【コピー機・複合機カウンター料金相場と事例】お前のコピー機いくらやねん

 

【全国対応】コピー機のスピード見積はGメンまで

新品中古を問わず、キヤノン・リコーなど各社メーカーのコピー機を最安でご提供いたします。2~3社を選定してスピード見積をご提示します。

メールでのお問合せはこちらから

電話問合せは050-7300-2529


 

カウンター料金とは?

カウンター料金とは複合機で1枚印刷するごとにコピー機屋さんに支払う金額のことで、白黒1枚2円、カラー1枚13円などと設定されます。カウンター料金にはトナー使用料と複合機の修理メンテナンス費用を含んでおり、1枚印刷する度にカウンター料金が発生する代わりに、トナーや修理のために別途費用が発生することはありません。

 

取れる客からたくさん取る!これが業界の常識

コピー機屋の営業マンのキモチカウンター料金で稼ぐコピー機屋

 

某コピー機メーカーで複合機を売っていたとき、お客様先で「ウチの費用が高いのか安いのか分からない。ぶっちゃけどうなの?」と質問されて大変困りました。本音を言うと、ほぼ全てのコピー機屋はたくさん取れるお客さんからはがっぽり取ってやろうというスタンスでお客さんによって料金は倍以上違うこともます。例えばカウンター料金がカラー1枚20円、白黒3円の会社の隣に、同じ複合機を使って同じ枚数しか印刷しないのに、カラー1枚10円、白黒1枚1円の会社があることも珍しくありません。

 

カウンター料金の相場は?

カウンター料金・複合機本体・月額リース料の相場を発表します。

▼複合機のカウンター料金相場

印刷速度 15枚機 20枚機 30枚機 40枚機 50枚機
月の印刷枚数 ~1,000枚 1,000~3,000枚 3,000~6,000枚 6,000~10,000枚 10,000枚~20,000枚
カウンター料相場 カラー20円/白黒3円 カラー18円/白黒2円 カラー16円/白黒1.5円 カラー14円/白黒1.3円 カラー12円/白黒1.2円
月額リース料相場 6,000円 11,000円 17,000円 20,000円 22,000円
本体の相場 30万円 60万円 90万円 110万円 120万円

数年前まではカラー1枚25円などという会社も多くありましたが、コピー機屋による醜い叩き合いの結果、今ではカラー1枚20円などという料金設定をされている会社も少なくなってきました。市場原理って素晴らしいですね。

 

建前の相場論はここまで!最低価格を暴露

相場はあくまでも業者目線での希望価格という合格ラインであり、「ここまでなら下げられる」という最低ラインではありません。ここでは遂に、各社が出せる本音の最安料金をぶっちゃけてしまいます。

 

▼複合機のカウンター料金相場

印刷速度 15枚機 20枚機 30枚機 40枚機 50枚機
月の印刷枚数 ~1,000枚 1,000~3,000枚 3,000~6,000枚 6,000~10,000枚 10,000枚~20,000枚
カウンター料相場 カラー12円/白黒1.2円 カラー12円/白黒1.2円 カラー12円/白黒1.2円 カラー12円/白黒1.2円 カラー12円/白黒1.2円
月額リース料相場 6,000円 11,000円 17,000円 20,000円 22,000円
本体の相場 30万円 60万円 90万円 110万円 120万円

足元を見ることだけに長けている全ての業界人がひた隠しにしてきた事実ですが、どのコピー機もカラー1枚12円、モノクロ1.2枚円で契約することが可能です。御社ももちろん、例外ではありませんので一度現在契約しているコピー機会社を上記を目安につついてみると長年蓄積したホコリが出て来るでしょう。

会社が集中していて印刷枚数が多い会社ほどカウンター料金は安くなるというのは事実ですが、今では地方の印刷枚数がそれほど多くない会社でも1.2円/12円で契約でき、印刷枚数や導入コピー機の数が多ければさらに安いカウンター料金での契約も存在しています(カラー7円、モノクロ0.5年などという契約も見たことがあります)。

コピー機Gメンでは全ての複合機でこのカウンター料金以下でご提案していますので、お見積依頼をお待ちしています。

カウンター料金下げるなら、コピー機Gメンでスピード見積

 

複数社に聞きました、御社のカウンター料金はいくら?

