【法人にもオススメ!高額な初期投資不要のレンタルプリンター】短期OKの複合機から定額使い放題まで

【法人にもオススメ!高額な初期投資不要のレンタルプリンター】短期OKの複合機から定額使い放題まで

法人にもレンタルプリンターをオススメする理由

高額な初期投資が不要

比較的高額なプリンターや複合機を法人で導入する場合に高額な初期投資を回避する手段として最も採用されているのがファイナンスリースです。
しかし、ファイナンスリースは原則契約期間途中の解約はできず、やむを得ず中途解約する場合でも残リース料の全額支払いが必要になることから、リース期間中は「借金を背負っている」と言えます。
一方、レンタルプリンターの場合は不要になれば解約が可能で、最低利用期間さえ経過していれば解約後の期間については費用が発生しません。

新人GメンKEICHI

長期で使うかわからん場合は、最低利用期間が短いレンタル会社を選ぶことで無駄な支払いが防げるで~。

>>コピー機のリースとレンタルの違い

【複合機レンタルって何?】リース・レンタル・買取購入の違いを簡単比較!

 

但しレンタルの場合も別途初期費用や複合機が無事に戻ってくるまで保証金を預けなければいけないこともあるので注意が必要です。

 

「審査なし「あるいは「簡易審査のみ」のレンタル会社さんが多いので信用が低い個人や起業したての法人でも利用されています。

 

コピー機プリンターレンタル

 

レンタルなら起業したての法人・個人事業主でも利用しやすい

法人が導入するコピー機・複合機は大型のものであれば相場が60万円程度となります。起業後間もない法人や資金力で劣る中小企業の場合には一括支払する資金的な余裕がないので、分割支払や5年から7年程度のファイナンスリースの利用を考えることになります。しかしリース審査に通るには一般的には起業後最低でも1~2年は必要と言われており、設立当初で審査に通ることはほとんど無いようです。

一方、レンタルであれば審査が不要もしくは簡易審査のみなので、信用が低い起業時でも利用可能です。

【1ヶ月~OK】ウルトラプリントのレンタルサービス

  • 変化が大きい起業時に、大型の投資はリスク大

もしリースが組めたとしても、設立当初という変化が大きいタイミングで複合機に100万円も投資するのはよほど資金潤沢なスタートアップでないと難しいでしょう。1年後に事業形態が変わって印刷物が少なくなったり、オフィスに荷物が溢れて大型の複合機が邪魔になるというケースもあるため、レンタルのように柔軟に機種を変更出来る方が望ましいでしょう。

新人GメンKEICHI

少なくとも1年以上継続して使うんやったらプリンターぐらいは購入した方が安いって言われることあるんやけど、実際どうなん?

もちろん必要なスペックによって購入価格は違うので、価格にもよるかとは思いますが、機種代以外にインク代や保守費用なども必要になりますのでそのあたりはしっかり調べないといけないですよね。

ベテランGメン園川


新人GメンKEICHI

そうやな。レンタルやったらインクや保守もコミやもんな。起業したてやったらどのくらいのスペックが必要かわからんし、しばらくレンタルで様子見る方が賢いかもしれんな~。

【レンタルプリンターの保守】安いので遠隔保守が多い

レンタルプリンターはレンタカーと同様、いろんなお客さんに使いまわされている中古の機械を使うことになります。中古なので故障が心配ですが、多くのレンタル会社さんは保守料金を月額費用やインク・トナー代に含めており都度修理の費用は発生しないので料金に関しては問題ありません。

但し故障した場合に使えないというタイムラグが発生することがあり、保守サポートの質は購入やリースほど高くなく、訪問修理ではなく遠隔でのサポートと機械交換になることが多いでしょう。

>>プリンターレンタルの保守・修理サービスについて

 

 

法人向けコピー機レンタルのおすすめは?

 

半年以上利用で月500枚以上カラー印刷なら「印刷し放題」

カラーで毎月500枚以上印刷される方には「印刷し放題サービス」という定額制レンタルプリンターがおすすめです。これは月額15,000円程度のレンタル代にインクジェットプリンター本体+インク+保守料が付いてくるサービスで、インクについては基本的にはどれだけ印刷しても月額15,000円の範囲内(ただし印刷速度の問題で月5,000枚程度が限界)です。

例えば月に4,000枚カラー印刷したとすると、1枚あたり4円以下に抑えることができます。一般的なコピー機レンタルではカラー1枚20~30円が相場になっており、さらに別途レンタル費用もかかるのたこのサービスはお得です。最低契約期間も3ヶ月~6年程度ですので途中解約のリスクも小さく抑えられます。但しプリンターは家庭用のプリンターを使うので印刷速度は遅いです。>>印刷し放題サービスの詳細はこちら

