印刷し放題】初期費用0円&高品質インクのプリント放題

スリホのレンタル期間

 

スリホ

 

全国どこでも訪問対応(沖縄・離島を除く)を行う『スリホ』の契約期間は2年。『ウルトラプリント』の1ヶ月、『プリント放題』の半年 or 1年よりも最低契約期間が長く、正直なところ、短期間での利用には向いていません。

しかし、『スリホ』ではプリンターだけではなく、大型複合機のレンタルも行っており、一般的なリース(平均5年~6年)よりも短い期間でレンタルすることができます。大型複合機に関しては、導入費用や契約期間等は機種やプランによって異なるので、気になる場合は事前の問い合わせが必要です。

 

【定額で印刷し放題】起業直後・赤字・個人事業でも!審査不要のスリホ

インク使い放題のレンタル期間

 

インク使い放題

 

インク専門商社だから実現できる圧倒的な安さが魅力の『インク使い放題』では契約期間が3ヵ月。繁忙期の少し前からプリンターを増設するのであれば、レンタル期間としては最適です。

インク使い放題』は、印刷枚数やインクの本数など細かい条件付きの「格安プラン」は用意されておらず、基本的には全機種が「定額制の使い放題プラン」なので、枚数を気にせず自由に使うことができます。

ただし、安さを維持するためにメンテナンスなどは訪問対応を行っていません。故障や不具合が生じた際には電話での対応と代替機の発送を手配します。なお、「お試しレンタル」はありません。

イープリントのレンタル期間

定額制の他に「カウントパック」や「開業パック」など特徴あるプランを用意している『イープリント』の契約期間は基本的に1年単位。ただし、状況に応じて長期レンタルや短期レンタルなどの相談も可能です。

エコプリのレンタル期間

業界初の日本製インクを使用している『エコプリ』では、最低契約期間が1年。こちらも、短期レンタルを希望の場合は相談可能です。

!びっくりプリント(エコインク)のレンタル期間

定額制のプランを3パターン用意している『!びっくりプリント』の契約期間は、初回契約時こそ3ヶ月ですが、以降は1ヶ月ごとの任意更新になっています。『インク使い放題』と同様に、繁忙期の少し前からプリンターを増設するのであれば、最適な契約期間と言えるでしょう。

 

プリンターの短期間レンタルでの注意点

 

注意

 

短期間でプリンターをレンタルしたい場合、レンタル料金と契約期間ばかりに注目してしまいがちですが、見落としてしまうと思わぬ出費やトラブルに繋がってしまうことがあります。

 

自動更新に要注意!!

 

日付

 

プリンターのレンタル契約をした際には、必ずレンタル期間と解約(契約終了)の連絡に関する項目を忘れずに確認しましょう。

多くの場合が自動更新となっており、たとえ1ヶ月だけレンタルしたくても、決められた日時までに解約の連絡を行わないと、自動的に再度1ヶ月のレンタルが延長で継続されてしまいます。『ウルトラプリント』のように、1ヶ月単位なら出費も少なく済みますが、最低契約期間が1年で自動更新の場合、連絡を忘れると再び1年もの長い期間、契約をすることになるので注意が必要です。

また『スリホ』では契約途中に解約を行う場合は、39,800円の撤去費用が掛かります。裏を返せば、契約期間内であっても、撤去費用を支払うことで、いつでも解約できるので残りの期間分を支払わなくても済みますが、無駄な出費であることに違いありません。

契約時に解約のことまで念頭に入れておくことは難しいかもしれませんが、余計な出費を発生させないためにも、しっかりと確認し、パソコンやスマホのカレンダー等に登録しておきましょう。

 

プランや初期費用を確認すること!

