【UTMの老舗といえばここ!】WatchGuard(Firebox)ってどうなの?特徴や評判は?

【UTMの老舗といえばここ!】WatchGuard(Firebox)ってどうなの?特徴や評判は?
  【著者紹介】女性セールスnaoko
都内にあるIT商社で数万点のIT商材を扱っています。UTMは数あるシステムの中でも販売機会が多い商材なので、勤務先での経験をお伝え出来ればと思っています。趣味は海外旅行です。

ベテランGメン園川

WatchGuardもUTMでは有名なんだ。
知らんかったわ。UTMってたくさんあるんやなぁ。

新人GメンKEICHI

ベテランGメン園川

いろいろなメーカーがUTMを出しているが、それぞれ特徴があるからWatchGuardについても見ていこう!

 

 

WatchGuardとは?

正式名はウォッチガード・テクノロジー。一般的にはWatchGuardと呼ばれています。WatchGuardは統合セキュリティアプライアンスを主軸にしたネットワークセキュリティの開発・販売を行っています。1996年、アメリカのワシントン州シアトルで創業しました。製品は世界中で利用されており、世界120か国以上で総出荷台数は120万台以上を誇ります。UTMを開発したのはなんと業界初。フォーティネットやMerakiよりも前からUTMを開発・販売している、いわばUTMの老舗企業と言えるでしょう。

 

「赤箱」で有名

創業以来、UTMを開発・販売しているWatchGuard。UTMはFireboxというシリーズで展開されています。その特徴ともいえるのが見た目。製品カラーは赤で統一されていて、小さなお弁当箱のようにも見えることから「赤箱」と呼ばれています。その斬新な見た目で、赤はWatchGuardのテーマカラーとも言えるでしょう。

オペレーター 杏奈

WatchGuardはUTMの老舗メーカー!赤箱の存在感は抜群です。

 

 

見た目だけじゃない!WatchGuardの強み

もちろん特徴は赤箱の見た目だけではありません。それでは、WatchGuardにはどんな特徴や強みがあるのでしょうか。いくつかご紹介します。

 

セキュリティ機能全部入り

企業のネットワークで必要とされるセキュリティ機能を1台に全て搭載しています。昨今脅威は多岐に渡り、複雑化していますが、不正アクセス・情報漏洩・迷惑メール・ウィルス感染などあらゆる脅威に対処することができます。個別のセキュリティ対策を組み合わせる製品もありますが、WatchGuardのFireboxは1台に全て入っているので、後から追加したりカスタマイズしたりする手間もなく、シンプルでわかりやすいです。

 

IT World Awardsプログラムで金賞受賞

ウォッチガードが 2019 年 IT World Awards で 3 つの金賞を獲得

業界を代表するテクノロジーの調査、ガイダンスリソースの1つであるNetwork Products Guideは、情報テクノロジーのあらゆる分野で世界において最も優れた製品、ソリューション、企業を毎年選出し表彰していますが、WatchGuardは3部門で金賞を受賞しています。

受賞した中の1部門であるセキュリティハードウェア部門での金賞は、FireboxシリーズのM270に対して表彰を受けました。M270は、ネットワークを効果的かつ手頃な価格で保護したいと考える中小企業向けの設計を高く評価されています。導入する上で一つの安心材料になるでしょう。

 

セキュリティにAIも活用!

高度なセキュリティサービスの一つとして、「インテリジェントAV」という機能があります。これは人工知能(AI)を活用してマルウェア検知を自動化するマルウェア対策ソリューションです。AIによる統計分析を活用することで、現在および未来のマルウェアを瞬時に自動分類できます。マルウェア対策において、AIも活用し、万全な体制を整えているのが大きな特徴です。

 

シンプルで安価

セキュリティ機能が1台に全部入りというシンプル設計で導入がしやすく、且つコスパがいいことでも知られています。同等機能レベルの他製品と比較しても、1位2位を争う安さです。

オペレーター 杏奈

WatchGuardの最大の特徴はセキュリティ面!世界的に認められているのは安心材料になりますね。

 

【お見積り依頼】UTMのお問合せはこちら!

 

 

WatchGuardの弱み

セキュリティ面に強みがあることが分かったWatchGuardですが、逆に弱みはあるのでしょうか。

正直、製品自体に決定的な弱みはないですが、知名度がイマイチというのはあるようです。実際、設計・導入を行える業者が少ないため、自社で全て出来ない場合はやや不安です。ただ、簡単に導入ができるように設計されているので、実際は自社で全て導入しているケースが多いのかもしれません。

 

 

WatchGuardの評判はどう?

実際導入している企業の評判を見てみましょう。当サイトにいただいたご意見と、ITreviewから引用した評判(https://www.itreview.jp/products/watchguard-firebox/reviews)をご紹介します。

 

UTMとして十分な機能を備えている

UTMとしての必要機能には満足の声が多いです。スループットが高いことも評価されています。

UTMとしての機能について満足できるレベル。カスタマイズしなくてもスループットは問題無く早い。SSLVPNもついてくるので追加費用が不要。

若干マイナーな存在ではありますが、UTMとしての機能に不満はありません。また、特にスループットが高く、ネットワークのボトルネックになることもありません。特に他社との比較に於いてもUIもシンプルで設定が楽です。

UTMとして必要十分以上の機能は備えていますので、日々のセキュリティの脅威からネットワークを守ってくれます。

 

価格が安い

性能に対してのコストパフォーマンスのよさを評価する声が多いです。シンプルで安いというのが誰もが認める特徴です。

【製品名】WatchGuard Firebox T35/T55
【満足度】やや満足 good
感想:ウイルス対策やスパム対策、URLフィルタリングなど多機能を装備しています。 また多機能性と同時にセキュリティ可視化ツールとレポートツールも備わっており それなりのユーザビリティーもあると言えるでしょう。

導入実績は世界で100万台を超えているとの営業文句があり、 導入する決め手の1つとなりました。 また利用料金は初期費用60,000円/月額12,800円〜となっており、 低価格から利用可能となっているのも決め手の1つでした。

機能の割に低価格なため、導入し易い製品です。

PaloaltoやFortigateなど、この手のセキュリティ製品は数多く存在しますが、シンプルに使えてそれなりに安価なことが魅力です。

 

設定しやすいという意見も

設定の容易さを強みとして挙げる意見もありました。シンプルな設計は導入のしやすさに影響しますね。

【製品名】WatchGuard Firebox
【満足度】とても満足 good
感想:1番は設定の容易さですね。

システム担当者としてタスクを任されましたが、引き継ぎもなく全て 独学での仕事をせざるを得ない状況にあるなか、 管理インターフェースのわかりやすさと、設定のし易さは重宝しました。

 

構築実績は少なめ?

弱みのところでもお話ししましたが、やはり構築面を十分にこなせる業者が少ないのは確かなようです。

構築を行う場合に、大手のメジャー製品と比較すると対応業者が少ないです。また、事例も少ないので、一抹の不安がありました。

他社に比べて、構築事例が少ないのも気になります。

 

【お見積り依頼】UTMのお問合せはこちら!

 

 

まとめ

WatchGuardについてご紹介してきましたが、まとめると以下のようになります。ぜひ参考にしてみてくださいね。

WatchGuardはこんな会社に向いてる○

  • セキュリティを最重視する会社
  • 安価に導入したい会社

WatchGuardはこんな会社には不向き×

  • 導入・構築を自社でできない会社

 

UTMカテゴリの最新記事