【価格が安いプリンターはどれ?】1万円以下でおすすめを比較!インク料金に注意

【価格が安いプリンターはどれ?】1万円以下でおすすめを比較!インク料金に注意

安い格安プリンター

 

プリンターにお金かける余裕なんて無いし、格安のプリンターが欲しいな。

新人GメンKEICHI

オペレーター 杏奈

本体料金の安さだけでなく、消耗品であるインク代にも注意が必要ですよ!まずは安いプリンターの選び方についてご紹介します。

 

 

格安インクジェットプリンターの選び方

プリンターの本体料金の相場で言えば、1万円以下のプリンターが安いプリンターです。

ただしプリンター本体の料金だけでなく、インク価格の安さにも要注意です。ブラザーのDCP-J577Nのようにインク代が安い機種を選ぶことでコストを抑えることができます。

また、業務での利用などで平均で月間100枚以上印刷するような方であれば大容量タンクがおすすめです。大容量タンクのおすすめ機種はこちらです。

 

 

【6選】安くておすすめのインクジェットプリンター紹介

 

【1位】キャノン TS3130S リーズナブルな価格のA4複合機

 

 

用紙サイズ はがき~A4
カラー・白黒 カラー印刷対応
コピー
ランニングコスト(L判用紙) 21.7円
接続方法 無線LAN/USB2.0
本体サイズ(横幅X奥行きX高さ) 435X316X145(mm)
本体の相場 5,200円

 

リーズナブな価格ではありますが、コピーやスキャナー機能が付属しているA4複合機です。カラー印刷に最適な染料系カラーインクと文書印刷に最適な顔料系ブラックインクを搭載した4色ハイブリッドインクタンク搭載の機種です。接続方法はUSB以外にも無線LAN搭載で置き場所に困ることはなく、又、スマホからのプリントにも対応してます。

 

こんな人におすすめ!

1万円以下でプリンターをお探しの方

 

 

【2位】エプソン PX-049A 文書印刷に最適なA4複合機

 

 

用紙サイズ はがき~A4
カラー・白黒 カラー印刷対応(顔料系インク)
コピー
ランニングコスト(L判用紙) 27.5円
接続方法 無線LAN/USB2.0
本体サイズ(横幅X奥行きX高さ) 390X300X145(mm)
本体の相場 5,400円

 

価格が6,000円を下回りながら、コピー・スキャナー機能を搭載したA4複合機です。

インクタンクは全色顔料系インクを採用。文書印刷するのに最適であり、にじみにくく、はっきりくっきりと普通紙に印刷することができます。又、据え置き型プリンターではかなり小さい機種で、更に無線LANを搭載していることから置き場所に困ることはありません。

顔料系インクで写真印刷する場合は専用の写真用紙を使用する必要があります。光沢が少ない仕上がりとなりますが、口コミを見ると味がある印刷ができるいう方も少なくありません。

 

こんな人におすすめ!

文書印刷がメインで省スペース型のプリンターを求めている方

 

 

【3位】ブラザー DCP-J577N 自動両面対応でインクも安い

 

用紙サイズ はがき~A4
カラー・白黒 カラー印刷対応
コピー
ランニングコスト(L判用紙) 18.6円
接続方法 無線LAN/USB2.0
本体サイズ(横幅X奥行きX高さ) 400X341X151(mm)
本体の相場 8,300円

 

1万円以下の価格で自動両面プリント機能を搭載したプリンターです。

1位、2位で紹介したプリンターよりは本体価格は上がりますが、ランニングコストが抑えめなので、長い目でみると価格は安くなる可能性のあるプリンターだと思います。

又、自動両面プリント対応ではがき印刷する際に裏表を入れ替える手間が省けます。

 

こんな人におすすめ!

印刷する機会が多く、価格は抑えめで機能面も欲しいという方

 

 

【4位】エプソン、EP711A、写真印刷がキレイなA4複合機

 

 

用紙サイズ はがき~A4
カラー・白黒 カラー印刷対応
コピー
ランニングコスト(L判用紙) 26.5円
接続方法 無線LAN/USB2.0
本体サイズ(横幅X奥行きX高さ) 390X338X163(mm)
本体の相場 11,000円

 

コンパクトサイズ、前面給紙で背面を気にすること無く設置することができ、なんと前面給紙のトレーには一度にA4普通紙を100枚セットできます。

又、2つのライトインクでなめらかなグラデーション表現が可能となった染料系6色インクタンク搭載。2つのライトインクを使用することで人物写真、風景写真も再現性の高い印刷が可能となっております。

 

こんな人におすすめ!

価格が安く写真印刷がキレイなプリンターを探しているという方

 

 

【5位】HP ENVY5020 スマホから写真印刷可能

 

用紙サイズ はがき~A4
カラー・白黒 カラー印刷対応
コピー
ランニングコスト(L判用紙) 非公開
接続方法 無線LAN/USB2.0
本体サイズ(横幅X奥行きX高さ) 445X367X128(mm)
本体の相場 5,700円

 

価格は6,000円を下回りながら、自動両面印刷、スマホ印刷も可能になったA4複合機。

プリントヘッドが付いたインクタンクのためインク代が少々掛かりますが、インクジェットプリンターの故障の原因であるプリントヘッドの目詰まりをインクの交換で解消することができるプリンターです。

2.2型タッチパネル液晶でスマートフォンの操作のように感覚的に操作することが出来ます。

 

こんな人におすすめ!

プリンターのエントリーモデルをお探しで、機能面の充実を求められる方

 

 

【6位】キャノン TS203 プリンター機能だけのシンプルプリンター

 

 

用紙サイズ はがき~A4
カラー・白黒 カラー印刷対応
コピー
ランニングコスト(L判用紙) 21.7円
接続方法 USB2.0
本体サイズ(横幅X奥行きX高さ) 426X255X131(mm)
本体の相場 4,200円

 

コピーやスキャナー機能、無線LAN非搭載でプリント機能のみのシンプルプリンターですが、コストパフォマンスが高いプリンターです。染料系カラーインクと顔料系ブラックインクの4色インクカートリッジを採用し写真印刷から文字印刷に至るまでキレイに印刷することが出来ます。

又、プリントする量や頻度に合わせてインクの量を標準容量タイプまたは大容量タイプから選べます

 

こんな人におすすめ!

とにかく無駄な機能を削って、価格を抑えたいプリンターをお探しの方

 

 

まとめ

価格が安いプリンターの選び方についてまとめるで!

新人GメンKEICHI

  • 本体料金は1万円以下が安い
  • インク代にも要注意
  • コピーやスキャンも使うならTS3130S
  • インクの安さならDCP-J577N

 

オペレーター 杏奈

インクジェットプリンターカテゴリの最新記事