【複合機のリース審査】個人事業主や赤字でも審査は通るの?

【複合機のリース審査】個人事業主や赤字でも審査は通るの?

コピー機Gメンは全国にある販売店と提携しており、ゼロックス・キヤノンなど全社メーカーのコピー機のお見積りが可能です。また、複合機のリース購入だけでなくレンタルや中古でのご提案も致します。

*  *  *

【複合機のリース審査】個人事業主でも審査は通るの?

 

審査

 

リースとは?複合機のリースの仕組み」では複合機リースのメリット&デメリットを、「複合機のリースとレンタルの違い」では複合機の導入手段をお伝えしました。

しかし、仕組みやメリットを知ったところで、複合機をリースするためには審査に通らなくてはいけません。

クレジットカードを作る時や部屋を借りる時も審査があるやろ。あれ失礼やで。すぐ金の話をしよって!

新入りGメンKeichi

ベテランGメン

審査基準は違いますが、生命保険に加入する時も審査はありますよね。
世の中、審査だらけやな。で、複合機のリースはどないな審査があるん?ややこしい?やっぱり金?

新入りGメンKeichi

ベテランGメン

リースでも当然、支払い能力はチェックされますよ。審査が通る目安なども含めて、今回は複合機のリース審査について紹介します。

複合機リースの審査基準

 

企業

 

リースの審査基準は公表されておらず、審査が通らなかった場合も否決された理由は教えてもらうことができません。また、リースには様々な種類があり、それによって審査基準が異なるため、例えば社用車のリースが通っても複合機のリースが通るとは限らず、その逆も考えられます。

ただし、複合機は比較的リースの金額が少額なので、審査基準も若干緩めに設定されています。

 

要するに金やろ?審査基準なんて大層なことを言うて、結局は業績なり資産の有無で判断されるんと違う?

新入りGメンKeichi

ベテランGメン

うーん。業績なども関係しますが、一概にそうとは限らないんですよ。企業の審査は設立3年2期黒字なら通過率が非常に高いですが、その他にも色々とチェックされるポイントがあります。

 

複合機リースの審査基準:ポイント1「滞納の有無」

 

滞納

 

企業もしくは代表者個人に何らかの滞納があれば、ほとんどのケースで審査は通りません。特に、法人カードもしくは代表者個人のクレジットカードやローンの支払いなどで支払いの滞納があれば致命的です。

およそ3ヵ月分の支払いが滞ってしまうとブラック認定されてしまい、複合機のリースに限らず、各種リースやローン、法人カード等の審査も通らなくなるので気を付けましょう。

これらの情報は信販会社で情報を共有されています。海外勤務などで、携帯電話の支払いをうっかり数ヵ月忘れてしまっただけでも、信用情報に傷が付くこともあります。

「お金の支払いに滞りがないこと」が複合機リースの審査を通るうえでは絶対条件で、通常は5年で信用情報はクリアされますが、過去にクレジットカードの審査が通らなかった経験があるなど、不安な要素があるならば、審査を行う前に、あらかじめCIC割賦販売法および貸金業法の両業法に基づく指定信用情報機関)で信用情報を調べておきましょう。

 

『審査に通らなかった』と言う情報も信用情報機関には一定期間登録されます。信用情報に関して心配な点があれば、まずは信用情報をチェックしてみましょう。なお、『審査に通らなかった』旨の登録期間は半年程度です。

 

【お見積り依頼】審査不要のレンタル・中古も対応

 

複合機リースの審査基準:ポイント2「業績」

 

 

複合機リースの審査では、業績も重要なポイントとして判断されます。『設立3年2期黒字』以上であれば通過率は非常に高いですが、設立3年未満の会社でも代表者個人の信用情報に傷が付いていなければ、90%は通過すると言われています。

このように、会社設立から日が浅い、もしくは設立の途中で信用情報がキレイであれば、否決される要素は少ないものの、審査を確実に通すために、賃貸契約書や開業届出書、企業名での公共料金の引き落とし書類など、企業として経営の実態があることを証明できる書類を添付すると良いでしょう。

 

帝国データバンクの情報」「CICの情報」「KSC(全国銀行個人信用情報センター)」「JICC(株式会社日本信用情報機構)」など、各種情報機関の信用情報の他に、企業の公式サイトやリース申込書の内容、決算書なども審査される傾向にあり、ペーパーカンパニーと判断されると基本的に審査は通りません。

 

複合機リースの審査基準:ポイント3「代表者の年齢」

 

年!?複合機をリースするのに年も関係あるん?なんで?

