【A0プリンターの特徴とおすすめ機種比較】目立つ屋外掲示物を作成できる!

【A0プリンターの特徴とおすすめ機種比較】目立つ屋外掲示物を作成できる!

A0プリンターとは?

 

A0プリンターとは

 

前回は「A1プリンターの用途や機種」についてお伝えしました。今回は、さらに大きいサイズまで印刷可能な「A0プリンター」について紹介します。

「A0プリンター」とは、一般的なプリンターでは印刷できないA0サイズの大きさまで印刷できるプリンターのことで、「プロッター」や「大判プリンター」とも呼ばれています。主にインクジェット方式で印刷するので、色味の再現性が高く、より鮮やかでダイナミックな印刷物を作成できます。

 

そもそも「A0サイズ」って、どんくらいの大きさなん?

新人GメンKEICHI

オペレーター 杏奈

「A0サイズ」は幅841mmですが、ほとんどのA0プリンターは「A0ノビ」まで対応しているので、幅914mmが最大用紙サイズです。

 

 

日本JIS規格 大きさ(単位:mm) 主な用途
A0ノビ 914×1292 案内看板
A0 841×1189 案内看板
A1 594×841 横断幕・垂れ幕
A2 594×420 横断幕・垂れ幕、社内提示物
A3 420×297 横断幕・垂れ幕、社内提示物
A4 297×210 書類、チラシ
A5 210×148 書籍
A6 148×105 文庫本
B0ノビ 1118×1580 POP・ポスター
B0 1030×1456 POP・ポスター
B1 728×1030 POP・ポスター
B2 515×728 POP・ポスター
B3 364×515 チラシ
B4 257×364 チラシ、書類
B5 182×257 書類、単行本
B6 128×182 手帳

「A0プリンター」の対応用紙サイズは、メーカーによって書き方が異なりますが(例:エプソン「A0 PLUS」、キャノン「A0ノビ」、HP「A0プラス」等)、いずれも幅914mmが最大用紙サイズです。

 

A0プリンターの主な用途

上記の表でも確認できるように、A0サイズはA判サイズの中で最も大きく、強いインパクトを与えることができます。そのため、宣伝や広告などを目的としたポスターやPOPに使われることが多い他、工事現場や建設現場でもCAD・図面の出力などに使われています。

業務用として活用されることが大半ですが、各種イベントや展示会、学会用のポスター、塾や学校の授業などに使われることもあります。

 

街で見かけるデカいポスターってA0サイズなんや!「A0プリンター」がオフィスにあれば、わざわざ外注しなくても手軽に作れるんや。

新人GメンKEICHI

オペレーター 杏奈

そうですね。ただ、屋外に貼るポスターを作成する場合は、水や光に弱いインクもあるので注意が必要です。

 

プロッター・大判プリンターにおすすめのインクは?

 

【公式サイトが最安】インク革命の通販サイトはこちら

 

A0プリンターの人気のメーカーは?

A0プリンターのメーカーでは、エプソン・キャノン・HPなどが人気で、エプソンは使いやすさや画質の美しさ、キャノンは画質の美しさに加えてサポートの充実さ、HPは主にコスト面で高く評価されています。

他にもOKIやMimakiなどのメーカーもA0プリンターを取り扱っており、メーカー毎に様々な特徴があります。導入する目的や使用頻度などを考えて、最適なメーカーを選択しましょう。

 

プロッター・大判プリンターのメーカーごとの特徴は?POPならエプソン!

A0プリンターを導入するメリットとデメリットは?

 

オペレーター 杏奈

次に「A0プリンター」を導入するメリットとデメリットをチェックしていきましょう。

A0プリンターのメリット

A0プリンターを導入する最大のメリットは、ポスターやPOPを簡単に内製化できることや、図面や地図をA1サイズよりも大きく、鮮明に印刷できること等が挙げられます。

内製化することで外注費用が掛からなくなり、コストの削減に繋がることはもちろん、ポスター・POPなどの掲示物は納期を気にすることなく、常に最新の情報をオリジナリティ溢れるデザインで作成することができます。

また、A0プリンターでも通常のプリンターと操作方法は基本的に変わらないので、ポスターの作成も決して難しくはありません。メーカーによっては、ポスター作成をアシストしてくれるソフトなどもあります。

A0プリンターのデメリット

デメリットとしては、A0プリンターを導入したものの、有効に活用できないと、リース料や購入費などの元が取れず、かえって無駄になってしまうことや、ポスター等の掲示物を内製化することで負担やコストが増加してしまう可能性があることが挙げられます。

