【法人向け名刺管理ソフト】 おすすめランキングTOP5を徹底比較! 

【法人向け名刺管理ソフト】 おすすめランキングTOP5を徹底比較! 
「名刺管理は、営業マン個人に任せている」
「社内で営業先情報の共有ができていない」
「名刺管理は、いまだアナログ、手作業だ」
という企業は、成長のチャンスを逃しています。
名刺=企業にとって最大の資産

御社にとって、営業マンが汗水垂らして頂いてきた名刺は、最大の資産です。名刺管理を徹底して、活用するためには、法人向け名刺管理ソフトの導入が不可欠

法人向け名刺管理ソフトでは、スマホやスキャナーなどで名刺をスキャンすることで、簡単に名刺情報をデジタル化できます。もちろん、データ内は全て社内共有可能。共有データを活かすことで、営業活動の範囲も広げられます。

ちなみに、法人向け名刺管理ソフトは、ITリテラシーの無い企業様でも、簡単に安く導入できます。

今回は、おすすめの法人向け名刺管理ソフトをランキング形式で5社ご紹介します。

法人向け名刺管理ソフトを安く導入したいなら…

    オフィス向けプロダクト×コピー機Gメン問合せフォーム

    オフィス用製品のお見積り依頼はこちら

    法人向け名刺管理ソフトおすすめランキング5選

    【法人向け名刺管理ソフト】 おすすめランキングTOP5を徹底比較! 

    それでは早速、法人向け名刺管理ソフトおすすめランキングTOP5をご紹介します。名刺管理ソフトを導入したことがないという、中小もしくは小規模事業者にもおすすめできる、安い&簡単&セキュアな法人向け名刺管理ソフトです。

    【1位】メイシー

    低価格で名刺管理ソフトを導入するなら

     出典:メイシ―
    ▼メイシーの特徴
    費用
    月2,178円/ 契約(税込)
    データ入力料金 27.5円/枚、スキャン料金 11円/枚(税込)
    月額利用料金は前払い
    1年分前払い:5%割引
    2年分前払い:10%割引
    3年分前払い:15%割引
    既存のCSVデータは無償でインポート可能
    最大名刺登録枚数は(全ユーザー合計で)2500枚
    2500枚を超える場合は+月額1,078円で2500枚ずつ追加可能
    名刺ファイル、ローロデックスでの送付も受付
    その場合はスキャン料金が22円/枚となります
    最低利用期間 1ヵ月~(※毎月更新プラン)
    無料お試し期間 ×
    クラウド型 orオンプレミス型
    クラウド型
    他ツールとの連携
    CRM
    Salesforce
    Zoho CRMなど

    実際に法人向け名刺管理ソフトを使ってみたいなら、低コストで簡単にスタートできる、株式会社もぐら『メイシ―』をおすすめします。無料お試し期間はありませんが、1ヵ月から更新可能な「毎月更新プラン」があります。導入されている企業も多く、はじめてご利用される方でも安心です。

     

    メイシ―の主な特徴

    • ユーザー数無制限で、月額2,178円(税込)より利用できる
    • 法人、個人どちらでも利用可能
    • スキャンは出張で代行も可能
    • ダブルチェックにより、データの入力精度99%以上

     

    こんな方におすすめ

    • 費用をかけずにソフトを利用したい
    • スキャンも、データ入力も依頼したい
    • まずは資料請求して内容を確認したい⇒HP、電話で請求可
    • 分からないことは電話で問合せしたい⇒平日10時~18時の間対応

      オフィス向けプロダクト×コピー機Gメン問合せフォーム

      オフィス用製品のお見積り依頼はこちら

       

      【2位】アルテマブルー

      初期費用0円で1人から利用可能

      出典:アルテマブルー
      ▼アルテマブルーの特徴
      費用
      月額2,750円/ID(1IDから利用可能)(税込)
      初期費用なし
      データ取込時、オペレーター補正の場合:55円/枚(税込)
      最低利用期間 1年間
      無料お試し期間 2週間
      クラウド型 orオンプレミス型
      クラウド型
      他ツールとの連携
      Microsoft Dynamics 365
      (CRM)連携 12,000円 / 月(税込 13,200円 / 月)
      Salesforce
      kintone

      キヤノンエスキースシステム株式会社のアルテマブルーは、使いやすさを重視して作られた名刺管理ソフトです。専用のコンサルタントがヒアリングを行ってから、要望にあった活用方法を提案してくれます。

