【業種別】エプソンでおすすめの業務用プリンターはどれ?

【業種別】エプソンでおすすめの業務用プリンターはどれ?

プリンターなんて、どれでも同じ!と思っていませんか?
近年は家庭用だけではなく、さまざまなビジネスシーンで活躍する『ビジネスプリンター』が増えており、それぞれ異なる特徴があります。

そこで今回は、EPSONで発売されているビジネスプリンターを例に、業種ごとにオススメ機種を紹介します!

【業種別】エプソンのおすすめプリンター

 

EPSON

       出典:EPSON

 

あらゆるシーンのニーズに応えようと、ビジネスプリンターのラインナップを拡大しているエプソン。発売されている多くの機種の中から、ランニングコスト・印刷速度・ファーストプリント・給紙枚数・耐久性・性能・特徴などをチェックし、業種別に「特にオススメできる機種」を紹介します。

一般オフィスにオススメのプリンター

 

オフィス

 

 

PX-M7050FT

                    出典:EPSON

製品名 PX-M7050FT プリント方式 インクジェットプリンター
最大用紙サイズ A3(プリントはA3ノビ) 耐久性(寿命) 30万ページまたは5年
ランニングコスト
カラー 6.1 モノクロ

1.8

印刷速度
カラー 34枚/分 モノクロ 34枚/分
ファーストプリント
カラー 7.0 モノクロ 7.0
性能
プリント コピー
スキャン FAX
有線LAN 無線LAN
給紙枚数 1,831枚 液晶サイズ 5.0型タッチパネル
特徴
PX-M7050F(写真)に増設カセット3段と専用キャビネットセットモデルをプラスしたPX-M7050FTは、30万ページの高耐久性と最大1,831枚とレーザープリンターと同レベルの大容量給紙が魅力的。大量の印刷が必要なオフィスでも共有プリンターとしての威力を発揮し、高速印刷で高生産性を実現します。インクは4色顔料インクです。

 

建築・設計事務所にオススメのプリンター

 

建築設計

 

 

                    出典:EPSON

製品名 EW-M5071FT プリント方式 インクジェットプリンター
最大用紙サイズ A3(プリントはA3ノビ) 耐久性(寿命) 8万ページまたは5年
ランニングコスト
カラー 0.8 モノクロ

0.4

印刷速度
カラー 20枚/分 モノクロ 32枚/分
ファーストプリント
カラー 12.0 モノクロ 8.0
性能
プリント コピー
スキャン FAX
有線LAN 無線LAN
給紙枚数 501枚 液晶サイズ 4.3型タッチパネル
特徴
A3サイズの図面でも高精細に印刷する機種でエコタンク搭載モデル。インク満タンで約6,000ページの印刷が可能なので、圧倒的な低コストを実現できる他、インク交換の手間が減り消耗品の在庫管理などの工数も軽減できます。インクはブラックが顔料インクで、カラーは染料インクを使用しています。なお、この機種はカラー対応機種のうち、最もランニングコストが低い機種です。

 

デザイン事務所にオススメのプリンター

 

デザイン事務所

 

 

lp-s9070ps

                    出典:EPSON

製品名 LP-S9070PS プリント方式 ページプリンター
最大用紙サイズ SRA3 耐久性(寿命) 150万ページまたは5年
ランニングコスト
カラー 10.7 モノクロ

2.7

印刷速度
カラー 35枚/分 モノクロ 35枚/分
ファーストプリント
カラー 6.4 モノクロ 6.3
性能
プリント コピー
スキャン FAX
有線LAN 無線LAN
給紙枚数 660枚~オプション装着時2,340枚 液晶サイズ バックライト付きLCD

5行×22文字:132dot×65dot

特徴
プリント機能オンリーですが、Adobe社純正PostScript3TMに対応しているため、データに忠実な印刷を再現します。カセットを3段増設すれば、最大2,340枚も給紙が可能なので大規模なデザイン事務所でも高生産性を維持でき、さらにSRA3サイズにも対応していており、デザイン用途にオススメできる実力派のモデルです。

 

飲食店にオススメのプリンター

 

飲食店

 

 

px-m780f

                    出典:EPSON

製品名 PX-M780F プリント方式 インクジェットプリンター
最大用紙サイズ A4 耐久性(寿命) 10万ページまたは5年
ランニングコスト
カラー 7.3 モノクロ

2.2

印刷速度
カラー 30枚/分 モノクロ 34枚/分
ファーストプリント
カラー 7.0 モノクロ 7.0
性能
プリント コピー
スキャン FAX
有線LAN 無線LAN
給紙枚数 250枚 液晶サイズ 2.7型タッチパネル
特徴
2017年度のGood Desigh Awardを受賞したA4カラー複合機。シンプルで洗練されたデザインは店内の雰囲気にも調和し、なおかつ省スペースでバックヤードやレジ付近など設置場所も選びません。4色顔料インクを使用しているため、水濡れにも強く、メニューなどのPOP印刷にも最適です。なお、ブラザーのプリンターも飲食店や小売店にはオススメできます!

