【京セラとシャープ複合機ならどっち?】格安コピー機2社を安さや耐久性で比較

  • 公開日:2019年03月10日
【京セラとシャープ複合機ならどっち?】格安コピー機2社を安さや耐久性で比較

コピー機Gメン見積りバナー

30社の複合機販売店を独自調査したコピー機Gメンが、安さと対応力に優れた販売店を2~3社ご紹介します。

*  *  *

 

 

画質や耐久性より価格を優先し、最低限の機能と質があればという会社には京セラとシャープがおすすめです。安い複合機が欲しいとコピー機の販売店に伝えると、多くの場合でシャープと京セラが提案されるため、この2つのメーカーで迷っているという読者もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

「安い複合機を」と販売店に伝えた際に京セラ・シャープ以外のメーカー(ゼロックス・キャノン・リコーなど)を勧められた場合は要注意です。販売店が勧めてきたメーカーは高い確率でで「販売店が売りたいメーカー」で、客観的に見たときに安いメーカーとは何の関係もないと考えて問題ありません。
 
 

シャープと京セラ比較

 

 

【価格】徹底的に安さで選ぶなら京セラ

「安さをどこまでも優先して選びたい」という会社には京セラがおすすめです。定価の本体価格がシャープより京セラの方が安価であることからもわかるように、シャープより1割程度安く購入できることが多いです。

 

▼京セラとシャープの価格比較

京セラ メーカー シャープ

デザイン業おすすめ複合機京セラ
TASKalfa 2552ci

外観
MX-2650FN
A3カラー複合機25枚/分 タイプ A3カラー複合機26枚/分
1,162,000円 本体定価 1,285,000円
581,000円 本体参考価格 642,500円
0.7円(目安) カウンター料金モノクロ 1.0円(目安)
7円(目安) カウンター料金カラー 10円(目安)

 

また、本体価格とは別で発生する保守費用+トナー費用(カウンター料金)についても京セラの方が安価に契約できるケースが多いです。

京セラのカウンター料金事例
東京、大阪、愛知、広島、福岡などの大都市圏であれば、月の印刷枚数が1,000枚以上あればモノクロ0.6円カラー0.6円で契約している事例があります。また、山形市、松本市、宇都宮市、奈良市、岡山市、延岡市など中規模都市でも月の印刷枚数が1,000枚以上あれば、カウンター料金はモノクロ0.7円、カラー7円で契約している例があります。

 

京セラ複合機を【格安】でリースする

 

【故障】耐久性の高さならシャープ

下記は京セラ・シャープを含む7社のメーカーの複合機を使っているユーザに「複合機の耐久性への満足度」を質問した結果です。京セラは耐久性で高い評価を得ていませんが、シャープはキャノンやリコーなど高級メーカーと差がない評価を受けています。

 

耐久性・壊れにくい複合機比較ランキング

 

シャープの複合機は国内のコンビニシェアで60%を締めており、ローソンやファミリーマートで利用されたことがある方もいるのでは。コンビニは出入り口近くに置かれることも多いですが、出入り口近くは複合機の安定稼働の天敵である温度や湿度の変化が激しい場所で、耐久性のある複合機でないと勤まらないポジションです。

コンビニの複合機はオフィスのように大量印刷や連続印刷などが無い環境なので故障は多くありませんが、コンビニで採用されているということは一定水準の耐久性が評価されているということでしょう。(コンビニでサービスマンが修理してたら、大変邪魔ですもんね。)

 

シャープ複合機を【格安】でリースする

 

京セラのコピー機ってすぐ壊れるの?
10年以上前に京セラから発売されていたモデルは故障が大変多く、「トラブルになるから売りたくなかった」という販売店もいるほど。しかし現在発売されているモデルでは大幅に改善し、他メーカーとの差はほとんど無くなりました。アンケートでは京セラの昔のモデルを使っているユーザも含まれるため、耐久性の評価が低くなったのだと思われます。

 

 

 

【外観】黒なら京セラ、白ならシャープ

シャープは一般的な複合機と同様に白色のボディです。一方、京セラは独自開発のドラムの耐久性を表すため、特徴的な黒ボディを採用しています。

 

▼京セラとシャープの外観比較

京セラ メーカー シャープ

デザイン業おすすめ複合機京セラ
TASKalfa 2552ci

外観
MX-2650FN

 

他のオフィス家具の色と合わせて選んでみてはいかがでしょうか。

 

京セラ複合機を【格安】でリースする

 

シャープ複合機を【格安】でリースする

 

【省スペース】コンパクトさなら京セラ

コンパクトさでは高く評価される2つのメーカーですが、近いスペックの機種で比較するとわずかに京セラの方が専有面積が小さくなっています。

 

▼京セラとシャープの価格比較

京セラ メーカー シャープ

デザイン業おすすめ複合機京セラ
TASKalfa 2552ci

外観
MX-2650FN
A3カラー複合機25枚/分 タイプ A3カラー複合機26枚/分
920mm×665mm 外形寸法 1,003mmx650mm
0.61㎡ 専有面積 0.65㎡
約89kg 重量 約81kg

 

クチコミでは外観デザインやコンパクトさに対してはシャープが高く評価されています。

 

外観デザインの美しさメーカー満足度

 

 

【操作感】使いやすさは双方ゆずらず

タッチパネルやトナー・用紙交換などの使いやすさでは、アンケートでは京セラが高く評価されています。

 

 

一方、幅広い年齢層に使われるコンビニで多く採用されているシャープも使いやすさでは一般的に高く評価されています。

 

京セラ複合機を【格安】でリースする

 

シャープ複合機を【格安】でリースする

 

【Mac】マックユーザが多いならシャープ

京セラのコピー機もマックでの動作は可能ですが、京セラは「動作保証外」としています。一方、シャープは早くからマックからの印刷にも対応した機種を発売しています。また、シャープはポストスクリプトというDTPなどで使われる言語にも対応しているため、社内でマックユーザが印刷することが多い場合はシャープが良いでしょう。

 

 

まとめ

  • 徹底的に安さなら京セラ
  • 壊れにくさならシャープ
  • 黒なら京セラ、白ならシャープ

 

 

*  *  *

    複合機販売店30社を独自調査したコピー機Gメンが、安さと対応品質が高い販売店2~3社の見積もりを取りまとめ、お客様にメールで送付いたします。相見積もりを取っていただくことを推奨しておりますが、「1社の見積もりだけでよい」という場合はその旨をご記載ください。
    電話問合せはこちら 050-7300-2529

    複合機のお見積り依頼はこちら