【ウルトラプリントとスリホを徹底比較!】レンタルプリンター選ぶならどっち?

【ウルトラプリントとスリホを徹底比較!】レンタルプリンター選ぶならどっち?
レンタル機種ランキング

 

*  *  *

 

比べてみました!ウルトラプリントVSスリホを徹底比較!

印刷コストを節約するために『インク使い放題・印刷し放題のレンタルプリンター』の導入を検討しようとした時、このような思考回路に陥ったことはありませんか?

 

レンタルプリンターを選ぶ時
画像出典:悪循環画像ジェネレータ

 

こんなん日常的にあるやんか!

新人GメンKEICHI

 


画像出典:悪循環画像ジェネレータ

 

ベテランGメン園川

ならねーよ!!

 

今回はレンタルプリンターを導入する際のポイントを、大手2社「ウルトラプリント」と「スリホ」で比べてみます。どちらの会社もプリンターの取り扱い機種が多く、複数の料金プランを設けている点や業務用の大型複合機にも対応している点など、幾つかの共通点があり、特徴が似ているレンタル会社です。

【レンタル料金】印刷し放題プランは機能や速度も視野に!

まずはレンタル料金を比較してみましょう。

レンタル会社の多くは料金プランを1つしか設けていませんが、「ウルトラプリント」と「スリホ」は『印刷し放題のプラン(ウルトラプリントでは使い放題プラン、スリホではスリホプランとプラン名が異なります)』の他に、印刷枚数が少ないオフィス・個人に向けて格安の『ライトプラン』も用意しています。

はじめに『印刷し放題のプラン』の最安料金を比べてみます。

 

最安機種での『印刷し放題プラン』の月額レンタル料

レンタル会社/項目 ウルトラプリント スリホ
該当機種 ブラザー:A4カラー複合機(FAXナシ) Canon:A4カラープリンター
月額レンタル料(税別) 10,000円 12,800円

 

『印刷し放題のプラン』の最安料金は「ウルトラプリント」の方がリーズナブル。また、最安でレンタルできる機種は「ウルトラプリント」の場合、プリントの他にコピーやスキャンもできる複合機ですが、「スリホ」ではプリント機能のみの単機能プリンターです。

ただし、印刷速度はウルトラプリントの最安機種では1分間にカラー10枚、モノクロ12枚の低速機で、スリホの最安機種は1分間にカラー16枚、モノクロとも24枚なので、モノクロ印刷をする場合は倍の量をプリントできます。

 

悩ましいな。最安やなくてええから、似たような機種で比べてみたいんやけど…。

新人GメンKEICHI

ベテランGメン園川

では、A3カラー対応でプリント・コピー・スキャン・FAXのできる複合機タイプで比べてみましょう。

 

A3複合機での『印刷し放題プラン』の月額レンタル料

レンタル会社/項目 ウルトラプリント スリホ
該当機種 ブラザー:A3カラー複合機 ブラザー:A3カラー複合機
月額レンタル料(税別) 17,500円 17,800円

 

こちらは印刷速度が全く同じで、1分間にカラー20枚、モノクロ22枚です。幅×奥行の設置面積も553×433mmと同サイズなので、正確な比較をすることができるでしょう。

 

300円の差なら、ほぼ変わらんね。両方に問い合わせをしてみて、感じええ方にするわ。

新人GメンKEICHI

ベテランGメン園川

そうですね。同等の機種で料金に差がないようであれば、対応力の良し悪しで決めても良いかもしれません。

 

【レンタル料金】ライトプラン(格安プラン)は注意事項をチェック!

次に『ライトプラン』の最安料金を比べてみます。

 

最安機種での『ライトプラン』の月額レンタル料

レンタル会社/項目 ウルトラプリント スリホ
該当機種 ブラザー:A4カラー複合機(FAXナシ) Canon:A4カラープリンター
月額レンタル料(税別) 5,000円 7,000円

 

最安機種は『印刷し放題のプラン』と同じです。こちらも同等の機種で比べてみましょう。

 

A3複合機での『ライトプラン』の月額レンタル料

レンタル会社/項目 ウルトラプリント スリホ
該当機種 ブラザー:A3カラー複合機 ブラザー:A3カラー複合機
月額レンタル料(税別) 8,750円 11,800円

 

差が出たがな~!!「ウルトラプリント」の安さが際立ってるがな~!!せやけど『ライトプラン』の条件は同じなん?

