【コスパ最強プリンター】ランニングコスト・インク代が安い機種比較【元家電販売員監修】

【コスパ最強プリンター】ランニングコスト・インク代が安い機種比較【元家電販売員監修】
【広告】
本記事は、アフィリエイトプロモーションを含みます。
とにかく安いプリンターを買おうと思ってんねん。

新人Gメン及川

ベテランGメン園川

及川さん。プリンター本体よりも消耗品であるインク代のほうが高くなるケースが多いという事実、ご存じですか?「安さ」重視でプリンターを選ぶ場合、本体代よりもランニングコストに注目することが大切です。

オペレーター 杏奈

今回はインクを含めたランニングコストが安いプリンターを、家電販売員歴10年で現在はYouTuberの『まさとパパ』さんに紹介していただきます。
監修者紹介
【監修者情報】元家電販売員まさとパパ

まさとパパ

元家電量販店歴10年のYouTuber。家電と金融の知識で、知らないことで損をしないための『守りの知識』を広め、1人でも情報弱者と言われる人を減らしたいと考えています。

ベテランGメン園川

プリンターのインク代が気になるなら、互換インクがおすすめですよ。

 

\ 満足度アンケート1位獲得 /
インク革命【最短当日お届け】互換インク

 

 

インク代が安い!ランニングコストが安いプリンター比較表

ベテランGメン園川

この記事では、インク代だけでなく本体価格も含めた「ランニングコストが安いプリンター」をご紹介します。先に結論が知りたい方は、まずこちらをお読みください!

 

商品名 キヤノン ギガタンク G3370 エプソン エコタンク EW-M754T ブラザー ファーストタンク DCP-J1200N ブラザー プリビオ MFC-J7100CDW キヤノン XK110
画像

G3370
出典:Canon

EW-M754T
出典:エプソン

DCP-J1200N
出典:ブラザー

MFC-J7100CDW
出典:ブラザー

XK110
出典:Canon
本体価格目安 2.4~2.8万円 3.6~4.2万円 1.8万円 3万円 3.4万円
インク代(A4カラー/モノクロ) カラー1.0円/枚

モノクロ0.4円/枚

カラー3.0円/枚

モノクロ1.3円/枚

カラー5.5円/枚

モノクロ0.9円/枚

カラー6.5円/枚

モノクロ1.7円/枚

カラー3.9円/枚

モノクロ1.5円/枚

独立インク
大容量インク × ×
互換インク あり あり あり あり あり
自動両面印刷 × ×
おすすめポイント 大容量タンクでインク代が安いのに、本体価格もそこそこ安い!互換インクも出ている。 写真印刷がきれいにできるのにランニングコストも安いプリンター! ファーストタンクでインク代が安いのに、本体代もかなり安い!互換インクもあり、インク交換も楽々♪ プリンターをガンガン使う人向け。多機能なのに本体代安く、インク代も安い。印刷速度も速い。業務用OK。 ハイスペックなのにインク代が安い神プリンター。CanonのTSシリーズよりXK110はおすすめ!
いまいちポイント 印刷速度が遅い。自動両面印刷機能もない。 本体価格は若干高い。印刷速度も速くはない。写真印刷にこだわるなら互換インクより純正インクを使うため、インク代はこれ以上安くならない。 4色インクなので印刷の美しさは普通。印刷速度もそこまで速くはない。 オフィスのサブ機にもおすすめだが、写真印刷には向いていない。プリンターをあまり使わない人にはオーバースペック。  機能満載なので、本体代は高い。が、写真印刷も綺麗!

※本体価格は2024年1月時点

オペレーター 杏奈

プリンターにランニングコストの安さを求めるなら「インク代」はもちろんですが、「本体代」にも注目しましょう。

ベテランGメン園川

そのうえで、プリンターをどのように使うかを考えます。例えば、「写真印刷したいけど、コスパが良いプリンターがいい」のであれば、エプソン エコタンク EW-M754Tを選びます。「おすすめポイント」「いまいちポイント」を参考にしてください。
ほんなら、ここからは「インク代・ランニングコストが安いプリンター」について、もっと掘り下げていくで!まさとパパ、頼んだで!

新人Gメン及川

元家電販売員 まさとパパ

承知しました!

