プレゼントにおすすめのフォトブック6選!記念日や誕生日に思い出を贈ろう

プレゼントにおすすめのフォトブック6選!記念日や誕生日に思い出を贈ろう

プレゼントにおすすめのフォトブック6選!記念日や誕生日に思い出を贈ろう

妹が友達の誕生日にフォトブックをプレゼントしたいって言ってるんやけど、フォトブック言うても色々あるからどれがプレゼント用にええんか全然分からんわ…。

新人GメンKEICHI

ベテランGメン園川

フォトブックは記念日や誕生日、結婚式でのプレゼントにとてもいいですよね。プレゼント用フォトブックを作る際には、いくつかコツがありますよ。

オペレーター 杏奈

今回は、プレゼントにおすすめのフォトブックや作るときのコツを紹介していきます。

プレゼントにおすすめ!フォトブックを作ってみよう!

大切な人たちに写真をプレゼントするなら、ぜひフォトブックにしてみましょう。個人の写真もフォトブックにすることで、まるで写真集のように仕上がります。

友人の誕生日や結婚式、記念日や旅行の思い出、母の日や父の日などにフォトブックをプレゼントするのがおすすめです。工夫次第でオリジナリティあふれるデザインにできるフォトブック。ぜひ世界に一つだけのスペシャルなフォトブックを作って、プレゼントしましょう。

 

確かにフォトブックって手間暇かけて作るもんやけん、モノだけのプレゼントより喜ばれそうやな。思い出はプライスレスやもんな。でも…フォトブック作るのって難しいんちゃうん?

新人GメンKEICHI

ベテランGメン園川

写真データさえあれば、簡単に作れますよ。最近は、初心者でも簡単に作れるフォトブックもありますし、臆することはありません!

オペレーター 杏奈

でも、どうせなら素敵なフォトブックをプレゼントしたいですよね!続いて、プレゼント用フォトブック作りのコツについて見ていきましょう。

 

プレゼント用フォトブック作りのコツ

プレゼント用のフォトブック作りのコツは以下です。

 

  • 予算・納期を決める
  • 画質にこだわる
  • ソフトカバー・ハードカバーを選ぶ
  • オリジナリティを重視する

 

オペレーター 杏奈

これから、それぞれのコツについて紹介していきます。

 

予算・納期を決める

プレゼントする人数、フォトブックのサイズや装丁などによって値段が大きく変わります。プレゼント用フォトブックを作成する前に、大体の予算を決めておきましょう。また、記念日や誕生日当日に間に合うよう、納期を把握しておくことも大切です。

フォトブックの価格相場A4ハードカバーで4,500円~10,400円、A4ソフトカバーで1,000円~5,500円です。

納期は最短で当日出荷のものもあります。ただ、当日出荷のものは特定の商品だけなので、こだわりのあるフォトブックをプレゼントしたい場合には納期に余裕を持って作成すると安心です

 

フォトブックのサイズは確かA4・A5・文庫サイズが人気やったな!フォトブックをせっかく作ってもプレゼントしたい日に間に合わんかったらショックやから納期ちゃんと確認するわ!

新人GメンKEICHI

ベテランGメン園川

A4・A5・文庫サイズは本棚に収納しやすいサイズなのが人気の理由の一つみたいですね。「納期に余裕がないな」という方は、納期が早いフォトブック記事を参考にしてください。

 

ソフトカバー・ハードカバーを選ぶ

フォトブックの装丁には一般的にソフトカバーとハードカバーの2種類があります。

ソフトカバーは柔らかい手触りで価格も安く、雑誌のような感覚で気軽に読めるフォトブックを作成したいときにぴったりです。反対にハードカバーはしっかりとしていて高級感があり、長期保管に向いています。

友達や親族にプレゼントする誕生日の思い出や子供の成長記録などにはソフトカバー、結婚式や記念日などの長期的に綺麗に保管したいプレゼントにはハードカバーがおすすめです。

 

画質にこだわる

画質にこだわりたい場合には、印刷方式に注目することが大切です。特に高画質と好評なのが、7色染色インクを使用したキヤノンのオンデマンド機の「ドリームラボ」、特殊な印画紙に光を当てて発色させることで画質を滑らかに表現する「銀塩プリント」の2つです。

しかし、「ドリームラボ」や「銀塩プリント」を使用したフォトブックは高画質な分、値段が高くなってしまいます。そこまで画質にこだわらないけど綺麗な方がいいという方には「液体4色・6色トナー」もおすすめです。

 

オペレーター 杏奈

高画質で安いフォトブックについてはこちらで詳しく紹介しています。

 

