運営者情報 : インクカートリッジ・複合機リースのコスト削減サイト

ホーム  >  運営者情報

運営者情報

サイトを運営するGメンの正体

Gメンの紹介画像

Gメンのコピー機市場に対する想い

適正価格の印刷環境を徹底調査し、伝えたい・・・

消耗品で稼ぐ”インク商法”

【”合法的独占”を諦めつつある純正メーカー】

プリンター本体を安く販売し、インク・トナーなどの消耗品で利益を生むプリンターメーカーの消耗品ビジネスは「インク商法」と呼ばれており、旨味の大きい商売手法の一つとして有名です。

一方、プリンターメーカーは海外を中心に流通するようになった互換インクに対して訴訟を継続しており、結果としては一進一退を繰り返しています。(訴訟の大まかな流れ)

しかしプリンターメーカーが目論む「合法的な独占」(法学者・帖佐 隆氏)はもはや「悪あがき的」になっている状態で、それを認めるようにエプソンは互換インクの利用を前提としたエコタンクを発売しました。

コピー機Gメンではこのような市場環境が生んだ「印刷し放題」のレンタルプリンターサービスを通じて適正な印刷環境を提案していきたいと考えています。

Gメン1号の個人的な想い出

印刷ミスを指摘する経理社員

【社員の印刷ミスに狂喜する経理担当】

コピーと聞くと私はかつて自分が犯した印刷ミスを思い出します。コピー機の扱いに慣れなかった新入社員は、カラーで50ページほどの印刷ミスをしてしまいました。

1枚27円という高額なカウンター料金を支払っていたその会社の経理担当はそれを目ざとく見つけ、私の前に現れ「今の印刷ミスを社員全員が毎日やったら、年間で500万円の損失になるんだけど?」と電卓片手に仁王立ちしていました。5歳の時から待っていた嫌味を言う機会をようやく掴んだという、充実感に満ちた彼の顔を鮮明に思い出すことが出来ます。

気持ちよく商談に参加するR社の社員

【1枚27円の印刷料金はどこへ】

私はコピー機屋の営業員と一緒にお客さんに物を営業する仕事をしていました。そのため、大手のコピー機屋の営業員とは一通り同行営業をしましたが、そこで複合機業界の歪みを目の当たりにします。

彼らは一様に「コピー機なんてイマドキ売れないよ」「カウンター単価も下がる一方」と嘆き、言葉通りに全然売れていませんでした。一方で給与の水準はメーカーの中でも依然として高く、不思議なほど危機感がない人ばかり(代理店より都心部のメーカーにその傾向)でした。

あぐらをかいた営業員たちは、「インク商法」で得た潤沢な儲けで余剰とも思える販売・サービス体制を構築し、立派な広告を打ち続けて確固たる地位を築いた複合機・プリンターメーカーの姿そのものなのでは無いでしょうか。彼らは1枚27円で積み重ねたお金を片手に、カタログの中身をそのまま口から吐き出すだけの仕事を今も繰り返しているのかもしれません。

【印刷に定額を、オフィスに平和を】

オフィスに笑顔を取り戻したい・・・

調査中のイメージ図

その後互換インクの存在を知り、インクやトナーは高いものではなく純正メーカー側の戦略で意図的に高い金額が設定されているとわかりました。

また、エプソンが互換インクの使用を前提にしたエコタンクを日本で発売したのが海外に遅れること約140カ国目だったことからも、海外では互換インクが一般的に普及していることが証明されていると思います。

もし私が新人の頃にオフィスに「印刷し放題」サービスがあれば印刷ミスを恐れて働く必要はありませんでしたし、私が勤めていた会社も印刷コストを大きく抑えられたでしょう。

もちろん、すべての企業が「印刷し放題」を使ってメリットがあるわけではありません。印刷の品質に高い水準を求める会社はハイエンドモデルの印刷機が必要でしょうし、印刷枚数が月に1,000枚に満たない場合は中古のプリンターと互換インクを購入する方がメリットは大きいでしょう。

今後も純正メーカーと互換インク系を我々が上手に使い分けることで、適正な印刷コストに近付けば良いなと願っています。オフィスに平和をもたらすため、今日もGメンは活動します。

>> Gメンが運用するブログはこちら

Gメンはどのようにランキングを作るか

ランキング作成のフロー図

《Gメン独自の視点でランク付けしています》

当サイトのランキングは、ユーザーの皆様からの口コミ評価、初期・月額費用、本体ラインナップと機能、使用インク、保守サービスの体制などに基いてランク付けを行っています。あくまでもGメンによる印象も含んだランキングであり、サービスの良し悪しを保証するものではありません。また、口コミ投稿はお問合せページよりお願い致します。

《このサイトはアフィリエイト広告で運営しています》

このサイトは広告主(印刷し放題メーカー)からの広告料で運営しています。具体的には、コピー機Gメン経由で契約を得たメーカーから「成約に対するお礼」としてお金を受け取るアフィリエイト方式で運営しています。

《不自然なランキング順位であればご指摘ください》

全てのメーカー様からの均一の報酬率を受け取ることで、ユーザ様に対して偏った情報提供にならないよう期しておりますが、もし不自然な紹介の仕方やランキング順位などを見つけた場合には、御連絡の上ご指摘頂ければ幸いです。

定額で印刷し放題サービスの、人気ランキングを見る