【FortinetのUTM Fortigate価格相場】保守や本体の組み合わせ方で異なる価格例も!

  • UTM
【FortinetのUTM Fortigate価格相場】保守や本体の組み合わせ方で異なる価格例も!

FortinetのUTM Fortigateの価格

FortinetのUTM Fortigateは、国内シェアNo.1で評判もえらいええんよな?でも気になるんは、価格よ。FortinetのUTM Fortigateの価格はどうなん?高ないん?

新人GメンKEICHI

ベテランGメン園川

FortinetのUTM Fortigateは、高機能な割に安いのが魅力の一つですから、高いっていうことは無いと思いますよ。

オペレーター 杏奈

KEICHIさんはFortigateの具体的な価格感を知りたいんですよね。それでは、IT商材専門家のnaokoさんにFortinetのUTM Fortigateの価格相場やケース別の価格例を紹介してもらいましょう。Fortigateは保守もしっかりしていますので、保守の価格相場も掲載しますよ。お楽しみに!
【著者紹介】女性セールスnaoko
都内にあるIT商社で数万点のIT商材を扱っています。UTMは数あるシステムの中でも販売機会が多い商材なので、勤務先での経験をお伝え出来ればと思っています。趣味は海外旅行です。

 

 

FortinetのUTM Fortigateの相場価格

UTMで最もメジャーで最も売れているFortigateシリーズ。Fortigateの価格はいずれもオープン価格なので、Fortigate公式をみても「判然としない…」と悩まれる方も多いよう。ここでは、IT商材専門家がFortinetのUTM Fortigateの価格相場をお伝えします。

なお、Fortigateの価格を検討するなら、本体以外のバンドルや保守の組み合わせについても確認することが重要です。組み合わせ方による価格例も合わせてお伝えします。

 

FortinetのUTM Fortigaeの価格表【企業規模別】

Fortigateの価格はいずれもオープン価格。つまり「販売店によってFortigateの価格は違う」ということです。

なんやそれ…。…ちゅうことはやな…申し込む業者によっては、えらい割高になることも考えられるっちゅうことかいな⁉

新人GメンKEICHI

ベテランGメン園川

はい、その通りです。業者に高い値段で吹っ掛けられないようにするためにも、Fortigateの価格相場を知っておくことは消費者として大事ですよ。

オペレーター 杏奈

今回は、IT商材専門家のnaokoさんがFortinetのUTM Fortigateの価格の相場観をコソッと教えてくれました。ただ、ここに掲載する数字はあくまで「参考値」とのことなので、ご了承くださいね。

 

▼FortinetのUTM Fortigateの価格相場表【企業規模別】

 

Fortigate-50E Fortigate-60F Fortigate-80E Fortigate-100E Fortigate-200E
目安接続人数(企業規模) 20~40台規模 20~40台規模 50~80台規模 50~100台規模 100台以上
本体(初年度基本保守含む) 73,000円 91,000円 137,000円 245,000円 460,000円
次年度基本保守1年 18,000円 28,000円 36,000円 50,000円 85,000円
UTMバンドル本体(初年度基本保守含む) 110,000円 141,000円 189,000円 376,000円 640,000円
UTMバンドル次年度基本保守1年 66,000円 76,000円 101,000円 186,000円 321,000円
平日9-17時オンサイト1年 28,000円 36,000円 41,000円 61,000円 119,000円
24時間365日オンサイト1年 42,000円 51,000円 68,000円 98,000円 172,000円

 

えらい細かい表やな…。はい、分からん…。本体とUTMバンドル本体って何が違うんぞ?次年度保守とオンサイト1年って何が違うんぞ?

新人GメンKEICHI

ベテランGメン園川

…ですよね~。UTMの価格設定は、メーカーによって色々と違うので、説明されないと分からないことが多いんです。

オペレーター 杏奈

大丈夫ですよ。うちにはIT商材専門家のnaokoさんがついていますから!詳しく説明してもらいましょう。

 

 

本体?UTMバンドル本体?どっちを選ぶ?

