【コピー機・複合機カウンター料金事例集】お前のコピー機いくらやねん

コピー機のお見積は全国対応のコピー機Gメンまで

新品中古を問わず、キヤノン・リコーなど各社メーカーのコピー機を最安でご提供いたします。リースだけでなく買取・レンタルも可能です。

電話でお見積 :050-7300-2529
メールでお見積 :問合せフォームはこちら


 

現在某社で複合機を売っている私ですが、他社メーカ利用のお客様先に営業に行った際に、「ウチの費用が高いのか安いのか分からない。他の会社がどういう契約しているか知りたい。ぶっちゃけどうなの?」と質問され大変困りました。

本音を言うと取れる客先からはがっぽり取ってやろうというスタンスなので料金は会社によってバラバラです!そこで今回は特別に私が担当しているユーザの料金(契約内容)について事例をぶっちゃけます!
さーて、あなたの会社は比べると高い?安い?どちらでしょうか!是非参考にしてみてください。

 

いくらやねん

>> 足元を見てぼったくりません。複合機買うならGメンにお問合せください

 

事例① ユーザ:某大学

 

月間平均利用枚数:約6、000枚/月
本体:カラー複合機
スピード:毎分50枚 ※
オプション:FAX、自動原稿送り装置、給紙トレイ4段
本体契約形態:リース
本体料金:約115万円(月額リース 約20,000円)
保守契約形態:チャージ契約
単価:カラー 12.0円、ブラック 2.0円

※複合機の場合、1分間当たりの出力スピードによって機種が変わります。もちろん早ければ早いほど値段が高くなります。ざっと低速と呼ばれる20枚クラスと高速の60枚クラスでは本体定価が2倍以上変わってきます。

 

 

 

事例② ユーザ:某メーカー

月間平均利用枚数:約1、000枚/月
本体:カラー複合機
スピード:毎分20枚
オプション:FAX、自動原稿送り装置、給紙トレイ4段
本体契約形態:買い取り
本体料金:約45万円
保守契約形態:チャージ契約
単価:カラー 15.0円、ブラック 4.0円

 

①と②を比較すると本体価格とチャージ単価が全然違いますね。

 

 

事例③ ユーザ:某工務店

 

月間平均利用枚数:約1、000枚/月
本体:カラー複合機
スピード:毎分20枚
オプション:FAX、自動原稿送り装置、給紙トレイ4段
本体契約形態:買い取り
本体料金:約30万円
保守契約形態:チャージ契約
単価:カラー 8.0円、ブラック 2.0円

②,③は同等スペック・利用枚数ですがこんなに違います!次はこれです。

 

 

事例④ ユーザ:某団体

月間平均利用枚数:約2、000枚/月
本体:モノクロ複合機
スピード:毎分20枚
オプション:自動原稿送り装置、給紙トレイ4段
本体契約形態:レンタル
本体料金:レンタル料 4,000円/月
保守契約形態:チャージ契約
単価:ブラック 1.5円

 

ブラックが1.5円!本体も安いですね。まだまだいきます。

 

事例⑤ ユーザ:某会計事務所

月間平均利用枚数:約7、000枚/月
本体:カラー複合機
スピード:毎分20枚
オプション:FAX、自動原稿送り装置、給紙トレイ4段
本体契約形態:買い取り
本体料金:約50万円
保守契約形態:チャージ契約
単価:カラー 35.0円 ブラック 7.5円

 

単価が凄まじく高い!このユーザは月に10万円以上のカウンター料金を支払っています。

 

いかがだったでしょうか?
見て頂ければわかると思いますが、会社によって料金はバラバラです。

>> カウンター料金安くするなら、Gメンにお問合せください

料金にここまでバラつきがでるのは、以下の理由が考えられます。

その場合は是非、別の販売店と相見積もりをオススメします。

・ずっと同じ販売店1社で入れ替えている。

・営業の言われるがままにしている。

複合機入替時の合い見積もりは必須!【現役複合機営業マンが語る事実①】

 

ちなみに最近の傾向として現在の私が担当しているエリアでは
本体価格は定価の60%~70%引き、単価はカラーが10~13円、ブラックが2~4円が一般的です。

また、1台しか利用していない場合と何十台で契約している等で料金にはバラつきがでます。

 

是非参考にしてみてください。

コピー機のスピード見積ならコピー機Gメンまで

コピー機Gメンではリコー、キヤノン、富士ゼロックス、シャープ、コニカミノルタ、京セラミタなど主要全社の複合機の取扱が可能です。スピード見積をご希望の方はお問合わせください。

電話問合せ :050-7300-2529
メール問合せ:問合せフォームはこちら

コピー機Gメンは弱い、だから安い

コピー機Gメンは貧乏です。大手コピー機屋と異なり全国に販売網を持たず、営業も3人しかいません。コピー機の修理サポートはメーカーに依頼し、営業に直接伺うこともできませんが、その分の間接コストがかかっていないのでお安くコピー機を提供可能です。

Gメン複合機相談ダイヤル 複合機入れ替えはコピー機Gメンへ キヤノン・リコーなど全メーカー対応  買取・リース・レンタル対応 TEL:050-7300-2529
Category: オフィスの印刷事情 複合機・コピー機業界 複合機営業現場の真実 タグ: , , , , , ,
現役複合機コピー機営業マンmachi

現役複合機コピー機営業マンmachi

大手コピー機メーカーで神奈川エリアの営業を担当し、上司から「今月あと何台売るんだ?」と毎日詰められています。高額なカウンター料金を巻きあげていた時代も今は昔、お客さんが賢くなって複合機の値段と会社の業績は順調に右肩下がりです。 そんな無策の会社と上司への腹いせも込めて、業界の裏側とコピー機を安く買うコツをぶっちゃけて参ります。家庭では8000円で買ったHPのプリンターと海賊インクで印刷してます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です