新入りGメンKeichi

ベテランGメン

年齢だけで却下されることはありませんが、連帯保証人が必要とされる年代があります。年齢の目安としては賃貸物件の審査と同等だと思って良いでしょう。

 

名前が日本中に知られているような大企業の場合は別ですが、中小企業などの場合は代表者の年齢がリース満了時に70歳を過ぎていると、連帯保証人を求められることが大半です。

また、20代前半などの若い経営者の場合も同様で、原則として連帯保証人が必要です。なお、父親などの親族が同業を経営しており、客観的に「子が独立した」と判断できる場合は連帯保証人が求められないこともあります。

複合機リースの審査基準:ポイント4「業種」

 

業種

 

複合機リースの審査では業種もポイントになります。

一般的に美容・エステ・風俗・飲食などは回転が速いため、審査の通過率があまり高くありません。さらに、IT業なども実態が掴みにくく、リース料金を滞納した際に差し押さえるモノが無いため、厳しく審査されてしまいます。

一方で、弁護士や医師をはじめとする難関資格(司法関係、国家関係、不動産鑑定士など)を必要とする業種は審査が通りやすいと言われています。さらに、代表者自身が賃貸物件ではなく、持ち家に住んでいる方が審査には有利(持ち家は資産になるため)です。

【お見積り依頼】審査不要のレンタル・中古も対応

 

複合機リースの主な会社

 

参考までに聞いときたいんやけど、リース会社って、どないなところがあるん?

新入りGメンKeichi

ベテランGメン

そうですねぇ…。リース会社にも様々あるので、表にしてみますね。

 

リース会社 銀行系・独立系など 信販系 その他
オリックス、NTTファイナンスなど オリコ、アプラスなど ビジネスパートナーなど
手数料 安い やや高い かなり高い
審査基準 厳しい やや甘い かなり甘い
客層 良い 普通 良くない

 

手数料について

銀行は口座情報を握っており、企業や代表者個人の現金の出し入れや貯蓄額まで分かるため、審査に必要な情報量が豊かで、お金の流れを細かいところまでチェックすることができ、リスクを最小限に抑えることが可能です。そのため、手数料を安く設定しています。

信販系やその他のリース会社は、お金に関する情報が少ないため、返済されないリスクを考慮して、手数料が高く設定されています。

加盟店管理について

また、正式に公表されているわけではありませんが、加盟店(複合機の販売店)によって、審査の通し方に若干の差はあると言われています。たとえば、回収率が悪い顧客が多い(客層が良くない)加盟店は、回収率が良い顧客が多い(客層が良い)加盟店と比べて、やや審査が厳しめに行われます。

料率について

どのリース会社でも料率はほぼ一緒で、大きな差はありません。

★一般的なリースの料率

  • 3年(正式には3.5年)のリース契約→3.1~3.2%
  • 4年のリース契約→2.5%~2.6%
  • 5年のリース契約→1.9%~2.0%  主流
  • 6年のリース契約→1.6%~1.7%
  • 7年のリース契約→1.3%~1.4%

 

なるほどー。ほな、まとめてくれや!

新入りGメンKeichi

ベテランGメン

えー!またですかー!!これまでの記事でも、まとめさせられて来ましたけど…本当に必要ですか?
それがあんたの仕事やで。これまでのまとめは下記でチェックしてやー!

新入りGメンKeichi

 

リースとは?複合機のリースの仕組み

ベテランGメン

リースの仕組みとメリット&デメリットをまとめさせられました。

 

複合機のリースとレンタル

リースとレンタルの違い、それぞれのメリット&デメリットをまとめさせられました。

ベテランGメン

 

新入りGメンKeichi

そないな顔すな!読んでる人がイヤな気持ちになるやろ。笑顔、笑顔!こないな感じで!

 

【まとめ】複合機リースの審査が通る条件

 

 

上記の複合機リースの審査基準:ポイント1~4をまとめると、まずは企業あるいは代表者個人で、過去5年~現在に至るまでローンやカード、携帯電話料金の支払いなどで滞納がないことが大前提。

過去5年間に滞納の記録があれば、金額の大小に関わらず、審査が通る確率は大きく下がります。現時点で滞納がある場合は一発アウトと思って良いでしょう。

滞納がなく信用情報がキレイであるなら、審査は第二段階に進みます。

業績が『設立3年2期黒字』以上であれば問題ありませんが、設立直後であれば、賃貸契約書や開業届出書、決算書などの追加資料が必要です。また、代表者の年齢も考慮されます。20代前半やリース満了時に70歳を超えるようであれば、連帯保証人を求められる場合があります。

業種は難易度の高い資格を必要とするビジネスであれば有利ですが、信用情報や業績が問題なければ、業種が原因で審査に落ちる可能性は低く、あくまで迷った時の最終判断材料の一つだと考えられます。

また、リース契約書を記入する時は丁寧かつ読みやすい字で書くことも大切です。審査の可否への影響は明確ではありませんが、走り書きで記入した書類では、良い印象を与えられないばかりか、何ヶ所も記載漏れがあると、正確性や人間性に疑問を持たれてしまいます。

個人事業主でも複合機のリースは可能?

