【中学受験におすすめのプリンター3選】A3対応でインク代安い!【元家電販売員監修】

【中学受験におすすめのプリンター3選】A3対応でインク代安い!【元家電販売員監修】
【広告】
本記事は、アフィリエイトプロモーションを含みます。

新人Gメン及川

今日は中学受験におすすめのプリンターを教えてや!妹の子供がそろそろ中学受験を考えるらしくて、ワイにプリンターについて相談されてん。家庭用プリンターのことはある程度分かるけど、お受験のこととなるとよう分からんくて・・・。

そういうことならお任せください、中学受験におすすめのプリンターを3つ、ご紹介します。家庭用プリンターより業務用プリンターの方が中学受験の準備には向いているんです!

元家電販売員 まさとパパ


なお、中学受験のためだけにプリンター購入をお考えの方には、レンタルもおすすめです。プリンターのレンタルサービスでおすすめの業者のご紹介もします。最後までご覧ください。

元家電販売員 まさとパパ

オペレーター 杏奈

ということで、本記事は、元家電販売員で現在はYouTuberのまさとパパさんに監修していただきました!
監修者紹介
【監修者情報】元家電販売員まさとパパ

まさとパパ

元家電量販店歴10年のYouTuber。家電と金融の知識で、知らないことで損をしないための『守りの知識』を広め、1人でも情報弱者と言われる人を減らしたいと考えています。

中学受験におすすめのレンタルプリンタ―

 

中学受験におすすめのプリンター3選

【中学受験におすすめのプリンター3選】A3対応でインク代安い!

 

新人Gメン及川

そもそも、中学受験で役立つプリンターってどんなプリンターなん?
問題集や過去問の印刷をすることが多いでしょうから、「A3まで印刷できる」「素早く安く印刷できる」は押さえておきたいですね。便利さも重視するなら「給紙トレイが2個以上」あると用紙交換の手間が減って楽でしょう。

元家電販売員 まさとパパ

毎回コンビニで印刷するよりも安く済むような、ランニングコストの低いプリンターがおすすめです。

元家電販売員 まさとパパ

新人Gメン及川

なるほどな、一般的な家庭用プリンターより、業務用プリンターから探した方が良いって理由が分かってきたわ!
はい、家庭用プリンターだと「ランニングコスト」「印刷速度」という点で難あり…です。中学受験用のプリンターをお探しなら、印刷速度が速く、ランニングコストが安い業務用プリンターの中から、コンパクトなサイズのものを選ぶのがおすすめです。

元家電販売員 まさとパパ

 

 

ブラザーMFC-J6983CDW

A3フル対応!中学受験に必要な機能が全て揃ったイチオシプリンター

 

中学受験用プリンターとして1番におすすめしたいのは、ブラザーMFC-J6983CDWです。2019年2月に発売された機種で、40,000円前後で購入できます

ブラザーMFC-J6983CDWの主な特徴と機能はこちらです。

 

▼ ブラザーMFC-J6983CDWの主な特徴と機能

本体サイズ/重量 575x375x477 mm / 23.4 kg A3給紙方法/最大給紙枚数 トレイ2段(各250枚)・多目的トレイ(100枚)
インク 4色独立顔料 ランニングコスト(A4白黒) 約1.9円
エコインク
(大容量インク)
× 印刷スピード(A4白黒) 22枚/分
耐久ページ数 15万ページ 複合機 〇(FAX・コピー・スキャン)
自動両面印刷 自動原稿送り装置(ADF)
同時両面スキャン 接続方式 USB2.0、有線LAN、無線LAN(Wi-Fi)

\ 満足度アンケート1位獲得 /
インク革命【最短当日お届け】互換インク

 

ブラザーMFC-J6983CDWには中学受験で必要とされる「A3やB4の印刷」ができるほか、「自動両面印刷」「自動原稿送装置(ADF)」「同時両面スキャン」が備わっています。印刷速度も22枚/分とかなり速いため、ストレスなく使用できます。