新人GメンKEICHI

ベテランGメン園川

これがまた違うんですよー。厄介ですよね…。『ライトプラン』でレンタルをする時は注意事項を見落とさないようにしましょう。

 

『ライトプラン』の注意事項

レンタル会社/項目 ウルトラプリント スリホ
月間の印刷枚数 1,000枚以下
2ヶ月平均で1,000枚を超えた場合は使い放題プランに変更
約2,000枚
その他費用 別途初期費用が1万円~3万円 月間無料インクは1セット(4本)
追加インクは1本2,000円

 

え?逆に「ウルトラプリント」は割高ちゃう?初期費用が掛かるんやろ?

新人GメンKEICHI

ベテランGメン園川

そうですね…。「ウルトラプリント」の『印刷し放題プラン』は初期費用が掛かりませんが、『ライトプラン』では発生します。なお、「スリホ」は『ライトプラン』でも初期費用がありません。

 

月間の印刷枚数が確実に1,000枚以内と分かっているなら「ウルトラプリント」の方が安いですが、「スリホ」は倍の2,000枚まで印刷が可能です。1,000枚以上になる可能性があるなら「スリホ」の方が良いでしょう。

また、「ウルトラプリント」の『ライトプラン』では初期費用が掛かるので、契約期間が短いようであれば、初期費用の掛からない『印刷し放題プラン』を選んだ方が総合的に安くなる場合があります。

 

【契約期間】短期間ならウルトラプリントに軍配!

 

期間

 

レンタルプリンターを借りる際は「最低契約期間」も忘れずに確認しましょう。特に、繁忙期など特定の期間だけプリンターのレンタルを考えている場合には注意が必要です。

 

レンタルプリンターの「契約期間」

レンタル会社/項目 ウルトラプリント スリホ
最低契約期間 1ヶ月 2年
解約手数料 39,800円(税別)

 

これに関しては「ウルトラプリント」の圧勝やね。

新人GメンKEICHI

ベテランGメン園川

23ヶ月も違いますからね。ただ、こうやって比べてしまうと「スリホ」の解約手数料(撤去費用)は高く見えますが、業務用の複合機をリースで導入すると、こんなもんじゃ済みませんよ。

 

両社に限らず、レンタルの契約期間は多くの場合で自動更新となっており、決められた日時までに解約の連絡を行わないと、自動的にレンタル期間が更新されてしまいます。それでも「ウルトラプリント」のように、1ヶ月単位なら出費も少なく済みます。

とは言え、無駄な出費になることは間違いありません。契約時には契約期間を忘れずに確認し、パソコンのカレンダー等に登録しておきましょう。

【保守・メンテナンス】両社とも基本は電話対応

え!?電話??訪問メンテナンスしてくれるんちゃうの?

新人GメンKEICHI

ベテランGメン園川

はい…。両社とも訪問メンテナンス可能と謳っているのですが「ウルトラプリント」によると「故障対応の7割は電話でトラブル解決しています」とのことです。ちなみに先日、「ウルトラプリント」で働いている方が、このようにおっしゃっていました。

 

担当者電話で解決しない場合は訪問をしますが、その場で中を開けることはほとんどせず、すぐに無料交換の対応をしています。原因究明や修理には時間が掛かることが多いので、まずは交換をした方が、お客様へのご迷惑も最小限に抑えられます。

 

鏡やな、サービス業の。せやけど、メンテナンスは毎回「ウルトラプリント」の社員が行くん?大変ちゃうの?

新人GメンKEICHI

ベテランGメン園川

・・・・・。
どうしたん?黙っとったら分からんやろ。

新人GメンKEICHI

ベテランGメン園川

「ウルトラプリント」の方が行かれる場合もありますが、場所によっては近くの代理店が向かうそうです。代理店が不動産屋さんだったり、おもちゃ屋さんだったりすることもあるので、保守のレベルには多少のバラつきがあると思います。
多少ちゃうやん!!誰に寄り添っとんねん。初心を忘れたらあかんって。レンタル会社の顔色見んと、ユーザーと向き合わな。はっきり言うたらよろしいやん。「えらいの来よったな」って。

新人GメンKEICHI

ベテランGメン園川

そういう事情もあって、即交換の対応をしているのかもしれませんね。

 

レンタルプリンターの「保守対応」

レンタル会社/項目 ウルトラプリント スリホ
電話等の遠隔サポート
訪問メンテナンス
無料交換(お客様過失除く)
有料の保守プラン 2,000円
お客様過失での交換無料、ネットワークトラブルの対応など
10,000円または19,800円
プリンター導入時の搬入·調整サポート、ネットトラブル時の電話·遠隔サポートなど

 

あれ?「スリホ」って訪問メンテナンスをしてくれるんやなかった?書いとったで、公式サイトに。

新人GメンKEICHI

ベテランGメン園川

いろいろ突っ込みますね…今日。確かに公式サイトには「全国訪問メンテナンスを実施しております」と書いていますが、G-menのホセ・サンチェスさんがコールセンターに問い合わせしたところ「レンタルプリンターの訪問対応は一切行っていない」と言われたそうです。

