【中古のプロッター・大判プリンターってどう?】中古の注意点と購入方法

【中古のプロッター・大判プリンターってどう?】中古の注意点と購入方法

中古のプロッター・大判プリンターってどうなの?

 

中古のプロッター・大判プリンターってどう?

 

中古のプロッター・大判プリンターって、新品よりめっちゃ安いやん。買う時に注意する点とかってあるん?

新人GメンKEICHI

オペレーター 杏奈

はい。中古のプロッター・大判プリンターは安さを含めて幾つかのメリットがありますが、当然ながらデメリットや注意点もあります。今回は、その両方を紹介していきます。

中古品購入のメリットは?

まずはプロッター・大判プリンターを中古で購入するメリットをお伝えします。

とにかく安く購入できる

 

中古のプロッターは安い

 

新品で機能が揃っているプロッター・大判プリンターを購入しようとすると、70万円程度(もちろんもっと高額な機種もあります)ですが、中古のプロッター・大判プリンターは10~30万円程度で購入することができます。

中古品はネットなどを通じて数多く出回っており、価格競争も激化しています。

 

オペレーター 杏奈

傾向としては、年式が古いもの、使用年数が長いものほど価格が安くなっています。

 

手軽に導入できる

導入の際にリースなどの特別な契約はなく、審査もありません。価格的にもローンなどを組まなくても購入可能なため、毎月の固定費も掛かりません。

会社の資産として運用できる

中古品の導入=購入なので、会社の資産になります。新品のプロッター・大判プリンターをリースで導入した時とは異なり、使用期間などを気にすることなく、不要になったらいつでも機器を廃棄処分または売却することができます。

 

プロッター・大判プリンターの処分方法と注意点

▼新品が希望ならコピー機Gメン推奨のリース販売店に見積り依頼!

プロッター・大判プリンターのお見積り

 

中古品購入のデメリットと注意点は?

次にプロッター・大判プリンターを中古で購入するデメリットをお伝えします。メリットと同じくらいデメリットもあるので気を付けましょう。

プロッター・大判プリンターの質が安定しない

 

中古プロッターは壊れやすい

 

中古品を購入する際、機器の状態まで細かくチェックすることができません。

予想以上に使用された機器なのか、それともあまり使用されていない機器なのか?使用頻度でパフォーマンスの質は大幅に変わります。もちろん、業者も動作確認などを行いますが、故障するまでの期間がどのくらいか?などは明確に分かりません。

中古品ゆえに、あまり長期間の使用には向いていないと言えます。

 

運任せなところがあるんやな…。

新人GメンKEICHI

 

保守契約は自分たちで探す必要がある

新品を購入した場合は各メーカーの保守契約を結びますが、中古品は基本的にメーカーの保守契約を結ぶことができません。そのため、自分たちで保守契約を結べる販売店やサイトなどを探す必要があります。

初期費用を準備する必要がある

新品の機器をリースで購入する場合は初期費用を抑えられますが、中古品を一括購入(資産として購入)する場合は、一定の金額を用意しなければなりません。

 

オペレーター 杏奈

毎月の固定費を支払う必要はありませんが、初期費用が大きくなってしまいますよ!

中古のプロッターはどんな会社にオススメ?

 

  • 価格を重視する会社
  • 長期間使用する予定がない会社
  • 印刷の頻度が月に数回など、あまり多くない会社

 

中古プロッター・大判プリンターの購入方法

中古のプロッター・大判プリンターは、ヤクオフや楽天はもちろん、フジテックスなどの全国対応の販売店でも取り扱っています。

ヤフオクや楽天などではプロッター・大判プリンター単体で購入することになりますが、フジテックスなどの販売店では、商品の購入だけではなく、機器の買い取りや故障時のメンテナンスなどにも対応しており、一括で任せられるので安心です。

 

一括で任せられるのは楽やな!

新人GメンKEICHI

 

まとめ

  • 中古品購入のメリットは価格の安さ
  • 中古品購入のデメリット・注意点は機器の質が安定しないことや、保守契約を探す必要があること
  • ヤフオクや楽天、フジテックスなどの販売店から購入することができる


 

▼新品が希望ならコピー機Gメン推奨のリース販売店に見積り依頼!

プロッター・大判プリンターのお見積り

 

大判プリンター・プロッターカテゴリの最新記事