 

【ランニングコスト・インク代が安い】コスパが良いプリンターとは?

【コスパが良いおすすめプリンター】ランニングコスト・インク代が安い機種比較【元家電販売員監修】

インク代とかのランニングコストが安い、いわゆる高コスパのプリンターって、どうやって選んだらええん?

新人Gメン及川

ベテランGメン園川

プリンターのスペック情報に「A4カラー印刷のコスト」が記載されています。まずはこれが参考になりますね。ただし、各メーカーによって測定の仕方は異なりますので、あくまで参考程度にとどめてください。

オペレーター 杏奈

当サイトがおすすめする、コスパが良いプリンターとは、以下のようなプリンターです。

 

コスパが良いプリンターとは?

  1. 独立インクタンクプリンター
  2. 大容量インクタンクプリンター
  3. 互換インクを使えるプリンター
  4. 自動両面印刷機能ありプリンター

 

1:独立インクタンクプリンター

インクタンクには一体型と呼ばれるタイプと独立型と呼ばれるタイプがあります。プリンターコスパ重視なら独立インクタンクプリンターを選びましょう。

一体型の場合、例えば赤のインクが無くなった場合には他の色のインクが残っていたとしても、全色まとめて交換する必要があるためインクカードリッジ代が嵩みます。

また、カラー印刷時の色の発色やグラデーションをなめらかにするために、通常の4色よりも多い6色インクを採用しているプリンターがあります。

 

ピンクと水色インクを搭載したモデル
【コスパが良いおすすめプリンター】ランニングコスト・インク代が安い機種比較【元家電販売員監修】

 

インク代の安さを重視する場合は4色インク採用のプリンターを選ぶ方が良いでしょう。

【監修者コメント】

元家電販売員まさとパパ

特に写真を綺麗に印刷したいという要望が無ければ、インクは4色で十分です。

 

2:大容量インクタンクプリンター

印刷枚数が多いという方は、大容量インクタンクプリンターを選ぶとランニングコストがぐっと安くなります。大容量インクタンクプリンターの場合、機種にもよりますが、インクコストは一般的なインクジェットプリンターの約4分の1程度という安さです。

プリンター業界では長らく「本体を安く売って、インク代で儲ける」というインク商法がまかり通ってきました。しかし、2016年にエプソンが大容量インクタンクモデル「エコタンク」を発売。日本でのプリンターインク商法に風穴が開けられました。

ベテランGメン園川

ただし、大容量インクタンクプリンターは、印刷量が多い方に向いており、印刷枚数が少ない方には不向きです。なぜなら、プリンター本体代が高いから!

オペレーター 杏奈

印刷枚数が少ない方は、独立インクタンクの4色インクタイプがおすすめですよ。

ベテランGメン園川

また、もし月に500枚以上カラー印刷する場合は、定額制のプリンターレンタルもおすすめです。>>定額制プリンターレンタルとは?

ベテランGメン園川

初期費用0円、月額5,000円~でプリンターをレンタル出来るサービスで、何枚印刷しても追加のインク代や故障時の機種交換代は無料なんです。
仕事で大量にカラー印刷する人にはええかもわからんね。

新人Gメン及川

オペレーター 杏奈

【監修者コメント】

元家電販売員まさとパパ

インクコストと実際に自分が印刷する枚数を考えてお得なプリンターを選びたいですね。

 

3:互換インクを使えるプリンター

【コスパが良いおすすめプリンター】ランニングコスト・インク代が安い機種比較【元家電販売員監修】

ベテランGメン園川

プリンターのランニングコストを下げたいなら、純正インクよりも互換インクを使うべきです。

 

互換インクのコストは、純正インクの半額以下!

 

おっ!そうなん?互換インクは安いんやな~。互換インクはどんなプリンターにも使えるん?

新人Gメン及川

ベテランGメン園川

いえ…新しく発売したばかりのプリンターには対応していなかったり、対応していても残量検知機能には対応していないものもあったり…。
う~ん…それは使い勝手がイマイチやな~。でもまあ、互換インク使えるプリンターを選べばええっちゅうことよな?