あらまー。そんな生きた情報どこにもあらへんがな。ホセ氏、ナイスやな。

新人GメンKEICHI

【対応エリア】違いは沖縄・離島のみ

続いで対応エリアを比べてみましょう。

 

レンタルプリンターの「対応エリア」

レンタル会社/項目 ウルトラプリント スリホ
対応エリア 離島を含む日本全国 日本全国(沖縄・離島は別途相談)

 

違いは沖縄と離島のみですが、「スリホ」でも非対応ではなく要相談なので、一度お問い合わせをしてみると良いでしょう。ただし、送料を負担する可能性があります。

【その他】お試しレンタルは両社とも○

 

レンタルプリンターの比較

レンタル会社/項目 ウルトラプリント スリホ
お試しレンタル 1週間 1週間
機種:A4インクジェット 7種類 2種類
機種:A3インクジェット 3種類 3種類
機種:レーザー 5種類 5種類
機種:大型 5種類 3種類
納品までの期間 最短で翌日
エリアによっては2営業日後
最短2日
インクの注文方法 メール、FAXにて注文 インクジェット機種はスリホ公式サイトより注文
レーザー機種はFAX注文書にて注文
支払方法 初回のみ2~3ヶ月分を前納
以降は毎月お振替
初回は銀行振込
以降は口座引き落としorクレジットカード

※機種の種類は公式サイト等によるものです。在庫等の関係により実際とは異なる場合があります。

 

【クチコミ・評判】ウルトラプリントの方が高評価

コピー機Gメンでは、レンタルプリンターを利用しているユーザーにアンケートを行い、総合満足度を5点満点で評価して頂きました。以下、「ウルトラプリント」と「スリホ」の採点結果です。

 

レンタルプリンターの「クチコミ採点」

レンタル会社/項目 ウルトラプリント スリホ
平均点 4.44点 4.11点
5点★★★★★ 62.5%  33.3%
4点★★★★☆ 25.0% 55.6%
3点★★★☆☆ 6.25% 0%
2点★★☆☆☆ 6.25% 11.1%
1点★☆☆☆☆ 0% 0%

 

総合満足度の平均は「ウルトラプリント」が4.44点、「スリホ」が4.11点と大きな差は見られませんでしたが、最も多い得点が「ウルトラプリント」では5点満点、「スリホ」では4点と微妙な違いが見られました。

良いクチコミと悪いクチコミを幾つか紹介します。

ウルトラプリントの良いクチコミ

自営業をしており、プリンターを本当によく使うので、プリント代を抑えるために定額制レンタルプリンターの利用を考え始め、ネットで探し、ウルトラプリントという会社を利用することに決めました。ここに決めた理由は、他の会社よりも最低契約期間が1ヶ月と短かったからです。早速「UP-C-A4」の使い放題プランを頼んで使ってみたのですが、本当に便利です。気兼ねなくプリントをどんどん刷ることができ、全く故障せず、値段も良心的です。電話対応も素晴らしいと感じ、ここを利用して良かったなと感じました。

 

レンタル価格はとても安く、迅速に取り付けてもらいました。今のところ、半年ほど使用していますが、故障する気配はありません。インクは純性のものではないそうですが、素人目には印刷物におかしな点は見当たりません。インクが無くなりそうになったらすぐに発送してくれるので助かってます。

 

使用目的としては、店舗のA4サイズのメニュー表を印刷するためにレンタルしました。価格に関しては、印刷枚数が多かったため、トータルで安く済んだと思っています。画質も良かったですし、急いでいましたが、スピードも申し分ありませんでした。

 

スリホの良いクチコミ

以前までは印刷コストを気にして極力モノクロ印刷を使っていましたが、スリホにしてからは惜しみなくカラー印刷ができるようになりました。価格も毎月一定額なので経理の人が助かっていると言っています。何よりもサポート体制が整っており、夜遅くでも電話が繋がって話を聞いていただけるのが安心しますし助かります。印刷画質も以前のプリンターと全く遜色なく何一つ不自由していません。

 

ざっと計算しただけでもレンタルの方がお得!と分かり、すぐに導入しました。トナーやインクを購入する手間が省ける上にコスト削減にもなって大満足です。画質も気になりませんし、フルカラー刷り放題は本当に助かっています。

 

画質はとても良く、レンタル会社から「印刷速度が遅い」と伝えられていましたが、全くそのような事は感じませんでした。とてもコンパクトでスタイリッシュなプリンターで置き場所にも困りませんでした。インクの補充については、なくなり次第プリンターに印刷された電話番号へ電話し、本体のIDを伝えると最速翌日に到着し、手間もありません。故障する事はありませんが、A4印刷したものがA3用紙に印刷されて出てきたりと、たまに設定がおかしくなる事があって困りましたが、何故かしばらく放っておくと直るため、修理に出したことはありません。