オリジナリティを重視する

フォトブックの多くは、余白に文字を入れられます。メッセージを添えることで、気持ちのこもったオリジナリティ溢れるフォトブックに仕上がります

フォトブックラッピングサービスがあるメーカーを利用すると便利です。ただし、フォトブックの仕上がり状態を確認してから手渡ししたい場合は、ラッピングサービスは不要。プレゼント用フォトブックにミスがあると、嬉しさも半減してしまいます。自分の目で仕上がりをチェックしてから、プレゼントできるといいですね。

盲点になりがちなのが、社名・バーコード印刷です。実は、ほとんどのフォトブックに社名・バーコードは入ります。ただ中には、社名・バーコードが記載されないフォトブックもあります。値段や発注先を知られたくない場合には、社名・バーコードが印刷されないフォトブックを選びましょう。

 

プレゼント用フォトブック作りのコツはだいたい分かったわ!プレゼント用にはズバリこれ!っていうフォトブックも教えてくれへん?

新人GメンKEICHI

オペレーター 杏奈

もちろんです!次に、プレゼントにおすすめのフォトブック6選を紹介していきます。

 

プレゼントにおすすめのフォトブック6選

おしゃれにこだわる「Photoback」



※画像は「Photoback」公式サイトより引用

Photobackはデザイナーによって開発されたフォトブックで、”写真が語り出すような本”がコンセプト。レイアウトにこだわったテンプレートの種類も豊富で、写真を選んでいくだけでおしゃれなフォトブックを簡単に作成することができます。

Photobackにはラッピングサービスはありませんが、それぞれの商品に合わせたラッピング用のギフトキットがあります。また、付属のメッセージカードに心を込めたメッセージを添えることもできます。

 

▼Photobackのスペック情報

 

印刷方式 4色、6色印刷 編集方式
  • Web編集
  • アプリ
納期 7日程度

(※最短当日出荷の特急便オプションあり)

価格目安(税込) ソフトカバー(24P):1,540円~

ハードカバー(24P):8,360円~

ギフトラッピング
〇(自分で梱包する必要あり) 社名・バーコード 入る

 

 

Photobackはこんな方におすすめ!



オペレーター 杏奈

Photobackのフォトブックの口コミ・評判を知りたい方は、こちらを参考にしてください。

 

操作性重視なら「マイブック」

社名・バーコード

※画像はマイブック公式サイトより引用

マイブックは、2000年12月から開始した自分だけのオリジナルフォトブックを作成できるサイトで、累計500万冊の注文実績があります。プロの写真家向けのASUKABOOKでの技術を応用しており、他の4色印刷のフォトブックに比べると、画質はピカイチです。

また、カスタマーサポートセンターが設置されており、平日の10時~17時まで分からないことは何でも質問できます。フォトブックを作成したことがない方でも気軽に挑戦できるのが魅力的です。

他のメーカーのフォトブックには商品にバーコードが入ることがほとんどですが、マイブックで作成したフォトブックには社名・バーコードが入らないので、贈り物に最適です。

 

▼マイブックのスペック情報

 

印刷方式 4色、ドリームラボ 編集方式 編集ソフト(PC)
納期 10日程度 価格目安(税込) ソフトカバー(20P):1,738円~

ハードカバー(20P):2,530円~

ギフトラッピング
〇(自分で梱包する必要あり)
社名・バーコード 入らない

 

 

マイブックはこんな方におすすめ!

  • 初めてフォトブック作りに挑戦する
  • 機械の操作が得意ではない
  • 画質や仕上げ方にこだわりたい

 

オペレーター 杏奈

マイブックの口コミ・評判について気になる方はこちらを参考にしてください。

 

安くて高画質「フジフォトアルバム」

※画像はフジフォトアルバム公式より引用

銀塩プリントで高画質ながらも、安価な料金体系が魅力のフジフォトアルバム。合紙綴じ(フルフラット)を採用しているので、A4見開き部分はA3サイズの超大迫力画面になります。また、マイブック同様、フォトブックに社名・バーコードが入らないので、プレゼントにおすすめです。

A4サイズで銀塩プリントだと5,000円ぐらいが相場ですが、フジフォトアルバムなら8ページで2,728円~という破格の安さで製作可能です。A4以外にも、B5タイプとスクエアタイプ21は2019年1月に価格改定を行い、かなり安い価格帯に設定されています。

布やレザー調の表紙で綴じる高級製本タイプも選ぶことができ、結婚式などの記念日にぴったりな特別感のあるフォトブックに仕上げられます。専用ケースがつけられるオプションもあり、長期保管にも最適です。

 

▼フジフォトアルバムのスペック情報

 

印刷方式 銀塩プリント 編集方式 編集ソフト(PC)
納期 1~3週間程度 価格目安(税込) ハードカバー(24P):4,928円~
ギフトラッピング
×
社名・バーコード 入らない

 

 

フジフォトアルバムはこんな方におすすめ!