新人Gメン及川

ベテランGメン園川

はい、そういうことですね。あとは、互換インクのメーカー選びも重要です。きちんと使える保証に手厚い互換インクメーカーがおすすめですね。

 

\ 満足度アンケート1位獲得 /
インク革命【最短当日お届け】互換インク

【監修者コメント】

元家電販売員まさとパパ

だいたい新機種発売から1年前後で互換インクが発売されます。新発売のプリンターを購入された方は「合う互換インクが無い…」とあきらめず、数か月待って再度、互換インクが発売されていないかチェックしてみるといいですよ。
ちなみに…互換インクの発売が速すぎる互換インクメーカーは要注意!良心的な互換インクメーカーの場合、何度もテストを繰り返して、品質にOKが出てからの発売となるため、時間がかかるのは必至です。

 

4:自動両面印刷プリンター

自動両面印刷に対応している機種だと、片面ずつに印刷せずに両面プリントが可能なので、用紙代を半分に節約できます。但し、両面印刷を実施すると用紙を本体に吸い込む為のローラーが汚れる為、吸い込み不良が発生するリスクは高まってしまいます。

【監修者コメント】

元家電販売員まさとパパ

ホコリでローラーが滑ってしまって紙詰まりしてしまう場合があります。そのような場合はプリンタークリーニングシートを試してみてください。プリンタークリーニングシートは各社から発売されていますよ。

 

ランニングコストが安い!コスパ最強プリンター5選

それではここからは、ランニングコストが安いコスパ最強プリンター5選をご紹介します。元家電販売員のまさとパパさんに選出していただきました。

  1. キヤノン ギガタンク G3370
  2. エプソン エコタンク EW-M754T
  3. ブラザー ファーストタンク DCP-J1200N
  4. ブラザー プリビオ MFC-J7100CDW
  5. キヤノン XK110

 

オペレーター 杏奈

選出された5つのプリンターの機能性・印刷コスト・本体価格を図で表しました!丸の大きさが本体価格の大きさを表しています

【コスパが良いおすすめプリンター】ランニングコスト・インク代が安い機種比較【元家電販売員監修】

キヤノン ギガタンク G3370

インク代安い&本体代もそこそこ安い!

コスパ最強プリンターとして最初にご紹介するのは、キヤノンのギガタンクG3370です。本体価格は3万円程度とやや高めですが、大容量インクタンクでA4カラーで1.0円/枚、モノクロで0.4円/枚とインク代は激安!

G3370は前機種G3360と同じインク型番なので、既に高品質な互換インクが多くのメーカーから発売されています。互換インクなら純正の約半額程度のコスト。さらなる低ランニングコストを実現できます。

オペレーター 杏奈

G3370の評価レビューを詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください!

ベテランGメン園川

インク革命なら、G3370の互換インクを純正の約半額で購入できます!保証も充実しているので安心ですよ。

インク革命のG3370互換インク

【コスパが良いおすすめプリンター】ランニングコスト・インク代が安い機種比較【元家電販売員監修】

新人Gメン及川

前モデルのG3360なら3万円以下になっとるやん。トータルコストで考えたら型落ちのG3360を買った方がお得なんと違う?とはいえ、最新機種の方が機能が充実してるんかなぁ?ぶっちゃけどっちがおすすめなんやろ?
G3370は、前モデルのG3360よりモノクロプリントも少し早くなっていますし、QRコードダイレクトや、押上式インクキャップなど完全上位互換と言っていいと思います。値段差がほぼありませんので、新製品ですが今から買うならG3370の方ですね。

元家電販売員 まさとパパ

キヤノンギガタンクG3370こんな人におすすめ!
  • トータルでのコスパが高い複合機を探している方

 

▼キヤノン ギガタンク G3370のスペック

印刷可能用紙サイズ 名刺、はがき、A4など
一体型インクor独立型インク 独立型インク
搭載インク数 4色
ランニングコスト(A4普通紙) 1.0円/枚(カラー)、0.4円/枚(モノクロ)
両面印刷
互換インク 〇 ※インク革命では純正の4割程度

 

【監修者コメント】

元家電販売員 まさとパパ

キヤノン ギガタンク G3370は、大容量タンク搭載プリンタ―の中では安く、本体のプリントヘッド交換も可能です。廃インクを吸収するメンテナンスカートリッジも交換でき、長く使えるプリンターです。

