【30枚機の複合機をメーカー別で比較】安いのは?コンパクトなのは?印刷がキレイなのは?

【30枚機の複合機をメーカー別で比較】安いのは?コンパクトなのは?印刷がキレイなのは?

コピー機Gメン見積りバナー

30社の複合機販売店を独自調査したコピー機Gメンが、安さと対応力に優れた販売店を2~3社ご紹介します。

*  *  *

30枚機の複合機をメーカー別で比較!

RICOH

出典:RICOH

 

複合機の価格って印刷速度が速ければ速いほど価格が高いんやろ?

新人Gメン及川

オペレーター 杏奈

はい。メーカーによって価格差はありますが、どのメーカーも印刷スピードが速い機種ほど高額です。ただし、オフィスの印刷枚数によっては、印刷速度が遅い機種を選ぶと業務に支障が出てしまうこともあります。
難しいねんな。どのくらいの速度の機種がええんやろ?

新人Gメン及川

オペレーター 杏奈

メーカーや販売店が推奨している『印刷速度と月間の印刷枚数』は以下の通りです。

 

印刷枚数

 

印刷速度/分 月間の印刷枚数の目安 最小枚数 最大枚数
22枚 2,200枚 1,200枚 3,000枚
25枚 2,200枚 1,200枚 3,000枚
28枚 4,000枚 3,000枚 6,000枚
30枚 4,000枚 3,000枚 6,000枚
36枚 6,000枚 5,000枚 8,000枚
45枚 12,000枚 8,000枚 27,000枚
55枚 17,000枚 11,000枚 40,000枚
65枚 21,000枚 15,000枚 50,000枚
75枚 27,000枚 20,000枚 60,000枚

 

オペレーター 杏奈

30枚機は月に3,000枚~6,000枚の印刷をする会社に向いています。及川さんが働くオフィスでは月に何枚くらい印刷しますか?
2,000枚程度やから、22枚機か25枚機ってとこやろか?

新人Gメン及川

オペレーター 杏奈

そうですね!各メーカーの25枚機については下記にまとめてあるのでチェックしてみて下さい!

 

【関連記事】【25枚機の複合機をメーカー別で比較】画質が良いのは?安いのは?

 

今回は30枚機の複合機をメーカー別で比較してみます。

 

各メーカーのオススメ機種【30枚機】

 

  リコー キャノン コニカミノルタ シャープ 京セラ 富士ゼロックス 東芝
機種名 IM C3000 iR-ADV C3530F Ⅲ bizhub C300i MX-3161 TASKalfa 3253ci DocuCentre-VII C2273 PFS e-STUDIO 2515AC
印刷速度(A4ヨコ) 30枚/分 30枚/分 30枚/分 31枚/分 32枚/分 25枚/分 25枚/分
機種の外観 IMC3000 C3530F III c300i MX3161 3253ci DocuCentre VII C2273 e-STUDIO2515AC
発売日 2019年1月 2019年1月 2019年5月 2018年11月 2019年2月 2018年11月 2018年11月
幅×奥行:mm 1,104×738 894×736 937×688 1,003×650 920×665 1,072×723 968×822
重量 77Kg 87Kg 84Kg 81Kg 90Kg 132Kg 78.7Kg
メモリ 2GB 3GB 8GB 5GB 4GB 4GB 4GB
HDD 320GB 250GB 256GB 250GB 320GB 160GB 320GB
本体定価:税別 127万円 165万円 139万円 141.5万円 121.5万円 190万円 129万円

※シャープ、京セラ、富士ゼロックス、東芝は30枚機ではなく、それぞれ31枚機、32枚機、25枚機、25枚機です。また、幅×奥行=機械占有寸法です。

 

本体価格の安さで選ぶなら?

各メーカーの30枚機(シャープは31枚機、京セラは32枚機、富士ゼロックス・東芝は25枚機)を並べてみましたが、本体価格は1分間の印刷枚数が最も多い京セラの「TASKalfa 3253ci」が最も安く、次いでリコーの「IM C3000」でした。

最も高額な機種は、25枚機にも拘(かかわ)らず富士ゼロックスの「DocuCentre-VII C2273 PFS」で、京セラの「TASKalfa 3253ci」とは68.5万円、リコーの「IM C3000」とは63万円の差があります。

 

【結論】30枚機の複合機を安さで選ぶなら→京セラの「TASKalfa 3253ci(32枚機)」がオススメ!安いだけではなく印刷の速さも◎です!