オフィスでも使えるようなプリンターですので、1日あたり20以上枚印刷しても、10年は使い続けられる耐久性を持っています。ブラザーのプリンターはランニングコストが低いので、毎回コンビニで印刷するよりも節約できます

モノクロ約3,000枚、カラー約1,500枚という容量が多めのインクカートリッジが搭載されています。ランニングコストもモノクロ約1.5円/枚と非常に安価です。

新人Gメン及川

インク代が安いのは、嬉しいポイントやね。
1枚目の印刷も速く、15万枚の耐久性ですので、ガンガン印刷して大丈夫です。全色顔料なので普通紙に強いのもいいですね。

元家電販売員 まさとパパ

⇒MFC-J6983CDWの評判口コミはこちら!

 

ベテランGメン園川

互換インクを使用することで、更にランニングコストを下げることも可能ですよ。

オペレーター 杏奈

粗悪な互換インクを使ってプリンターを壊さないためにも、プリンター本体保証のついた安心な互換インクメーカーを選ぶことをおすすめします(おすすめの互換インク業者ランキングはこちら)。

\ 満足度アンケート1位獲得 /
インク革命【最短当日お届け】互換インク

 

ベテランGメン園川

MFC-J6983CDWには後継機種MFC-J7300CDWがあります!大きな違いは本体価格と印刷コスト、印刷スピード、耐久枚数ですね。スピードと耐久性を求めるなら最新機種のMFC-J7300CDW、コストを抑えたいならMFC-J6983CDWがおすすめです。

▼MFC-J7300CDWとMFC-J6983CDWの比較

  MFC-J6983CDW MFC-J7300CDW
発売年 2019年2月 2022年11月
本体価格 約3.2万円 約4.2万円
印刷コスト(A4白黒)※純正利用の場合 約1.9円 約1.7円
互換インク有無 あり(純正の61%オフ)⇒インク革命 あり(純正の43%オフ)⇒インク革命
印刷スピード 2.7秒/枚 2.1秒/枚
耐久枚数 15万枚 30万枚

※価格は、2024年1月現在

印刷コストをさらに安くしたいなら、互換インクの利用がおすすめやで!

新人Gメン及川

 

\ 満足度アンケート1位獲得 /
インク革命【最短当日お届け】互換インク

 

ブラザーMFC-J7500CDW

大容量ファーストタンク!印刷枚数が多い中学受験に

 

次におすすめするのは、ブラザーMFC-J7500CDWです。2018年11月頃に発売された機種で、価格は約6.6万円。

ブラザーMFC-J7500CDWの主な特徴と機能はこちらです。

 

▼ ブラザーMFC-J7500CDWの主な特徴と機能

本体サイズ/重量 576x375x477 mm / 24 kg A3給紙方法/最大給紙枚数 最大600枚
インク 4色独立顔料 ランニングコスト(A4白黒) 約0.8円
エコインク
(大容量インク)
印刷スピード(A4白黒) 30枚/分
耐久ページ数 30万ページ 複合機 〇(FAX・コピー・スキャン)
自動両面印刷 自動原稿送り装置(ADF)
同時両面スキャン 接続方式 USB2.0、有線LAN、無線LAN(Wi-Fi)

\ 満足度アンケート1位獲得 /
インク革命【最短当日お届け】互換インク

 

ブラザーMFC-J7500CDWは、「A3やB4の印刷」「自動両面印刷」「自動原稿送装置(ADF)」「同時両面スキャン」と超多機能。

1番におすすめしたMFC-J6983CDWと、MFC-J7500CDWの大きな違いは、コストです。本体価格はMFC-J7500CDWの方が3万円ほど高いですが、ランニングコストはMFC-J7500CDWの方が低いです。その理由は、MFC-J7500CDWには大容量インクが搭載されているから。

1日あたりの印刷枚数が多い方や、下のお子さんの受験も控えている方は、長期的に見てお得なMFC-J7500CDWを選んでも良いかもしれません。

\ 満足度アンケート1位獲得 /
インク革命【最短当日お届け】互換インク

 

