ビジネスインクジェットを比較!エプソン?ブラザー?【元家電販売員がおすすめ紹介】

ビジネスインクジェットを比較!エプソン?ブラザー?【元家電販売員がおすすめ紹介】

ビジネスインクジェット比較!おすすめはブラザー?エプソン?

キヤノン、エプソン、ブラザー、HPなど、いろいろなメーカーがプリンターを発売しているけれど、ビジネスインクジェットプリンターは、どれがおすすめなの?

新人GメンKEICHI

オペレーター 杏奈

ビジネスインクジェットプリンターはレーザープリンターと同等のランニングコストや耐久性を持ったプリンターです。機能や画質、価格など、こだわるポイントによっておすすめするプリンターは異なります。

ベテランGメン園川

そこで今回は、元家電販売員の橋口さんにエプソンとブラザー、キヤノン、HPのビジネスインクジェットを比較していただき、おすすめをご紹介します。
ビジネスフォン営業マンたく  著者紹介
ヤマダ電機にて10年間、プリンターやパソコンの販売に携わっておりました橋口です。家電屋では伝えきれなかった商品の選び方をご紹介します。

 

 

ビジネスインクジェットの比較ポイント

ビジネスインクジェットの比較ポイントは以下です。

  1. 価格&ランニングコスト
  2. 顔料インク
  3. 耐久性
  4. ADF
  5. FAX
  6. 接続方式

 

 

比較ポイント①価格&ランニングコスト

どんなプリンターを購入する際でも気になるのは、本体価格とランニングコスト。ビジネス使用する場合は印刷枚数が多いため、本体価格の高さよりもランニングコストのほうを気にしたほうが「トータルコスト的にお得!」です。

ランニングコストが最も安いのは、エプソンのエコタンクに代表されるインクドボドボ大容量インクタンクプリンター。大容量インクタンクプリンターなら、A4・1枚あたりの印刷単価が1円を切ります。

 

  • ビジネスインクジェットの本体価格とランニングコストが比較ポイント
  • 本体価格よりも、ランニングコスト重視で
  • ランニングコスト最強インクジェットプリンター=大容量インクタンク

 

比較ポイント②顔料インク

インクジェットプリンターのインクには染料と顔料があります。そのうちビジネス文書に適しているのは、水に溶けにくい顔料インクです。顔料インクは染料インクよりもにじみにくく、はっきりくっきり印刷できます。

ビジネス目的でも「写真印刷も多い」という場合は、ブラックのみ顔料でカラーインクに染料を使っているタイプを選びましょう。「いや、文書しか印刷しない」という場合は、全色顔料インクタイプがおすすめですが、全色顔料インクプリンターの種類は大変少ないため、注意しましょう。

 

  • ビジネス文書しか印刷しない→全色顔料プリンターがおすすめ
  • 文書も写真も印刷する→1色顔料+残りは染料タイプがおすすめ

 

ベテランGメン園川

つまり、ビジネスインクジェット選びで迷ったときにはまず、自分が文書派なのか、写真も印刷するのか考えて、インクをみて比較したらいいということです!

 

比較ポイント③耐久性

ビジネス使用を想定するなら、印刷枚数の多さも頭に入れておく必要があります。実は、プリンターはそれぞれ耐久性レベルが異なります。何枚までの印刷に耐えうるプリンターなのか=耐久性もビジネスインクジェットを選ぶ上での比較ポイントです。

ビジネス環境でインクジェットプリンターを購入するのであれば「高耐久性プリンター」や「廃インクエラーをユーザー自身で解除できるプリンター」「廃インクエラーがないプリンター」を選ぶと良いでしょう。

廃インクについては、【レンタルなら気にならない!】プリンターの寿命でご説明させていただいていますので、そちらもご覧ください。

 

  • ビジネスインクジェットの耐久性を比較して選ぶ
  • 廃インクエラーが出ないプリンターを選ぶ

 

 

比較ポイント④ADF

ADFは、オートドキュメントフィードの略で、複数枚の原稿を読み取る機能です。複数枚の文書のコピーやスキャンを行う際に重宝します。また、ADFが付いていると、原稿をセットし直す必要がなく、仕事の効率アップに有効です。

 

 

