複写機業界

リストラ・早期退職続きの富士ゼロックス(富士フイルムビジネスイノベーション)の未来は?

▼富士ゼロックスの特徴 事業の特徴 複写機市場で大きなシェアがあり、安定している 複写機に続くビジネスが出てこない 経営者の特徴 ミスが無い政治家タイプが多い 社員の特長 おっとりしている 優秀でプライドが高い 【関連記事】勝ち組事務機屋の「あえて手離れの悪い商品を売る」戦略   富士ゼロックスの売上利益の推移 富士ゼロックスの過去15年間の売上と利益の推移です。15年間比較的安定して推 […]

【売れないと悩むコピー機販売会社さんへ】超レッドオーシャン市場に残された戦略はあるのか?

  【関連記事】勝ち組事務機屋の「あえて手離れの悪い商品を売る」戦略 【事務機屋の営業戦略】複写機・コピー機販売業の取るべき成長戦略【戦略策定編】   コピー機業界に吹き荒れる3つの逆風 売れない商材の代表選手のように語られるようになった複写機は現代ではどうして売りにくいのでしょうか?3つのポイントで整理してみます。   ①競合過多による受注率のダウン コピー機は、機 […]

事務機屋の経営って結構やばい?社員さんからのお手紙

大手事務機器メーカー(リコー、キヤノン、富士フイルムビジネスイノベーション等)系の販売会社にお勤めの方からお便りをいただきました。 仮にお名前を高橋さんとします。   はじめまして。私は複写機メーカー系の販売会社に勤める高橋と申します。私はストレートで大学を卒業し、7年前に同社に入り、営業職として在籍中の男です。 静岡で生まれた私は、公立の新学校から都内の大学に順調に進み、上記の複写機メ […]

【コピー機・複合機シェア調査】ゼロックス、リコー、キャノンの3強をシャープ・コニカミノルタが追随!

複合機のシェアを独自調査 コピー機Gメンでは、国内の約4,000社を対象に「どこのメーカーの業務用複合機を使っているのか?」のアンケートを行いました。       富士ゼロックス リコー キヤノン シャープ コニカミノルタ 京セラ 東芝 ムラテック OKI 1227社 1131社 733社 364社 281社 186社 66社 32社 18社 シェア 30.3% シェア 28. […]

複合機メーカー各社の複写機への依存度を比較!ゼロックスやリコーの合併・倒産の可能性は?

「コピー機ビジネスは儲かる」は今や昔 コピー(複写機)の国内市場は飽和し、過当競争で縮小傾向の厳しい状況にあります。複写機事業を主軸とする企業はいち早く複写機ビジネスから脱却し次の稼げる事業を育てなければ将来消えゆく企業となるかもしれません。 要因としては”ペーパーレス化”や”競合との競争によるカウンター単価の下落”(コピー機のカウンター料金は今、こんなに安い)が挙げられます。また、今後AIやIO […]

【複合機市場の将来は?】2050年、コピー機市場は今の半分に?リコーは3万人削減の可能性も

【お問合せ】コピー機業界の調査ならコピー機Gメン     2050年、国内複合機メーカーの市場規模は推定6兆円 【関連記事】勝ち組事務機屋の「あえて手離れの悪い商品を売る」戦略   国内の複合機メーカーの国内・海外を含めた市場規模は年間約6兆円ほどでは無いかと試算します。概算の根拠は下記です。 先進国でのペーパーレス化と発展途上国での普及を鑑みると、市場は縮小していく […]