 

ちなみに「もう少し本体価格を安くおさえたい」という場合には、G1330もおすすめです。G1330もG3370と同レベルのランニングコストとなります。

G1330のほうがG3370よりも機能はぐっとシンプルなものになりますが、ランニングコストが安く、本体価格も安いコスパの良いプリンターです。

キヤノンギガタンクG1330は、こんな人におすすめ!
  • 本体の価格も、ランニングコストも抑えたい方

 

【監修者コメント】

元家電販売員まさとパパ

G1330はコピー・スキャン機能もWi-Fiも無いのでとにかく印刷だけ安くしたい方にオススメです!
2020年3月以降プリンター本体価格が大幅に高くなっており、通常時の相場価格の1万円前後高くなっている商品もあります。

 

ベテランGメン園川

インク革命ならG1330の互換インクも安いですよ。

インク革命のG1330互換インク

【コスパが良いおすすめプリンター】ランニングコスト・インク代が安い機種比較【元家電販売員監修】

オペレーター 杏奈

互換インクの口コミが気になる方は、以下の記事を参考にしてください。

【純正インクの半額】互換インク通販サイトのクチコミランキング

 

エプソン エコタンク EW-M754T

写真もキレイに印刷できる!エコタンク採用で高画質なのにコスパ◎

ランニングコストが気になるなら、エプソンエコタンクも外せません。エプソンエコタンクの中でもEW-M754Tは、家庭用プリンターの代表格。顔料1色を含む5色インクで文書も写真もキレイに仕上げてくれます。

 

▼エプソン エコタンク EW-M754Tのスペック

印刷可能用紙サイズ 名刺、はがき、A4など
一体型インクor独立型インク 独立型インク
搭載インク数 5色
ランニングコスト(A4普通紙) 3.0円/枚(カラー)・1.3円/枚(モノクロ)
両面印刷
インクカードリッジ代の相場(ブラック) 2,100円
互換インク 〇 ※インク革命では純正の58%オフ!

【純正インクの半額】互換インク通販サイトのクチコミランキング

 

こんな人におすすめ!

  • インク代が安い機種がいいけど、写真印刷もするよ、という方

オペレーター 杏奈

EW-M754Tの口コミ評価が気になる方は、こちらの記事をご覧ください!

 

ただし、インクコストは、キヤノンのGシリーズと比べるとやや高め。EW-M754Tは写真印刷の美しさにもこだわった5色インク搭載のため、インク代は高めになります。

インク代をもっと下げたいなら、EW-M634Tがおすすめです。EW-M634Tのインク代は、カラー1.0円/枚、モノクロ0.4円/枚。ただし、EW-M634Tは4色インクのため、写真印刷には不向きです。用途に応じて選びましょう。

 

【監修者コメント】

元家電販売員まさとパパ

1年前の新モデルです。新モデルといってもいわゆるマイナーチェンジ。インクは旧モデルと同じですので、互換インクも既に発売されています。

 

ベテランGメン園川

EW-M754Tの互換インクなら、もっとランニングコストを下げられますよ。

インク革命のEW-M754T互換インク

【コスパが良いおすすめプリンター】ランニングコスト・インク代が安い機種比較【元家電販売員監修】

 

ブラザー ファーストタンクDCP-J1200N

機能充実の低ランニングコストプリンター

ブラザー ファーストタンクDCP-J1200Nは、他のプリンターと比較して安価で有ることもさることながら、機能がてんこ盛りであることが魅力的なプリンターです。

印刷画質を決めるインクタンク数は同じ数ですが、技術の違いから「第三のプリンター」と言われているブラザー。しかしながら本体の価格から考えるとありえない程の機能が付いています。

2021年秋に発売されたDCP-J1200Nは、多機能かつ高いコストパフォーマンスを叶えたプリンターです。搭載された機能は、コピー・スキャナーをはじめ、無線LAN搭載、2.7型液晶、前面給紙、スマホ印刷と日常使いには十分。

ランニングコストを抑えるための「ファーストタンク」も搭載。 ファーストタンクのブラックインクには従来の6.7本分のインクが1本に詰まっているので、交換頻度も少なく済みます。透明のカードリッジなので、残量確認も簡単です。