比較ポイント⑤FAX機能

多機能プリンターの中にはFAX機能が搭載されたモデルがあります。現在は電子メールでのやり取りも古いと言われるようになっていますが、未だ発注や受注をFAXで行なっている会社は少なくなく、スモールオフィスだとプリンターやFAXと何台も設置出来ないというオフィスもあろうかと思います。FAX機能付プリンターであれば1台で2役3役こなしてくれるので非常に便利です。

しかしデメリットとして、プリンターの機能が故障すると全ての機能が使えなくなる可能性があるので注意が必要です。

 

比較ポイント⑥接続方式

通常はUSBケーブルで直接プリンターとパソコンを接続するのが一般的だと思います。ビジネス環境では複数台のパソコンから1台のプリンターを共有することがあるため、接続方法に「LAN機能」が必要になります。「安価なプリンター」だと接続方法がUSBしかなく、複数台で使用出来ないと苦言を言われる方も少なくありません。

最近のビジネスインクジェットプリンターでは有線LANだけでなく無線LAN搭載機種も増えており、スマホやタブレットから印刷する事があるのであれば無線LAN搭載機種をおすすめします。

 

ベテランGメン園川

あとは用紙サイズやトレイに何枚用紙を収納できるのか、ファーストプリントの速さなども気にして比較してみるといいですよ!

 

ビジネスインクジェットおすすめ5選【元家電販売員が比較厳選】

 

選ぶ

 

【1位】ブラザー プリビオ MFC-J6997CDW

ファーストタンク対応2段トレイA3対応複合機

▼ブラザープリビオ MFC-J6997CDWのスペック

 

ランニングコスト A4カラー/3.7円・モノクロ/0.7円 インク種類 顔料4色
耐久性 15万ページ 廃インクパッド 交換不要
ADF FAX
接続方式 USB2.0
有線LAN
無線LAN(Wi-Fi)
最大用紙サイズ A3

 

一番の特長は「ファーストタンク」の呼称である大容量インクタンクです。

MFC-J6997CDWの特長】

  • 1回のインク交換でカラー5,000枚、モノクロ6,000枚印刷が可能
  • カートリッジタイプだから交換時に手が汚れにくい
  • 急なインク切れでも約200枚印刷可能
  • 標準モデルと比較すると約55%ランニングコストをカット

 

ADFは最大50枚までセット可能、3.7型タッチパネル液晶でスマートフォンと同じように直感的に操作も可能、ビジネス環境に必須と言われている背面トレイ搭載で写真や葉書、封筒なら最大20枚までセット可能など機能が盛りだくさんです。

MFC-J6997CDWの唯一のデメリットは、「導入価格」。初期投資費用さえ確保できるなら、MFC-J6997CDWはビジネスインクジェットプリンターの中では最もおすすめの機種です。

こんな人におすすめ!

高耐久で低ランニングコストなビジネスインクジェットプリンターをお探しの方

 

ベテランGメン園川

ちなみに…実はMFC-J6997CDWよりも人気が高く、どこのショップでも品薄状態というブラザープリビオがあります。それは…MFC-J6983CDW!

オペレーター 杏奈

私もMFC-J6983CDWが欲しかったんですが、品切れで手に入っておりません。MFC-J6997CDWとMFC-J6983CDWはスペックが似ているのにMFC-J6983CDWのほうが安いということで、MFC-J6997CDWとMFC-J6983CDWの違いが分からないという声もよく聞かれますので、軽く説明しておきますね。

 

ブラザープリビオMFC-J6983CDW

高耐久ビジネスインクジェットプリンター

▼ブラザープリビオ MFC-J6983CDWのスペック

 

ランニングコスト A4カラー/6.0円・モノクロ/1.3円 インク種類 顔料4色
耐久性 15万ページ 廃インクパッド 交換不要
ADF FAX
接続方式 USB2.0
有線LAN
無線LAN(Wi-Fi)
最大用紙サイズ A3

 

元家電量販店でパソコン担当をしていた私としても、ビジネスインクジェットプリンターの第1位はブラザーのMFC-J6983CDWです。ただ…今、この機種は大変人気で手に入りません。

MFC-J6997CDWとMFC-J6983CDWの違いは以下です。

 

