【A1サイズのポスターやPOP作成に最適!】A1プリンターとは?

【A1サイズのポスターやPOP作成に最適!】A1プリンターとは?

A1プリンターとは?

 

A1プリンターとは

 

「A1プリンター」とは、一般的なプリンターでは印刷できないA1サイズの大きさまで印刷できるプリンターのことです。「プロッター」や「大判プリンター」と呼ばれることもあります。印刷方式は主にインクジェット方式を採用しており、鮮やかな発色を実現します。

A1プリンターの主な用途

A1プリンターは企業などで業務用として導入されることがほとんどで、宣伝や広告などを目的としたPOP・ポスターの作成や、工事現場などの打ち合わせの際に使用されるCAD・図面の出力で多く活用されています。他にも保育施設では園内に飾る掲示物、学校ではプレゼンの発表用の資料の出力などに活用されています。

 

街で見かけるポスターとかってA1プリンターで作成されてるかもしれんのやな!

新人GメンKEICHI

オペレーター 杏奈

そうですね。インクによっては耐水性や耐光性に長けたタイプもあるので、外での掲示物にも使われています!

 

プロッター・大判プリンターにおすすめのインクは?

 

【公式サイトが最安】インク革命の通販サイトはこちら

 

A1プリンターの人気のメーカーは?

A1プリンターのメーカーでは、エプソン・キャノン・HPなどが人気で、エプソンは画質や使いやすさ、キャノンはサポートの充実さ、HPはコスト面で評価されています。メーカーによって様々な特徴があるので、導入する目的や使用頻度などに合ったメーカーを選択しましょう。

なお、プロッターのメーカーごとの特徴比較は、こちらのページにまとめてあります。

 

プロッター・大判プリンターのメーカーごとの特徴は?POPならエプソン!

 

A1プリンターを導入するメリットとデメリットは?

 

オペレーター 杏奈

次に、A1プリンターを導入するメリットとデメリットをチェックしていきましょう。

A1プリンターのメリット

A1プリンターを導入するメリットとしては、ポスターやPOPを簡単に内製化できることや、図面や地図などをより鮮明に印刷できること等が挙げられます。今まで外注に掛かっていたコストを削減できるので、外注している量が多い企業では、内製化することでお得になるケースがほとんどです。

また、A1プリンターでも通常のプリンターと操作方法は基本的に変わらないので、ポスターの作成も決して難しくはありません。

A1プリンターのデメリット

デメリットとしては、ポスターや図面を内製化することで逆にコストが増加してしまうことがあります。さらに、A1プリンターを導入したものの、有効に活用できない企業ではリース料や購入費などの元が取れず、かえって無駄になってしまうことも考えられます。

ポスターなどを内製化する場合、A1プリンターの操作自体は難しくありませんが、用紙の選定や細かなデザインの作成などは自分たちで行わなければならず、それを負担に感じてしまうことがあります。導入前のコストシミュレーションや使用目的を明確にすることが重要でしょう。

なお、A1プリンターは通常のプリンターよりもサイズが大きいですが、小型化されたコンパクトな商品も多く、デスクトップでの使用も可能です。

 

プロッター・大判プリンターを利用するメリットとデメリット

 

A1プリンターを買うときは注意せなあかんことも結構あるんやな…。

新人GメンKEICHI

オペレーター 杏奈

 

【気を付けたいポイントは?】プロッター・大判プリンターの選び方

 

 

▼コピー機Gメン推奨の販売店にプロッターの見積りが可能です!

プロッター・大判プリンターのお見積り

 

おすすめのA1プリンター

 

せっかくやから、おすすめのA1プリンターを教えてもらってええ?

新人GメンKEICHI

オペレーター 杏奈

では、人気の機種を中心に3つのおすすめA1プリンターを紹介します!

 

【A1プリンターおすすめ機種①】EPSON SC-T3150

 

印刷可能サイズ:最大 A1
プリント速度:普通紙 速い A1ポスター出力 34秒
A1 CAD出力 34秒
インクの種類 顔料インク
インクの色数 4色
本体の価格相場 150,000円

 

数あるA1プリンターの中でも本体がコンパクトな機種なので手狭な事務所でも設置が可能です。また、顔料インクによる高い耐水性を持ち、CADに適した線画品質を実現しています。タッチパネルは大型なので、操作性にも優れており、さらに単票紙とロール紙を同時にセットできるなど、エプソンならではの使いやすさにこだわったプリンターでもあります。

 

こんな用途におすすめ
設計事務所や建築現場、小規模小売店舗のバックヤードなどで印刷したい

 

【A1プリンターおすすめ機種②】Canon TM-200

 

 

印刷可能サイズ:最大 A1
プリント速度:普通紙 レベル5 A1ポスター出力 約25秒
A1 CAD出力 約24秒
インクの種類 顔料インク
インクの色数 5色
本体の価格相場 200,000円

 

オフィスが広くなる小型設計と、設置場所を選ばない高い静音性で人気のモデル。ポスターやCADなどマルチで活躍するA1プリンターとして高く評価されています。また、約160種類の多彩なテンプレートからデザインを選択できる「PosterArtist Lite」を搭載しており、デザインのスキルがなくても、誰でも簡単な操作で魅力的なポスターを作成することができます。

 

こんな用途におすすめ
省スペースで設置し、A1ポスターの内製化に挑戦したい

 

【A1プリンターおすすめ機種③】HP DesignJet T520

 

 

印刷可能サイズ:最大 A1
プリント速度:普通紙 A1普通紙出力 高速:約40秒
A1普通紙出力 標準:約1.1分
インクの種類 染料インク+顔料インク
インクの色数 4色
本体の価格相場 130,000円

 

日本国内で販売実績No.1のA1プリンターです。世界最小・最軽量のボディサイズなので、省スペースで設置することができます。4色のインクのうち3色は染料インクを使用しているため、やや滲みやすいなど多少の欠点はありますが、本体価格やインクが比較的安くコスト面では優秀です。

 

こんな用途におすすめ
インクコストを重視しつつ、たくさん印刷したい

 

まとめ

  • A1プリンターは通常のプリンターでは印刷できないA1サイズの大きさまで印刷できる
  • 主な用途はPOP・ポスターの作成やCAD・図面出力で、業務用として活用されることが多い
  • 人気のメーカーはエプソン、キャノン、HPで、メーカー毎に様々な特徴がある
  • 狭い事務所ではコンパクトな機種が人気を集めている

 

▼コピー機Gメン推奨の販売店にプロッターの見積りが可能です!

大判プリンター・プロッターカテゴリの最新記事