 

小売店にオススメのプリンター

 

小売店

 

 

                    出典:EPSON

製品名 EW-M670FT プリント方式 インクジェットプリンター
最大用紙サイズ A4 耐久性(寿命) 5万ページまたは5年
ランニングコスト
カラー 0.9 モノクロ

0.4

印刷速度
カラー 20枚/分 モノクロ 33枚/分
ファーストプリント
カラー 15.0 モノクロ 9.0
性能
プリント コピー
スキャン FAX
有線LAN 無線LAN
給紙枚数 250枚 液晶サイズ 2.4型タッチパネル
特徴
エコタンク搭載のNewモデル。多機能でありながらコンパクトなので限られたスペースに設置でき、圧倒的な低コストで日々の印刷を快適に行います。帳票印刷などの他、スキャン機能で納品書や領収書もしっかり保存。FAXは最大100件まで短縮ダイヤルの設定が可能なので、手軽に発注や売上報告ができます。インクはブラックが顔料インクで、カラーが染料インクです。

 

学校や学習塾にオススメのプリンター

 

学校

 

 

PX-S7050

                    出典:EPSON

製品名 PX-S7050 プリント方式 インクジェットプリンター
最大用紙サイズ A3ノビ 耐久性(寿命) 30万ページまたは5年
ランニングコスト
カラー 6.1 モノクロ

1.8

印刷速度
カラー 34枚/分 モノクロ 34枚/分
ファーストプリント
カラー 7.0 モノクロ 7.0
性能
プリント コピー
スキャン FAX
有線LAN 無線LAN
給紙枚数 331枚~オプション装着時1,831枚 液晶サイズ 2.2型
特徴
テストや配布プリントだけではなく、A3の展示物や校内イベントのPOPなど、学校ならではの様々な場面で活躍し、保護者へ送付するハガキや封筒等、少し厚みのある紙でも給紙できます。高速印刷が可能な機種なので、授業の合間や休憩時間など僅かな時間でもプリントできる点は大きなポイント。インクは4色顔料インクです。

 

病院やクリニック、医療現場にオススメのプリンター

 

クリニック

 

 

PX-S884

                       出典:EPSON

製品名 PX-S884 プリント方式 インクジェットプリンター
最大用紙サイズ A4 耐久性(寿命) 15万ページまたは5年
ランニングコスト
カラー 6.1 モノクロ

1.8

印刷速度
カラー 34枚/分 モノクロ 34枚/分
ファーストプリント
カラー 5.3 モノクロ 4.8
性能
プリント コピー
スキャン FAX
有線LAN 無線LAN
給紙枚数 330枚~オプション装着時880枚 液晶サイズ 2.4型
特徴
大容量のインクパックシステムにより高い生産性を発揮するA4カラープリンター。プリントのみの機種ですが、連続プリントやファーストプリントのスピード性に優れ、患者さまをお待たせすることなく、すばやく印刷します。また、薬袋やプライスカード、発送伝票など、さまざまな業種のプリントに対応しています。インクは4色顔料インクです。

 

個人オフィスやSOHOにオススメのプリンター

 

SOHO

 

 

EW-M571T

                       出典:EPSON

製品名 EW-M571T プリント方式 インクジェットプリンター
最大用紙サイズ A4 耐久性(寿命) 3万ページまたは5年
ランニングコスト
カラー 0.9 モノクロ

0.4

印刷速度
カラー 15枚/分 モノクロ 33枚/分
ファーストプリント
カラー 16.0 モノクロ 10.0
性能
プリント コピー
スキャン FAX
有線LAN 無線LAN
給紙枚数 100枚 液晶サイズ 1.44型タッチパネル
特徴
エコタンク搭載モデルのA4複合機(FAX機能ナシ)。デスクサイドに置いても調和するスタイリッシュでコンパクトなデザイン。カラー印刷の速度やファーストプリントは決して速くありませんが、A4カラー文書なら1枚0.9円と低印刷コストで気兼ねなく印刷することができます。インクはブラックが顔料インクで、カラーは染料インクです。

 

目安の数字について

ランニングコスト、印刷速度、ファーストプリントの数字は、あくまで目安で保証するものではありません。以下に、それぞれの数字の算出方法を記載致します。

ランニングコストの算出方法

ランニングコストはA4普通紙1枚あたりの印刷コストです。

インクカートリッジ(ページプリント方式の機種はトナーカートリッジ)など、各プリンターの消耗品(用紙代は含まない)から算出しています。用紙サイズや印刷原稿の種類などによって異なり、さらに頻繁に電源をON/OFFすると、印刷可能枚数が少なくなるため、ランニングコストは高くなってしまいます。

印刷速度の算出方法

A4横(一部の機種ではA4縦)、普通紙、連続印刷時における1枚あたりの印刷時間を算出しています。用紙の種類やサイズによっては印刷スピードが低下する場合があります。また、連続印刷時にプリンター本体の温度調整や画質調整のために、一時停止もしくは速度が一時的に遅くなることがあります。

ファーストプリント時間の算出方法

プリンター動作が始まってから1枚目の用紙が完全に排出されるまでの時間です。電源起動時や直前の印刷から時間が経過している場合は、ファーストプリントの時間が長くなってしまうことがあります。

 

コピー機Gメン

 


プリンターカテゴリの最新記事