【A3対応のおすすめプリンターランキングと選び方】「時々A3」が特長のEP-979A3が◯

【A3対応のおすすめプリンターランキングと選び方】「時々A3」が特長のEP-979A3が◯
ビジネスフォン営業マンたく  著者紹介
ヤマダ電機にて10年間、プリンターやパソコンの販売に携わっておりました橋口です。家電屋では伝えきれなかった商品の選び方をご紹介します。

 

 

キヤノン、エプソン、ブラザー、HPなど、いろいろなメーカーがプリンターを発売しているけれど、A3対応のプリンターは、どれがオススメなの?

新人GメンKEICHI

オペレーター 杏奈

そうですね…。A3対応の印刷が出来る機種は限られているので機種選びには注意が必要です。また機能や画質、価格など、こだわるポイントによってオススメするプリンターは異なります。

 

そこで今回は、機能・画質・価格などの観点から「正しいプリンターの選び方」と「オススメのA3プリンター」を紹介します。

 

 

A3対応プリンターの選び方

 

印刷可能サイズの確認

A3印刷対応プリンターをお探しの方は、先ずはA3の印刷が可能かどうかを確認しましょう。

オペレーター 杏奈

当たり前の話と思われた、そこの貴方!

インクジェットプリンターは、A3の印刷に対応していないプリンターが多いので大事なチェックポイントの一つですよ。

店頭POPやWEBではA3対応プリンターと表示されている事が多いので、購入前には必ず確認しましょう。

単機能プリンター or 多機能プリンター

単機能プリンターとはパソコンなどから印刷指示を出してプリントのみ楽しめるプリンターの事です。A3対応の単機能プリンターの中には写真高画質プリンターが存在し、8色や10色などインク数が多い機種があります。

多機能プリンターとは単機能プリンターと違い、コピー・スキャナー機能を始めとした様々な機能が付いたプリンターの事です。一般的には多機能プリンターを「複合機」や「複合プリンター」などの呼称で呼ばれています。紙に記載された内容をデータ化したり、自宅で手軽に証明書のコピーをしたりする事が可能です。1つの機械に色々な機能が付いているので、機能は必要だがスペースの問題で全ての機械が設置できないという方におすすめです。

本体のサイズ

A3対応プリンターはA4対応プリンターと比べると本体が大きい機種が多い傾向です。

今までA4対応プリンターしか使っていない方は、設置場所に注意が必要かと思います。

インクジェットプリンターorレーザープリンター

インクジェットプリンターはインクタンクを用いて用紙に印刷するプリンターで、写真印刷が得意な家庭用向けプリンターといわれています。

一方、レーザープリンターはトナーカードリッジを用いて用紙に印刷するプリンターで、印刷スピードが早く、ランニングコストが低い事から、ビジネス向けプリンターといわれています。

どちらもメリット、デメリットがあるので使用方法や予算に応じて選択することが必要です。

 

【元・家電量販店の店員がオススメする】A3対応プリンター6選!

 

選ぶ

 

【1位】エプソン カラリオ EP-979A3

小さめサイズのA3対応プリンター

 

印刷可能用紙サイズ L判、はがき、A4、A3など
印刷方式 インクジェットプリンター
カードリッジ種別 6色独立型染料インク
コピー、スキャナー機能
サイズ(幅x高さx奥行き) 479x148x356 mm
本体の相場 23,300円

 

元家電量販店店員の私がおすすめするA3プリンター第1位は、エプソンカラリオEP-979A3です。

EP-979A3は2016年9月発売のモデルですが、2019年現在も在庫限りで販売されているプリンターです。背面の手差しトレイを利用することでA3プリントに対応、とっておきの一枚を大きくプリントアウトすることが可能となりました。また、6色インクタンク+カラリオの写真高画質技術で、さらに写真がキレイに印刷出来ます。

一方でA3対応プリンターは本体サイズが大きくなりがちですがEP-979A3は背面トレイを有効活用して対応しているのでサイズも小さめです。

479mm(幅)x148mm(高さ)x356mm(奥行き)とA4プリンターと横幅の違いは勿論ありますが、買い替えの方でも設置場所に困ることが少ないと思います。

背面の手差しトレイを利用するので「普段はA4、時々A3」という方におすすめのプリンターです。

こんな人にオススメ!

