【RPA】WinActorの評判は?機能・価格を徹底解説!

  • RPA
【RPA】WinActorの評判は?機能・価格を徹底解説!

【RPA】WinActorの評判は?機能・価格を徹底解説!

うちの会社がRPAツールの「WinActor」の導入を検討してるみたいなんやけど、評判とか機能ってどうなんやろ?

新人Gメン及川

ベテランGメン園川

Gメンでは、実際にWinActorを導入した方を対象とした口コミアンケートを実施しました。

オペレーター 杏奈

今回は、WinActorの評判・口コミやWinActorの料金プラン、おすすめポイント9選を紹介します。

【WinActorの評判は?】RPAのお問い合わせはこちら!

ベテランGメン園川

その他、おすすめのRPAについて詳しく知りたいという方は、以下の記事を参照してください。

おすすめRPA製品を比較!主要6社の機能を紹介!

WinActorの評判・口コミ

【利用したRPA】WinActor
【業務の効率化・生産性の向上は実現できたか】はい
【自動化している業務内容】帳票自動読み込みデータ入力
【費用対効果】とても満足WinActorの評判
【操作性】普通WinActorの評判
【アフターサポート】普通WinActorの評判
【機能】やや満足WinActorの評判
【感想】
契約業者からの提案により、将来的な操作性や拡張機能の充実に繋がるよう導入しました。OCR機能を活用した手書き申請書などの帳票読み込みからの自動データ入力のため、パンチ入力の自動化や入力精度の向上が図れた点にメリットを感じています

 

【利用したRPA】WinActor
【業務の効率化・生産性の向上は実現できたか】はい
【自動化している業務内容】独自システムへ氏名や口座の情報を入力する業務
【費用対効果】やや満足WinActorの評判
【操作性】やや満足WinActorの評判
【アフターサポート】普通WinActorの評判
【機能】やや満足WinActorの評判
【感想】
WinActorを選んだ理由は、RPA導入支援コンサルタント会社がそのメーカーのツールを導入していたからです。
感じているメリットは読み込み画面の登録が比較的容易であること、デメリットはシナリオがすぐに止まることです。

 

【利用したRPA】WinActor
【業務の効率化・生産性の向上は実現できたか】はい
【自動化している業務内容】建設会社の新人育成教育の理解度を数値化するのに、RPAツールを使用しております。
【費用対効果】とても満足WinActorの評判
【操作性】とても満足WinActorの評判
【アフターサポート】とても満足WinActorの評判
【機能】とても満足WinActorの評判
【感想】
WinActorを選択した理由は、NTTグループが研究を積み重ねてきて製品化したツールだからです。信頼性に長けていると思い、採用に至りました。メリットとして感じているのは、RPAツールのおかげで以前よりも各社員の研修理解度を可視化しやすくなった点です。デメリットは月額利用料が発生するため、中小企業としては若干コストがかさむことです。

【WinActorの評判は?】RPAのお問い合わせはこちら!

【利用したRPA】WinActor
【業務の効率化・生産性の向上は実現できたか】どちらともいえない
【自動化している業務内容】経理の自動請求明細の印刷
【費用対効果】やや満足WinActorの評判
【操作性】やや満足WinActorの評判
【アフターサポート】とても満足WinActorの評判
【機能】やや満足WinActorの評判
【感想】
何点かのRPAツールの紹介をしていただきましたが、中でもWinActorが一番機能性が良く、世の中に出回っている感じがしたため導入しました。
しかし、漠然と導入したいからと始めても、なかなかうまく行かず、「RPAツールで何をしたいのか」を導入するまでに決めておかないとうまく業務に乗せることが難しいことが分かりました。一度乗せてしまえばしっかりと動いてくれるので、RPAに業務を任せ、余った時間で他の業務に時間を割くことができるのが最大のメリットだと感じています。

 

WinActorの導入効果を実感してる人が多いな!

新人Gメン及川

ベテランGメン園川

RPAツールを導入する前に、「RPAツールで何をしたいのか」等を事前に計画することはとても大切です。導入規模、導入・運用コストを超える効果が得られるかどうかなどを検討しましょう。

【WinActorの評判は?】RPAのお問い合わせはこちら!