      無料お試し期間2週間で、実際に使用してから導入するかを最終決定できます。

       

      アルテマブルーの主な特徴

      • 初期費用が無料
      • 1ID(1人)から利用できる
      • スキャンしたデータをご自身で文字補正すれば費用発生無し⇒有料で補正依頼可能
      • 充実した機能&使いやすさ

       

      こんな方におすすめ

      • まずはトライアルでどんな内容か実際に試したい⇒無料お試し期間2週間あり
      • 資料請求して内容を確認したい⇒HP、電話で請求可
      • 少人数から試してみたい
      • 操作性は簡単なものがいい
      • サポート力が高いほうがいい

       

       

      【3位】名刺えびす

      クラウド型とオンプレミス型から選択可能

      出典:名刺えびす
      ▼名刺えびすの特徴
      費用
      クラウド型:1ユーザー月額 1,000円~
      オンプレミス型:初期導入費 約2,000,000円~
      年間ライセンス&サポート費 約300,000円~
      最低利用期間 ×
      無料お試し期間 HPにデモ画面あり
      クラウド型 orオンプレミス型
      クラウド型、オンプレミス型
      他ツールとの連携 顧客管理・販売管理などの他システムと連携可能

      eBASEの名刺えびすは、使いやすさを重視して作られた名刺管理ソフトです。専用のコンサルタントがヒアリングを行ってから、要望にあった活用方法を提案してくれます。

      クラウド型とオンプレミス型から選択できて、クラウド型なら1ユーザーから、安価な価格帯で利用できます。また、HPにデモ画面があるので、実際にソフトを使ってみることが可能です。

       

      名刺えびすの主な特徴

      • クラウド型とオンプレミス型から選択可能
      • 情報はOCR処理で自動反映
      • PDFや写真も保存可能
      • クラウド型⇒登録枚数1,000枚でまで1ユーザーあたり1,000円/月額、登録枚数無制限2,000円/月額

       

      こんな方におすすめ

      • クラウド型とオンプレミス型を比較したい
      • 1ユーザーから始めたい
      • 低コストで利用したい
      • 実際にどんなソフトか確認したい⇒HPに無料お試しのデモ画面あり

       

       

      【4位】HOME type-AU

      安心のサポート体制で選ぶなら

       

      出典:HOME type-AU

      ▼HOME type-AUの特徴
      費用
      導入費用2万円+月額1,800円が最小プラン
      2ID目以降は月額900円で追加可能
      最低利用期間 1年間
      無料お試し期間 ×
      クラウド型 orオンプレミス型
      クラウド型
      他ツールとの連携
      SFA
      CRMなど

      HOME type-AUは、キャノンマーケティングジャパンによる中小企業向けの名刺管理ソフトです。

      iPhoneやiPadなどでスキャンでデータを登録します。データの読み取りは、オペレーターによる入力と自動文字認識で対応しています。

      取引先だけでなく、自社のネットワークも一覧で表示できます。顧客のコンタクト履歴の管理や営業日報の自動作成など情報メンテナンス機能にも対応しています。「HOMEコンタクトセンター」のサポート体制があるのも安心です。

       

      HOME type-AUの主な特徴

      • キャノンのグループ会社、キャノンマーケティングジャパンが展開する法人用名刺管理ソフト
      • 「HOMEコンタクトセンター」の国際認定資格保有スタッフによるITサービス
      • スキャンにはゼロモード(OCR)とフルモードあり
      • フルモードはオペレータが正確・スピーディーに補正

       

      こんな方におすすめ

      • 分からないことがあったとき、専門家にいろいろとサポートしてもらいたい
      • 利用人数に応じて、費用を決めたい
      • 初期費用は2万円がいい
      • 分からないことは電話で問合せしたい⇒平日9時~18時の間対応

       

       

      【5位】THE 名刺管理 Business

      導入前に30日間試せる!シンプル操作が魅力

      出典:THE 名刺管理 Business
      ▼THE 名刺管理 Businessの特徴
      費用
      初期費用5万円+1ユーザーにつき月額600円
      5ユーザー単位で利用可能
      最低利用期間 ×
      無料お試し期間
      30日間(5ユーザー)
      クラウド型 orオンプレミス型
      クラウド型
      他ツールとの連携 Salesforceなど