新人Gメン及川

1枚あたり0.8円か。確かにMFC-J7500CDWのランニングコストは安いな。
大容量ファーストタンクでJ6983CDWと同じ印刷スピード。購入時のカートリッジで5,000枚の印刷が可能なので、枚数を気にせずジャンジャン印刷できます。

元家電販売員 まさとパパ

ただ、ファーストタンクの特徴として…1枚あたりのコストは安いですが、カートリッジが1本4,000円~5,000円しますので、購入時の負担感には注意が必要です。

元家電販売員 まさとパパ

ベテランGメン園川

そうですね。1本4,000円~5,000円ということは、4色全部買うと2万円ぐらい…ですからね。高いなという場合は、互換インクをおすすめします。互換インクなら、だいたい純正の半額です。互換インクを使ったら…A4モノクロのインク代は、0.4円/枚にまで下がります!

新人Gメン及川

マジでっ!それは安すぎっ!

\ 満足度アンケート1位獲得 /
インク革命【最短当日お届け】互換インク

 

 

エプソンPX-M6011F

初期投資は最低限にしたいならコレ!中学受験に必要な機能はバッチリ!

created by Rinker
エプソン
¥39,055 (2024/05/29 03:24:44時点 Amazon調べ-詳細)

 

最後におすすめするのは、エプソン製のプリンターです。PX-M6011F は2020年10月に発売された機種で、価格は3.6万円ほどです。

エプソンPX-M6011Fの主な特徴と機能はこちらです。

 

▼ エプソンPX-M6011Fの主な特徴と機能

本体サイズ/重量 515x350x450 mm / 20.2 kg A3給紙方法/最大給紙枚数 トレイ2段(各250枚)・手差しトレイ(50枚)
インク 4色独立顔料 ランニングコスト(A4白黒) 約2.9円
エコインク
(大容量インク)
× 印刷スピード(A4白黒) 25枚/分
耐久ページ数 15万ページ 複合機 〇(FAX・コピー・スキャン)
自動両面印刷 自動原稿送り装置(ADF)
同時両面スキャン × 接続方式 USB2.0、有線LAN、無線LAN(Wi-Fi)

 

エプソンPX-M6011Fは、今回おすすめするプリンターの中で最も公式価格が安いです。また、ブラザー製の2つのプリンターより、サイズも少しコンパクト。モノクロのファーストプリントが、約5.5秒と早いのも特徴です。

モノクロのファーストプリントは、J6983CDWと同じですよ。

元家電販売員 まさとパパ

ランニングコストが最も高いことから、ブラザー製の2機種に比べ順位を少し下げましたが、「A3やB4の印刷」「自動両面印刷」「自動原稿送装置(ADF)」といった機能は搭載しています。

ランニングコストが高いとは言っても、エプソンPX-M6011Fはあくまでも業務用プリンターですので、家庭用プリンターと比べると十分に安いですよ。

元家電販売員 まさとパパ

ブラザー2機種とエプソンPX-M6011F、どれを買うか迷った場合は、サイズ感で決めてもいいかもしれません。PX-M6011Fは、ブラザー2機種に比べてコンパクトです!

元家電販売員 まさとパパ

オペレーター 杏奈

もちろん、PX-M6011Fにも互換インクがありますよ。純正の約半額ですので…互換インクを使用した場合、A4モノクロ1.5円/枚ほどのインク代に下がりますね。

\ 満足度アンケート1位獲得 /
インク革命【最短当日お届け】互換インク

 

ちなみに…今回ご紹介した3機種は、どれもFAXがついています。
受験にFAXが必要というわけではありませんが、受験用プリンターとして条件を満たすものを探すと、どうしてもFAXつき機種になってしまいます。
FAXがついている分、本体価格は若干お高い…ということになりますので、ご了承ください。

元家電販売員 まさとパパ

オペレーター 杏奈

PX-M6011Fの口コミ評価はこちらにまとめてありますよ!

