【UVプリンターの特徴とリース価格相場】オリジナルグッズの製作に最適!

【UVプリンターの特徴とリース価格相場】オリジナルグッズの製作に最適!

UVプリンターとは?

 

オリジナルグッズ

 

「UVプリンター」とは、UVインクを使用するプリンターで、印刷直後に紫外線を当てて瞬時にインクを硬化させることで、素材にプリントを定着させます。通常のプリンターでは対応できない様々な素材に印刷できることが大きな特徴で、立体的な素材にも簡単に印刷することが可能です。

 

UVプリンターの主な用途

オリジナルグッズやノベルティの作成などに使われており、業務用として企業に導入されている他、ものづくりを楽しむ方が個人で導入するケースも増えています。

また、プリントのクオリティがとても高く、既存製品にUVプリンターで印刷し、そのまま商品として販売することもできます。

 

UVプリンターでプリント可能な素材

様々な素材に印刷できますが、主に木材や金属、アクリル、プラスチック、革、布などに使われています。具体的には、スマホケースやスマホリング、ボールペン、キーホルダー、スチールボトル、ガラス、ペンケース、ゴルフボール、マグネットなどのオリジナル商品や販促物、記念品を作ることができます。

 

 

UVプリンターのメリット

 

オペレーター 杏奈

そんなUVプリンターのメリットを挙げてみます。

 

インクが瞬時に乾く

インクを紫外線で瞬時に硬化させるので、乾くまでの待ち時間が要りません。作業時間の短縮=納期の短縮に繋がります。

様々な素材に印刷できる

一般的なプリンターでは印刷できない素材にも、簡単に印刷することができるので、制作物の幅が広がります。

オリジナルグッズを製作・販売できる

誰でも簡単にオリジナルグッズやノベルティを作成できるので、気軽に商品製作・販売に挑戦することができます。近年は、個人でもネットショップを開設できるため、幅広い商品展開を視野に入れた販売ができるでしょう。

 

 

UVプリンターのデメリット

何かしらのデメリットもあるんやろ?

新人GメンKEICHI

オペレーター 杏奈

そうですね。特殊なプリンターなので、それなりに…。

 

コストが高い

特にインクコストが高く、1kgあたり1,000円の油性インクに対して、約2倍の価格が設定されており、割高感は拭えません。

また、UVプリンターは専用のゴーグルと手袋を装着して、毎日メンテンナンスをしなければならず、人件費やメンテナンスに費やすコストが掛かります。メンテを毎日行う理由は、UV光を使用することが関係しており、霧が固まって機器が正常に動かなくなることもあれば、僅かなホコリや紙粉の付着でも正常に印刷できなくなる等、とても繊細な精密機械です。

さらに、印刷のクオリティを高めるために、UVランプなどの周辺機器も必要なので、初期投資のコストも必然的に高くなってしまいます。

 

凹凸がある素材への印刷は不得意

UVプリンターは平面だけでなく曲面にも印刷することが可能ですが、印刷する素材の高低差を2mm以内におさめることを推奨しています。それ以上の凸凹がある素材に印刷すると、高い確率で印刷のムラが起こり、特に薄く印刷するとムラが大きくなってしまいます(だからと言って、無理に濃く印刷しようとすると、今度は硬化不良を起こしてしまいます)。

 

硬化不良とは
硬化不良とは、インクを厚くし過ぎることにより、紫外線がしっかりと内側まで通らず、インクの表面が固まっても、内側はまだ固まっていない状態のことを言います。硬化不良が起こると「素材の裏までインクが滲んでしまう」「2枚目の素材を重ねた際にインクが付着してしまう」「素材同士がはりついてしまう」など、印刷の品質が著しく低下します。

 

 

素材を折り曲げると印刷に「ひび」が入る

UVインクは、印刷物の表面に固体として定着しており、素材に浸透しているわけではないので、変形にとても弱い特徴があります。そのため、印刷してから素材を曲げるのではなく、先に素材を曲げた状態で印刷するなど、工夫と技が必要です。

 

▼コピー機Gメン推奨の販売店に大判プリンター・プロッターの見積りが可能!

プロッター・大判プリンターのお見積り

 

 

UVプリンターの機種とリース価格相場

 

なんぼすんの?想像もつかんけど高そうやね。

新人GメンKEICHI

オペレーター 杏奈

幾つかのUVプリンターの機種と価格をチェックしてみましょう。

 

 

【ミマキ】UJF-3042MkII

 

UJF-3042MkII

出典:Mimaki

 

機種名 UJF-3042MkII
メーカー名 Mimaki
用途 プラスチック・アクリル板・室内サイン・パッケージ印刷・トロフィー・積み木
色数 6色
定価:標準価格 2,280,000円

A3サイズの大きさにも対応しているUVプリンターで、高さ153mmまでの印刷が可能です。生産力は業界トップクラスを誇っており、短時間で商品を製作できるため、より多くのオリジナルグッズの製作に着手できます。

 

 

【ローランド】VersaUV LEF-12i

 

VersaUV LEF-12i

出典:Roland

 

機種名 VersaUV LEF-12i
メーカー名 ローランド
用途 ポリスチレン・スマートフォンケース・写真立て・モバイルバッテリー
色数 6色
定価:標準価格 2,480,000円

 

最大100mmの高さの立体物に直接印刷することができるハイスペックな機器ながら、導入しやすい低コストを実現しています。LEFシリーズでしか表現できないグロスやマット仕上げで、より付加価値の高いグッズ製作が可能です。

▼コピー機Gメン推奨の販売店に大判プリンター・プロッターの見積りが可能!

プロッター・大判プリンターのお見積り

 

 

【ローランド】VersaUV LEF2-200

 

VersaUV LEF2-200

出典:Roland

 

機種名 VersaUV LEF2-200
メーカー名 ローランド
用途 プラスチック・木材・ウレタン・皮革
色数 5色
定価:標準価格 2,980,000円

 

厚さ100mmまで対応しており、高品質なフルカラー印刷が可能です。イラストなどはもちろん、写真などの画像も美しく印刷します。また、快適な操作性や安全性を重視した設計なので、初心者でも手軽にオリジナルグッズなどのアイテムを製作することができます。

 

 

まとめ

  • UVプリンターは様々な素材にプリントでき、オリジナルグッズ製作の幅が広がる
  • 本体以外にも様々なコストを考慮する必要がある
  • UVプリンターの価格相場は200~300万円程度

 

▼コピー機Gメン推奨の販売店に大判プリンター・プロッターの見積りが可能!

プリンターカテゴリの最新記事