【MFC-J6997CDWとMFC-J6983CDWの違い】

  • 本体価格が約3万円違う→→→MFC-J6983CDWのほうが安い!ただし、手に入らない
  • ランニングコストは、MFC-J6997CDWのほうが安い


つまり、MFC-J6983CDWは大容量インクタンク機種ではなく、MFC-J6997CDWは大容量インクタンク機種、ということです。MFC-J6983CDWは一般的なインクジェットプリンターであるにも関わらず、インク代を極限までおさえた機種。しかも染料インクよりどうしても高くつきがちな全色顔料インクであるという点も注目ポイントです。

ランニングコストの差が気になるという方も多いと思いますが、互換インクを使えばMFC-J6983CDWのインク代もA4カラー3.1円・モノクロ0.7円程度まで下げられます。ショップでMFC-J6983CDWを見かけたら、迷わず購入することをおすすめします。

オペレーター 杏奈

ただし、本体価格をチェックしてくださいね。品薄だからとビックリするような高値で取引しようとする業者もいますので!

 

 

【2位】エプソン EW-M630T

スタンダードエコタンク搭載モデル

▼エプソンEW-M630Tのスペック

 

ランニングコスト A4カラー/0.9円・モノクロ/0.4円 インク種類 顔料1色+染料3色
耐久性 5万ページ 廃インクパッド 交換式メンテナンスボックス
ADF × FAX ×
接続方式 USB2.0
有線LAN
無線LAN(Wi-Fi)
最大用紙サイズ A4

 

EW-M630Tの一番の魅力は、インクコストがA4モノクロ文書で約0.4円、カラーで約0.9円という驚きの低印刷コストです。本体価格も38,000円程度と大容量インクタンクビジネスプリンターとしては、安い!

購入時の同梱インクタンクでA4カラー文書3,600ページ以上プリントが可能となっており、導入時の費用をカバーすることが出来ます。インクは充填方式ですが、スクリュー式のキャップを開けて挿すだけで簡単にインク補充が開始され、満タンになると自動的に完了するのでとっても簡単です。

インクの差し込み部分がカラーごとで違うので、「おっと・・・」ということがないのが更にイイね。

新人GメンKEICHI

その他、ダイレクトプリント対応なのでスマートフォンやタブレットから直接印刷することも可能で、カラーインクは染料インクである事から写真印刷もキレイに印刷できます。また大量印刷をしている人が経験のある「廃インクタンク」のエラーですが、交換式メンテナンスボックス対応なので、ユーザー自身でエラーを解除することが可能なのもポイントの一つだと思います。

一方、低インクコストのEW-M630Tですが、印刷スピードはカラー8枚/分、モノクロ15枚/分と他社のビジネスインクジェットプリンターと比較すると印刷スピードにクエスチョンが付くかもしれませんが、口コミなどを見ると「満足行く印刷スピード」と言う声も少なくありませんでした。

またFAX機能は非搭載の為、FAX機能が必要な方は「EW-M670FT」が同等性能でFAX機能付きです。

EW-M630Tは必要最低限の機能で耐久性やランニングコストにこだわったプリンターです。

こんな人におすすめ!

低ランニングコストのビジネスインクジェットプリンターをお探しの方

 

【3位】エプソン PX-M5080F

A3ノビ対応ビジネスインクジェット複合機

▼エプソンPX-M5080Fのスペック

 

ランニングコスト A4カラー/7.6円・モノクロ/2.5円 インク種類 顔料4色
耐久性 15万ページ 廃インクパッド 交換式メンテナンスボックス
ADF FAX
接続方式 USB2.0
有線LAN
無線LAN(Wi-Fi)
最大用紙サイズ A3ノビ

 

続いて3位はエプソンPX-M5080Fです。こちらの機種は2017年10月発売のモデルで、今まで紹介してきた機種と比べると少し古いモデルになります。

しかしながら機能面はコピー・スキャナーに加えてFAX機能や最大35枚対応のADF、有線/無線LANを搭載、さらに4.3型の大型タッチパネル液晶も嬉しい機能で、スマートフォンの様に感覚的に操作が可能です。また、印刷スピードがカラー10枚/分、モノクロ18枚/分、インクコストはカラー7.6円/枚、モノクロ2.5円/枚と標準モデルと比較すると印刷は速く、コストも抑えれることから2019年現在のモデルと比較しても遜色はないと思います。

さらにA3ノビまで対応しており、自動両面印刷が可能であることからA3の自動両面印刷やADFを利用したA3自動両面コピーやスキャンなどが可能となっています。

A3は欲しいけどレーザー複合機では価格が高いと思っておられるビジネスユーザーの方の中には、PX-M5080Fを購入して様子を見られる方も少なくありません。

 

こんな人におすすめ!