 

中学受験用プリンターの比較ポイント

新人Gメン及川

いろいろ教えてくれてありがとう・・・けど正直、なんでこんな仰々しいサイズのプリンターが必要なのか分からへんわ。自分は中学受験してへんし・・・。

なるほど・・・では及川さんのために、中学受験でどんなプリンターがあると便利なのか、分かりやすくスッキリまとめてご説明しましょう!

元家電販売員 まさとパパ

 

A3対応機種

絶対に確認してほしいのは印刷対応サイズです!中学受験ならA3対応はマストですよ!

元家電販売員 まさとパパ

 

実際の中学受験の入試問題のサイズは、主にA3かB4、B5です。過去問を解く際、実際の入試問題と同じサイズで解くことで、本番同様の感覚をつかむことができます。

同じく塾のテキストもA3かB4、B5であることが多いので、中学受験のためにプリンターを購入するなら、A3まで対応するプリンターが第一条件です。

A3対応プリンターを買うのなら、枚数を気にせずジャンジャン印刷できるビジネスプリンターになりますね。しっかり有効に使い切りましょう。

元家電販売員 まさとパパ

 

インクと本体の価格

インクと本体の値段が高いと「プリンターを買わずに毎回コンビニで印刷したほうが安かった」なんてことになりかねません!要チェックです!

元家電販売員 まさとパパ

 

A3まで印刷できるようなコピー機には本体代がかなり高額なものも多いです。かといって、本体代が安くてもランニングコストが高いものを選ぶと、結果的に総コストは上がってしまうので注意してください。

中学受験の勉強ではかなりの枚数を印刷するので、多少本体代は高くても印刷コストを安くできるプリンターを選ぶのがおすすめ。今回おすすめしたプリンターは全て、1〜2年使えばコンビニで印刷するよりも総コストが節約できるものばかりです。

せっかく用意するなら、勉強時間を1分でも無駄にしないためにも、印刷枚数やインクコストを気にせずに使える物を用意したいですね。

元家電販売員 まさとパパ

ランニングコストを下げるために、モノクロ印刷や両面印刷にしたり、互換インクを使ったりするのもおすすめです。

互換インクは大丈夫?

互換インク=故障と扱われがちですが、粗悪な激安インクの業者だけでなく、純正インクと同等の品質を扱う業者もあります。写真の印刷をすれば違いは出ますが、白黒の問題用紙の印刷では違いはほぼないでしょう。
故障時にプリンター本体の修理や交換対応をしてくれるような互換インク業者もあり、純正インクよりも満足度に関する口コミ評価は高いですよ。

オペレーター 杏奈

我々が独自に行った調査をもとに決定した、口コミ満足度ランキングはこちらです!1位の「インク革命」は品質・コスト共に最高ランクで、注文してすぐ届けてもらえるところも忙しいお母様におすすめです!

\ 満足度アンケート1位獲得 /
インク革命【最短当日お届け】互換インク

 

給紙トレイ

ベテランGメン園川

本番のテスト用紙サイズや塾でもらう問題集のサイズ、それぞれ違いますよね。印刷のたびに用紙を入れ替えるのは地味に面倒です。給紙トレイは多い方が楽ですよ。

印刷する内容に合わせて用紙を入れ替えるのはとても手間ですよね。子供のテキストや過去問はB5とB4が多いので、給紙トレイが2カセットあればそれぞれ入れっぱなしにできます。

少しのことではありますが、勉強の効率と手間を考えると、2カセット以上の給紙トレイのあるプリンターを選ぶことをおすすめします。

プリンターのサイズは大きくなってしまいますが、A3サイズまで手差しトレイではなく、まとめて給紙できるタイプを選ぶと良いでしょう。

 

新人Gメン及川

なるほどな!中学受験には業務用のプリンターが良いと言われる理由がよくわかったわ!

中学受験と高校受験、大学受験では必要なものが全然違いますからね。漢字の問題や図形問題も多い中学受験では、入試本番の用紙と同じサイズに印刷できるようなプリンターが良いんです!