 

しかし、定価は「あくまでも定価」であり、実際は定価の約50%~70%の金額でリース・購入することが可能です。

 

 

省スペースで選ぶなら?

複合機の設置は意外に場所を必要とします。スペック表には「大きさ(横幅×奥行×高さ)」と「機械占有寸法」が記載されていますが、手差しトレイ開放時や本体排紙受け開放時を考え、「機械占有寸法」の方を参考にしましょう。

また、スモールオフィスやSOHOなど、設置スペースにゆとりがない場合は、なるべくコンパクトな機種を選ぶことが重要です。

上記で紹介した30枚機の中で、最も横幅を取らない機種はキャノン「iR-ADV C3530F Ⅲ」の894mmですが、奥行きは3番目に長い736mmです。一方、奥行きを最も必要としない機種はシャープ「MX-3161」の650mmですが、横幅が1,003mmと1,000mmを超えてしまいます。

横幅×奥行き=機械占有寸法が最も小さい機種は、京セラ「TASKalfa 3253ci」の602,600mm(横920×奥行665mm)で、コニカミノルタ「bizhub C300i」の644,656mm(横937×奥行688mm)、シャープ「MX-3161」の651,950mm(横1,003×奥行650mm)、キャノン「iR-ADV C3530F Ⅲ」の657,984mm(横894×奥行736mm)と続きます。

この4機種なら横幅×奥行き=機械占有寸法が700,000mm以下でも設置できます。

一方、富士ゼロックス「DocuCentre-VII C2273 PFS」の775,056mm(横1,072×奥行723mm)、東芝「e-STUDIO 2515AC」の795,696mm(横968×奥行822mm)、リコー「IM C3000」の814,752mm(横1,104×奥行738mm)は「機械占有寸法」が700,000mmを超えるので、ゆとりのあるスペースが必要です。

 

【結論】省スペースを重視して30枚機の複合機を選ぶなら→京セラの「TASKalfa 3253ci(32枚機)」またはコニカミノルタ「bizhub C300i」が良し!

 

オペレーター 杏奈

これとは別に多くのメーカーではA4機などスモールオフィス向けのコンパクト機種を取り揃えています。お問い合わせやお見積もりの際に「小さいサイズ」「卓上タイプ」などのリクエストをすると良いでしょう。

 

【関連記事】省スペースにも最適!小型複合機・卓上複合機のオススメ機種は?

 

▼コピー機Gメンでは全メーカーのお見積もりが可能です!

コピー機Gメン見積りバナー

30社の複合機販売店を独自調査したコピー機Gメンが、安さと対応力に優れた販売店を2~3社ご紹介します。

*  *  *

 

使いやすさで選ぶなら?

 

  リコー キャノン コニカミノルタ シャープ 京セラ 富士ゼロックス 東芝
機種名 IM C3000 iR-ADV C3530F Ⅲ bizhub C300i MX-3161 TASKalfa 3253ci DocuCentre-VII C2273 PFS e-STUDIO 2515AC
操作パネルのサイズ 10.1インチ 10.1インチ 10.1インチ 10.1インチ 10.1インチ 10.1インチ 10.1インチ
操作パネルの画像 リコー操作パネル キャノン操作パネル コニカミノルタ操作パネル 京セラ操作パネル ゼロックス操作パネル 東芝操作パネル
テンキー ソフト
※ハード
ハード ソフト
※ハード
ソフト ソフト
※ハード
ソフト ソフト
※ハード
フリック・ドラッグ
ピンチイン・アウト
角度調整
wifi対応 オプション オプション オプション オプション オプション
給紙枚数:標準 1,280枚 1,400枚 1,305枚 700枚 1,265枚 2,340枚 1,300枚
給紙枚数:最大 5,030枚 2,680枚 7,555枚 7,100枚 8,265枚 4,660枚 3,660枚
ADF ワンパス両面DF△ 反転両面DF ワンパス両面DF△ 反転両面DF ワンパス両面DF△ ワンパス両面DF ワンパス両面DF△
自動原稿送り:積載数 250枚 100枚 130枚 120枚 270枚 130枚 300枚

※テンキーの「※ハード」はオプション。ADFに△がある場合もオプション(△がなければ標準搭載)。

 

フリッグ?ドラッグ?ピンチイン・ピンチアウト?何の話か見当もつかへんけど…。

新人Gメン及川

オペレーター 杏奈

そうですよね!及川さんは「赤いきつね」と「緑のたぬき」より先輩ですもんね…。
せや!「とんがりコーン」よりも先輩やで。そんな中高年にも分かるように説明して!

