3Dプリンター×歯?歯科業界での活用事例とおすすめ機種の価格情報

3Dプリンター×歯?歯科業界での活用事例とおすすめ機種の価格情報

オペレーター 杏奈

及川さん、3Dプリンターが歯科業界で大注目って知ってますか?

3Dプリンターってフィギュアとか模型を作れるイメージやけど・・・歯も作れるんか?

新人Gメン及川


ベテランGメン園川

歯自体を作るというよりは、歯科医院での歯の治療の補助で使われています。患者さん一人ひとりの歯に合ったものを早く安く作れるので、3Dプリンターとの相性が良いんです!いくつか活用事例をご紹介しますね!

歯科用3Dプリンター【格安】でリースする

 

【3Dプリンター×歯】歯科業界での活用事例

3Dプリンター×歯?歯科業界での活用事例とおすすめ機種の価格情報

歯科用3Dプリンターの主な用途は、患者の精巧な歯形の作製や手術の補助具の造形です。3Dプリンターを使うことにより、工程が減らせたりコストが削減できたりします。手技だとどうしても作業者の習熟度によって不確定要素が出てきてしまいますが、デジタル化すれば安心です。

患者にとっても費用が安くなりますし、チェアサイドでの装着不適合の可能性も減るので、3Dプリンター導入のメリットが大きいです。治療の負担が軽くなれば、歯科医院へ行くことに抵抗を感じる人も減るかもしれません。

新人Gメン及川

小さい頃、印象材を噛んだときの気持ち悪さが忘れられなくてな・・・ずっと歯医者を避けてたんよ・・・。デジタル化した歯医者ならスキャンするだけで良えん?めっちゃええやん!!多少遠くてもそこに通いたいわ!!

歯科用3Dプリンター【格安】でリースする

 

歯列模型

3Dプリンター×歯?歯科業界での活用事例とおすすめ機種の価格情報

出典:3Dsystems公式

これまでは制作した歯科模型を全て歯科医院内に保管していたため、模型の保管スペースが必要となっていました。模型の製作に3Dプリンターを活用するようになれば、3Dデータを保存しておくだけで、いつでも必要な模型を作り出すことができるので、模型を保管する必要がなくなります。

歯科技工士にとっても、3Dプリンター導入によってワックスアップなどの作業が減らせるので、残業時間が減らせる、より付加価値の高い作業を増やせるなど多くのメリットがあるでしょう。

 

歯科用3Dプリンター【格安】でリースする

 

矯正歯科

3Dプリンター×歯?歯科業界での活用事例とおすすめ機種の価格情報

出典:3Dsystems公式

3Dプリンターを使って、矯正治療に必要な矯正装置を製作することもできます。従来の矯正用マウスピースの製作は作業工程が多く印象材も必須だったため、歯科医師や歯科技工士だけでなく患者にとっても手間なものでした。

3Dプリンターを導入すれば、矯正用マウスピースの製作の手間を大幅に省略できるようになります。患者の口の中を一度スキャンすれば、データ上で最終歯並びまでの歯形を作り、3Dプリンターで全ての段階の歯形を出力できます。

マウスピースは3Dプリンターで作った歯形をもとに製作できるので、従来よりも工程数を削減でき、手間・時間・コストの全てを改善できます。3Dスキャナーと3Dプリンターを自医院に導入すれば、メーカーに頼ることなくアライナーを作製できるようになります。

患者にとっても、印象材を口に入れる必要がなくなる上、治療期間が短縮されるのでメリットが大きいです。

ワイも「長年のコンプレックス解消や!矯正してイケメンになったるで!!」って勢いで歯医者さん行ったけど、歯形取ったりなんだりで実際に治療が始まるまで結構時間かかって、やる気がちょっと萎えたんよな。患者としては治療開始までの期間が短くなると嬉しいわ。

新人Gメン及川

オペレーター 杏奈

自分の歯科医院で3Dデータや慣れない装置を扱うのは不安・・・という方向けに、外注できるサービスもありますよ!