元家電販売員 まさとパパ

\ 満足度アンケート1位獲得 /
インク革命【最短当日お届け】互換インク

 

中学受験用プリンターなら、レンタルもおすすめ

とはいえ、おすすめしてもらったプリンター高ない?受験まで残り1年とかやったら、面倒でもコンビニ印刷の方が安ない?その2択しかないん?

新人Gメン及川


オペレーター 杏奈

実は第3の選択肢があるんですよ!それが最後にご紹介する「レンタルコピー機」です!

 

受験までの期間が残り短い場合、大きくてかさばる業務用プリンターを買うのは少しもったいないと思う方も多いでしょう。

定額制レンタルコピー機なら、家で印刷できるメリットもありつつ、受験が終わってから置き場に困ることはありません!2年以上使うならば買った方が安いですが、短期間だけならレンタルで済ませてしまうのもおすすめです。

値段の目安としては、月額使用料は1〜2万円程度ですが、初期設置費用やインク代がかかってくる場合もあります。

 

どうせなら1円でも安いとこで借りたいけど、使ってみんことには印刷枚数とかインク代とかどれくらいかかってくるか分からんで。

新人Gメン及川


オペレーター 杏奈

ご心配なく!当サイトでは、全メーカー対応の複合機のお見積りを無料でお出ししています!ご自身にとって1番お得なレンタルコピー機のお見積りをお教えしますよ!

ええ仕事するやん!ほな今回は誰にでもおすすめの業者を教えてもらおか。

新人Gメン及川

 

 

ウルトラプリント

定額サービスだからカラーも印刷し放題!万全のサポート体制付き!

【中学受験におすすめのプリンター3選】A3対応でインク代安い!

 

ウルトラプリントは離島を含む日本全国で利用可能な、プリンターの月額料金定額サービスです。短期から長期までの契約が可能なほか、お試しレンタルつきなので、機種に迷っている方も気軽に試せます。

コールセンターでの電話対応で復旧しない場合、メンテナンスのために出張訪問してくれる無料サービスがついています。コピー機を買うよりもサポートが手厚いので、機械が苦手な方でも安心して使えますね。

さらに、レンタル料金は業界最安級なうえ、カラーでも白黒でも印刷上限や枚数ごとの料金変動はありません。スマートフォンの料金設定でいう「パケホ」と同じ料金設定だと考えればわかりやすいでしょう。

ウルトラプリントのデメリットとしては、月間印刷枚数が2ヶ月間平均で1,000枚を超えると自動で「ライトプラン」から「使い放題プラン」に切り替わり、月額レンタル料がおよそ倍になってしまいます。しかし、オフィスでの利用ならともかく、中学受験の勉強では1日あたり30枚を超える印刷をすることはほぼあり得ませんので、ほとんどのご家庭では問題ないでしょう。

初期費用は無料で、最短で当日には納品してもらえますので、「受験まで残り1年以下」「邪魔になるのでどうしてもプリンタ―を購入したくない」という方はまず一度、ウルトラプリントを検討してみてください。

ウルトラプリント【格安】レンタル

 

中学受験向きプリンターまとめ

プリンターは中学受験の3種の神器の1つ!プリンター購入の際に比較すべき条件は「A3対応」「インク代と本体代のバランス」「給紙トレイの数」の3つです。

中学受験におすすめのプリンター3選はこちら!

  • ブラザーMFC-J6983CDW
  • ブラザーMFC-J7500CDW
  • エプソンPX-M6011F

 

受験まで1年未満の場合、買うよりもレンタルした方がお得な場合もあります。レンタルならば、受験後にプリンターを返却できるので邪魔になりません。

  • ウルトラプリント:業界最安値!月額¥5,000〜でサポート充実

受験用のプリンターというのは、普通の家庭用のプリンターと違って使用状況が全く違う特殊な利用環境で使用しますよね。せっかく用意するなら、勉強の時間を1分1秒でも無駄にしないプリンターを選びたいですね。

元家電販売員 まさとパパ

中学受験におすすめのレンタルプリンタ―

プリンター比較カテゴリの最新記事