新人Gメン及川

 

新しい複合機はスマホライクの操作が主流!

フリック出典:リコー

 

どのメーカーもチカラを入れているポイントの一つが複合機の『使いやすさ』です。

性能が劇的な進化を遂げても、それを使いこなせなければ意味がなく、増え続ける外国人スタッフやシニアスタッフ、複合機を初めて触れる新入社員など、様々な従業員が直感的に使えるように、スマホやタブレットと共通した操作方法が取り入れられています。

操作パネルは各メーカーとも10.1インチと同じサイズで、パネルの角度も調整可能なため、『使いやすさ』に大きな違いは見られませんが、しいて挙げるとすれば、シャープの「MX-3161」は、LEDランプの光によるお知らせや音声によるガイドが受けられる等、より初心者にやさしい設計をしています。

また、富士ゼロックスの「DocuCentre-VII C2273 PFS」、シャープの「MX-3161」、京セラの「TASKalfa 3253ci」には、人の接近を感知して自動で復帰する『人感センサー』が搭載されています。

 

【結論】使いやすい30枚機の複合機を選ぶなら→初心者にもやさしいシャープの「MX-3161(31枚機)」がオススメ!

 

印刷の美しさで選ぶなら?

 

  リコー キャノン コニカミノルタ シャープ 京セラ 富士ゼロックス 東芝
機種名 IM C3000 iR-ADV C3530F Ⅲ bizhub C300i MX-3161 TASKalfa 3253ci DocuCentre-VII C2273 PFS e-STUDIO 2515AC
機種の外観 IMC3000 C3530F III c300i MX3161 3253ci DocuCentre VII C2273 e-STUDIO2515AC
コピー読込解像度 600×600 600×600 600×600 600×600 600×600 600×600 600×600
コピー書込解像度 600×600 2,400×600 1,800×600 600×600 1,200×1,200 1,200×2,400 600×600
諧調 256階調(1670万色) 256階調(1670万色) 256階調(1670万色) 256階調(1670万色) 256階調(1670万色) 256階調(1670万色) 256階調(1670万色)
プリント解像度 1,200×1,200 1,200×1,200 1,200×1,200 1,200×1,200 1,200×1,200 1,200×2,400 600×600
用紙サイズ 90×148~320×457.2 98×98~320×457.2 郵便はがき~SRA3 郵便はがき~SRA3 郵便はがき~SRA3 89×98~SRA3 郵便はがき~A3ワイド
長尺最大 320×600 297×1,200 長さ:1,300 304.8×1,220 320×1,200 305×1,200

※解像度はdpi、用紙サイズ・長尺はmm(SRA3=320×450、A3ワイド=320×460)

 

解像度のdpiとは?
解像度に使われる単位:dpiとは “dots per inch” の略で、1インチ内に表現できるドット数を表し、数が大きければ大きいほど密度の濃い印刷が可能です。そのため、解像度が1,200dpi×2,400dpiの機種と600dpi×600dpiの機種を比較すると、数の大きい1,200dpi×2,400dpiの機種の方が、きめ細かい印字ができます。

しかし、肉眼では300dpi以上の印刷物を区別できないので、dpiをやみくもに高くしても一般的な印刷物では違いを感じないどころか、印刷速度が遅くなる、本体価格が高額になる等のデメリットが生じることもあります。デザイン系の事務所やファッション関係の会社など、再現性に強いこだわりがある職種を除けば、600dpi×600dpiでも印刷の品質に問題を感じることは、ほとんどありません。

 

どの機種も300dpi以上あるやんか。せやけど、印刷の品質が全く同じってワケでもないやろ?

