【FAX対応プリンターおすすめランキングと選び方】FAX対応プリンターならA3ノビ対応、PX-M5080Fが○

【FAX対応プリンターおすすめランキングと選び方】FAX対応プリンターならA3ノビ対応、PX-M5080Fが○
ビジネスフォン営業マンたく  著者紹介 ヤマダ電機にて10年間、プリンターやパソコンの販売に携わっておりました橋口です。家電屋では伝えきれなかった商品の選び方をご紹介します。

キャノン、エプソン、ブラザー、HPなど、いろいろなメーカーがFAX対応プリンターを発売しているけれど、どれがオススメなの?

新人GメンKEICHI

オペレーター 杏奈

そうですね…。今はEメールやSNSでのやり取りが当たり前の時代ですが、FAXは未だに商品の受注、発注などで使用されている方も多い状況です。各社FAX対応プリンターを発売してますが、機能、性能、価格など、こだわるポイントによってオススメするプリンターは異なります。

 

そこで今回は、機能・性能・価格などの観点から「正しいプリンターの選び方」と「オススメのFAX対応プリンター」を紹介します。

 

FAX対応プリンターの選び方

用途に最適なプリンターを選ぶためには、まずは「正しいプリンターの選び方」を覚えましょう。以下、チェックしておきたいポイントを幾つか紹介します。

プリンターの種類

FAX対応プリンターにはインクジェット方式、レーザー方式の2種類があります。

インクジェットプリンターはインクタンクを用いて用紙に印刷するプリンターで、解像度が高く、繊細な印刷が可能な為、写真印刷に適しているプリンターといわれています。 一方、レーザープリンターはトナーカードリッジを用いて用紙に印刷するプリンターで、印刷スピードが早く、ランニングコストが低いプリンターといわれています。 またトナーを押し付けて印刷する方式なのでにじみにくくキレイに印刷する事が出来ます。

ランニングコスト

プリンターのランニングコストには用紙代、インク代がありますが、特にウエイトが大きいのはインク代です。

インクの種類ですがインクジェットプリンターだと一つ一つのカラーインクが独立している独立型インクとカラーインクが一つのインクタンクにまとまっているのが一体型インクの2種類です。一体型インク搭載のプリンターは比較的本体価格が安価なものが多いのが特長ですが、一つのカラーが切れるとインクをまるごと交換する必要があります。

一方、レーザープリンターはトナーを使用します。トナーはインクジェットプリンターのインクと比べると高額ですが、一つのトナーで何千枚ものプリントが出来るのが特長です。FAX対応プリンターを探されている方は業務用目的の方も多いかと思いますので、沢山印刷される方はランニングコストを確認しましょう。

無線LAN

パソコンとプリンターを接続する方法といえばUSBが一般的です。無線LAN対応であれば、ケーブルレスで複数台のパソコンから1台のプリンターを共有する事が出来るので非常に便利です。また、FAX対応プリンターは本体サイズが大きくなる傾向があるので、ケーブル関係を気にすると設置場所を選ぶ必要がありますが、無線LAN搭載プリンターであれば、ケーブルを気にしなくて良いので本体の設置場所に困ることも少なくなるかと思います。

ADF

ADFは、オートドキュメントフィードの略で、複数枚の原稿を読み取る機能です。複数枚の文書のFAXを行う際に重宝します。また、ADFが付いていると、原稿をセットし直す必要がなく、仕事の効率アップに有効です。

 

 

【元・家電量販店の店員がオススメする】FAX対応プリンター6選!

選ぶ

【1位】エプソン PX-M5080F

A3ノビ対応インクジェット複合機

最大用紙サイズ A3ノビ
プリンターの種類 インクジェットプリンター
ADF
ランニングコスト(モノクロ、カラー) 2.5円、7.6円
サイズ(幅x高さx奥行き) 567x340x452 mm
本体の相場 28,500円