前機種から引き続き、インクをカートリッジから本体のサブタンクに注入するシステムを採用。カートリッジ内のインクを使い切れます。カートリッジが空になっても約200枚印刷が可能で、インクの購入を忘れたときも安心です。

また、ブラザーのインク交換の最大の特長である前面交換は継続して採用、カードリッジタイプなので手が汚れにくく、交換方法が他社と比較してとっても簡単です。充填式と比べると若干ランニングコストは高くなってしまいますが、機能から考慮するとA4カラー5.5円/枚、モノクロ0.9円/枚は安いコストではないかと思います。

 

こんな人におすすめ!

  • 機能満載で、ランニングコストも抑えたい方

 

▼ブラザーファーストタンクDCP-J1200Nのスペック

印刷可能用紙サイズ はがき、A4など
一体型インクor独立型インク 独立型インク
搭載インク数 4色
ランニングコスト(A4普通紙) 5.5円/枚(カラー)、0.9円/枚(モノクロ)
両面印刷 ×
インクカードリッジ代の相場(ブラック) 2,000円
互換インク ○ ※インク革命なら純正の42%オフ!

 

\ 満足度アンケート1位獲得 /
インク革命【最短当日お届け】互換インク

 

ベテランGメン園川

実はDCP-J1200Nには、より機能を充実させたDCP-J4140Nという機種や、2023年発売の後継機種DCP-J1203Nがあります!

▼ブラザーファーストタンクDCP-J4140N

▼ブラザーファーストタンクDCP-J1203N

元家電販売員 まさとパパ

2021年9月に登場したブラザーファーストタンクDCP-J4140Nは、全色顔料インク。念願の「全色顔料インク」ですよ!

オペレーター 杏奈

DCP-J1200NとDCP-J4140Nの2機種と、後継機種のDCP-J1203Nのスペックを比較してみましょう。

 

▼ブラザーファーストタンクDCP-J1200NとDCP-J4140N、後継機種DCP-J1203Nの比較

  DCP-J1200N DCP-J4140N DCP-J1203N
本体最低価格(2023年12月 価格.com調べ) ¥18,290 ¥25,800 ¥22,931
ランニングコスト(L判・A4カラー・A4モノクロ) 約16.2円・約5.5円・約0.9円 約12.5円・約4.1円・約0.8円 約16.2円・約5.5円・約0.9円
インク種類 独立4色インク/黒=顔料・他=染料 独立4色インク/オール顔料 独立4色インク/黒=顔料・他=染料
最大用紙サイズ A4 A4 A4
印刷速度(A4カラー・モノクロ) 約6.7枚/分・約3.8枚/分 約19枚/分・約20枚/分 約6.7枚/分・約3.8枚/分
自動両面印刷 × ×
ADF × ×

※本体価格は、2023年12月現在

 

元家電販売員 まさとパパ

2023年12月現在のところにはなりますが、本体価格の差は7,000円程度です。ランニングコストとインク種類、印刷の速さの違いが大きいですね。印刷枚数が多いという方なら、使い勝手の良さを考えてDCP-J4140Nのほうがおすすめですが、印刷枚数がそれほど多くないなら本体価格も安いDCP-J1200Nがおすすめです!

元家電販売員 まさとパパ

特に、インクには注目してください。DCP-J4140Nは全色顔料です。エコタンクもギガタンクも、染料+顔料タイプ。ブラザーさん、ここは上手く差別化してきましたよ!

 

こんな人におすすめ!

  • 機能満載で、ランニングコストも抑えたい方⇒全色顔料インク!文書印刷に特化するなら買い!

 

\ 満足度アンケート1位獲得 /
インク革命【最短当日お届け】互換インク

 

ブラザー プリビオ MFC-J7100CDW

A3まで印刷できる低ランニングコストプリンター

A3複合プリンターで、低ランニングコストの商品をお探しなら、ブラザーMFC-J7100CDWをおすすめします。

MFC-J 7100 CDWは従来型のインクジェットプリンターでありながらも、カラー6.5円/枚・モノクロ1.7円/枚というインク代の安さが魅力。さらに、従来モデルよりプリント速度が上がり、A4サイズで白黒なら1枚あたり2.1秒で印刷できます。印刷待ち時間はわずか4.4秒とこちらも高速です。

こんな人におすすめ!