新人Gメン及川

オペレーター 杏奈

そうなんです。それは解像度の問題ではなく、メーカーによる本質的な性能が関係していると思います。

 

印刷の品質で最も評判が良いメーカーは富士ゼロックス。他メーカーと比べて本体価格は高いですが、再現が難しいと言われているブルー系の発色にも定評がある他、画像の再現性が高い、グラデーションがなめらか等、「色調調整の専門家による評価」や「ゼロックス、キャノン、コニカなど複合機各社の関係者が揃った座談会」でも、富士ゼロックスの画質は高く評価されています。

他にも、カメラメーカーのキャノンはカラー印刷技術に長け、大手フィルムメーカー&カメラメーカーとしての技術が複合機に搭載されているコニカミノルタは発色に優れている等、メーカーによって特徴があります。

また、東芝は画質の再現性など品質自体の評価はそこそこですが、耐水紙・マグネットシート・耐水シール・和紙シール・ホルダー・耐水クロス紙・LEDパネル用フィルムなど、合計14種類の特殊用紙への印刷に対応しています。工場や倉庫などに耐水シールや耐水ポスターが急に必要になった際、1枚から自社作成できるため、コスト削減や業務の効率化が期待できます。

 

【結論】30枚機の複合機を印刷の美しさで選ぶなら→富士ゼロックス「DocuCentre-VII C2273 PFS(25枚機)」が良し!キャノン「iR-ADV C3530F Ⅲ」とコニカミノルタ「bizhub C300i」も高評価!

 

 

▼コピー機Gメンでは全メーカーのお見積もりが可能です!

コピー機Gメン見積りバナー

30社の複合機販売店を独自調査したコピー機Gメンが、安さと対応力に優れた販売店を2~3社ご紹介します。

*  *  *

 

 

  リコー キャノン コニカミノルタ シャープ 京セラ 富士ゼロックス 東芝
機種名 IM C3000 iR-ADV C3530F Ⅲ bizhub C300i MX-3161 TASKalfa 3253ci DocuCentre-VII C2273 PFS e-STUDIO 2515AC
機種の外観 IMC3000 C3530F III c300i MX3161 3253ci DocuCentre VII C2273 e-STUDIO2515AC
ファーストコピー:カラー 6.9秒 8.2秒以下 6.7秒以下 6.7秒 7.0秒 8.7秒 7.8秒
ファーストコピー:モノクロ 4.5秒 5.9秒以下 5.0秒以下 4.7秒 5.3秒 6.3秒 5.9秒
ウォームアップ:カラー 21秒 10秒以下 12秒以下 33秒 18秒以下 30秒以下 約20秒
ウォームアップ:モノクロ 21秒 10秒以下 11秒以下 33秒 18秒以下 30秒以下 約20秒
リカバリータイム 6.7秒 10秒以下 非公開 非公開 非公開 4秒以下 12秒以下
最大消費電力 1.5kW以下 1.5kW以下 1.5kW以下 1.5kW以下 1.5kW 1.5kW以下 1.5kW以下
TEC値 1.0kWh 1.2kWh 1.2kWh 1.7kWh 1.4kWh 0.8kWh 1.1kWh
スリープ時消費電力 0.6W 0.8W以下 0.5W以下 1.0W以下 0.6W 0.5W 非公開
スキャン片面 120枚/分 70枚/分 100枚/分 80枚/分 100枚/分 80枚/分 120枚/分
スキャン両面 240枚/分 35枚/分 200枚/分 180枚/分 154枚/分 240枚/分
オプション:ホチキス留め ○(50枚) ○(50枚) ○(50枚) ○(65枚) ○(50枚) ○(65枚) ○(50枚)
オプション:針ナシ綴じ オプション可 オプション可 オプション可

※ウォームアップタイムは主電源ONから使用可能になるまでの時間です。

 

印刷頻度の高い会社が選ぶなら?

30枚機の複合機は月間の印刷枚数が約3,000枚~6,000枚のオフィスに最適ですが、数枚の印刷を繰り返すような「印刷頻度の高い会社」では着目するポイントが多少異なります。

こまめに印刷を行うオフィスでは、スムーズにコピーやプリントを行うために、印刷速度だけではなくウォームアップタイムやファーストコピーなど「立ち上がりの速さ」が重要です。

カラー印刷のファーストコピーが速い機種はコニカミノルタ「bizhub C300i」の6.7秒以下とシャープ「MX-3161」の6.7秒で、リコー「IM C3000」の6.9秒、京セラ「TASKalfa 3253ci」の7.0秒が続きます。

これら4機種は0.3秒以内の差なので、ほぼ同レベルと思って良いでしょう。逆に最も時間が掛かる機種は富士ゼロックス「DocuCentre-VII C2273 PFS」の8.7秒で、上記の4機種とは約2秒の差があります。

 

2秒やろ?気にならへんわ。

新人Gメン及川

オペレーター 杏奈

では、これはどうでしょう?