ここからは、私が某複合機メーカーで担当していたユーザの料金(契約内容)について事例を記載します。高く取れるところから高く取る、という戦略が見え隠れする契約料金になっています。

いくらやねん

 

事例①地方都市の大学

月間平均利用枚数:約6、000枚/月
本体:カラー複合機
スピード:毎分50枚 ※
オプション:FAX、自動原稿送り装置、給紙トレイ4段
本体契約形態:リース
本体料金:約115万円(月額リース 約20,000円)
保守契約形態:チャージ契約
単価:カラー 12.0円、ブラック 2.0円

※複合機の場合、1分間当たりの出力スピードによって機種が変わります。もちろん早ければ早いほど値段が高くなります。ざっと低速と呼ばれる20枚クラスと高速の60枚クラスでは本体定価が2倍以上変わってきます。

 

 

事例②:機械メーカー

月間平均利用枚数:約1、000枚/月
本体:カラー複合機
スピード:毎分20枚
オプション:FAX、自動原稿送り装置、給紙トレイ4段
本体契約形態:買い取り
本体料金:約45万円
保守契約形態:チャージ契約
単価:カラー 15.0円、ブラック 4.0円

 

①と②を比較すると本体価格とチャージ単価が全然違いますね。

 

 

事例③:工務店

月間平均利用枚数:約1、000枚/月
本体:カラー複合機
スピード:毎分20枚
オプション:FAX、自動原稿送り装置、給紙トレイ4段
本体契約形態:買い取り
本体料金:約30万円
保守契約形態:チャージ契約
単価:カラー 8.0円、ブラック 2.0円

 

②,③は同等スペック・利用枚数・地域ですが、本体もカウンター料金も工務店が圧倒的に安くなっています。ここから、カウンター料金も本体価格も地域や印刷枚数と関係なくお客さんとの交渉で決まっていることがわかって頂けると思います。

 

 

事例④:民間団体

月間平均利用枚数:約2、000枚/月
本体:モノクロ複合機
スピード:毎分20枚
オプション:自動原稿送り装置、給紙トレイ4段
本体契約形態:レンタル
本体料金:レンタル料 4,000円/月
保守契約形態:チャージ契約
単価:ブラック 1.5円

 

他社と比べると本体もカウンター料金も安いですね。

 

事例⑤:会計事務所

月間平均利用枚数:約7、000枚/月
本体:カラー複合機
スピード:毎分20枚
オプション:FAX、自動原稿送り装置、給紙トレイ4段
本体契約形態:買い取り
本体料金:約50万円
保守契約形態:チャージ契約
単価:カラー 35.0円 ブラック 7.5円

 

単価が凄まじく高い!このユーザは月に10万円以上のカウンター料金を支払ってくれている有り難いお客さんで、いつまでも相場価格に気づかないよう祈っています。

料金にここまでバラつきがでるのは、以下の理由が考えられます。

・ずっと同じ販売店1社で入れ替えている。

・営業の言われるがままにしている。

その場合は是非、別の販売店と相見積もりをオススメします。コピー機Gメンにも見積り依頼して頂けると嬉しいです。

カウンター料金下げるなら、コピー機Gメンでスピード見積

 

私が済む地方都市での相場は本体価格は定価の60%~70%引き、カウンター単価はカラー12円、白黒3円が一般的ですが、これからますますこの料金も下がっていくでしょう!

コピー機のスピード見積ならコピー機Gメンまで

コピー機Gメンではリコー、キヤノン、富士ゼロックス、シャープ、コニカミノルタ、京セラミタなど主要全社の複合機の取扱が可能です。スピード見積をご希望の方はお問合わせください。

電話問合せ :050-7300-2529
メール問合せ:問合せフォームはこちら

コピー機Gメンは弱い、だから安い

コピー機Gメンは貧乏です。大手コピー機屋と異なり全国に販売網を持たず、営業も3人しかいません。コピー機の修理サポートはメーカーに依頼し、営業に直接伺うこともできませんが、その分の間接コストがかかっていないのでお安くコピー機を提供可能です。

Gメン複合機相談ダイヤル 複合機入れ替えはコピー機Gメンへ キヤノン・リコーなど全メーカー対応  買取・リース・レンタル対応 TEL:050-7300-2529
Category: 複合機コストの削減 タグ: , , , , , ,
現役複合機コピー機営業マンmachi

現役複合機コピー機営業マンmachi

大手コピー機メーカーで神奈川エリアの営業を担当し、上司から「今月あと何台売るんだ?」と毎日詰められています。高額なカウンター料金を巻きあげていた時代も今は昔、お客さんが賢くなって複合機の値段と会社の業績は順調に右肩下がりです。
そんな無策の会社と上司への腹いせも込めて、業界の裏側とコピー機を安く買うコツをぶっちゃけて参ります。家庭では8000円で買ったHPのプリンターと海賊インクで印刷してます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です