【利用したRPA】WinActor
【業務の効率化・生産性の向上は実現できたか】はい
【自動化している業務内容】社内の販売、経理システムの得意先、仕入れ先マスタの自動登録を行うために導入しました。
【費用対効果】やや満足WinActorの評判
【操作性】普通WinActorの評判
【アフターサポート】普通WinActorの評判
【機能】やや満足WinActorの評判
【感想】
国産ツールで安心感があったこと、無料ワークショップで他社製品を比較し、一番使い勝手が良かったので選びました。
今までの手入力の手間が減って楽になりましたが、導入設計が大変だったこと、導入後の改修、他業務への横展開がしにくいことがデメリットだと感じています。
自動化で人件費は減りますが、社内各部門にRPAに理解を示し、動ける人がいないと展開は難しいです。

 

【利用したRPA】WinActor
【業務の効率化・生産性の向上は実現できたか】はい
【自動化している業務内容】アプリ間の値の受け渡し、登録作業
【費用対効果】やや満足WinActorの評判
【操作性】やや満足WinActorの評判
【アフターサポート】普通WinActorの評判
【機能】やや満足WinActorの評判
【感想】
RPAの中でも安定的だったため、WinActorを選びました。
メリット:
①比較的アプリ間の操作がスムーズ
②実行しておけば、後は放置可能
デメリット:
①遅い
②業務によっては必要ない(他の言語で対応可能)
→VBA、PowerShellなどで対応
RPAの癖を理解しないと作成は容易でも保守で痛い目をみる

【WinActorの評判は?】RPAのお問い合わせはこちら!

RPAについて詳しい人がおらんと管理は難しそうやな。

新人Gメン及川

ベテランGメン園川

どのRPAツールも管理・運用していく上で多少の専門知識は必要になります。購入先を選ぶ際に、WinActorの操作研修などのサポートがあるか確認しましょう。

オペレーター 杏奈

一方で、WinActorの導入やシナリオ作成は、専門知識がなくても簡単にできたという声もありました。

 

【利用したRPA】WinActor
【業務の効率化・生産性の向上は実現できたか】はい
【自動化している業務内容】売上の入力業務
【費用対効果】やや満足WinActorの評判
【操作性】やや満足WinActorの評判
【アフターサポート】とても満足WinActorの評判
【機能】やや満足WinActorの評判
【感想】
当初、入力業務の自動化について、WinActorとUiPathのどちらかを使用するか検討がありました。
自動化したい業務自体が複雑ではないため、比較的簡単に構築できそうなWinActorを使用することになりました。
メリットは、毎日の入力業務を自動化でき業務効率が向上したところと、RPAのフローの構築も比較的容易にできたところです。
ただ、エラーが発生した場合の対処方法などがわからないことがあります。
また、ブラウザもIEを使用しているため、今後のブラウザ対応などはこれからの課題だと感じています。

 

【利用したRPA】WinActor
【業務の効率化・生産性の向上は実現できたか】はい
【自動化している業務内容】アプリ間の操作、パターンの決まった単純作業等
【費用対効果】やや満足WinActorの評判
【操作性】やや満足WinActorの評判
【アフターサポート】普通WinActorの評判
【機能】やや満足WinActorの評判
【感想】
WinActorを選んだ理由は、調べた限りRPAの中でも動作が比較的安定しているからです。
メリット
①時間がかかる単純作業をRPAが行うことで、他の作業に時間をさける
プログラム技術が浅くても、多少の知識があれば作成可能
デメリット
VBAやPowerShellに比べて動作が遅い、かつ代用可能なケースが多々ある
②RPAの癖を理解しないと作成はできても、保守が大変

 

【利用したRPA】WinActor
【業務の効率化・生産性の向上は実現できたか】はい
【自動化している業務内容】生産管理の業務に使用しています。SAPでの入力作業やデータの抽出作業に使用し、Excelのファイルの編集やコピー&ペースト等に使用しています。
【費用対効果】とても満足WinActorの評判
【操作性】とても満足WinActorの評判
【アフターサポート】普通WinActorの評判
【機能】やや満足WinActorの評判
【感想】
WinActorを導入した理由は、フロー図を作成するようにプログラムが作成できるため、プログラミングの知識がない人でも扱えるから。
メリットは、日本製で分かりやすく繰り返しや分岐も使いやすい
デメリットは、実行速度が遅く、大量のデータや処理には時間がかかる

【WinActorの評判は?】RPAのお問い合わせはこちら!