  • 低ランニングコストのA3複合機を探している

 

▼ブラザープリビオMFC-J7100CDWのスペック

印刷可能用紙サイズ はがき、A3など
一体型インクor独立型インク 独立型インク
搭載インク数 4色
ランニングコスト(A4普通紙) 6.5円/枚(カラー)、1.7円/枚(モノクロ)
両面印刷
インクカードリッジ代の相場(ブラック) 4,500円
互換インク ○ ※インク革命なら純正の43%オフ!

\ 満足度アンケート1位獲得 /
インク革命【最短当日お届け】互換インク

 

【監修者コメント】

元家電販売員 まさとパパ

202211月発売のA3対応複合機です。A3FAXにまで対応。1分間にA4カラー約28ページ、A4モノクロなら約28ページという高速印刷。約30万ページの高耐久です。

 

キヤノン XK110

インクが安い!ハイスペックなプリンターをお探しの方に!

キヤノンのXK110は2022年11月に発売された、テレワークにもピッタリのハイスペックプリンターです。本体価格は33,000円〜42,000円ほどとやや高価ですが、最新機能が多く詰まった1台となっています。

大容量インクタンクではないにも関わらず、インク代がかなり安く設定されています。純正インク5色セットもたったの2,873円!(2023年12月10日調べ Amazon.com)。長く使えば使うほど、お得に感じることでしょう。

プリンター本体はシンプルかつスタイリッシュなデザインで、リビングでも仕事部屋でも置きやすくなっています。機能・見た目に妥協したくない方にはXK110がおすすめです。

 

こんな人におすすめ!

  • 高スペックなプリンターを探している
  • 本体価格が高くても、ランニングコストが安い方が良い

 

▼キヤノン XK110のスペック

印刷可能用紙サイズ 名刺、はがき、A4など
一体型インクor独立型インク 独立型インク
搭載インク数 5色
ランニングコスト(A4普通紙) 3.9円/枚(カラー)、9.8円/枚(L判カラー)
両面印刷
互換インク 〇 ※インク革命では純正の4割程度

オペレーター 杏奈

当サイトが独自に調査したXK110の評価記事も参考にしてください!

新人Gメン及川

2023年にモニターサイズが大きくなった後継機種XK120も売り出されたけど、機能もほぼ違いはないし、まさとパパさんも「操作パネルに好みがなければ本体価格が安い方を買えばいい」っちゅうことやったな。

ベテランGメン園川

XK110はもう互換インクが発売されていますよ!純正品の4割程度で購入できますので、是非ご検討ください!高品質で満足度が高い互換インクといえば、インク革命です!

 

【コスパが良いおすすめプリンター】ランニングコスト・インク代が安い機種比較【元家電販売員監修】

 

 

\ 満足度アンケート1位獲得 /
インク革命【最短当日お届け】互換インク

 

【監修者コメント】

元家電販売員 まさとパパ

個人的に今一番おすすめのプリンターです。本体代はもう少し下がって欲しいですが、インク購入時のお得感がピカイチです。おすすめポイントを分かりやすくまとめた動画もあるので、購入に悩んでいる方は、ぜひこちらもご覧ください!

 

 

コスパが良い旧機種を紹介!見つけたらラッキー!

販売開始が2019年と古いですが、コスパが良く性能も十分で大人気だった機種を2つ紹介します。

オペレーター 杏奈

流通が少なくなっていますので、見かけたらラッキー!私なら即買いですね!

 

【番外編1】キヤノンPIXUS TS6330

印刷枚数少ないならコレ!低ランニングコストプリンター

5色独立インクで美しいプリントが魅力のキヤノンPIXUS TS6330。「PIXUSシリーズはインク代が高い」というイメージがありますが、2019年モデルのTS6330はA4カラーで10.5円/枚と比較的ランニングコストを抑えたプリンターに仕上げています。

TS6330の場合、本体価格も1.6~1.9万円程度と安いため、「印刷枚数がそれほど多くない」という方には、大容量インクタンクモデルよりおすすめです。

 

こんな人におすすめ!