A4印刷がメインでたまにA3プリントをされる方

 

 

【2位】ブラザー プリビオ MFC-J6583CDW

高耐久複合機

 

印刷可能用紙サイズ L判、はがき、A4、A3など
印刷方式 インクジェットプリンター
カードリッジ種別 6色独立型染料インク
コピー、スキャナー機能
サイズ(幅x高さx奥行き) 479x148x356 mm
本体の相場 23,300円

 

A3対応、1段トレイの高耐久ハイスペック複合機、それがMFC-J6583CDWです。

通常のコピー・スキャナー機能にプラスしてFAX機能を搭載、4色顔料インクで文書印刷に強く、さらに高速ファーストプリントで1枚目のプリントがカラーで約6秒、モノクロで約5.5秒と高速化に成功、これによりビジネス向けプリンターとして名を挙げています。

他にも自動両面印刷の機能や最大A3まで対応した両面コピー、最大30枚対応のADFなど多彩な機能が魅力のMFC-J6583CDWです。

手軽に身分証のコピーが出来るのが複合機の特長だけど、原稿台に忘れる事ってあるよねー。MFC-J6583CDWには「原稿取り忘れ防止機能」が付いているので、原稿台に残っているとアラームと液晶画面に通知してくれるので置き忘れ防止になるよ。

新人GメンKEICHI

 

こんな人におすすめ!

文書印刷メインでA3プリントをお考えの方

 

 

【3位】キャノン TR9530

有線LAN搭載のA3複合機

 

印刷可能用紙サイズ 名刺、L判、はがき、A4、A3など
印刷方式 インクジェットプリンター
カードリッジ種別 5色ハイブリッドインク
コピー、スキャナー機能
サイズ(幅x高さx奥行き) 468x193x366 mm
本体の相場 28,500円

 

元家電量販店店員の私がキャノン TR9530を3位にした理由は

  • 5色ハイブリッドインクで写真印刷がキレイ
  • 接続が選べる有線LAN搭載
  • 最大20枚対応ADF搭載

です。

1位、2位のプリンターと比べても遜色ありませんが、価格を基準に考えるとA3プリントが背面トレイであること、ビジネスインクジェットプリンターの位置付けでFAX機能がない事から3位の評価としました。

しかしビジネスインクジェットプリンターで考えると5色ハイブリッドインクなので写真印刷がキレイ、且つコンパクトボディでパソコンとの接続方法が選べます。

他ビジネスインクジェットプリンターと比べると、インク数が多いことからインクコストが掛かるため、あまり印刷はしないがA3対応機を探されている方におすすめのプリンターかと思います。

 

こんな人におすすめ!

写真印刷がキレイでADF搭載のA3プリンターをお探しの方

 

 

【4位】キャノン ピクサス iX6830

A3ノビ対応スタンダードプリンター

 

印刷可能用紙サイズ L判、はがき、A4、A3、A3ノビなど
印刷方式 インクジェットプリンター
カードリッジ種別 5色ハイブリッドインク
コピー、スキャナー機能
サイズ(幅x高さx奥行き) 584x159x310 mm
本体の相場 19,600円

 

写真印刷に最適な4色染料インクと文書印刷に最適な顔料ブラックインクの「5色ハイブリッドインク」搭載、ビジネス向けA3インクジェットプリンターのスタンダードモデルです。

顔料ブラックインクは標準、大容量に加えて特大容量を採用。大量の印刷を要するビジネス環境においてインク交換の頻度が減り、作業効率のアップに繋がります。

また名刺からA3ノビまでの多彩な用紙サイズに対応している一方、コンパクトボディでオフィスのデスク周りに置いても違和感のない洗練されたデザインです。さらにWi-Fi対応であることからスマートフォンやタブレットからの印刷は勿論の事、スマートスピーカー対応なので音声にてプリントも可能となっています。

ビジネスでも家庭用でも問題のないA3プリンター、それがiX6830です。

 

 

こんな人におすすめ!