元・家電量販店店員の私がおすすめするFAX対応プリンターはエプソンPX-M5080Fです。

PX-M5080Fはコピー・スキャナーは勿論のこと、最大35枚対応のADF、有線/無線LAN、さらに4.3型の大型タッチパネル液晶を搭載しスマートフォンの様に感覚的にプリンターの操作が可能です。また印刷スピードがカラー10枚/分、モノクロ18枚/分、インクコストはカラー7.6円/枚、モノクロ2.5円/枚と標準モデルと比較すると印刷は速く、インクコストも抑えれます。また4色顔料インクなのでビジネス文書を印刷するのにはっきりくっきり印刷することが出来ます。

さらにA3ノビまで対応しており、自動両面印刷が可能であることからA3の自動両面印刷やADFを利用したA3自動両面コピーやスキャンなどが可能となっています。

ビジネス環境で利用するのでA3レーザー複合機が欲しい、でも価格が。。。と悩まれている方が、お選び頂いても問題のない機種かと思います。

 

こんな人におすすめ!
安価なA3ノビ対応FAX対応複合機をお探しの方

 

 

【2位】ブラザー プリビオ MFC-J738DN

電話機・FAX対応複合機

最大用紙サイズ A4
プリンターの種類 インクジェットプリンター
ADF
ランニングコスト(モノクロ、カラー) 3.0円、9.0円
サイズ(幅x高さx奥行き) 400x151x341 mm
本体の相場 22,800円

電話機には、着信を拒否する「おことわり機能」や電話番号を登録して着信拒否する「迷惑電話番号指定」などの機能が搭載されており、通常の電話機と遜色ない機能付きです。またFAX機能は、「見るだけ受信」やFAXの内容を外出先でもスマートフォンなどを使用して確認できる「ファクスクラウド転送」など使い勝手の良い機能が付いています。

プリンター機能としても4色独立インクで写真や文字もキレイにプリントでき、接続に便利な無線LANなども標準搭載です。様々な機能が搭載していますが400mmx151mmx341mmとサイズもとってもコンパクトです。FAX複合機は比較的本体サイズが大きくなりがちですが、これなら設置場所に困らずにすむかと思います。

また電話子機は合計4台まで増設ができ、最初から2台必要な方はMFC-J738DWNを選ぶと良いでしょう。

 

こんな人にオススメ!
1台の複合機でFAXもプリントも電話もいう方

 

 

【3位】キャノン サテラ MF644Cdw

高機能FAX対応レーザー複合機

最大用紙サイズ A4
プリンターの種類 レーザープリンター
ADF
ランニングコスト(モノクロ、カラー) 3.4円、18.0円
サイズ(幅x高さx奥行き) 451x413x460 mm
本体の相場 52,500円

3位はキャノンのレーザープリンター MF-644Cdwです。

MF-644CdwはFAX対応でコピー・スキャナー機能を搭載したカラーレーザー複合機です。

最大の特長は本体のサイズです。451(幅)x413(高さ)x460(奥行き)mmとFAX対応カラーレーザーでありながらとってもコンパクト。さらに印刷スピードは毎分21枚とスピーディ、そして自動両面印刷にも対応しています。

また無線LAN対応なのでアプリを使用してスマートフォンやタブレットから直接印刷することも可能で、5.0型のタッチパネル液晶が付いていることから感覚的に本体の操作をする事も可能です。

一方、ランニングコストがカラーで18.0円/枚と若干インクコストが掛かりますが、印刷スピードが早いのとトナーカートリッジや用紙が前面からセットできるので作業効率アップにつながるかと思います。

 

こんな人におすすめ!
高機能且つ省スペースでカラー複合機をお探しの方

 

 

【4位】ブラザー プリビオ MFC-J6983CDW

高耐久FAX対応A3複合機

最大用紙サイズ A3
プリンターの種類 インクジェットプリンター
ADF
ランニングコスト(モノクロ、カラー) 1.4円、6.6円
サイズ(幅x高さx奥行き) 575x375x477 mm
本体の相場 39,500円

大容量2段トレイ、多目的トレイを搭載、インクジェットプリンターで約15万ページの高耐久性を実現した大量印刷可能複合機がMFC-J6983CDWです。

1分間にA4カラー印刷約20枚、A4モノクロ印刷約22枚というレーザープリンター並の印刷スピードを搭載しています。またインクジェットプリンターは1枚目のファーストプリントが若干遅めですが、1枚目の印刷がカラーで約6秒、モノクロで5.5秒と高速プリントが可能なので、カウンター業務など急ぎのプリントが必要な状況でもお待たせすることが少なくなりました。さらにブラザー独自のファクスクラウド転送機能やファクスEメール転送などを搭載しているのでFAXを便利に使用する事が出来ます。