  • 印刷枚数少な目で、低ランニングコスト&印刷品質も良いものがいい

 

ベテランGメン園川

さらにランニングコストを下げたいという場合は、互換インクがおすすめです!

インク革命のTS6330互換インク

【コスパが良いおすすめプリンター】ランニングコスト・インク代が安い機種比較【元家電販売員監修】

 

▼キヤノンPIXUS TS6330のスペック

印刷可能用紙サイズ はがき、A4など
一体型インクor独立型インク 独立型インク
搭載インク数 5色
ランニングコスト(A4普通紙) 10.5円/枚(カラー)
両面印刷
インクカードリッジ代の相場(ブラック) 1,100円
互換インク 〇 ※インク革命では純正の4割程度

【監修者コメント】

元家電販売員まさとパパ

実はキヤノンさんの場合、4色よりも独立5色の方がインクコストは安くなるんです。
【参考】キヤノン5色インクv.s.4色インク ランニングコスト比較

 

5色インク:TS6330 4色インク:TS3330
L判写真/枚 19.1円 23.9円
A4カラー/枚 10.5円 15.5円

※いずれも大容量インクでの比較

オペレーター 杏奈

おお⁉ 本当ですねっ!

ベテランGメン園川

まさとパパさんのYou Tube「【プリンター】今ちょうどいいTS6330・5色、6色・4色との違い、オススメポイント」も、ぜひ参考にしてください。

 

元家電販売員 まさとパパ

ただ…ここで一つ、残念なお知らせがあります。2021年秋以降、TS6330は在庫限りの販売になります。
え?なんで?こんな人気機種やのに?あ!後継機種は?秋…いうたら、プリンター新発売時期やんな!

新人Gメン及川

元家電販売員 まさとパパ

TS6330の明確な後継機種と言える新機種は無いんですよ。ただ、XK110やTS7530が5色インクなので、TS6330に近い…と言えば、近いかもしれません。

▼TS6330とXK110、TS7530比較

TS6330 XK110 TS7530
本体価格(価格.com調べ) 約2.3万円 約3.5万円 約2万円
ランニングコスト(L判・A4カラー) 約19.1円・約10.5円 約9.8円・約3.9円 約31.8円・約18.8円
インク種類 染料+顔料の5色独立インク 染料+顔料の5色独立インク 染料+顔料の5色独立インク
最大用紙サイズ A4 A4 A4
印刷速度(A4カラー・モノクロ) 約15枚/分・約10枚/分 約15枚/分・約10枚/分 約15枚/分・約10枚/分
その他機能 自動両面印刷 自動両面印刷・レーベル印刷など 自動両面印刷

※本体価格は、2023年12月現在

元家電販売員 まさとパパ

XK110もTS7530も…どちらも一長一短なんですよね。XK110は、前機種のXK100同様インクコストは非常に安価ですし、機能性も評価できますが、本体価格が高いんです(※まさとパパさんの『XK100』解説動画はこちら)。TS7530は…ハッキリ言って、インク価格の改悪かと。めちゃくちゃランニングコストが高いです。いわゆる「プリンターインク商法」ど真ん中の商品かと!
ゲゲゲ…やな。こうやって比較してみると、TS6330がいかに良心的なプリンターやったかが、よう分かるな。

新人Gメン及川

元家電販売員 まさとパパ

そうなんです!TS6330は在庫限りの販売です。在庫があるうちに、ぜひゲットしてください。
【注】2023年12月現在、2019年9月製のTS6330は品薄になりつつあります。欲しい方は、お早目のご購入をおすすめします。

 

 

【番外編2】エプソン カラリオ EW-052A

本体価格が安い!互換インク使用で低ランニングコスト可能

本体価格もおさえて、ランニングコストも安くしたいという方におすすめなのが、エプソンカラリオEW-052Aです。本体はだいたい7,000円程度と1万円未満で購入できます。ランニングコストは、A4カラー1枚14.5円と5位までのプリンターより高めですが、互換インクを使用することで抑えられます。

インク革命のEW-052A互換インク

【コスパが良いおすすめプリンター】ランニングコスト・インク代が安い機種比較【元家電販売員監修】

この価格帯でコピーにスキャンもついた複合機である点にも注目してください。基本性能をぎゅっとコンパクトに詰め込み、安く使えるプリンターです。

 

こんな人におすすめ!