基本的には安いプランの方が総額でのレンタル料金も安くなりますが、イレギュラーのケースもあります。具体例として、最も最低契約期間が短く、短期間でのレンタルに最適な『ウルトラプリント』の料金プランと初期費用を挙げてみます。

★最安機種を1ヶ月レンタルした場合

 

ライトプラン(月1,000枚以下) プラン名 使い放題プラン
5,000円 月額レンタル料金(税抜) 10,000円
10,000円~30,000円 初期費用 0円
15,000円~35,000円 総額 10,000円

 

★最安機種を3ヶ月レンタルした場合

 

ライトプラン(月1,000枚以下) プラン名 使い放題プラン
15,000円 月額レンタル料金×3(税抜) 30,000円
10,000円~30,000円 初期費用 0円
25,000円~55,000円 総額 30,000円

 

ウルトラプリント』では、月間の印刷枚数が1,000枚以下の「ライトプラン」に限り、別途初期費用が10,000円~30,000円発生します。

1ヶ月もしくは2ヶ月でのレンタルなら、たとえ月の印刷枚数が1,000枚以下でも「使い放題プラン」の方がお得です。3ヵ月でさえも、初期費用によっては「使い放題プラン」の方が総額で安くなるので、「ライトプラン」を検討している場合は、初期費用の金額をしっかりと確認しておきましょう。

似たような例を挙げると『スリホ』では、プランではなく機種によって初期費用が発生し、レーザー機種に限り初期費用39,800円が掛かります。

このように、契約期間やレンタル料金プランだけを比べるのではなく、料金プランや機種による追加費用(初期費用)の有無も確認しておくことが大切です。

 

【まとめ】短期レンタルはウルトラプリントの「使い放題プラン」がオススメ!

オススメ

 

レンタル会社によって、料金・保守・対応エリア・強み・弱み・こだわりポイント等、異なる点は様々ですが「短期でのレンタル」にオススメなのは、最短契約期間が1ヶ月のウルトラプリント』で決まりでしょう!

1ヶ月、2ヶ月の短期レンタルなら月の印刷枚数が少なくても「使い放題プラン」の方が初期費用が発生しない分、総額で安く借りられます。

次に契約期間が短いのは最低契約期間が3ヵ月の『インク使い放題』と『!びっくりプリント』ですが、両社を比較するとG-Men的には『インク使い放題』の方がオススメです。

!びっくりプリント』は初回の3ヵ月契約の後は1ヶ月ごとの更新ですが『インク使い放題』は3ヵ月が過ぎれば、いつでも解約可。しかも「印刷し放題プラン」は『インク使い放題』の方が圧倒的に安く、約半額で利用できます。

以上、本日は「レンタルプリンターのレンタル期間~短期で借りるなら?~」をお届けしました!

 

*  *  *

定額制レンタルプリンターのおすすめランキング

 

ベテランGメン園川

定額制のレンタルプリンターを提供する会社の中からおすすめを3社ご紹介しましょう。

 

1位 【ウルトラプリント】縛り期間1ヶ月で料金も最安
初期費用 無料
月額料金(A4複合機使い放題) 15,000円(税別)
縛り期間 1ヶ月
A3対応
レーザープリンター対応
業界最安値の上に縛り期間が1ヶ月しかないのが特徴で、現在も1,500台が全国で稼働してるらしいで。

新人GメンKEICHI

ウルトラプリントのお問合せはこちら

 

 

2位 【プリント革命】充実の配送網で故障時の即復旧を約束
初期費用 無料
月額料金(A4複合機使い放題) 15,000円(税別)
縛り期間 1ヶ月
A3対応
レーザープリンター対応
1位のウルトラプリント同様の最安価格で、縛り期間も1ヶ月!

新人GメンKEICHI

オペレーター 杏奈

さらに2営業日以内にプリンターが復旧できなかった場合、レンタル料金が1ヶ月分無料になるんですよ。保守に自信あるんでしょうね!
プリント革命のお問合せはこちら

 

 

3位 【プリント放題】顔料インク使用なので文書保存に最適
初期費用 無料
月額料金(A4複合機使い放題) 14,800円(税別)
契約期間 6ヶ月 or 1年間
A3対応 ×
レーザープリンター対応 ×
定額制レンタルプリンター業界でも1,2を争う歴史がある会社やで!業界で唯一の顔料インクを使用してるさかい、保存したい文書を印刷する会社さんにおすすめや!

新人GメンKEICHI

プリント放題のお問合せはこちら