【モノクロプリンターのおすすめランキングと選び方】安価なモノクロレーザーHL-L2330Dが○

【モノクロプリンターのおすすめランキングと選び方】安価なモノクロレーザーHL-L2330Dが○

ビジネスフォン営業マンたく  著者紹介 ヤマダ電機にて10年間、プリンターやパソコンの販売に携わっておりました橋口です。家電屋では伝えきれなかった商品の選び方をご紹介します。
     
プリンターの中にはモノクロ専用のプリンターがあるようなんだけど、おすすめのプリンターを教えて?

新人GメンKEICHI

オペレーター 杏奈

カラー印刷がプリンターの基本ですが、ビジネス環境だと、文書印刷でもカラーを使わない印刷やモノクロコピーなどが多いと思います。ご自身の使用方法によっては、モノクロプリンターを選択する事で、ランニングコストの低減や印刷スピードの高速化で、作業効率を上げることも可能になります。

そこで今回は、機能・価格などの観点から「オススメのモノクロプリンター」を紹介します

モノクロプリンターの選び方

単機能プリンター or 多機能プリンター

単機能プリンターとはパソコンなどから印刷指示を出してプリントのみ楽しめるプリンターの事です。プリントのみの機能の為、本体価格を安く抑える事が出来ます。

多機能プリンターとは単機能プリンターと違い、コピー・スキャナー機能を始めとした様々な機能が付いたプリンターの事です。一般的には多機能プリンターを「複合機」や「複合プリンター」などの呼称で呼ばれています。紙に記載された内容をデータ化したり、自宅で手軽に証明書のコピーをしたりする事が可能です。1つの機械に色々な機能が付いているので、機能は必要だがスペースの問題で全ての機械が設置できないという方におすすめです。 現在はカラー複合機が一般的ですが、ビジネス環境においてはカラーは印刷しないという方も少なくないことから、モノクロプリンターやモノクロ複合機を採用している企業もあるようです。

Wi-Fi対応

パソコンとプリンターを接続する方法といえばUSBが一般的です。Wi-Fi対応であれば、ケーブルレスで複数台のパソコンから1台のプリンターを共有する事が出来るので非常に便利です。モノクロプリンターを選ばれる方の多くがビジネス使用かと思いますので、複数Wi-Fi非対応機種を選ぶ事が無いように注意が必要です。

印刷スピード

大量印刷に欠かせない性能、それは印刷スピードだと思います。機種によって印刷スピードもまちまちなので、少々の価格差であれば印刷スピードが速いものをおすすめします。

インクジェットプリンターorレーザープリンター

インクジェットプリンターはインクタンクを用いて用紙に印刷するプリンターで、解像度が高く、繊細な印刷が可能な為、写真印刷に適しているプリンターといわれています。 一方、レーザープリンターはトナーカードリッジを用いて用紙に印刷するプリンターで、印刷スピードが早く、ランニングコストが低いプリンターといわれています。 またトナーを押し付けて印刷する方式なのでにじみにくくキレイに印刷する事が出来ます。

 

【元・家電量販店の店員がオススメする】モノクロプリンター6選!

選ぶ

【1位】ブラザー ジャスティオ HL-L2330D 

安価なモノクロレーザープリンター

モノクロプリンターおすすめ第1位はブラザーのHL-L2330Dです。

おすすめの一番の理由、それは激安価格です。本体の金額が1万円を切るモノクロレーザーは他にない事から、印刷はモノクロしかしないという方にうってつけのプリンターです。 毎分約30枚の高速印刷で、さらに分離型トナー&ドラムでランニングコストが約3円/枚という低コストです。

またこの価格で自動両面印刷も可能となっており、至れり尽くせりのプリンターだと思います。一方デメリットとして上げるとインターフェースが「USB2.0」のみなのでプリンター共有をする場合はプリントサーバーを購入する必要があります。

こんな人にオススメ!
安価なモノクロレーザーをお探しの方

 

 

【2位】キャノン サテラ LBP251

最大800枚給紙可能なモノクロレーザープリンター

 

最大800枚給紙も可能なWi-Fiプリンター、それがLBP251です。

標準カセットに250枚、手差しで50枚、さらにオプションカセットを装着する事で500枚、合計800枚セット出来る大容量給紙可能なモノクロプリンターです。

印刷スピードは30枚/分と高速プリントでランニングコストは3.8円/枚です。またプリンターがスリープ状態からのファーストプリントが約6秒という驚きの速さなので急ぎのプリントに素早く対応できます。さらに便利な機能として放置プリント対策で出力時にプリンタードライバーでパスワード設定が出来る「セキュアプリント」やパソコン画面からトナー残量が確認できる「カードリッジ残量お知らせツール」などが搭載されています。

ユーザーにとって嬉しい機能だなと思ったのが、LBP251に搭載されている、感光体ドラム、現像器、トナー、廃トナーボックスなどが纏まった一体型カードリッジです。消耗品点数が少ないので各消耗品保管に困らないのと、急に廃トナーボックスが一杯になって印刷できないということを防いでくれるのが良い機能だと思います。

ブラザーのHL-L2330Dより導入費用は掛かりますが、無線LAN搭載なのでプリンター共有するという方におすすめです。

こんな人におすすめ!
無線LAN搭載のモノクロプリンターをお探しの方

 

 