  • ランニングコストだけでなく、本体価格も安いものがいい&複合機がいい

 

▼エプソン カラリオ EW-052Aのスペック

印刷可能用紙サイズ はがき、A4など
一体型インクor独立型インク 独立型インクタンク
搭載インク数 4色
ランニングコスト(A4普通紙) 14.5円/枚(カラー)
両面印刷
インクカードリッジ代の相場(ブラック) 1,700円
互換インク 〇 ※インク革命では純正の半額程度

 

【監修者コメント】

元家電販売員まさとパパ

印刷スピードに目をつぶれば普通紙向き、印刷枚数が少ない方にはオススメです。

 

【監修者まさとパパの豆知識コーナー】

それでは最後に、本記事を監修していただいた家電販売歴10年YouTuberまさとパパより、「ランニングコストが安いプリンター」選びの豆知識情報をお届けします!

オペレーター 杏奈

まさとパパ、今回は監修ありがとうございました!最後に何か読者の皆さんにお伝えしたいことなどありますか?特に、ランニングコストが安いプリンター選びで知っておいたら得だよ、という豆知識などございましたら、お願いします。

元家電販売員まさとパパ

そうですね…、ランニングコストが安いといえばキヤノンのip2700ではないでしょうか。

オペレーター 杏奈

ip2700ですか?今回、ランキングには登場しませんでしたが、これですかね??
created by Rinker
キヤノン
¥3,470 (2024/06/19 13:53:47時点 Amazon調べ-詳細)

元家電販売員まさとパパ

そうです!ネット上ではまだ販売されていますが、ip2700は既に生産が終了しています。ip2700は、発売当初、インク付きの本体を買った方がインクを買うより安いという現象が起きていた伝説の機種です。

オペレーター 杏奈

なんと!インクより安いインク付きの機種って…意味が分かりません!これは…いわゆるプリンターのインク商法の典型ですかね?

元家電販売員まさとパパ

そうですね。ただし、現在ネット上で取引されているip2700の価格は、当初販売価格より高く、決して「お得」ではありません。ちなみに、ip2700の後継のTS203にも期待したんですが…付属のインクが大容量ではないので今のところ逆転現象は起きていません。

オペレーター 杏奈

なるほど!プリンター業界のビジネス形態を上手く利用するかしないかで、得するか損するか、決まりますね。ユーザーの皆さんは、ぜひ正しい目でプリンターをチョイスしてくださいね。

ベテランGメン園川

得するか、損するか…といえば、互換インクですよ。互換インクなら、純正インクの約半額のランニングコストです!

 

\ 満足度アンケート1位獲得 /
インク革命【最短当日お届け】互換インク

 

コスパの良いプリンター情報まとめ

ランニングコストが安いプリンターの選び方についてまとめるで!

新人Gメン及川

  • 独立インクタンクプリンター(4色)…インク代安い&プリンター本体もお手頃価格=コスパ良し!
  • 大容量インクタンクプリンター…エコタンクなど・印刷量が多い方向け→→→大量印刷なら定額制プリンターがおすすめ
  • 互換インク使えるプリンターを選ぶとインク代安い→→→互換インクランキング
  • ランニングコストが安いプリンターランキング1位は、キヤノン ギガタンクG3370G1330もおすすめ

 

【まさとパパからのアドバイス】

元家電販売員 まさとパパ

2023年12月現在のところ、世界的な半導体不足の余波で旧機種プリンターの価格は下がっていません。
新製品との差額がないため、「じゃあ新製品を」となりがちですが、Canonのように新製品のインク代が高騰している例もあります。ランニングコストがどのぐらいかかるのかをしっかりと確認してくださいね。

▼ランニングコストが安い、コスパが良いプリンターを選ぶコツ

  • 本体代とインク代を確認する
  • 安易に新機種に走らない
  • 互換インクの利用も考える


オペレーター 杏奈

 

【プリンターメーカー比較】家電販売員のおすすめはキヤノン?エプソン?ブラザー?

 

【純正インクの半額】互換インク通販サイトのクチコミランキング

プリンター比較カテゴリの最新記事