【利用したRPA】WinActor
【業務の効率化・生産性の向上は実現できたか】はい
【自動化している業務内容】Excelからシステムへの数値等の自動投入
【費用対効果】とても満足WinActorの評判
【操作性】やや満足WinActorの評判
【アフターサポート】普通WinActorの評判
【機能】やや満足WinActorの評判
【感想】
会社からの指定でWinActorを導入しました。メリットは正確性があるので安心でき、一度完璧なシナリオを作成すれば半永久的にそれを使用でき、一人分の作業をしてもらえるところです。デメリットは、シナリオの速度は速くないので、ある程度時間の余裕を持ってやらないといけないところです。
また、シナリオ作成時の画像マッチングはうまくいくときといかないときの差が激しいと感じます。運用していて気になるのは、メンテナンスできる人が少ないことです。難しいとやりたがらない人が多いので、運用にはある程度知識のある人がいるといいと思います。

 

【利用したRPA】WinActor
【業務の効率化・生産性の向上は実現できたか】はい
【自動化している業務内容】文字入力
【費用対効果】とても満足WinActorの評判
【操作性】とても満足WinActorの評判
【アフターサポート】とても満足WinActorの評判
【機能】とても満足WinActorの評判
【感想】
仕事がしやすくなり業務効率化が実現した上、便利で安全に使えます。メリットは、大量の文字をミスなく一気に入力可能な点です。デメリットは、動作が重たくなることが多少ある点です

 

【利用したRPA】WinActor
【業務の効率化・生産性の向上は実現できたか】どちらともいえない
【自動化している業務内容】請求書作成
【費用対効果】普通WinActorの評判
【操作性】普通WinActorの評判
【アフターサポート】普通WinActorの評判
【機能】普通WinActorの評判
【感想】
IT企画課という部署がすでに選んでいたため、他のツールを選べる選択肢はありませんでした。メリットは、IT企画課が以前より使っているので、何ができて何ができないかがある程度分かることです。デメリットは、思った以上に作業のスピードが遅いことです。

【WinActorの評判は?】RPAのお問い合わせはこちら!

専門知識が無い人でも簡単にシナリオ作成ができるのは魅力的やけど、動作が遅いのが気になってる人が多いみたいやな。

新人Gメン及川

ベテランGメン園川

多くの工程を詰め込むと、どうしてもシナリオの読み込みが遅くなってしまう場合があります。WinActorではNTTの全国のパートナーと連携した手厚いサポートを受けられるので、何かあった場合には問い合わせるのがおすすめです。
WinActorとNTTって関係あるん!?どんなRPAツールなんか詳しく教えてもらってもええ?

新人Gメン及川

オペレーター 杏奈

かしこまりました!以下よりWinActorの特徴や料金プランを紹介します。

 

WinActorとはどんなRPA?

以下より「WinActorの機能・特徴」、「WinActorとExcelマクロの違い」について解説します。

 

WinActorの機能・特徴

WinActorは、NTTグループが開発した純国産のRPAツールです。NTTデータが取り扱うRPAツールには、業務自動化の基礎となる「WinActor」と「ロボットの管理統率ツール(「WinDirector」「WinActor®Manager on Cloud」など)」の2種類があります。

それぞれの主な機能は以下の通りです。

 

「WinActor」でできること

  • PC上の動作の記録
  • シナリオ作成・編集
  • シナリオ実行

 

「ロボットの管理統率ツール」でできること

  • WinActor稼働状況の把握
  • ユーザー情報の一括管理、機能権限の個別設定
  • 実行ロボットがインストールされている端末の情報管理
  • WinActorで実行したいシナリオをジョブとして登録・削除
  • 実行したいロボットのグループ指定
  • シナリオの実行順番の指定(最大5つ) など

 

NTTが開発したRPAツールやったんや!「WinDirector」は導入した「WinActor」の稼働状況とか登録情報とかを一括管理・編集できるんか!RPAツールを大規模導入する場合には、めちゃ便利そうやな!

新人Gメン及川

ベテランGメン園川

最初は「WinActor」のみを導入・運用し、全社的に自動化が定着した後に「WinDirector」を検討するという方法もありますね。

【WinActorの評判は?】RPAのお問い合わせはこちら!