外注ではプロの業者に任せていた用紙の選定や細かなデザインの作成などを自分たちで行わなければならず、慣れるまでは負担に感じてしまうことがあります。また、外注する量が少ない企業は、外注のままの方が安い場合もあるので特に注意が必要です。使用目的や使用頻度を明確にして、導入前に必ずコストシミュレーションを行いましょう。

さらに、A0プリンターは本体のサイズが大きいので、あまり広くないオフィスでは、設置後にスタッフのスムーズな移動が困難になることもあります。生産性や業務効率が低下してしまう恐れもあるので、事前に設置スペースを確保しておくことも大切です。

 

 

プロッター・大判プリンターを利用するメリットとデメリット

 

A1プリンターよりA0プリンターを買う時の方が、注意点は多いんやな…。

新人GメンKEICHI

オペレーター 杏奈

そうですね…。本体価格もA1プリンターより高いですし、本体サイズも大きいので、本当にA0サイズを使うのか?を考えた方が良いと思います。

 

▼コピー機Gメン推奨の販売店にプロッターの見積りが可能です!

プロッター・大判プリンターのお見積り

 

おすすめのA0プリンター

 

おすすめのA0プリンターってあるん?

新人GメンKEICHI

オペレーター 杏奈

ありますよ。人気の機種を中心におすすめのA0プリンターを3つ紹介します!

 

【A0プリンターおすすめ機種①】EPSON SC-T5255

 

 

印刷可能サイズ:最大 A0
プリント速度:普通紙 速い A0ポスター出力 約50秒
A0 CAD出力 約54秒
インクの種類 顔料インク
インクの色数 4色
寸法(幅×奥行×高さ) 1,405mm×762mm×1,128mm
本体の価格相場 290,000円

 

ポスターで重要な赤色の発色を得意としており、クオリティを重視した印刷物を作成することができます。また、線画モードを搭載しているため、CAD・図面などの細かい文字もくっきりと印刷できます。

全色に耐候性に優れた顔料インクが採用され、屋外で使用する掲示物の印刷にも最適です。

 

こんな用途におすすめ
高画質なポスターの屋外展示、屋外現場での図面活用

 

【A0プリンターおすすめ機種②】EPSON SC-T5450

 

 

印刷可能サイズ:最大 A0
プリント速度:普通紙 速い A0ポスター出力 約56秒
A1 CAD出力 約22秒
インクの種類 顔料インク
インクの色数 4色
寸法(幅×奥行×高さ) 1,385mm×750mm×1,060mm
本体の価格相場 240,000円

※CAD印刷はA1サイズまで

 

幅広いメディアに対応しており、4色インクで低コストながら様々なシーンに合わせたPOP・ポスターを印刷することが可能です。また、タッチパネルは大型なので操作性にも優れており、さらに単票紙とロール紙を同時にセットできるなど、エプソンならではの使いやすさを随所に感じられるプリンターです。

 

こんな用途におすすめ
ポスターの屋外展示、のぼり、横断幕や垂れ幕など

 

【A0プリンターおすすめ機種③】Canon TM-300

 

 

印刷可能サイズ:最大 A0
プリント速度:普通紙 レベル5 A0 ポスター出力 約44秒
A0 CAD出力 約40秒
インクの種類 顔料インク
インクの色数 5色
寸法(幅×奥行×高さ) 1,289mm×757mm×1,060mm
本体の価格相場 250,000円

 

用意された約160種類の多彩なテンプレートから好みのデザインを選んで、簡単にポスターを作成できる「PosterArtist Lite」が搭載されています。初心者でもポスターの内製化に挑戦できるオススメのプリンターです。

なお、インクも全色顔料インクの「LUCIA TD」インクが採用されており、耐候性に強いだけでなく発色性も向上し、インクジェット普通紙でも色鮮やかなポスターを作成することができます。

 

こんな用途におすすめ
ポスターの屋外展示、ポスターの内製化

 

まとめ

  • A0プリンターは通常のプリンターでは印刷できないA0サイズの大きさまで印刷できる
  • 主な用途はPOP・ポスターの作成やCAD・図面出力で、屋外展示物にも活用されることが多い
  • 人気のメーカーはエプソン、キャノン、HPで、メーカー毎に様々な特徴がある
  • 本体サイズが大きいので広くないオフィスでは設定場所を事前に検討する必要がある

 

▼コピー機Gメン推奨の販売店にプロッターの見積りが可能です!

大判プリンター・プロッターカテゴリの最新記事