歯科用3Dプリンター【格安】でリースする

 

インプラント手術でのサージカルガイド

3Dプリンター×歯?歯科業界での活用事例とおすすめ機種の価格情報

出典:formlabs公式

インプラント治療時に使うサージカルガイドの造形にも3Dプリンターが活用されています。

サージカルガイドを使用するデメリットは費用が高いことでした。患者の歯に合わせてオーダーメイドしなくてはならないので、3万円前後かかっていました。3Dプリンターでサージカルガイドを出力すれば、1個当たり400円弱の材料費で作ることができ、かなりコストダウンできます。もちろん、納期も大きく短縮可能です。

患者としても、インプラントってメリットは大きいけど手術代がめっちゃ高いのが難点やってん。奥の方の歯やったら高いから銀歯でええわ、って思うこともあったしな。サージカルガイド代だけでも安くなるなら助かるわ〜。

新人Gメン及川

歯科用3Dプリンター【格安】でリースする

 

歯科業界向けおすすめ3Dプリンター

歯科業界での利用におすすめの3Dプリンターを4つご紹介します。選ぶときに見るべきポイントはこちらです。

  • 造形方式
  • 精度の高さ
  • 造形スピード
  • 使える材料
  • コスト


患者の歯形を精密に再現する用途で使うことが多いので、精度が高い造形が得意な造形方式を選ぶのが良いでしょう。一般的には光造形方式の3Dプリンターの活用事例が多いです。

3Dプリンターは、機種ごとに使用可能な素材が異なります。歯科業界なら、用途ごとに異なる種類の材料を扱いたいこともあるでしょう。

  • 精密な試作モデルを作りたい!・・・石膏、セラミック
  • 歯列矯正用モデルを作りたい!・・・高耐久性プラスチック
  • サージカルガイドを作りたい!・・・生体適合透明材料


こういった材料を扱える3Dプリンターを選ぶのがおすすめです。また、3D SYSTEMSやstratasysでは歯科専用材料も販売しています。材料選びに不安がある方は、こういった専用素材を扱っている会社のプリンターと純正材料を合わせて購入すると良いでしょう。

オペレーター 杏奈

一般に、光造形方式の3Dプリンターには付帯設備が必須です!空調設備と洗浄装置も導入することを頭に入れて検討くださいね!

歯科用3Dプリンター【格安】でリースする

 

flashforge Foto13.3

frashforge Fotoシリーズ最大の造形サイズ

3Dプリンター×歯?歯科業界での活用事例とおすすめ機種の価格情報

出典:flashforge公式

flashforgeは2011年に設立した中国のメーカーです。中国のデスクトップ3Dプリンターの中ではトップクラスの会社として知られています。

Foto13.3は大型造形が作成可能ですが、本体価格が40万円未満と比較的安価なのが魅力です。材料の純正レジンも500gで3,300円と安く、ランニングコストが抑えられます。

光造形方式の中でも、光を点ではなく面で当てるLCD式を採用しています。LCD式は高価な部品が少ないため本体価格だけでなく、修理・交換費用も安く済ませられます。印刷スピードは10-30 [mm/h]と高額な3Dプリンターに比べるとやや劣ります。XY軸精度は0.076 mm、積層ピッチは最小0.05 mmと精度は高いことと、コストが安いことを考えると、十分な性能だと言えるでしょう。

▼flashforge Foto13.3のスペック情報

価格帯 ¥363,000 造形方式 光造形方式(LCD式)
造形サイズ 292 x 165 x 400 [mm3] 材料 スタンダードレジン
水洗いレジン
ABSライクレジン
本体サイズ 380 x 380 x 685 [mm3] 重量 要問い合わせ

 

歯科用3Dプリンター【格安】でリースする

 

formlabs Form3B+

生体適合性材料を造形可能なデスクトップ3Dプリンター

3Dプリンター×歯?歯科業界での活用事例とおすすめ機種の価格情報

出典:formlabs公式

formlabsは2011年にMITメディアラボの学生によって設立された、3Dプリンターメーカーです。

Form3B+は光造形方式を採用しています。Form3B+は歯科専用機種で、生体適合性な材料や滅菌可能な材料はもちろん、Formlabsの全SLA材料を使用することができます。XY解像度は0.025 mm、最小積層ピッチは0.025 mmと微細な加工も可能。

Form3B+はコンパクトなデスクトップサイズなので、気軽に導入できるのも嬉しいポイント。小型で高品質な歯科用3Dプリンターをお探しな方にはピッタリの1台です。

 

▼formlabs Form3B+のスペック情報

価格帯 50万円〜100万円 造形方式 光造形方式(SLA)
造形サイズ 145 x 145 x 185 [mm3] 材料 Standard
Model V3
Draft V2
Durable
Grey Pro
Elastic
Tough1500/2000
ESD
High Temp
Flexible 80A
Rigid 10K/4000
Castable Wax
BioMedシリーズ
本体サイズ 405 x 375 x 530 [mm3] 重量 17.5 kg

 