 

WinActorとExcelマクロの違い

WinActorとExcelマクロの特徴や違いを以下の表にまとめました。

 

WinActor Excelマクロ
自動化できる業務の範囲 Windowsで動作するほとんど全ての操作

(アプリ、ブラウザ、ファイルなど)

Excelのファイル操作、Excelのシート・セルでの操作、外部データからの書き込みやデータ取得のみ
柔軟性はあるか フロー図でシナリオ登録・変更が可能なので専門知識が不要 シナリオ登録は簡単だが、順番変更などをしたい場合には専門知識が必要になる
一括管理は可能か 複数のロボの動きを一括管理できる管理ロボ(WinDirector、WinActor®Manager on Cloudなど)がある 一括管理できるロボはない

【WinActorの評判は?】RPAのお問い合わせはこちら!

 

Excelマクロに比べて自動化できる業務の幅も広いし、専門知識がなくてもシナリオ変更ができるのが魅力的やな!でも便利な分、値段もかかるやろな…。

新人Gメン及川

ベテランGメン園川

WinActorはPC1台から導入できるので、コスト面を重視したい場合は小規模での導入も可能ですよ。

 

RPAとVBA(Excelマクロ)の違いを徹底比較!使い分けや併用方法も

オペレーター 杏奈

以下よりWinActorの料金プランを紹介するので参考にしてください。

 

WinActorの料金プラン

先ほどご紹介した「WinActor」とロボットの管理統率ツール「WinDirector」「WinActor®Manager on Cloud」の料金を紹介します。

 

オペレーター 杏奈

まずは「WinActor」の料金から見ていきましょう。

 

▼「WinActor」の料金

価格 特徴
ノードロックライセンス版
  • フル機能版 908,000円/年

(シナリオ作成、記録、編集、実行など)

  • 実行版 248,000円/年

(シナリオ読み込み、実行など)

  • 1年ごとの更新
  • PC1台から導入可能
  • PC1台につき1ライセンス必須
フローティングライセンス版
  • フル機能版 オープン価格

(シナリオ作成、記録、編集、実行など)

  • 実行版 オープン価格

(シナリオ読み込み、実行など)

  • 1年ごとの更新
  • 専用の自社サーバーが必要
  • 管理ツールと連携可能

※価格はメーカー希望小売価格

【WinActorの評判は?】RPAのお問い合わせはこちら!

 

RPAツールは日々変化する業務に合わせてツールを更新・改善していく必要があるので、毎年または毎月更新する料金プランが一般的となっています。

WinActorの料金プランは「ノードロックライセンス版」「フローティングライセンス版」の2種類があり、PC1台から導入するのか?専用サーバーを利用して導入するのか?などの目的によって最適な製品が異なります。

フローティングライセンスはオープン価格となっていますが、仮に3台導入した場合は、約3,000,000~5,000,000円/年です。

 

導入する規模によって選べばええんか!

新人Gメン及川

ベテランGメン園川

PC1台から試験的にRPAツールを導入したい場合には「ノードロックライセンス版」、専用サーバーを利用して全社的にRPAツールを導入したい場合には「フローティングライセンス版」を選ぶのがおすすめです。

オペレーター 杏奈

続いて、ロボットの管理統率ツール「WinDirector」の料金を紹介します。

 

▼ロボット管理統率ツール「WinDirector」「WinActor®Manager on Cloud」の料金

  価格 特徴
WinDirector 2,280,000円/年

(WinActorライセンス100台までの価格)

  • 1年ごとの更新
  • WinActorライセンスとは別売り
  • 専用の自社サーバーにインストール可能
WinActor®Manager on Cloud オープン価格
  • 1年ごとの更新
  • WinActorの導入が必要
  • クラウドでの管理が可能

【WinActorの評判は?】RPAのお問い合わせはこちら!

 

やっぱり全社的にRPAツールを導入しようとすると、コストがかかるのは避けられんか…。

新人Gメン及川

ベテランGメン園川

ロボット作成やシナリオ作成を外注する場合には、上記の製品費用に加えてさらに外注コストがかかります。コストをできるだけ抑えたい場合には、RPAツールを理解・運用できる自社での人材育成が必須と言えるでしょう
WinActorについてはなんとなく分かったけど、他のRPAツールと比べて特におすすめ!っていうポイントってあるん?