一方で機能、性能が優秀なMFC-J6983CDWですが、一般的な複合機やカラーレーザー複合機などと比較すると本体が大きくなるので設置場所には注意が必要かと思います。

 

宅急便で品物を送ることが良くあるんだけど、送り状をプリントアウトとか出来ると嬉しいな。

新人GメンKEICHI

オペレーター 杏奈

MFC-J6983CDWだったら大手運送会社の送り状をインクジェットプリンターで簡単にプリントアウトする事が出来ます。送り状専用ドライバーを選ぶだけで面倒な設定はなく、各用紙に最適化された操作表示を見ながら用紙をセットするだけで、誰でも容易に印刷する事が可能ですよ。

 

こんな人におすすめ!
高耐久FAX対応複合機をお探しの方

 

 

【5位】ブラザー ジャスティオ MFC-L3770CDW 

コンパクトカラーレーザー複合機

最大用紙サイズ A4
プリンターの種類 レーザープリンター
ADF
ランニングコスト(モノクロ、カラー) 3.1円、17.4円
サイズ(幅x高さx奥行き) 410x414x509 mm
本体の相場 50,400円

続いて第5位はブラザーのMFC-L3770CDWです。

MFC-L3770CDWはFAX対応のカラーレーザープリンターです。カラーレーザー複合機となると本体のサイズが大きくなりますが、MFC-L3770CDWはとってもコンパクト。410mm(幅)x414mm(高さ)x509mm(奥行き)と比較的小さめサイズなので複合機でコンパクトなタイプをお探しの方におすすめの機種かと思います。

印刷スピードは毎分24枚ととってもスピーディー。さらに3.7型のタッチパネル液晶搭載なのでスマートフォンを操作する様に本体を操作する事が出来ます。

また、一度の用紙送りで表裏同時にスキャンができる機能やWi-Fi対応でパソコンやスマートフォンから直接印刷する事も可能なモデルです。

 

こんな人におすすめ!
印刷スピードが早くて高機能且つ省スペースなカラー複合機をお探しの方

 

 

【6位】HP OfficeJet 5220

激安FAX対応複合機

最大用紙サイズ A4
プリンターの種類 インクジェットプリンター
ADF
ランニングコスト(モノクロ、カラー) 非公表
サイズ(幅x高さx奥行き) 445x190x369 mm
本体の相場 9,300円

FAX対応プリンター、最後にご紹介するのはHP OfficeJet 5220です。

HP OfficeJet 5220の最大の特長は価格です。1万円を切る価格でFAXを始めコピー・スキャナー、ADFなど様々な機能が搭載されています。さらに2.2型モノクロタッチスクリーンを採用しているのでスマートフォンの様に感覚的に操作が可能です。

また印刷頻度が少ないと発生するプリントヘッドの目詰まりをインク交換で解消できます。HPのインクはカラー一体型インクですが、インクにプリントヘッドが付いているのでプリントヘッドの目詰まりをユーザー自身でエラー解除することが出来ます。一方でカラー一体型インクのため、プリント枚数が増えるとインク交換の機会が増えるのがデメリットとして挙げられます。

プリント機会が少なく、でもFAXは使うという方におすすめの機種です。

 

こんな人におすすめ!
安価なFAX対応複合機をお探しの方

 

 

まとめ

おすすめのFAX対応プリンターを幾つか紹介しましたが、最後に「プリンターの選び方」について、まとめてみます。

  • FAX対応複合機は本体が大きくなる傾向なので無線LAN搭載がおすすめ。
  • ランニングコストを考えるならインクジェットプリンター。印刷スピードやコンパクトサイズならレーザープリンターがおすすめ。
  • 長い目でみると高耐久性のある複合機『MFC-J6983CDW』
  • A3ノビ対応、価格も抑えめで○『PX-M5080F』
  • 激安FAX複合機なら『OfficeJet 5220』

オペレーター 杏奈

プリンターカテゴリの最新記事