結論から言えば、自営業などの個人事業主やフリーランスで収入を得ている場合でも、複合機のリースは可能です。ただし、複合機のリース契約は事業主との契約に限られているため、企業に勤めている会社員やフリーターなどの「イチ個人」ではリース契約ができません。

審査が通らない場合は?

リースの審査が通らなかった場合、明確な理由を知ることができません。信用情報に何かしらの記録があれば、それが原因である可能性が極めて高いと推測できますが、否決の詳細は非公表のため、本当のところは分かりません。

あれこれ理由を考えても、たしかなことが分からないまま、別のリース会社の審査を受けることもできますが、リース会社によって審査基準が違うとは言え、同じ結果になってしまう可能性が高いので、信用情報がキレイになるまでは、複合機のレンタルなどを視野に入れて考えた方が良いでしょう。

レンタルではリースのような審査がなく、業績や業種、年齢を問わずに借りることができます!

 

ZEROコピ

レンタル複合機に関するお問合せはこちら

 

▼ZEROコピのサービス内容

【複合機レンタルZEROコピの評判は?】リース審査不要の定額制なので設立直後におすすめ!でも対応地域には注意

 

ベテランGメン

コピー機Gメンではリースだけではなく、一都三県限定でレンタルでのご要望も承っております。リースの審査が通らなかった場合は是非ご検討下さい!

 

 

*  *  *

全国対応のコピー機Gメンへのお見積依頼は下記よりお願いします。
電話問合せはこちら 050-7300-2529

複合機のお見積り依頼はこちら

 

コピー機買う時、”コピー機販売店”に問合せていませんか?

コピー機買う時にコピー機販売店に問い合わせる、当たり前やがな。

新人GメンKEICHI

ベテランGメン園川

販売店さんに問い合せることには実はリスクがあるんです。

 

コピー機販売店は特定の1~2社のメーカーと強くつながる傾向がある(大塚商会さんならリコーとキヤノン)ため、コピー機販売店に問合せをすると特定のメーカーに絞った提案を受けることになります。(販売店は特定メーカー以外のコピー機を売っても利益が出ないので、提案しません。)

 

複合機販売店とメーカー

 

オーバーやな!

新人GメンKEICHI

ベテランGメン園川

確かに、これは強調しすぎですが・・・。

 

当サイト・コピー機Gメンは自社で販売することをあえてせず、お客さんの要望に沿った販売店を1社~3社程度ご紹介する形式を取っています。そのため、ゼロックス・キヤノン・リコーなどの大手メーカーからシャープ・京セラなどの安価に導入できる複合機まで、メーカーに偏りなくご紹介することが出来ます。  

ベテランGメン園川

逆に、欲しいメーカーが決まっている場合には、そのメーカーを扱っている販売店に問い合せるのも良いかもしれませんね。

 

 

「営業マンは、いちいち来なくて良いから」

コピー機Gメンと提携している販売店さんは、「お客さんからのご希望が無い限り、訪問営業は実施しない」ことを方針として頂いています。理由は「営業マンの人件費と交通費分、安くしてよ」とお客さんに言われたことがきっかけです。

せやけど、訪問してほしいお客さんもいてるんちゃう?顔見とかんと、なんか不安やし。

新人GメンKEICHI

ベテランGメン園川

必要に応じて訪問してもらいますよ。ただ、基本的には営業さんは最後の確認やリース契約のときにだけ訪問して頂くようにしてます。

ベテランGメン園川

顔を見るとか言ってますが、我々はサングラスしてますが・・・。
ほんまや!

新人GメンKEICHI

 

 

全国どこでも対応可能

ネットからコピー機を買うと、故障したときにサポートしてくれへんってイメージがあるんやけど。

新人GメンKEICHI

まさか、AIとロボットで遠隔保守とか言わんやろな!

新人GメンKEICHI

ベテランGメン園川

トラブルが発生した場合は、全国にある複合機メーカーや販売店の保守担当者が修理してくれます。
人間が来てくれるんなら、とりあえずオッケーや。

新人GメンKEICHI

ベテランGメン園川

 

全国対応のコピー機Gメンへのお見積依頼は下記よりお願いします。
電話問合せはこちら 050-7300-2529

複合機のお見積り依頼はこちら