      THE 名刺管理 Businessは、NTTデータ NJKの名刺管理ソフトです。シンプルな操作方法なので、誰でも簡単に使えます。

      導入前に最大5ユーザーが30日間無料で試せます。ユーザー数に応じて運用可能なため、最初は少人数からでも始めやすいのが特徴です。CRMシステムSalesforceのプラットフォームによるクラウド型サービスですが、Salesforceが無くても利用できます。

      名刺情報については専用スキャナー・複合機・スマホカメラから登録可能です。スマホ専用アプリを使えば、外出先での閲覧や検索のほか、メール送信や電話を掛けることもできます。行動履歴管理・社内SNS・名刺保有者一覧表示などのほか、オンライン名刺交換も可能です。

       

      THE 名刺管理 Businessの特徴

      • CRMシステムのSalesforceが無くても導入可能
      • スマホ専用アプリを使用できる
      • シンプル操作
      • 行動履歴管理、社内SNSなどの多機能搭載

       

      こんな方におすすめ

      • 導入前に1か月くらい使ってみたい
      • ソフトを使いながら、ユーザー数を増やしていきたい
      • 多機能なソフトがいい
      法人向け名刺管理ソフトはいろいろあるから、迷ってしまうなあ。

      新人Gメン及川

      ベテランGメン園川

      法人向けを選ぶ際の比較ポイントについて、これから詳しく解説していきます。

      法人向け名刺管理ソフトを安く導入したいなら…

        オフィス向けプロダクト×コピー機Gメン問合せフォーム

        オフィス用製品のお見積り依頼はこちら

         

        法人向け名刺管理ソフト比較ポイント

        法人向け名刺管理ソフト選びで、注意すべきポイントを下記にまとめました。また、個人向けと法人向けの違いについても解説しています。どの法人向け名刺管理ソフトが最適か、選ぶ際の判断基準として、ぜひ参考にして下さい。

         

        費用

        法人向け名刺管理ソフトを購入する際に、重要なポイントとなるのが、費用です。費用には、「初期費用」「月額費用」「名刺データ化の料金」などがあります。また使用人数によっても、発生する費用が異なるケースもあるため、注意が必要です。

        さらには、ソフトにどのような機能を求めるかによっても、発生する費用が異なります。そのため、必要な機能と費用との見極めが重要です。

         

         

        最低利用期間

        法人向け名刺管理ソフトを購入する前に注意してほしいのが、最低利用期間の有無です。費用を安く抑えられたとしても、実際に使用してみると、ソフトが思っていたものと違うというケースもあります。

        例えば、ソフトを1週間だけ利用して合わなかったケースに、最低利用期間が設定されていれば、不要な費用を支払う必要があります。安い費用でソフトを導入できたけれど、結果的に不要な費用を支払うことがないよう、注意が必要です。

         

         

        無料お試し期間

        法人向け名刺管理ソフト選びの失敗を回避するために重要なのが、無料お試し期間の有無です。ソフトを使用して、「思っていたものと違う」「やっぱり合わない」など、イメージしていたソフト内容とのミスマッチはできれば避けたいもの。

        ただ、最適なソフトか見極めるには、実際に使用してみないと分かりません。できれば、実際にソフトを使用してみてから、購入するかしないかを判断できる無料お試し期間の有無も重要です。

         

         

        クラウド型とオンプレミス型

        法人向け名刺管理ソフトには、クラウド型とオンプレミス型(買い切り型)の2種類あります。
        タイプにより、利用するのに必要な費用も異なります。

        クラウド型の特徴3つ
        ・初期費用不要
        ・すぐに導入可能
        ・外出中でもアクセス可能

        クラウド型の魅力は、名刺管理を手軽に始められることです。インターネットが繋がる場所なら、どこでもアクセスできるので、外出先での利用が可能です。

         

        オンプレミス型の特徴3つ
        ・企業内サーバーを使用
        ・カスタマイズ可能
        ・セキュリティが安全

        オンプレミス型は、企業内のサーバーを使うため、導入に時間がかかります。また、ソフトを運用するには、エンジニアを必要とします。セキュリティ面がしっかりしているので、個人情報を慎重に管理したい企業向きになります。

         

         

        他ツールとの連携

        法人向け名刺管理ソフトには、SFA(営業支援システム)やCRM(顧客情報管理システム)などと連携して商談管理ができるものがあります。

        他のツールに連携できないソフトを導入した場合、既存ツールとソフトの両方で顧客データ管理を行わなければなりません。その結果、データ内容の重複や作業増加などにより、業務効率が低下します。ソフトと既存ツールを連携できれば、ソフトで取り込んだ情報を他のツールに共有・更新が可能になります。