新人Gメン及川

オペレーター 杏奈

もちろんありますよ!これからWinActorのおすすめポイントを解説します。

 

WinActorのおすすめポイント9選

オペレーター 杏奈

紹介するWinActorのおすすめポイントは以下の通りです。

 

  1. PC1台から導入できる
  2. プログラミング知識が不要
  3. 国内シェアNo.1の国産RPA
  4. 充実したサンプルシナリオ・プチライブラリ
  5. Salesforce・BoxとのAPI連携
  6. 大規模な業務自動化にも柔軟に対応
  7. 様々なソフトウェア・システムの自動化が可能
  8. ユーザーのニーズに応じた機能を追加
  9. サポートが手厚い

 

PC1台から導入できる

WinActorのノードロックライセンス版ならPC1台から導入可能なので「試験的にRPAツールを導入したい」「スモールスタートしたい」「初期コストをできる限り抑えたい」という方にも最適です。

WinActorはPCにインストールするだけで導入できるので、特別な環境や設備を用意するコストもかかりません。

 

RPAツールって導入するために専用の設備が必要やと思ってたけど、PCさえあれば簡単に導入できるんやな!

新人Gメン及川

【WinActorの評判は?】RPAのお問い合わせはこちら!

 

プログラミング知識が不要

WinActorではPC上で行った動作を記録し、自動的にシナリオを作成してくれるので、プログラミング知識が必要ありません。作成されたシナリオは、フロー図で直感的な編集が可能なので、誰でも簡単に設計することができます。

シナリオ作成をサポートしてくれる400以上のライブラリも用意されており、より手軽に導入できるのがポイントです。

 

国内シェアNo.1の国産RPA

WinActorはNTTグループが開発した純国産のRPAツールで、1900社を超える企業への導入実績(2018年12月末時点)があり、RPAツールとしては国内シェアNo.1の実力を誇ります。WinActorはNTTグループで実際に運用されており、長年の歴史と技術のノウハウが詰まっています。

純国産RPAツールなので、操作画面・マニュアル・サポートは全て日本語・英語に対応しているのはもちろん、日本企業における業務の自動化が得意なのが特徴です。

 

充実したサンプルシナリオ・プチライブラリ

WinActorではシナリオ作成時にサポートしてくれるサンプルシナリオのほか、働き方改革や業務効率化の役に立つNTT独自のプチライブラリなどが豊富に用意されています

それぞれ無償で利用でき、具体的には外部ツールと連携できるサンプルシナリオや、少し複雑な操作をシナリオに簡単に組み込めるプチライブラリなどがあります。RPAツールの運用をより便利にし、スピーディーな社内浸透に貢献します。

【WinActorの評判は?】RPAのお問い合わせはこちら!

 

RPAって導入してから社内にどれだけ浸透させるかが重要って聞いたことあるけど、WinActorなら安心できそうやな!

新人Gメン及川

ベテランGメン園川

及川さんよくご存じですね!RPAツールを社内に浸透できるかどうかはとても重要です。社内浸透を進めることで、最大限のRPAツールの効果を期待できるのはもちろん、複数部門への展開などもスムーズに行えますよ。

 

Salesforce・BoxとのAPI連携

NTTが開発・利用するWinActorだからこそ、クラウドサービスのSalesforceやBoxとAPI連携できるのもおすすめポイントの一つです。

APIを通してSalesforceの添付ファイルへのアクセスやBoxのファイル操作ができるのはもちろん、トラブル発生時にメールで通知させるように設定することも可能です。

API接続することで、SalesforceやBoxのアップデートやユーザーインターフェースのカスタマイズなどに影響されることなく利用することができます。

 

大規模な業務自動化にも柔軟に対応

WinActorではPC1台から導入できる「ノードロックライセンス版」の他に、サーバーを利用して導入・管理ツールと連携できる「フローティングライセンス版」があるので、大規模な業務自動化にも柔軟に対応できます。

サーバーにインストール可能な「WinDirector」や、クラウド管理が可能な「WinActor®Manager on Cloud」などのロボットの管理統率ツールが用意されているので、複数のロボット管理も効率的に行えます。

【WinActorの評判は?】RPAのお問い合わせはこちら!