歯科用3Dプリンター【格安】でリースする

 

stratasys J700 DENTAL

クリア・アライナー生産に特化した歯科用モデル

3Dプリンター×歯?歯科業界での活用事例とおすすめ機種の価格情報

出典:ストラタシス公式

stratasys社は3Dプリンターのシェア率No.1を誇っているアメリカの会社です。3Dプリンターに関する世界特許の数は500以上。日本でも多くの機種が使われています。

J700 Dentalはstratasys社製3Dプリンターの中で、クリア・アライナーの大量生産に特化したモデルです。J700 DENTALを使えば、1日あたり最大400個のクリア・アライナーを提供できます。

一度に大量の造形が可能な理由は、造形可能サイズが大きいから。J700 Dentalの造形サイズは490 mm × 390 mmと、3Dプリンターの中でも大きめです。

使い方も簡単で、特別なトレーニングなしで造形できます。一般的な光造形方式で必要とされる2次硬化工程も要りません。デメリットは本体サイズが大きいこと。一辺1m以上あるので、設置には広めのスペースを確保しなくてはなりません。

▼stratasys J700 Dental のスペック情報

価格帯 要問い合わせ 造形方式 Poly-Jet方式
造形サイズ 490 x 390 [mm2] 材料 Standard
Clear Biocompatible(MED610)
Biocompatible VeroGlaze(MED620)
本体サイズ 1,400 x 1,100 x 1,260 [mm3] 重量 430 kg

 

歯科用3Dプリンター【格安】でリースする

 

3Dsystems DMP Dental 100

3Dsystems製デンタル用3Dプリンターのエントリーモデル

3Dプリンター×歯?歯科業界での活用事例とおすすめ機種の価格情報

出典:3Dsystems公式

DMP Dental100は生産性が高く、4時間で90個以上のクラウンを作製できます。 さらに造形の精度も±50 umと高いです。一人ひとりに合わせた歯形の造形に適した歯科用金属3Dプリンターのエントリーモデルと言えるでしょう。

3Dプリンターでの造形において、最も手間のかかる工程は後処理です。後処理は手作業になることが多く、作業者の大きな負担となっていました。

DMP Dental 100 の表面仕上げの品質は非常に高く、後処理が少なく済みます。後処理時間にかかる時間は業界でも最短級。クラウン90個作製時、後処理には25分しかかかりません。

▼3Dsystems DMP Dental100のスペック情報

価格帯 1,000万円〜 造形方式 DMP方式
造形サイズ 100 x 100 x 90 [mm3] 材料 ニッケルフリーコバルトクロム合金
本体サイズ 要問い合わせ 重量 要問い合わせ

 

歯科用3Dプリンター【格安】でリースする

 

3Dプリンターの導入には補助金利用がおすすめ!

3Dプリンターって結構高いんやな・・・。町の歯医者さんが気軽に買えるものではなさそうやん。

新人Gメン及川

ベテランGメン園川

3Dプリンタ―導入をお考えなら、国の支援制度「ものづくり補助金」の利用がおすすめなんです。採択倍率は2〜3倍程度で、歯科医院の採択事例も多いんですよ!

オペレーター 杏奈

「ものづくり補助金」制度は、中小企業や小規模事業者向けの支援制度です。書類作成は少し面倒ですが、採択されれば補助金を100万〜1,250万円ほどもらえるんですよ~!

ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金は、中小企業・小規模事業者等が今後複数年にわたり相次いで直面する制度変更(働き方改革や被用者保険の適用拡大、賃上げ、インボイス導入等)等に対応するため、中小企業・小規模事業者等が取り組む革新的サービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善を行うための設備投資等を支援するものです。(「ものづくり補助金総合サイト」より引用)

詳しくは『3Dプリンター導入のための「ものづくり補助金」制度の最新情報』記事をご覧ください。手続きの流れや、必要書類についても詳しく載っています。また、3Dプリンタ―の各販売店でも、ものづくり補助金利用のサポートを行っています。気になる方はお気軽にお問合せください。

歯科用3Dプリンター【格安】でリースする

 

 

まとめ

3Dプリンターは、歯科業界のコスト・納期に大きな変化をもたらす可能性があります

▼3Dプリンターの歯科業界での活用事例

  • 歯列模型
  • 矯正歯科
  • インプラント手術でのサージカルガイド

▼歯科用3Dプリンターおすすめ4選

  • flashforge Foto13.3
  • formlabs Form3B+
  • stratasys J700 DENTAL
  • 3Dsystems DMP Dental 100

歯科用3Dプリンター【格安】でリースする

 

3Dプリンターカテゴリの最新記事