安価なA3ノビ対応ビジネスインクジェット複合機をお探しの方

 

 

【4位】キヤノン G6030 

特大容量タンク搭載スタンダード複合機

▼キヤノンG6030のスペック

 

ランニングコスト A4カラー/0.9円・モノクロ/0.4円 インク種類 顔料1色+染料3色
耐久性 6万ページ 廃インクパッド 交換必要 ※メーカー修理対応
ADF × FAX ×
接続方式 USB2.0
有線LAN
無線LAN(Wi-Fi)
最大用紙サイズ A4

 

4位は「GIGA TANK」搭載キヤノンのG6030です。

プリンターメーカーの老舗中の老舗であるキヤノンですが、ビジネスインクジェットプリンターはレーザープリンターとの兼ね合いからか、機種のラインナップが少なくFAX機能搭載モデルがありません。少ないラインナップですがG6030は以下の方におすすめの機種です。

  • FAX機能は必要ない
  • A4対応で問題がない
  • 印刷スピードにはこだわらない
  • 低ランニングコストを求める
  • キヤノンが好き

ランニングコストは驚きのカラー0.9円/枚、モノクロ0.4円/枚です。さらに本体購入時の同梱インクに使用頻度の高いブラックインクを2本同梱しています。1本で約6,000枚程度印刷出来るので同梱インクだけで12,000枚とたっぷり印刷が出来ます。

また4色ハイブリッドインクは顔料系のブラックと染料系のカラーを搭載。染料系インクを使用するので店舗で使用するPOPや写真が入ったカラフルなプリントの作成もキレイに印刷することが出来るので、店舗で使用する方や写真など多彩な印刷をされる方におすすめです。

こんな人におすすめ!

店内POP印刷や写真が入ったプリントを考えられている方

 

【5位】ブラザー プリビオ MFC-J1605DN

大容量インク対応の電話機付き複合機

▼ブラザープリビオMFC-J1605DNのスペック

 

ランニングコスト A4カラー/3.7円・モノクロ/0.7円 インク種類 顔料1色+染料3色
耐久性 非公開 廃インクパッド 交換必要 ※メーカー修理
ADF FAX
接続方式 USB2.0
有線LAN
無線LAN(Wi-Fi)
最大用紙サイズ A3ノビ

ビジネスインクジェットプリンター最後のご紹介はブラザーMFC-J1605DNです。

こちらのMFC-J1605DNは通常の複合機の機能であるコピー・スキャナーは元よりFAXにコードレス電話機の機能も搭載されたモデルです。さらにブラザーの大容量インク「ファーストタンク」対応プリンターでA4カラーが3.7円/枚、A4モノクロ0.7円/枚の低ランニングコストを実現しました。

MFC-J1605DNの魅力は一つに「ファーストタンク」対応機種であることですが、電話機機能付も外せない魅力の一つ。本体価格は4万円以上ですので複合機として考えると高額ですが、ランニングコストや1台で3役使える事を考えるとお買い得です。

スモールオフィスで勤務されている方におすすめのビジネスインクジェットです。

こんな人におすすめ!

1台でFAX、電話機機能付きでお探しの方

 

まとめ

おすすめのビジネスインクジェットプリンターを幾つか紹介しましたが、最後に「プリンターの選び方」についてまとめます。

  • 技術が進化してきておりビジネスインクジェットプリンターもレーザープリンター並の性能があるので、選択肢の一つとして考えるのも○
  • 高耐久でA3対応、価格も抑えめ『MFC-J6983CDW』がおすすめだが、品薄
  • 高耐久&ランニングコストを考えるなら、MFC-J6997CDW

 

オペレーター 杏奈

プリンター比較カテゴリの最新記事