【布に印刷できるプロッター・大判プリンターは?】のぼりやTシャツプリントもOK!

【布に印刷できるプロッター・大判プリンターは?】のぼりやTシャツプリントもOK!

布に印刷できるプロッター・大判プリンター

 

Tシャツ

 

プロッター・大判プリンターって、布とかTシャツにも印刷できるん!?

新人GメンKEICHI

オペレーター 杏奈

はい、布やTシャツに印刷する場合はインクジェットプリント方式のプロッター・大判プリンターが一般的です。様々な印刷方式があるので、それぞれの特徴とメリット・デメリットを一緒にご紹介していきます!

シルクスクリーンプリント

メッシュ状の「版」に、デザインに合わせて穴を空け、その穴にインクを落として、直接生地に刷り込ませます。布などへの印刷では最も一般的な印刷方法で、古くから行われています。

メリット

耐久性が高く、洗濯してもインクの色褪せなどがありません。また、大量に印刷できるため、コストを抑えられるなどのメリットがあり、黒や赤などの一般的な色以外にも、金や銀、蛍光色のインクも使用することが可能です。

デメリット

事前にプリントに必要な「版」への投資が必要で、色数や印刷面が多いほどコストが高くなります。また、製版を作成し始めてから商品を印刷できるようになるまでに、時間が掛かります。

 

こんな印刷物におすすめ
大量印刷、淡色・濃色の生地への印刷、クラスTシャツ、チームウェアなど

 

インクジェットプリント

一般的なインクジェットプリントと同様に、直接インクを吹き付ける印刷方法です。プロッター・大判プリンターで布やTシャツに印刷する場合はインクジェットプリントが一般的です。

メリット

デザインのデータをそのまま生地にプリントするため、写真等の複雑なデザインでも再現することが可能です。また、Tシャツやポロシャツにも印刷することができ、他のプリント方法に比べて手触りが良く、柔らかい仕上がりになります。

デメリット

綿100%の素材にしか対応しておらず、ポリエステル素材などには印刷することができません。また、素材の生地の色に影響を受けすく、デザインのデータと実際の印刷物の色合いに差が生じます。

 

こんな印刷物におすすめ
淡色・濃色の生地への印刷、フルグラフィックTシャツ、スウェットなど

 

昇華転写プリント

昇華転写とは、専用のシートにデザインをプリントした後、熱で気化させて密着したポリエステル生地にデザインを染み込ませる印刷方法で、ポリエステル素材にのみ印刷することができます。

 

オペレーター 杏奈

昇華転写に対応したプロッター・大判プリンターのメーカーはHP、エプソン、ミマキ、ローランドなどがあります。

 

メリット

デザインのデータをそのまま生地に染み込ませて印刷できるので、インクのひび割れもなく、細かい文字やグラデーションも美しく再現することができます。また、印刷後の耐久性が高いので、繰り返し洗濯しても色落ちなどの心配がありません。

デメリット

ポリエステル素材にしか対応しておらず、絹や綿、ナイロンなどの素材には印刷できません。また、アイロンや乾燥機にかけると熱で気化してしまい、色落ちしてしまう可能性があります。同様に、紫外線に長期間当たると、色が薄くなってしまいます。

 

こんな印刷物におすすめ
淡色の生地への印刷、フルグラフィックTシャツ、スポーツ用ユニフォーム、テキスタイル

 

デジタル・カッティングプリント

着色された糊付きシートに熱を加えて、布やTシャツに圧着させる印刷方法です。

メリット

トリミングされるため、イメージ通りにデザインを作成することができます。

デメリット

シートを圧着して印刷するため、通気性に欠ける部分があります。また、プリント箇所に、ざらついた質感があり、違和感を感じます。

 

この方法でプリントされたTシャツって、何回も洗濯するとプリント部分だけボロボロになんねんな。

新人GメンKEICHI

 

こんな印刷物におすすめ
フルカラーの写真Tシャツ、カラフルなTシャツ、ポーツ用ユニフォームの背番号

 

せやけど、布やTシャツに印刷するのに、こないに印刷方法があるなんて知らんかったわ!

新人GメンKEICHI

オペレーター 杏奈

どのような目的で印刷物を活用したいのか?を明確にすることで、適切な印刷方法が分かります!
まずは目的をはっきりさせなな!

新人GメンKEICHI

 

布印刷・Tシャツ印刷にオススメのプロッター・大判プリンター

 

Canon TX-3000

 

 

印刷可能サイズ:最大 A0
インクの種類 顔料インク
色数 5色
印刷速度:A0サイズ 普通紙<標準> 約1.5分
本体価格:定価 518,000円

 

布やTシャツにもマルチに対応するキャノンのTX-3000は、新開発の5色フル顔料インクを搭載しているため、耐候性が高く、より鮮明な線や文字を再現できます。

定価は50万円以上しますが、楽天などでは44万円程度で購入することが可能です。

 

Canon TM-300

 

印刷可能サイズ:最大 A0
インクの種類 顔料インク
色数 5色
印刷速度:A0サイズ 普通紙<標準> 約1.3分
本体価格:定価 338,000円

 

本体の幅を縮小したコンパクトな設計と主要な機能が全て前面に揃っているフルフロントオペレーション設計で、省スペースでの使用も可能な大判プリンターです。また、静音性も高いため、小規模オフィスでも快適に使用することができます。

定価は約34万円ですが、楽天などでは27.5万円程度で購入することが可能です。

Canon TM-305

 

印刷可能サイズ:最大 A0
インクの種類 顔料インク
色数 5色
印刷速度:A0サイズ 普通紙<標準> 約1.3分
本体価格:定価 398,000円

 

こちらもTM-300同様、コンパクトな設計が人気のプロッターで、直感的なパネル操作や簡単な用紙交換が可能です。操作性に優れているので、特に初めてプロッターを導入する企業に向いています。顔料インク搭載で耐候性にも強く、印刷スピードも速い機種です。

【まとめ】

  • 印刷方法にはシルクスクリーン、インクジェット、昇華転写、デジタル・カッティングなどがある
  • どのようなデザインのTシャツや布を、どのくらい印刷したいのか?など、目的によって印刷方法が変わる
  • おすすめのプロッター・大判プリンターはキャノンの「TX-3000」「TM-300」「TM-305」

 

▼コピー機Gメン推奨のリース販売店に見積り依頼!

プロッター・大判プリンターのお見積り

大判プリンター・プロッターカテゴリの最新記事