 

様々なソフトウェア・システムの自動化が可能

PC上で行う様々な操作を自動化できるのもWinActorの強みで、幅広い業種・業態の企業で活躍します

ExcelなどのofficeアプリやWebブラウザでの操作はもちろん、1から開発された独自の開発システムなどの操作自動化も可能です。

 

ユーザーのニーズに応じた機能を追加

ユーザーニーズに応える製品開発にこだわっており、定期的に新機能を追加しているのもおすすめポイントです。実際に、ロボットの管理統率ツールである「WinDirector」もユーザーからの要望により開発されました。

ユーザーからの要望が多いExcelやファイル操作に関するライブラリの作成や、画面OCR機能などのライブラリ化を図るなど、ユーザーとともに日々進化しています。

 

サポートが手厚い

日本全国・海外のNTTデータ・パートナー企業が連携した手厚いサポート体制が整っており、安心して利用できるのもWinActorならではの強みです。

RPA導入時には「適用業務コンサルティング」を受けられるほか、RPAに関する技術レベルを向上させる「技術研修」などの支援も受けられます。

【WinActorの評判は?】RPAのお問い合わせはこちら!

WinActorの魅力は伝わったけど、まとめるとどんな企業におすすめなん?

新人Gメン及川

ベテランGメン園川

WinActorは初めてRPAツールを導入する中小企業から大規模導入を視野に入れている大企業まで、幅広くおすすめできるツールです。具体的にどのような企業におすすめか詳しく見ていきましょう。

 

WinActorはどんな企業におすすめ?

WinActorをおすすめしたい企業の特徴は以下の通りです。

 

WinActorをおすすめしたい企業の特徴

  • 業務自動化で生産性の向上&人的ミスを予防したい
  • PC1台から導入したい
  • プログラミング知識が不要なRPAツールを導入したい


オペレーター 杏奈

以下より、それぞれの特徴について解説します。

 

業務自動化で生産性の向上&人的ミスを予防したい

WinActorを導入して業務を自動化することで、生産性を向上させられるのはもちろんですが、人的ミスをなくすことができるのも大きなメリットの一つです。

特にミスが許されない定型業務が多い企業や、長時間労働が必要な現場がある企業では、入力ミスや操作ミスなどが企業の大きな損失につながってしまう可能性もあります。

WinActorを導入すれば、作成したシナリオ通りに作業を進めてくれるので、ミスをあらかじめ予防することが可能です。人の代わりに業務をこなすので、従業員は時間に余裕ができて本来の業務に集中でき、業務の質も向上します。

【WinActorの評判は?】RPAのお問い合わせはこちら!

 

PC1台から導入したい

WinActorのノードロックライセンス版はPC1台から導入可能なので、スモールスタートしたい企業におすすめです。サーバーを利用して導入するフローティングライセンス版には、契約期間中でも切り替え可能なので、柔軟な運用ができます。

「WinDirector」「WinActor®Manager on Cloud」などのロボットを一括管理できるツールも用意されているので、将来的に大規模導入を見据えての導入にも最適です。

【WinActorの評判は?】RPAのお問い合わせはこちら!

 

プログラミング知識が不要なRPAツールを導入したい

WinActorはPC上の操作を記録して自動でシナリオ作成・フロー図での編集が可能なので、誰でも簡単にシナリオ作成ができます。さらに、純国産のWinActorならではの手厚いサポートを受けられるので、安心して導入可能です。

まず、導入前の調査で「どの業務を自動化するとより効果を発揮できるか?」を導き出し、実際にWinActorを試験的に導入します。そして、導入後に出てくる課題を解決し、企業ごとの最適なシナリオ構成を再構築します。

導入後にも全国にあるNTTパートナーから継続的な支援を受けられるので、専門の担当者をつけられなくても、安定的に運用することが可能です。

【WinActorの評判は?】RPAのお問い合わせはこちら!

初めてRPAツールを導入するなら「WinActor」を選べば、手厚いサポートも受けられるし安心やな!

新人Gメン及川

 

まとめ

【WinActorの評判】満足な点

  • 業務を自動化でき生産性向上につながった
  • 本来の業務に時間を費やせる
  • 日本製で分かりやすい

【WinActorの評判】不満な点

  • 長期的なコストがかかる
  • 運用していく上でRPAをある程度理解している人が必要
  • 他のRPAツールと比較すると動作が遅い

【WinActorの評判は?】RPAのお問い合わせはこちら!

RPAカテゴリの最新記事