 

ウルトラプリントの悪いクチコミ

以前、ウルトラプリントをレンタルしたことがあります(月額10,000円)。他にシャープの複合機をリースしたことがありまして、そちらは使用した分だけカウンター料金が掛かりました。印刷枚数によっては複合機リースの方がコストを抑えられるので、良し悪しですね。

スリホの悪いクチコミ

価格は悪くなかったのですが、事務仕事で使うにはオススメ出来ないと思います。インクは、レンタル料に含まれており、無くなれば無料で注文が出来ました。サポート面ですが最初は音声電話に繋がるため、オペレーターさんと話せるまで非常にウザかったです。 急いでいる時や、すぐに話して解決したい人はイライラすると思います。

 

コストについて言及してはるけど、複合機リースはカウンター料金だけやなくて、導入費用も掛かるやろ…。その点、レンタルプリンターはレンタル料金だけやから、複合機リースの方がコストを抑えられることはないと思うわ。

新人GメンKEICHI

ベテランGメン園川

全ての口コミは以下のページでご覧いただけます!

 

☆ウルトラプリントのクチコミ・評判はコチラ!

★スリホのクチコミ・評判はコチラ!

【まとめ】重視したいポイントでオススメは異なる!

 

結局どっちがオススメなん?印刷速度が遅かろうが、とにかく安くしたいなら「ウルトラプリント」やろ?

新人GメンKEICHI

ベテランGメン園川

うーん、印刷枚数にもよりますね。1,000枚以上2,000枚以下であれば「スリホ」なら『ライトプラン』で契約できるんですよ。初期費用も掛かりませんし、トータルでは安くなります。最低契約期間は2年ですけど…。
同じような機種で『印刷し放題プラン』なら料金は大して変わらんもんね。

新人GメンKEICHI

ベテランGメン園川

そうですね。保守に関しても大差ないので、契約期間と印刷枚数で決めると良いと思います!

 

  • 印刷枚数に限らず、短期利用なら「ウルトラプリント」の『使い放題プラン』(ライトプランは要初期費用)
  • 月間1,000枚以下で長期利用なら「ウルトラプリント」の『ライトプラン』
  • 月間1,000枚~2,000枚で長期利用なら「スリホ」の『ライトプラン』
  • 月間枚数が1,000枚以上(または2,000枚以上)で長期利用なら「ウルトラプリント」の『使い放題プラン』か「スリホ」の『スリホプラン(印刷し放題プラン)』
  • レーザー機種は両社に問い合わせて比較(料金についてはサイト上で明記していないことが多い)
  • クレジットカードで支払いたいなら「スリホ」

 

 

どっち

 

以上「ウルトラプリントVSスリホを徹底比較」をお伝えしました!

*  *  *

定額制レンタルプリンターのおすすめランキング

 

ベテランGメン園川

定額制のレンタルプリンターを提供する会社の中からおすすめを3社ご紹介しましょう。

 

1位 【ウルトラプリント】縛り期間1ヶ月で料金も最安
初期費用 無料
月額料金(A4複合機使い放題) 15,000円(税別)
縛り期間 1ヶ月
A3対応
レーザープリンター対応
業界最安値の上に縛り期間が1ヶ月しかないのが特徴で、現在も1,500台が全国で稼働してるらしいで。全国訪問メンテナンスを実施しているところもポイント高いな!

新人GメンKEICHI

ウルトラプリントのお問合せはこちら

 

 

2位 【エコプリ】国産インク使用で故障率の低さが◎
初期費用 無料
月額料金(A4複合機使い放題) 20,000円(税別)
契約期間 1年間
A3対応
レーザープリンター対応 ×
定額制レンタルプリンターではじめての国産インクを使用してる会社やで!故障による業務のストップを防ぎたい会社はエコプリがおすすめ!

新人GメンKEICHI

エコプリのお問合せはこちら

 

 

3位 【プリント放題】顔料インク使用なので文書保存に最適
初期費用 無料
月額料金(A4複合機使い放題) 14,800円(税別)
契約期間 6ヶ月 or 1年間
A3対応 ×
レーザープリンター対応 ×
定額制レンタルプリンター業界でも1,2を争う歴史がある会社やで!業界で唯一の顔料インクを使用してるさかい、保存したい文書を印刷する会社さんにおすすめや!

新人GメンKEICHI

プリント放題のお問合せはこちら

 

印刷し放題のレンタルプリンターを知るカテゴリの最新記事