 

ウォームアップタイム(主電源ONから使用可能になるまでの時間)が最も速い機種はキャノンの「iR-ADV C3530F Ⅲ」で10秒以下で、最も時間が掛かるシャープ「MX-3161」の33秒と比べると、23秒も差があります。

 

23秒は長いな。はよ動かんかい!って叩いてまいそうやわ。

新人Gメン及川

 

ただし、シャープは本来「立ち上がりの速さ」を得意分野としており、同じ31枚機の「MX-3150FV」ならウォームアップタイムが10秒で、スピーディーな立ち上がりを実現しています。

また、富士ゼロックス「DocuCentre-VII C2273 PFS」とシャープ「MX-3161」は、ウォームアップタイムこそ30秒以上掛かりますが、人感センサー機能が搭載されているため、人の接近を感知することで自動的にスリープが解除され、スムーズに操作を行うことが可能です。

 

【結論】印刷頻度の高い会社にオススメの30枚機は→立ち上がりの速いキャノン「iR-ADV C3530F Ⅲ」またはコニカミノルタ「bizhub C300i」ですが、人感センサーが搭載されている富士ゼロックス「DocuCentre-VII C2273 PFS(25枚機)」、シャープ「MX-3161(31枚機)」、京セラ「TASKalfa 3253ci(32枚機)」もオススメです。

 

省エネの機種を選ぶなら?

最大消費電力は全機種とも同じ1.5kW以下。ただし、TEC値とスリープ時の消費電力に多少の差があります。

 

TEC値とは?
TEC値とは「Typical Electricity Consumption」の略で、1週間(稼働・スリープ・オフが繰り返される5日間とスリープ・オフ状態の2日間)の標準的な消費電力の試算値を表します。オフィスによっては、週に6日あるいは7日稼働していることがあるため、正確な数値は使用頻度や環境によって異なります。

 

TEC値が最も大きいシャープ「MX-3161」の1.7kWhと、最も小さいキャノン「iR-ADV C3530F Ⅲ」の1.0kWh(富士のゼロックス25枚機「DocuCentre-VII C2273 PFS」は除く)を比べると、1週間の差は0.7kWhで、電気料金に換算しても14~21円程度(プランや総消費量によって異なる)です。

月の電気料金に換算すると、その差額は60~90円程度と小さく、どの30枚機を選んでも、コスト面での違いはほとんどありません。

しかし、古い機種と最新の機種では差が歴然で、一例を挙げると2005年発売のシャープ「MX-2300FG」は、TEC値が7.03kWhと「MX-3161」の4倍以上もあり、月の電気料金も4倍以上に跳ね上がってしまいます。

中古のコピー機は、本体価格こそ安いですが古い機種ほど省エネに配慮されておらず、電気料金が割高になる恐れがあるので注意が必要です。

 

【結論】新しい複合機であれば省エネ仕様。古い機種ほど電気代が掛かる!

 

 

▼コピー機Gメンでは全メーカーのお見積もりが可能です!

コピー機Gメン見積りバナー

30社の複合機販売店を独自調査したコピー機Gメンが、安さと対応力に優れた販売店を2~3社ご紹介します。

*  *  *

 

 

オペレーター 杏奈

他にも、データ入力が多い業種やコールセンターなどでは静音設計のコピー機が人気を集めているなど、業種やオフィス環境によって、こだわるポイントは異なります。
せやけど、あまりに静かやと寝てもうた時にイビキが聞こえてまうがな。

新人Gメン及川

オペレーター 杏奈

及川さんのイビキってうるさそうですもんね?
無礼者!昼下がりのシンフォニー・オーケストラ言われとんねん!!

新人Gメン及川

オペレーター 杏奈

機会があればS席で拝聴したいと思います。次回は35枚機の複合機をメーカー別で比較しますー!

 

*  *  *

    複合機販売店30社以上の中から、好条件の優良販売店2~3社の見積書をコピー機Gメンが厳選し、お客様にメール送付いたします。その中からお客様が契約希望の販売店を選択されて初めて、販売店の営業担当者をご紹介する仕組みです。安心してお見積をご依頼くださいませ。
    電話問合せはこちら 050-7300-2529

    複合機のお見積り依頼はこちら

    複合機情報カテゴリの最新記事