        また、SFAやCRMの他にも、グループウェアやMAツールなど、業務効率化ツールと連携可能なソフトもあります。既存のツールを事前に確認したうえで、最適なソフトを選ぶことが重要です。

         

         

        個人向けと法人向けの違い

        上記でご紹介したメイシーのように、個人でも法人でも利用できる名刺管理ソフトもあります。個人向けと法人向けソフトの違いについて、メリットとデメリットを下記の表にまとめました。最適な名刺管理ソフト選びの参考にしてください。

        個人向けと法人向けのメリットとデメリット
        メリット デメリット
        個人向け スマホのアプリで利用できる
        無料のソフトが多い
        手軽に始めやすい
        登録枚数に制限がある
        社内で共有できない
        セキュリティに不安あり
        法人向け 名刺以外の情報を共有できる機能が多い
        社内で共有できる
        セキュリティ対策が万全
        問い合わせ可能なサポート体制などがある
        SFACRMとの連携機能あり
        費用が掛かる
        導入までに時間がかかることがある
        データ化に時間がかかる
        個人向け名刺管理ソフトも名刺の情報をスマホで手軽にデータ化できるけど、やっぱりセキュリティが心配やね。

        新人Gメン及川

        ベテランGメン園川

        法人向け名刺管理ソフトは費用が発生しますが、セキュリティ対策も万全です。
        なるほどな。名刺は個人情報やから、データの流出とかあったら、シャレにならんからな。

        新人Gメン及川

        ベテランGメン園川

        その通りです。法人向けは、企業内で安全に複数で活用できる優れたソフトなんです。費用の安さだけではなく、どのような機能を利用するのか、運用コストなどのバランスを考慮して、選択するのが重要です。

        オペレーター 杏奈

        データの社内共有が可能であったり、専用スタッフなどのサポート体制もあるので、ビジネスで利用されるなら、法人向けをおすすめします。

         

        法人向け名刺管理ソフトを安く導入したいなら…

          オフィス向けプロダクト×コピー機Gメン問合せフォーム

          オフィス用製品のお見積り依頼はこちら

          法人向け名刺管理ソフト比較表

          法人向け名刺管理ソフトおすす5選の特徴について、下記比較表にまとめました。
          下記内容を参考にして、業務効率向上に最適なソフトをお選びください。

           

          ▼法人向け名刺管理ソフト比較表

          メイシー
          アルテマブルー
          名刺えびす
          HOME type-AU
          THE 名刺管理 Business
          費用 月2,178円/契約
          ユーザー数無制限
          データ入力料金 27.5円/枚
          スキャン料金 11円/枚
          料金:月額2,500円/ID(1IDから利用可能)。初期費用なし。
          データ取り込み時にオペレーターが補正する場合は50円/枚。
          クラウド型:1ユーザー月額 1,000円~
          オンプレミス型:
          初期導入費 約2,000,000円~
          年間ライセンス&サポート費 約300,000円~
          導入費用2万円+月額1,800円が最小プラン
          2ID目以降は月額900円で追加可能
          初期費用5万円+1ユーザーにつき月額600円
          5ユーザー単位で利用可能
          最低利用期間 1ヵ月~(※毎月更新プラン) 1年間 × 1年間 ×
          無料お試し期間 × 2週間 HPにデモ画面あり × 30日間(5ユーザー)
          クラウド型 or
          オンプレミス型
          クラウド型 クラウド型 クラウド型
          オンプレミス型
          クラウド型 クラウド型
          他ツールとの連携 CRM
          Salesforce
          Zoho CRMなど
          Microsoft Dynamics 365 (CRM)連携 12,000円 / 月
          (税込 13,200円 / 月)
          Salesforce連携
          kintone連携
          顧客管理・販売管理などの他システムと連携可能
          SFA
          CRMなど
          Salesforceなど

           

           

          まとめ

          • 価格の安さで選ぶなら、メイシー
          • 初期費用0円で1人からの利用を検討されているなら、アルテマブルー
          • クラウド型とオンプレミス型の両方から選ぶなら、名刺えびす
          • 安心のサポート体制で選ぶなら、HOME type-AU
          • 導入前30日間のお試し期間で選らぶなら、THE 名刺管理 Business

           

          法人向け名刺管理ソフトを安く導入したいなら…

            オフィス向けプロダクト×コピー機Gメン問合せフォーム

            オフィス用製品のお見積り依頼はこちら

            オフィス用商材カテゴリの最新記事