まず、保守のことは置いておいて…、本体とUTMバンドル本体の違いについて説明します。

 

【本体】
Firewall機能のみで、ルーターとして利用する場合に選択します。いわゆる一般的なUTMとして使うには機能不足ですが、他にセキュリティを入れている場合は、本体のみという選択肢もありです。
【UTMバンドル本体】
UTMバンドル本体とは、Firewall機能に加えて、アンチウィルスやアンチスパム、不正侵入検知、WEBフィルタリングなどのUTM機能が付いた製品のことを言います。本来のUTMとしての機能を求めるには、このUTMバンドル本体を購入する必要があります。

 

  • 他にセキュリティ入れてるので、ファイアウォールだけでOK→本体
  • 一般的なUTM機能が必要・セキュリティを全てFortigateに任せたい→UTMバンドル本体

 

つまりや、ワシみたいにまるっとUTM導入検討中いうヤツは、「UTMバンドル本体」の価格を見ればええっちゅうことやな?

新人GメンKEICHI

ベテランGメン園川

はい、そういうことです!

 

保守の選び方で合計価格が変わる

UTMを選ぶ際には、必ず保守についても確認が必要です。特にFortinetのUTM Fortigateの場合、多彩な保守のバリエーションの中から選べるようになっており、保守の選び方で合計価格が変わります。

ベテランGメン園川

まずは、FortinetのUTM Fortigateの保守の仕組みについて解説してもらいましょう。

 

まずいずれの本体にも初年度の保守しかついていません。本体についている保守は、いずれも先出センドバック保守です。

【先出センドバック保守とは?】
先出センドバック保守とは、製品不具合が発生したら利用中の機器を送って修理するのではなく、先に代替機を発送してくれる保守サービスのことです。

今後、継続して利用する予定があるなら、次年度保守も申し込みと同時に入れておいたほうが安心です。その際は、「次年度基本保守1年」を別途有償でつけましょう。

ちなみに、UTMを保守無しで運用するという考え方はあり得ません。UTMがトラブルを起こすと、UTMにつないでいるコンピューター全てがストップします。UTMを使い続ける以上、保守代は毎年発生する必要経費と考えましょう。

 

了解やぁ…。さすがにセキュリティにお金惜しんだらあかんよな。「保守は必須…」と…。でも、基本保守だけやと、不具合起きても誰も駆けつけてくれへんのよなぁ?なんか不安やわ…。

新人GメンKEICHI

オペレーター 杏奈

そういう方には、業者が現場へ駆けつけて対応してくれるオンサイト保守がおすすめですよ。

 

基本保守のみだと、不具合が起きた際、「自分で機器を取り外してメーカーに送る」「メーカーから送られてきた代替機器を自分で取り付ける」という手間が発生します。「UTMって何?」「セキュリティって何をどうやればいいの?」というIT知識レベルの方や、セキュリティ専門社員を配置できない企業の場合、オンサイト保守をつけたほうが安心です。

FortinetのUTM Fortigateのオンサイト保守は、下記の2種類から選択できます。

 

【平日9-17時オンサイト1年】
先出センドバック保守は初年度本体に含まれていますが、センドバックではなくオンサイトの保守を受けたい場合は、オンサイト保守を追加で購入する必要があります。次年度以降も基本保守+オンサイトという形での購入が必須です。平日9時~17時に電話で受付をし、ハードウェアの障害と確定後、係員が現場に駆けつけて交換作業や設定復元作業に当たります。

【24時間365日オンサイト1年】
こちらも平日9-17時オンサイトと同様に、基本保守にプラスして購入する必要があります。24時間365日電話受付が可能なので価格は高いですが、休日や夜間に稼働している会社にとっては欠かせない保守となります。

 

オペレーター 杏奈

FortinetのUTM Fortigateは、企業の状況に合わせて保守を選べます。保守価格については、一応の目安価格を掲載していますが、詳しくはお問合せください。

 

【サービスの内容を詳しく知りたいなら】UTMのお問合せはこちら!

