【プロッター・大判プリンターのランニングコスト】インク・用紙等の料金価格の相場は?

【プロッター・大判プリンターのランニングコスト】インク・用紙等の料金価格の相場は?

大判プリンターのランニングコストの内訳

プロッター(大判プリンター)のランニングコストについて、5つの項目に分けてご説明します。

  1. インク
  2. メンテナンスタンク
  3. 用紙
  4. プリントヘッド
  5. 電気代

 

インク

それぞれをサイズごとの1枚辺りのインクコストの相場を表にすると、以下のようになります。

用紙サイズ 1枚辺り
A1 約75円
A0 約52円
B0 約55円
54インチ以上 約23円

 

オペレーター 杏奈

大判プリンターのインクコストは高いので、できるだけプリントミスをしないように工夫すると良いでしょう。

 

 

メンテナンスタンク

メンテナンスタンクは、使用量14L(3.0 L~3.6L/月3~5ヶ月毎に交換する目安になります。

メンテナンスタンクって?

メンテナンスインクタンクは、印刷の後にヘッド内に余ったインクを貯めておくためのタンクです。余分なインクは全てこのメンテナンスタンクの中に貯められ、目詰まりを防いでいます。交換可能ですが、プリンターによっては生産を終了している機種もあるので、注意が必要です。

 

 

用紙

用紙には様々な種類があり、どれを使えばいいか迷う人が多いです。

そこで今回は、図面印刷用とPOP・ポスター印刷用に分けて、それぞれの人気の用紙をまとめました。

 

<図面印刷用>

図面印刷では、図面析や製本してもかさばらない普通紙[坪量:64g/m2]が人気です。

 

〇普通紙ロール(薄手)[坪量 64g/m2]

対応サイズ 寸法 価格
42インチ 1067mm×50m 3000円
36インチ  914mm×50m 2600円
A0  841mm×50m 2300円
A1 594mm×50m  1700円
A2 420mm×50m 1700円

 

<POP・ポスター印刷用>

グラフィック用の厚手の普通紙や、白色度が高いコート紙が人気です。

 

〇普通紙ロール(厚手)[坪量:90g/m2]

対応サイズ 寸法 価格
44インチ 1118mm×50m 5100円
36インチ 914mm×50m 4200円
24インチ 610mm×50m 2900円

 

〇マットコート紙  [坪量:180g/m2]

対応サイズ 寸法 価格
44インチ 1118mm×45m 6300円
36インチ 914mm×45m 4900円
24インチ 610mm×45m 3600円

 

 

プリントヘッド

交換時期は平均3~5年で、価格相場は1万円~3万円です。

プリントヘッドは、使用頻度が少ないと詰まりやすくなってしまいます。プロッター利用者の口コミを紹介します。

【利用機種】キャノン imagePROGRAF iPF510
使用頻度はかなり少なく 2~3ヶ月間まったく印刷しない場合もあります。印刷する時はA2図面(白黒)で20~30枚程度、カラーはめったに印刷しません。以前 EPSON PM-4000PX でA3図面で上記の頻度で3年目にヘッド交換の修理をした事がありました。

引用:価格ドットコム https://bbs.kakaku.com/bbs/00601011351/SortID=8785863/

 

 

電気代

消費電力のは約70~90W以下、省電力モードで約1.8W~3.6W以下となっています。

使わんときは省電力モードにしとくのがええで!

新人GメンKEICHI

 

 

まとめ

  • プロッターのインクコストはA1サイズで約75円/枚
  • 用紙は普通紙で図面印刷用A1サイズ1700円、POP・ポスター用36インチサイズ4200円
  • プリントヘッドは使用頻度が少ないと詰まりやすくなる
  • 消費電力は省電力モードで約1.8W~3.6W以下

 

ベテランGメン園川

 

【大判プリンターの価格相場は?】本体・インク・用紙の料金はだいたいこれくらい!

大判プリンター・プロッターカテゴリの最新記事