価格が安いA3プリンターをお探しの方

 

 

【5位】ブラザー プリビオ MFC-J6999CDW

大容量ファーストタンクA3対応プリンター

 

印刷可能用紙サイズ L判、はがき、A4、A3など
印刷方式 インクジェットプリンター
カードリッジ種別 4色独立型顔料インク
コピー、スキャナー機能
サイズ(幅x高さx奥行き) 575x445x477 mm
本体の相場 76,500円

 

MFC-J6999CDWは大容量ファーストタンク対応で低ランニングコストと高耐久を実現したA3フル対応フラグシップ複合機です。

大容量インクカードリッジで面倒なインク交換の手間が減り、且つ急なインク切れでもサブタンクのお陰で最大約200枚印刷が可能になりました。作業効率を求めるビジネス環境にうってつけのプリンターとなっています。

ブラザーのホームページに同機の導入事例が掲載されており、ある会社では導入したことで、既存事業の業務効率化を超え、新規事業展開を確実に支えているとの事でした。

導入事例の高評価4ポイント

  1. インク交換の手間が大幅に軽減
  2. 3段用紙トレイで用紙の印刷時にカセット交換がない
  3. モノクロ約0.7円/枚の低ランニングコスト
  4. スキャンtoPDFで領収書の後送にも対応

参照:合資会社 カシカリ 導入事例 – ビジネスプリンター|ブラザー ビジネスNAVI|ブラザー

大手運送会社の送り状を簡単に印刷出来る機能もビジネス環境では嬉しいポイントだね。

新人GメンKEICHI

こんな人におすすめ!

初期導入費用を気にせずに、高機能のA3ビジネスプリンターをお探しの方

 

【6位】エプソン LP-S6160 

A3対応格安カラーレーザープリンター

 

印刷可能用紙サイズ はがき、A4、A3など
印刷方式 レーザープリンター
カードリッジ種別 カラートナーカードリッジ
コピー、スキャナー機能
サイズ(幅x高さx奥行き) 499.5x422x538 mm
本体の相場 34,200円

 

A3対応プリンター、最後のご紹介はエプソンのレーザープリンターLP-S6160です。

エプソンのホームページでは「ページプリンター」として紹介されています。ページプリンターとは「1ページ単位で印刷するプリンターの総称」で、プリント方式がレーザー光線を使用するプリンターを「レーザープリンター」LEDを使用するプリンターを「LEDプリンター」と言います。

結局のところページプリンターとレーザープリンターは同じものなんだね。

新人GメンKEICHI

LP-S6160の特長はカラー・モノクロが1分間に約25枚の高速印刷。さらに電源ONから15秒で印刷可能となっています。また60万ページの高耐久性で大量出力の現場で大活躍します。

一方、使用するトナー1色あたりの金額はインクジェットプリンターの10倍以上になりますが、1回の交換で約3500ページ分の印刷が可能です。ランニングコストはモノクロが約3.3円、カラーが14.9円と比較的手頃な金額となっています。また別売の両面印刷ユニットを購入する事で両面印刷も可能になります。

本体の価格も他社のカラーレーザーと比較すると安価な事から、レーザープリンターを初めて導入される方におすすめのプリンターかと思います。

 

こんな人におすすめ!

初めてカラーレーザープリンターを導入される方向け

 

 

まとめ

 

おすすめのA3対応プリンターを幾つか紹介しましたが、最後に「プリンターの選び方」について、まとめてみます。

 

  • 価格はあまり高くはないので、単機能プリンターよりは複合機がオススメ
  • とにかく価格が安い機種を選ぶのなら『iX6830』
  • 時々A3、メインはA4『EP-979A3』
  • 価格は度外視、機能が充実『MFC-J6999CDW』

 

オペレーター 杏奈

プリンターカテゴリの最新記事