 

1ヶ月解約も可能ですが、通常1年以上を想定したサービスなので1~3ヶ月などの短期利用は別料金が発生することがあります。

初期費用 0円
プリンターレンタル料 7,500円/月~
インク・トナー代 月額料に含む
保守サポート 月額料に含む
選択肢 インクジェット・レーザー
最低契約期間 1ヶ月(3ヶ月以下の場合追加料金)
対象 法人・個人
審査 なし

 

 

「印刷し放題」をうたっていませんが、バリュープランなら月に6,000枚印刷相当分のインクが付いてくるため、実質「印刷し放題」です。顔料インクを使っているので水で滲むことがなく、重要な文書の印刷にも向いています。但し半年 or 1年契約なので中途半端なタイミングで解約を希望した場合割高になるケースも。

初期費用 0円
プリンターレンタル料 7,000円/月~
インク・トナー代 月額料に含む
保守サポート 月額料に含む
選択肢 インクジェットのみ
最低契約期間 半年
対象 法人・個人
審査 なし

 

 

  • インクジェット・レーザー両方対応のスリホ

印刷し放題サービスで最も実績を伸ばしている会社です。2年以内の解約の場合39,800円(税別)支払う必要がありますが、レーザーの利用や1年以上の利用ならメリットがあるでしょう。

初期費用 0円
プリンターレンタル料 7,000円/月~
インク・トナー代 月額料に含む
保守サポート 月額料に含む
選択肢 インクジェット・レーザー
最低契約期間 2年(39,800円税別を払えばいつでも解約可能)
対象 法人・個人
審査 なし

 

 

半年以下利用で月500枚未満なら「短期レンタル」

 

【短期◯】1日でも対応可能なレンタル会社

  • 1日~OK、全国対応のジャンクション
最低利用期間 1日
地域 全国
利用対象 法人のみ
対応機種 レーザー複合機のみ
レンタル料金 3,000円/2日~
消耗品料金 レンタル料金と別
保守料金 他の料金に含む
審査 あり

 

 

  • 1日~OK、全国対応のコピーコンシェルジュ
最低利用期間 1日
地域 全国
利用対象 法人のみ
対応機種 レーザー複合機のみ
レンタル料金 6,000円/月~
消耗品料金 レンタル料金と別・枚数ごとに課金のカウンター料金制
保守料金 カウンター料金に含む
審査 不明

 

 

  • 【短期◯】レンタル大手のタマヤ
最低利用期間 1週間
地域 全国
利用対象 法人のみ
対応機種 レーザー複合機のみ
レンタル料金 1,500円/週~
消耗品料金 レンタル料金と別
保守料金 他の料金に含む
審査 不明

 

 

  • 【短期◯】大阪近辺ならレンタルコピー.com
最低利用期間 1週間
地域 大阪近辺のみ
利用対象 法人のみ
対応機種 レーザー複合機のみ
レンタル料金 14,800円/月~
消耗品料金 レンタル料金と別
保守料金 他の料金に含む
審査 不明

 

 

 2週間以上~対応可能なレンタル会社

  • 多様な契約形態が選べるレンタルコピー機ドットコム
最低利用期間 14日
地域 全国対応
利用対象 法人のみ
対応機種 レーザー複合機のみ
レンタル料金 1,000円/日~
消耗品料金 カウンター料金、キット、都度修理から選択
保守料金 他の料金に含む
審査 不明

 

 

  • 大型(プロッター)に強いレンタルプロッター
最低利用期間 1ヶ月
地域 全国対応
利用対象 法人のみ
対応機種 レーザー複合機のみ
レンタル料金 9,000円/月~
消耗品料金 トナー代別、課金方法不明
保守料金 他の料金に含む
審査 なし

 

 

  • 関東一円に特価したセレンディップ
最低利用期間 1ヶ月
地域 関東近辺のみ
利用対象 法人のみ
対応機種 レーザー複合機のみ
レンタル料金 2,980円/月~
消耗品料金 枚数課金のカウンター料金制
保守料金 他の料金に含む
審査 なし

コピー機レンタル市場は非常に小さく、相場やサービスの基準と呼べるものがない未だに無い状態です。そのためネット上で比較するのが難しいため、時間が許せば3~4社ほどに見積りを取って丁寧に比較することをおすすめします。その際にインク・トナー代と保守サービスの課金はどういう形態になっているのかを正確に把握するのが重要です。

 

■関連記事はこちら

>> 売り手目線でぶっちゃける!賢い複合機の買い方

>> スタートアップのための複合機・プリンターの探し方

>> 複合機リース料金の相場はだいたいわかる!