【3位】エプソン PX-S160T

エコタンク搭載A4モノクロプリンター

最大用紙サイズ A4
印刷方式 インクジェットプリンター
コピー、スキャナー機能
印刷スピード 15枚/分
サイズ(幅x高さx奥行き) 435x148x267 mm
本体の相場 17,800円

3位はエプソン「エコタンク」搭載モデルのPX-S160Tです。

PX-S160Tの一番の魅力は勿論エコタンクですが、本体購入時にブラックインクが2本同梱されていることも魅力の一つかと思います。ブラックインク1本で約6,000ページ印刷する事が可能ですので、本体を購入すると最初から約11,000ページもの印刷が可能となります。同梱インクが切れた後でも、ブラック1本で約6,000もの印刷が出来るのでランニングコストは驚きの0.3円/枚、併せてインク交換の手間が減るので生産性がグッと上がること間違いなしかと思います。

また、5万ページ印刷が可能な高耐久性なので長く安心して使用出来ると思います。仮に1ヶ月500枚(A4一冊分)印刷すると約8年使用可能で、別途購入するインク本数は約7本です。

大量にモノクロ印刷をする方におすすめの機種かと思います。

こんな人におすすめ!
インクジェットプリンターでモノクロプリンターをお探しの方

 

 

【4位】キャノン サテラ MF242dw

モノクロレーザー複合機

最大用紙サイズ A4
印刷方式 レーザープリンター
コピー、スキャナー機能
印刷スピード 27枚/分
サイズ(幅x高さx奥行き) 390x312x371 mm
本体の相場 18,200円

キャノン サテラ MF242dwはコピー・スキャナー機能を搭載したモノクロレーザー複合機です。

毎分約27枚が売りのモノクロレーザープリンターで、両面印刷機能も搭載。またコピー機能には「応用コピー機能」としてページ集約機能を搭載。2枚の原稿を1枚に纏める2in1機能に加え、4枚を1枚におさめる4in1機能も搭載しています。両面コピーと合わせると最大で8枚を1枚に纏めれます。さらに便利なズーム機能やソート機能、IDカードコピー機能などがあり、作業効率をさらに高めてくれます。

Wi-Fi対応のモデルなので、スマートフォンなどのモバイル機器から印刷する事が可能。また「Canon PRINT Business」を使う事で複合機でスキャンした画像を簡単にモバイル機器に取り込む事が可能になっています。 価格も安価でビジネスシーンで活躍出来る機能も付いているので、印刷はモノクロメインでコピー・スキャナー機能が欲しい方におすすめの複合機です。

こんな人におすすめ!
印刷はモノクロがメインでコピーやスキャナー機能も欲しい方

 

 

【5位】キャノン GM4030 

特大容量タンク「GIGA TANK」を搭載モノクロ複合機

 

5位はキャノンの2019年11月上旬発売のGM4030を紹介します。執筆時は未発売ですが、スペックを見て良いなと感じる部分が多かったので5位としました。

GM4030は「ギガタンク」搭載のモノクロ複合機です。「ギガタンク」は特大容量タンクの呼称ですが、その名の通りの性能でブラックのインクボトル1本で約6,000枚ものプリントが可能になっており、さらに本体購入時にそのブラックインクが2本同梱している優れものの機種です。またランニングコストは1枚あたり0.4円の低ランニングコストを実現し、印刷スピードは13枚/分となっています。

その他としてコピー・スキャナー機能や有線/無線LAN対応で自動両面プリントADFまでも搭載しています。

ちょっと驚いたのが、インクカードリッジ「BC-341」を装着するとカラープリントが可能になります。カードリッジ装着後は速やかな使い切りが必要な様ですが、この機能はスゴいと思いました。

インクジェットプリンターでモノクロ複合機をお探しの方におすすめかと思います。

こんな人におすすめ!
インクジェットプリンターでモノクロ複合機をお探しの方

 

 

【6位】エプソン LP-S3250

A3対応モノクロレーザープリンター

最期に紹介するモノクロプリンターはエプソンのA3対応モノクロレーザープリンターLP-S3250です。

LP-S3250はA3プリントを毎分35枚可能にしたプリンターで、さらに1GBのメモリーを搭載することにより、大量のデータをプリンターに保存することが可能となっています。またビジネス環境で必要な大容量給紙で標準カセットで650枚給紙が可能でオプションユニットを使用すると最大2,300枚の給紙が可能です。これにより印刷スピードが速く、印刷指示が重複した時のプリント待ちを減らし、面倒な給紙回数が減ることでプリントストレスフリーを実現したプリンターです。

一つ残念なのがインターフェースが有線LAN、USBのみということです。無線LAN非搭載なので注意が必要です。

こんな人におすすめ!
A3対応のモノクロプリンターをお探しの方

 

 

まとめ

おすすめのモノクロプリンターを幾つか紹介しましたが、最後に「プリンターの選び方」について、まとめてみます。

  • 印刷スピードやコストパフォーマンスで考えるならレーザープリンターがおすすめ
  • 使用するインク、トナーが1色だけなのでコストを抑えれる
  • 価格が安い、他の追従を許さないおすすめ1位『HL-L2330D』
  • インクジェットプリンターでモノクロプリンターなら『PX-S160T』
  • A3モノクロプリンターなら『LP-S3250』

オペレーター 杏奈

プリンターカテゴリの最新記事