【複合機の印刷速度比較】イライラしないコピー機はどれだ!?

【複合機の印刷速度比較】イライラしないコピー機はどれだ!?
【全国対応】コピー機のスピード見積はGメンまで

新品中古を問わず、キヤノン・リコーなど各社メーカーのコピー機を最安でご提供いたします。2~3社を選定してスピード見積をご提示します。

メールでのお問合せはこちらから

電話問合せは050-7300-2529

 前回はイライラしないコピー機の選び方をご紹介しました。

今回は実際にコピー機各社の最新モデルのスピードを比較し、せっかちなそこのアナタにぴったりなコピー機を選んでいきます。 ウォームアップタイム、ファーストコピーが大事!イライラしないコピー機の選び方【現役複合機営業マンが語るスペック編①】 題して「イライラしないコピー機はどれだ!? イラ1 グランプリ 2016年夏!!」 イラ1 グランプリ:イライラしないコピー機をGメン4号が勝手に調査し勝手に表彰する栄誉(?)のある賞です! hikaku ○ルール 1.各社が公表しているウォームアップタイム、ファーストコピーの情報をもとに測定 2.クラスによっての差を埋めるため3クラス「低速機(毎分20枚)、中速機(毎分40枚)、高速機(毎分60枚)」にて比較 ○測定メーカー 富士ゼロックス、RICOH、コニカミノルタの3社 kopi- ○測定イメージ コピー機のカタログもしくはホームページにはウォームアップタイム・ファーストコピーが必ず下記のように表記されています。 こちらの値をもとに比較していきます。 sannpuru   それではさっそくいきましょう!   ○低速機(毎分20枚)クラス 1.富士ゼロックス ・ApeosPort-V C2276(2015年5月29日発売 定価2,190,000円) ウォームアップタイム(30秒) ファーストコピー(8.7秒) 2.RICOH ・RICOH MP C2504(2016年7月6日発売 定価1,050,000円) ウォームアップタイム(25秒) ファーストコピー(7.5秒) 3.コニカミノルタ ・bizhub C258(2015年7月発売 定価1,150,000円) ウォームアップタイム(20秒) ファーストコピー(7.5秒)  ウォームアップタイム1位:コニカミノルタ  ファーストコピー1位:RICOH、コニカミノルタ

 コニカミノルタ低速機 勝利!!

  ○中速機(毎分40枚)クラス 1.富士ゼロックス ・ApeosPort-V C4476(2015年5月29日発売 定価2,930,000円) ウォームアップタイム(30秒) ファーストコピー(5.2秒) 2.RICOH ・RICOH MP C4504(2016年5月11日発売 定価1,710,000円) ウォームアップタイム(24秒) ファーストコピー(5.7秒) 3.コニカミノルタ ・bizhub C458(2015年8月8日発売 定価2,150,000円) ウォームアップタイム(25秒) ファーストコピー(5.1秒)  ウォームアップタイム1位:RICOH  ファーストコピー1位:コニカミノルタ

 中速機はRICOH、コニカミノルタがタイでしょうか。

  ○高速機(毎分60枚)クラス 1.富士ゼロックス ・ApeosPort-V C6676(2015年5月29日発売 定価4.270,000円) ウォームアップタイム(30秒) ファーストコピー(4.1秒) 2.RICOH ・RICOH MP C4504(2016年5月11日発売 定価3,120,000円) ウォームアップタイム(24秒) ファーストコピー(4.5秒) 3.コニカミノルタ ・bizhub C458(2015年8月8日発売 定価2,650,000円) ウォームアップタイム(22秒) ファーストコピー(4.0秒)  ウォームアップタイム1位:コニカミノルタ  ファーストコピー1位:コニカミノルタ

 高速機 コニカミノルタ 圧勝!

  コピー機 比較まとめ スペック一覧 今回の3社を比較すると低・中・高速機いずれもコニカミノルタが高得点! せっかちなアナタ 是非参考にしてみて下さい!  

複合機のお見積ならコピー機Gメンまで

リコー、キヤノン、ゼロックス、シャープ、コニカミノルタ、京セラミタなど主要各社の複合機のご紹介が可能です。お見積をご希望の方はお問合わせください。


複合機コストの削減カテゴリの最新記事