オペレーター 杏奈

フジフォトアルバムの口コミ・評判について気になる方はこちらを参考にしてください。

 

格安で作成できる「しまうまプリント」

※画像はしまうまプリント公式より引用

とにかく安いフォトブックにこだわるならしまうまプリントがおすすめです。しまうまプリントのスタンダードは、スマホからもパソコンからも編集できます。また、文庫サイズで217円~と破格の安さも魅力

安い分、画質が不安と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、プレミアムやプレミアムハード仕上げにはキヤノンのドリームラボを使用しているので、画質にも力を注いでいるメーカーと言えます。

納期は最短で当日発送ですが、当日発送するには11時59分までに入稿する、宅配便発送のもののみという条件がありますので気を付けてください。また、しまうまプリントにはスタンダード以外にもドリームラボ印刷のプレミアムやプレミアムハードがありますが、こちらは対象外です。

 

▼しまうまプリントのスペック情報

 

印刷方式 4色、ドリームラボ 編集方式
  • Web編集
  • アプリ
納期 最短当日発送 価格目安(税込) ソフトカバー(24P):217円~

ハードカバー(24P):2,087円~

ギフトラッピング
×
社名・バーコード 入る(有料でロゴのみ消去可能)

 

 

しまうまプリントはこんな方におすすめ

  • 価格を安く抑えたい
  • 納期が早い方がいい
  • スマホからも編集したい

 

オペレーター 杏奈

しまうまプリントの口コミ・評判について気になる方はこちらを参考にしてください。

 

高画質で納期も早い「フォトレボ」



※画像はフォトレボ公式より引用。

キヤノンのドリームラボ印刷を採用しているフォトレボは、「プレゼント用フォトブックの画質にこだわりたい」という方におすすめです。また、フォトレボは納期が早いのも魅力の一つ。最短3営業日で発送されます。

専用編集ツールも使いやすく、操作しやすいと好評。レイアウトが苦手な方でも簡単におしゃれなフォトブックを作成できます。

フォトレボは高品質の割に、比較的価格も安価。ソフトカバーなら980円~です。さらに、初回割引制度や期間限定キャンペーン割引なども展開されています。情報は随時更新されますので、「プレゼント用フォトブックを安く購入したい」という方は、ぜひ公式サイトをチェックしてみてください。

【フォトレボ公式はこちら!】初回半額もあり!期間限定15%オフキャンペーンも

合紙綴じではなくPUR無線綴じのため、紙は「厚い」というほどではありませんが、しっかりとした品質です。PUR無線綴じなので、比較的フラットに開きやすいのもメリットでしょう。

 

▼フォトレボのスペック情報

 

印刷方式 ドリームラボ 編集方式 パソコン(ダウンロード)
納期 5日程度 価格目安(税込) ソフトカバー(24P):1,460円~

[基本16P:980円~]

ハードカバー(24P):2,980円~

[基本16P:2,500円~]

ギフトラッピング
×
社名・バーコード 入る

 

 

フォトレボはこんな方におすすめ



後からでも写真を増やせる「フエルフォトブック」

※画像はフエルフォトブック公式より引用。

フエルフォトブックはバインダー方式のフォトブック。これまでの思い出だけでなく、これからの思い出もどんどん増やしていけるのが魅力的。バインダーには最大40枚までシート(1シートごと追加可能)を挟めるので、写真が増えても安心です。シートの順番も随時変更可能なので、後から時系列に写真を並べ替えることもできます

 

▼フエルフォトブックのスペック情報

 

印刷方式 印刷仕上げ 編集方式 Web編集
納期 10日程度 価格目安(税込) ソフトカバー(24P):2,090円~

ハードカバー(24P):2,750円~

ギフトラッピング

社名・バーコード 入る

 

フエルフォトブックはこんな方におすすめ!

  • 写真を気軽に追加できる
  • 写真の順番を後から変えられる
  • 大量の写真を保管したい

 

まとめ

  • フォトブックは友人の誕生日や結婚式、記念日や旅行の思い出、母の日や父の日などにプレゼントするのがおすすめ
  • 予算は価格相場を参考にし、納期には余裕を持つ
  • 高画質におすすめの印刷方式は「ドリームラボ」「銀塩プリント」「液体4色・6色トナー」
  • 装丁は予算や目的によってソフトカバーかハードカバーを選ぶ
  • 梱包やメッセージはもちろん、社名・バーコードが入っていないフォトブックでオリジナリティにこだわる

 

ワシ的には、「フォトブック作るの初めて」いう人にはフォトレボがおすすめやな。初回限定やけど安ぅなるで~!

新人GメンKEICHI



フォトブックカテゴリの最新記事