 

 

FortinetのUTM Fortigateのケース別価格例

ケース①:IT知識弱めの小規模企業

・30名の平日勤務の会社。

・セキュリティ対策は他にしていないので、UTM機能を利用したい。

・ITに詳しい社員がいないので、障害発生時は駆け付けてほしい。

このケースの場合は、まず30名規模なので、Fortigate-50EかFortigate-60Eを選択します。両方とも対象規模に入っているので、スペックを比較しましょう。
ここでは一旦スペックは置いておいて、より安価なFortigate-50Eを選択することとします。UTM機能を利用したいので、UTMバンドル版を選択します。オンサイトが必要ですが、平日勤務の会社なので平日9-17時オンサイトでよいでしょう。
そうすると、予算感はこちらになります。

【Fortigate-50E】

UTMバンドル本体 110,000円 +平日9-17時オンサイト保守1年 28,000円=138,000円

※次年度かかる費用:UTMバンドル次年度基本保守1年 66,000円+平日9-17時オンサイト保守1年28,000円=94,000円

 

ケース②:24時間体制中小企業(他社セキュリティも使用中)

・150名 24時間体制の会社。

・セキュリティ対策は他のソフトウェアで行っているので、ファイアウォールのみでよい。

・24時間体制の会社なので、常時障害受付してほしい。

150名規模なので、Fortigate-200Eを選択します。ファイアウォールのみでよいので、UTMの付いていない本体のみでOKです。
保守ですが、センドバックは対応時間が9-17時なので、24時間受付対応を希望する場合、24時間365日オンサイト保守を申し込みましょう。
そうすると、予算感はこちらになります。

【Fortigate-200E】

本体 460,000円 +24時間365日オンサイト保守1年 172,000円=632,000円

※次年度かかる費用:次年度基本保守1年 85,000円+24時間365日オンサイト保守1年172,000円=257,000円

 

ケース③:IT知識あり&成長途上の小規模企業

・50名 平日勤務の会社。今後社員数が数十名増えるかも。

・セキュリティが心配なので、UTM機能も必要。

・詳しいIT管理者がいるので、センドバック保守で十分。

50名規模なので、Fortigate-80EかFortigate-100Eが候補になりますが、今後社員増員計画があるので、Fortigate-100Eを選択するのがベターでしょう。UTM機能必須なので、バンドル版を選択します。
自社内で障害対応がある程度できる会社なので、基本保守のみで保守費用を抑えます。

【Fortigate-100E】

UTMバンドル本体 376,000円

※次年度かかる費用:UTMバンドル次年度基本保守1年 186,000円

 

オペレーター 杏奈

実際の例で見るとイメージが湧きますね!

 

【あなたにはどんなサービスが必要?詳しくは→】UTMのお問合せはこちら!

 

 

FortinetのUTM Fortigate構築価格

自社で導入が困難な場合は、構築業者へ頼むこととなりますが、どのくらいの費用が掛かるのでしょうか。構築費用については、いつ(平日日中・休日夜間など)実施するか、どこまで設定をするかを一からヒアリングをして、個別に算出する形をとることが多いです。

そのため、一概には言えませんが、概ね50,000円~200,000円くらいが相場です。上位機器であればあるほど、設定が細かければ細かいほど高い料金が設定されています。オンサイトでの作業を依頼する場合は、作業会社から現場までの交通費も実費で請求がされます。それが休日や夜間の作業であれば、さらに高くなります。

 

オペレーター 杏奈

構築を頼むことで業務負担を軽減できるという効果があるので、構築費用の見積もりを撮って天秤にかけてみてください。

 

【面倒な構築を依頼したい!それなら】UTMのお問合せはこちら!

 

 

 

まとめ

今回は、FortinetのUTM Fortigateシリーズの価格についてご紹介しました。Fortigateの価格の仕組みを理解いただけたでしょうか。自社内で予算化する際に、ぜひ参考にしてみてください。

  • ファイアウォールのみなら→73,000円~
  • ファイアウォールのみ先出センドバック保守(次年度1年)→18,000円~
  • UTM→110,000円~
  • UTM先出センドバック保守(次年度1年)→66,000円~
  • 平日9-17時オンサイト保守→28,000円~
  • 24時間365日オンサイト保守→42,000円~

※いずれも接続台数20~40台規模のFortigate-50Eの場合

UTMカテゴリの最新記事